ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』5話ネタバレ感想・考察と6話あらすじ。パワハラと体罰と社会的制裁と社会問題が盛り沢山。

 

各話の感想はこちら1話  2話  3話  4話  5話  6話  7話  9話  10話

 

スポンサードサーチ

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』とは

身近に潜む冤罪の恐怖。犠牲となった弱き人々を救う弁護士たちを描いたヒューマン・リーガル・エンターテイメント。
2019年1月19日にスタート。毎週土曜。夜10時放送。主演は坂口健太郎、脚本は『LIAR GAME』や『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』などの古家和尚が担当している。

huluで見逃し分
トライアル期間中は無料で見れます!

 

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

脚本 – 古家和尚
音楽 – UTAMARO Movement
音楽プロデュース – 岩代太郎
主題歌 – King Gnu「白 日」
参考資料 – 「冤罪弁護士」今村 核 著(旬報社 刊)

黒川 拓 – 坂口健太郎
和倉 楓 – 川口春奈
城崎穂香 – 趣里
指宿林太郎 – 小市慢太郎
登別次郎 – 正名僕蔵
石和徳則 – 赤楚衛二
鳴子恭輔 – 中島広稀
別府長治 – 杉本哲太
湯布院和人 – 志賀廣太郎
有馬聡子 – 市川実日子
黒川 真 – 草刈正雄(特別出演)
秋保 恭一郎 – 藤木直人

 

スポンサードサーチ

『イノセンス 冤罪弁護士』5話あらすじ

拓たく(坂口健太郎)が弁護士を志すきっかけになったある事件について、別府べっぷ所長(杉本哲太)と湯布院ゆふいん(志賀廣太郎)、聡子さとこ(市川実日子)が“立場は違うが嫌な出来事を共有している”仲だと秋保あきう(藤木直人)から聞いた楓かえで(川口春奈)。拓の部屋で11年前の『東央大学生殺人事件』に関するファイルを見つけた楓は、弁護士になった理由と事件の関係を尋ねる。拓は意外にもあっさりと楓に事件のファイルを渡す……。
そんな中、拓と楓は高校の名門フェンシング部の顧問を務める高松たかまつ洋介ようすけ(豊原功補)から相談を受ける。高松は部活の指導中、剣で突いたエース選手・藤里ふじさと(清水尋也)が不整脈による心停止で倒れたことで、業務上過失傷害で在宅起訴をされたと話す。藤里は一命こそ取り留めたものの現在も自宅療養中。高松は必要以上に強く突いた可能性はないと話し、事故当日の藤里にも変わった様子はなかったという。

翌日、拓と楓、穂香ほのか(趣里)は藤里家を訪ねるが、過保護気味な母親に門前払いをくらい、本人に話を聞けないまま学校へ。高松を信頼する教頭と部員たちは、高松と藤里の間にトラブルはなかったと話し、協力的な副部長・田代たしろ(柾木玲弥)は高松のためなら裁判で証言してもいいと申し出る。
事務所に戻った拓は、事故当時のフェンシング部の練習が映り込んだ映像をチェック。練習は遠目にもかなり厳しい様子が窺い知れるが、高松が藤里を突いた瞬間、映像にノイズが走り事故の瞬間がよく見えない。聡子によると、高松は期待を寄せる部員に入れ込みすぎるせいで周りの選手が不満を感じることもあったという。

そんな中、かつて楓が所属していた大手弁護士事務所での悪質なセクハラが表沙汰になり、被害を受けていた楓の元にも週刊誌からの取材以来が殺到する。楓は事件がぶり返され世間に晒されることで、当時の辛い記憶がフラッシュバックすることに悩んでいた……。
(公式ホームページ引用 https://www.ntv.co.jp/innocence/)

 

 

スポンサードサーチ

『イノセンス 冤罪弁護士』5話感想・考察

パワハラや報道問題などタイムリーな社会問題が取り上げられていて考えさせられた5話でした。

毎回科学と絡めるのは無理矢理な気はしますが、人間ドラマの部分は毎度見応えあって好きです。

※以下、視聴後の感想になります。未視聴の方はネタバレご注意ください。

5話の弁護内容

  • 拓と楓は高校の名門フェンシング部の顧問を務める高松洋介(豊原功補)から相談を受ける。
    高松は部活の指導中、剣で突いたエース選手・藤里(清水尋也)が不整脈による心停止で倒れたことで、業務上過失傷害で在宅起訴をされた。藤里は一命こそ取り留めたものの現在も自宅療養中。高松は必要以上に強く突いた可能性はないと話し、事故当日の藤里にも変わった様子はなかったという。
  • 翌日、拓と楓、穂香は藤里家を訪ねる。過保護気味な母親に水をかけられ門前払いを食らう。本人に話を聞けないまま学校へ聞き込みへ行くことに。高松を信頼する教頭と部員たちは、高松と藤里の間にトラブルはなかったと話し、協力的な副部長・田代は高松のためなら裁判で証言してもいいと申し出る。
  • 拓は、事故当時のフェンシング部の練習が映り込んだ映像をチェック。練習は遠目にもかなり厳しい様子が窺い知れるが、高松が藤里を突いた瞬間、映像にノイズが走り事故の瞬間がよく見えなかった。
  • 高松の弁護側証人尋問の日を迎えた。証言台に立った田代は予定に反して、突然法廷で高松の体罰を告発する。さらに、藤里が高松から体罰を受けている映像を再生しマスコミにバラまいた。
  • 田代が告発したことで、高松は世間からバッシングの標的になり弁護側もピンチに陥る。別府は事務所の名誉と高松の今後のためにも、法廷で無駄に争わないよう拓をけん制する。
  • 誹謗中傷により高松が追い詰められていく中、再び高校を訪ねた拓は以前田代と話していた生徒・森吉が科学部の部室に入る姿を見る。
  • 事務所に戻った拓たちは、聡子が編集し直した事故時の映像を見る。体育館の壁に立て掛けられたパイプ椅子を見た拓は、石和が雑談で口にした「地下室」という言葉から何かを閃いた。再び高校を訪ねた拓は体育館の床下が収納庫になっていることを確認すると、床の裏側の一部が焦げているのを見つけ、何かを確信した。
  • 翌日、拓が楓と秋保と共に訪ねたのは高校の科学部部員の森吉の元。「倫理を失えば、科学は容易に他人を傷つける凶器へと成り替わる」という秋保の言葉を聞いた森吉は静かにうなだれた。
  • 弁護側証人尋問の日。証言台に立った秋保によると、無線で送電を行うことができる『テスラコイル』という装置によって、高松の剣が藤里を突いた瞬間に心停止を引き起こされたとのこと。
  • 体育館の床下に設置されたテスラコイルから、細工されたフェンシングの道具に電気が送られ、高松の剣が藤里を突いた瞬間に心停止を引き起こすのに十分な電流が流れた。事故の瞬間の映像にノイズが入っていたのは電磁波の影響だったのだ。
  • 続いて証言台に立った森吉は、自分が装置を作ったことを認める。いじめを受けていた森吉は、田代たちから装置を作るように命令され、断ろうとしたところをなんと藤里本人から頼まれた
  • そして、検察側の証人として証言台に立った藤里は、実力があるために監督から目をかけられていた藤里は部内で孤立。高松と親の期待を重く感じていて、部活を辞めることも許されず、自殺の道しか思いつかなかったと話した。藤里は高松からフェンシングを奪うために田代たちと共謀し、高松の突きで自分が死ぬ計画を立てたのだという。
  • 法廷で自暴自棄になる藤里に、拓は苦しくても犯した罪は償わなければいけないと話し、生きて償って立ち直って欲しいと言葉をかける。
  • 数日後、高松に無罪判決が下った。

 

5話の弁護はこんな感じでした。

いじめられっ子生徒の作った科学道具が絡んできたのは非現実的だったけど、世間のバッシング問題など考えさせられる内容だった。

有馬さんの「悪いことした人たちは叩き潰していいと思ってる人たちって、忘れてるんじゃないかと思って。相手が人間だってこと」と言うセリフは心に響きました。

実際のニュースやワイドショーでも、事実か分からないうちからの過度なバッシングはどうなのかといつも思ってる。
マスコミさん酷すぎですよね・・・。
もちろん反省を全くしていない加害者などは叩かれるのも原因があるとは思うけど・・罪の重みや反省の色なども考慮していいんじゃないかと感じてます。

今回の高松さんは無罪判決を受けたわけだし、ほんとに世間は何も考えずに一部だけ見てバッシングしてるんだな〜と。
この部分は結構リアルな問題だと思います。

成瀬
高松役に豊原功補。藤里役の清水尋也と田代役の柾木玲弥。なかなかの豪華ゲストだった・:*+.\(( °ω° ))/.:+

パワハラについて考えさせられた

高松さんは結果的に無罪でしたが、藤里くんが自殺を考えるまで追い詰められてたとなるとパワハラだったのではないかとも思えます。

ウィキペディアによるパワハラの例は

暴行・傷害(身体的な攻撃)
脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言(精神的な攻撃)
隔離・仲間外し・無視(人間関係からの切り離し)
業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害(過大な要求)
業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと(過小な要求)
私的なことに過度に立ち入ること(個の侵害)

らしいです。

パワハラを受けたことが原因で、さらに無視や仲間はずれなどの職場いじめに発展する場合もある

とあるので、精神的な攻撃と人間関係からの切り離しに当てはまるのかな?
顧問の高原は期待が故に、過度な期待と厳しい指導をしていたようですが、本人が嫌がっていたならそれはもう体罰以外の何モノでもないですね。

拓たちが弁護していたのが高原だったこともあって応援はしてましたが、これは間違いなくパワハラと体罰かと思います。

「僕は、どうすればよかったんですか?」
と言う藤里くんの言葉は重かったです。
本当にもうどうしようもないくらいに追い詰められていたんだと思う。

それに対して拓は
「分かりません。僕が君の立場でもどうしていいか分からなかったかもしれない。でも、だから間違ったことをしてもいいなんて理屈はないんだよ
「苦しくてもやってしまったことは自分で償わないといけません。生きて償って、そして立ち直ってください」
と藤里を諭して、報道陣へ関係者を追い詰めるような報道を控えて、ありのままの正確な報道をしてほしいとお願いをします。

「裁判と違って、社会的制裁には歯止めがありません。第三者の偏見や憶測が、今回の事件の関係者全員をこれ以上追い詰めることのないように配慮をお願いします」

このセリフには感動しました。
現代の社会問題となっている第三者の偏見と憶測で下される『社会的制裁』。
ネットやSNSの普及で他人事ではないので、憶測や偏見で野次馬しないように気をつけます( ; ; )

成瀬
とりあえずマイナスなリツイートなどをやめることから始める😭

ただ、高松は業務上過失傷罪ではないけど、パワハラではあると思うんだよね〜。
拓が藤里にかけた「生きて償って、そして立ち直ってください」という言葉は間違ってないと思うけど、高校生に対しては厳しすぎる意見だとも思った。
同時にそれほど拓は冤罪を憎んでるとも感じました。

高松がパワハラしていたことと、業務上過失傷罪に問われるのとは別問題ということですね・・。

秋保先生は東央大学生殺人事件の当事者

黒川先生が弁護士に目指すきっかけとなり、冤罪事件にこだわる理由と思われる『東央大学生殺人事件』
穂香によれば、その当事者は秋保先生だけとのことです。

被害者の名字が秋保だったことから、秋保先生は遺族ということでしょうか?

当事者は秋保だけでも、拓も被害者、加害者と面識があるように思うんだけど・・・どうなんだろう。

 

スポンサードサーチ

『イノセンス 冤罪弁護士』6話あらすじ

楓(川口春奈)は、かつて東央大生だった秋保(藤木直人)の妹が殺され、交際相手の理工学部の学生が有罪判決後に自殺したことを知る。弁護を担当したのは湯布院ゆふいん(志賀廣太郎)のパートナーだった別府(杉本哲太)の兄。そして担当検察官は拓(坂口健太郎)の父・真(草刈正雄)だった。混乱する楓に、穂香(趣里)は関係者が今も事件を引きずっているのは冤罪の可能性があったからだと話すが、拓が冤罪にこだわるのには何か別の理由がある様子で…。

そんな中、拓と楓は事務所が顧問契約をしている樽前物産の社長の息子・樽前裕也(須賀健太)の弁護を担当することに。友人の新島にいじま彰あきらを射殺した疑いをかけられた裕也は被疑事実を否認しているものの状況証拠が揃っており、限りなく黒い上、本人の評判も最悪。
樽前家を訪ねた拓たちは住み込みの使用人・有珠田(吹越満)から事件当日、裕也は部屋にこもって楽器を弾いていたと聞く。
自称ミュージシャンの裕也は日頃から大音量で楽器を弾くため近所から苦情が来ていたというが、事件当日に楽器の音を聞いた人は見つからない…。

その頃、事務所には殺された新島の母(山下容莉枝)が樽前の弁護をやめてくれと直談判に訪れていた……。裕也のアリバイが固められない中、なんと、穂香の息子・晴斗はるとが誘拐され、事件の弁護をやめなければ子供が死ぬという脅迫メールが届く!新島の母が誘拐したと直感する拓だったが、思わぬ事実発覚で事態は急展開!
果たして拓は、科学の力で事件の真相を暴き、晴斗を救うことができるのか!?

(公式ホームページ引用 https://www.ntv.co.jp/innocence/)