ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』2話ネタバレあり感想・考察。3話あらすじ。真野聖子(斉藤由貴)の不倫相手はオバマ?!

スポンサードサーチ

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』とは?

法廷ではなく、様々なジャンルのスキャンダルや社会的トラブルの裏側を専門に扱う危機管理専門の弁護士・氷見江を主人公とした弁護士ドラマ。
毎週木曜10時からフジテレビ系列で放送。1月10日にスタートした。
FODで見逃し分!

 

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

脚本 – 倉光泰子、三浦駿斗
演出 – 関和亮、横尾初喜、山岸聖太、戸塚 寛人
主題歌 – YUKI『やたらとシンクロニシティ』
オープニングテーマ – milet
音楽 – SOIL&”PIMP”SESSIONS、田熊理秀、ハセガワダイスケ

氷見江 – 竹内結子
与田知恵 – 水川あさみ
藤枝修二 – 中川大志
東堂裕子 – 泉里香
鈴木太郎 – バカリズム
真野聖子 – 斉藤由貴
茂呂裕也 – 佐野岳

 

スポンサードサーチ

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』2話のあらすじ

鈴木法律事務所・危機管理部。リーダーの氷見江(竹内結子)のもとに新たな案件が持ち込まれる。やって来たのは、大手広告代理店人事部長の藤原貴美子(国生さゆり)とクリエイティブディレクター、谷正輝(波岡一喜)。谷の契約社員へのセクハラ疑惑が週刊誌『週刊文新』に掲載されたことで、代理店の仕事に支障をきたしていた。谷と貴美子は事実無根を訴えるが、すでに問題はSNSなどでも拡散され、代理店側は圧倒的に不利な状況にあった。氷見は状況把握のため代理店を調査すると告げる。

早速、与田知恵(水川あさみ)と藤枝修二(中川大志)が代理店に赴き、社員たちに話を聞くのだが、谷のセクハラについての証言は得られない。その頃、氷見は『週刊文新』の編集部を訪ねていた。敏腕記者の東堂裕子(泉里香)の紹介で編集者、堀川太郎(津村知与支)に接触した氷見は、谷の被害者が暴露本を出版しようとしていることを知る。一方与田は貴美子から谷の被害者の名を聞き出すことに成功する。

氷見と与田は被害者の女性、佐藤瑠璃(成海璃子)に会う。氷見は金銭的な解決での出版中止を求めるが瑠璃は拒否。金の問題ではなく、谷に謝罪して欲しいと言う。氷見は瑠璃の言葉を貴美子に伝えるが…。

(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/QUEEN/)

 

スポンサードサーチ

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』感想・考察

スキャンダル専門弁護士QUEEN2話見ましたが見続けるか危ういレベル・・・!

ストーリーに目新しいところが感じられないし、身内だけで話を進められて視聴者は置いてけぼりな感じ。
氷見と与田の会話などコミカルで面白いところもありますが、それ以上に脚本が面白くない・・・。

※以下、視聴後の感想になります。ドラマ未視聴の方はネタバレご注意ください。

危機管理部のメンバーのやり取りが面白い

まずはいいところから。

危機管理部のメンバーのやり取りがコミカルで見ていて楽しい。
氷見さんと与田さんのやり取りは安定に面白いし、2人ともサバサバしていて好感が持てます。


斉藤由貴の真野聖子もいいキャラしているし、去年世間を騒がせた斉藤由貴への不倫ネタには笑いました。
そして真野さんのお子さん、黒人とのハーフぽかったし冒頭で「某国の大統領と」というセリフからオバマと不倫してたんですかね?!

成瀬
ギャグが膨大すぎる・・・!

真新しいことが全くない脚本

登場人物たちのかけ合いは面白いけど、それ以外にこのドラマに魅力を感じられないでいる。

1話は面白かったんだけど、2話を見て、弁護士ドラマとしては爽快感に欠けると感じた。
セクハラ問題という題材はいいけど、テンポが悪くて面白くないし、セクハラ被害を訴える女性と事実無根を訴える上司が実はつきあっていて・・という設定にも真新しいことは特に感じなかったです。

映像は綺麗だし、危機管理部のメンバーのやり取りが面白いだけに脚本にはがっかりでした。
ただ、まだ2話目で、氷見と次期首相候補のスキャンダルの件など未解決なままなので、どう話を持っていくのかを期待して今後も見続けてみようと思います!

成瀬
あと映像クリエイターの関和亮監督が手がける演出が綺麗だからそれだけで毎週見る価値はあると思う。

 

スポンサードサーチ

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』3話のあらすじ

鈴木法律事務所では、次から次へと舞い込む仕事に氷見江(竹内結子)と与田知恵(水川あさみ)は休みも取れないと愚痴っている。そんなところに、副所長の鈴木太郎(バカリズム)が新たなクライアントを招き入れた。マネージャの間宮智也(片山亨)、コーチの渡瀬美央(村岡希美)に伴われて現れたのは、フィギアスケート選手の相馬紀子(白石聖)だった。紀子の来訪に氷見たちは仰天するも、紀子の依頼内容を聞くと、さらに仰天をすることに・・・。

世界大会で金メダルを獲得し、日本で記者会見を開いた翌日、婚約者である塚越健太(穂満佳佑)の家に向かった紀子。そこには、何者かに殺害された婚約者の姿が・・・。第一発見者であり、凶器から指紋が検出さたため、紀子は警察から最有力な被疑者にされてしまったのだ。しかし、紀子は塚越の遺体を前に気が動転し、思わず凶器に触れてしまっただけで、殺害したのは絶対に自分ではないと氷見たちに主張。さらに、2日後に予定している凱旋パレードが終わったら、自身が生活拠点としているアメリカにすぐに戻りたいので何とかして欲しい、と助けを求める。氷見、与田、藤枝修二(中川大志)、真野聖子(斉藤由貴)らは、ひとまず他に被疑者がいないか四方八方を探ることに。すると、塚越は紀子のライバルとして目下、頭角を現しているフィギュアスケート選手の青山リナ(石田ニコル)とも付き合っていたという事実が発覚し・・・。

(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/QUEEN/)

成瀬
石田ニコルがフィギュアスケート選手役で出演らしいので楽しみ