ドラマ「極主夫道」1話ネタバレあらすじ感想!オリキャラが多すぎて原作ファン激怒!2話あらすじも!

 

成瀬
こんにちは。成瀬です。

原作マンガが超おもしろかったので楽しみにしてたドラマ「極主夫道」1話見ました!

更新遅れましたが、ネタバレと感想を書きます!

 

スポンサードサーチ

ドラマ「極主夫道」基本情報

おおのこうすけによる漫画「極主夫道」を玉木宏主演でドラマ化。
「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザの、主夫業の日常を描いたハートウォーミングコメディ。
2020年10月11日に放送開始された。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

 スッタフ・キャスト

原作 – おおのこうすけ 『極主夫道』
脚本 – 宇田学、モラル
監督 – 瑠東東一郎、内藤瑛亮、本田隆一
主題歌 – Da-iCE 「CITRUS」

黒田龍 – 玉木宏
黒田美久 – 川口春奈
赤宮雅 – 志尊淳
酒井タツキ – 古川雄大
大前ゆかり – 玉城ティナ
黒田向日葵 – 白鳥玉季
白川虎二郎 – 滝藤賢一
大城山 國光 – 橋本じゅん
田中和子 – MEGUMI
大田佳世 – 田中道子
佐渡島幸平 – 安井順平
井田昇 – 中川大輔
岡野純 – 片岡久迪
遠野誠 – 水橋研二
三宅亮 – 本多力
立花ユキ – 新津ちせ
江口菊次郎 – 竹中直人
江口雲雀 – 稲森いずみ
くっきー!
料理教室の先生 – 和田明日香
銀 – マシロ

 

スポンサードサーチ

ドラマ「極主夫道」1話 あらすじ

龍(玉木宏)は、“不死身の龍”と呼ばれる伝説の極道だった。大きな抗争が起こった時、たった一人で敵の組に乗り込み、一晩のうちに壊滅させたという伝説を持つ龍。彼の存在は極道の世界で語り継がれていた。

極道から足を洗った龍は、妻の美久(川口春奈)、娘の向日葵(白鳥玉季)と平穏に暮らすように。美久とは「二度と人ともめ事は起こさない」と固く約束して結婚した。出勤する美久のために弁当を作り、掃除・洗濯・料理と、すべての家事をする“専業主夫”として、毎日忙しく過ごす龍。彼は町内の婦人会にも参加し、“見た目は怖いが優しい人”として、主婦たちの中にすっかり溶け込んでいる。

一方、龍が所属していた天雀会は、危機に陥っていた。ライバルの大城山組が勢力を伸ばし、従わなければ潰すと天雀会にプレッシャーをかけてきたのだ。大城山組と争うにしても、今の天雀会の力では勝てそうにない。天雀会会長の江口(竹中直人)と、その妻・雲雀(稲森いずみ)は「龍がいてくれたら…」と嘆くばかり。龍の元舎弟・雅(志尊淳)は「組を守るためなら命も惜しくない!」と息巻く。

ある日、買い物を終えた龍がスーパーを出ると、雅が待っていた。雅は龍に天雀会の状況を打ち明け、組に戻ってほしいと懇願。しかし、龍は「俺は、専業主夫になったんや」と断る。それでもあきらめない雅。

大城山組は天雀会のシマで幅を利かせるようになっていた。龍が向日葵の通う小学校の前で交通安全のおじさんをしていると、大城山組組長・大城山(橋本じゅん)と遭遇。大城山は「不死身の龍も落ちたもんだ」と、龍を挑発する。

龍は、江口から呼び出される。江口は、龍に大城山組の横暴を訴え、力を貸してほしいと頼む。
そんな中、天雀会と大城山組の緊張がさらに高まる、ある事件が起こる。恩義ある人たちが追い詰められていくのを目の当たりにした龍は、放っておけなくなり…。

(公式HP引用 https://www.ytv.co.jp/gokushufudo/index.html)

ここからネタバレあらすじ

龍(玉木宏)は、恩義ある人たちが追い詰められていくのを目の当たりにし、放って

 

おけなくなり・・・ある行動を起こす。

 

龍の動きを察知した雅(志尊淳)は、天雀会会長の江口会長(竹中直人)とその妻・雲雀 (稲森いずみ)と一緒に河原に向かう。
警察たちも噂を聞きつけて河原にやって来た。

 

河原では既に龍が来ていた。
なにやらもう事ははじまっている様子。
雅たちが駆けつけると、龍はバーベキューをしていたwww

 

龍は婦人会会長(MEGUMI)の頼みで会長の娘の誕生日会を開いていたw
ガッカリする雅。
しかし龍は、すでに大城山組(橋本じゅん)にも話をつけていた。

 

一件落着かと思いきや、雅と江口会長、雲雀は警察と揉めたので連行されてしまうw

 

そしてラスト。
“不死身の龍”と双璧をなす伝説の極道・虎二郎(滝藤 賢一)が出所・・・・!!

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「極主夫道」1話 感想・レビュー

玉木宏はかっこいい。
志尊淳も好き。
でもやっぱこれは原作レイ●だと思います。

雰囲気が原作と全く違ってガッカリ。
もっとシュールな仕上がりだと思っていたけどぶっ飛んだコメディに仕上がってましたね🙄
玉木宏も志尊淳もイケメンだからコスプレは似合うけどさぁ😩

でもまあ、あの雰囲気を実写で出すのは難しいのでドタバタコメディにしたことは許す・・・・けど、龍に娘がいるってなに!?

原作では登場しないはずの娘が出てきてマジでビビった(΄◉◞౪◟◉`)
しかもなかなか大きいww
性格全然違うキャラ多いしオリキャラも多いし・・・なんだかな🙄

色々納得いかんけど、玉木宏さんがかっこいいから許すわ😳
ツダケンの実写版PVと並べるのは玉木宏さんだけ。
主人公のキャラが崩れてないからなんとか見れてる。

と、まあ。
原作を読んでるわたしはこう思ってしまったんですけど、原作未読の人たちはおもしろく見れたんじゃないかと思います(´・ω・`)
元ヤクザが専業主夫とか、そりゃあオモロイだろ\(^o^)/

ただ若干、テンポが悪い気がしました。
謎の間延び感があったなー🤔

これさ、テレ東の深夜30分ドラマだったら・・・って思っちゃうよね。
テレ東なら原作のシュールさを表現できたと思うんですよね😩
時間も1時間枠じゃない方がいいと思う。それか2、3本立てにするとかさ🤔

そんな感じでオリキャラの多さとテンポの悪さには若干おこ😡ですが、玉木宏さん見たさで継続視聴します。
1話は登場人物紹介みたいなものだし、2話から化ける可能性もあるもんね🤔

とりあえず次回からは原作との違いをグチグチ言わないように気をつけますw
原作とは別物だと理解して見る\(^o^)/

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「極主夫道」2話あらすじ

龍(玉木宏)は、かつてのライバル・虎二郎(滝藤賢一)と再会する。虎二郎は“剛拳の虎”と呼ばれ、“不死身の龍”と双璧をなす伝説の極道だった。彼は刑務所から出所してきたものの、所属していた組がつぶれて行き場を失い、クレープを売っていた。
龍が専業主夫になったと知り、虎二郎は驚く。「専業主夫? 笑かすなや!!」虎二郎に挑発される龍。龍と虎二郎は、にらみ合い、火花を散らす。その様子を見ていた雅(志尊淳)は、伝説の極道同士の戦いが始まると胸を高鳴らせる――!

天雀会は、江口(竹中直人)の公務執行妨害をうやむやにする代わりに組を解散してしまうことに…。江口は金策に困り、雲雀(稲森いずみ)がスーパーで働き始める。しかし、雲雀は慣れない仕事をさせられて、失敗ばかり。彼女は、すっかり自信を失ってしまう。
そんな中、龍は、ダイエットのために運動を始める。美久(川口春奈)は龍に、フィットネスクラブに行くことを勧める。

龍は、火竜町婦人会の会長・田中の誘いでフィットネスクラブに体験入会する。そこには、隣町の水竜町婦人会の会長・山本も来ていた。龍は田中に、山本を紹介される。

火竜町と水竜町が参加する、食イベントが近付いていた。そのイベントで火竜町婦人会は今川焼の店、水竜町婦人会はたい焼きの店を出す予定だった。龍は田中に頼まれて、今川焼の店を手伝うことに。
山本は田中に、出店の場所を交換してほしいと持ち掛ける。出店の場所は売上に影響するため、田中は山本の申し出を断る。

その後、火竜町婦人会が出店の準備を進めていると、水竜町婦人会の嫌がらせと思われるトラブルが発生。仲良くやっていた火竜町婦人会と水竜町婦人会の間に、不穏な空気が流れる。龍も、この婦人会同士の争いに巻き込まれ…。

(公式HP引用 https://www.ytv.co.jp/gokushufudo/index.html)