ドラマ『セミオトコ』7話ネタバレ感想・レビュー!セミオ死なないで😭おかゆの家族に爆笑!8話(最終回)あらすじも!

 

『セミオトコ』7話見ました!

おかゆちゃんの家族が上京して・・・大爆笑な7話だった・・・!!!!
からの涙のラストシーン。

小川さんとセミオ、ボロボロ泣いててもらい泣きしそうだった。

それではそんな『セミオトコ』7話のネタバレあらすじと感想を書いていきますー。
(ネタバレだけ感想・レビューだけを読みたい人は目次から飛んでください。)

ドラマ『セミオトコ』感想一覧
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話(最終回)
↓あわせて読みたい↓

【2019年秋ドラマ】10月期スタートドラマ一覧!【ニッポンノワール-刑事Yの反乱/同期のサクラ/シャーロック】

2019.08.12

【日本国内】本当におもしろいオススメドラマ50選!ラブコメからミステリーまで一気見間違いナシ!【白い巨塔/逃げ恥など】

2019.07.02

スポンサードサーチ

ドラマ『セミオトコ』概要

セミから人間へと変身した青年が偶然出会った30代女性とともに、生命が尽きるまでの1週間を過ごすさまを描いていく。
テレビ朝日系「金曜ナイトドラマ」にて、2019年7月26日にスタートした。
脚本は『ひよっこ』などで知られる岡田惠和。主演はHey! Say! JUMPの山田涼介。

ドラマ『セミオトコ』 スッタフ・キャスト

脚本 – 岡田惠和
音楽 – agehasprings
主題歌 – Hey! Say! JUMP「ファンファーレ!」
監督 – 宝来忠昭、竹園元(テレビ朝日)

セミオトコ – 山田涼介
大川由香 – 木南晴夏
熊田美奈子 – 今田美桜
岩本春 – 山崎静代
岩本マサ – やついいちろう
小川邦夫 – 北村有起哉
庄野ねじこ – 阿川佐和子
庄野くぎこ – 檀ふみ
大川健太 – 三宅健
大川ヒロシ – 高杉亘
大川サチコ – 田中美奈子
桜木翔子 – 佐藤仁美
木下ひな – 皆本麻帆
柴田基子 – 山野海
木村さん – ワタナベケイスケ
相田新平 – 池田良
相田直美 – 椿原愛

 

スポンサードサーチ

ドラマ『セミオトコ』7話 あらすじ

セミオ(山田涼介)との残された時間もあと2日となり、大川由香(木南晴夏)はセミオと街にデートに繰り出し、楽しい時間を過ごす。出会えたことにあらためて感謝し合うセミオと由香。しかし明らかに弱ってきている様子のセミオを見て、由香はやり切れない気持ちに…。

その頃、『うつせみ荘』では熊田美奈子(今田美桜)をはじめとした住人たちが由香の今後を案じていた。「セミオがいなくなってしまったら、おかゆさんがどうなってしまうか怖い…」――そう考えた美奈子は、庄野ねじこ(阿川佐和子)やくぎこ(檀ふみ)、岩本春(山崎静代)たちが着なくなった服を集め、一着の服を作ろうと提案。春もまた、世界に一冊だけの“ハッピーエンドな絵本”を作ろうとしていた。
「ひとりじゃないよ。みんな、おかゆさんが大好きだよ」と伝えるために…。

デートの帰り道、虹を眺めながら気分が盛り上がったセミオと由香は、路上で“ダンス”を。ついに人生で初めて“回る”ことに成功し、心から楽しそうな表情を浮かべる由香の姿を遠くからそっと見つめる3つの影があった。それはなんと由香の父・ヒロシ(高杉亘)、母・サチコ(田中美奈子)、そして兄・健太(三宅健)だった…!
由香の様子を見に、田舎から東京にやってきた大川家の面々は、思いがけず幸せそうな由香にひと安心。由香も、もう二度と会うことはないと思っていた家族と再会できたことを喜ぶ。
「最後に会えてよかった…」
そう呟いた由香の真意を察したセミオは、『うつせみ荘』に帰ると、みんなの前で由香に最後の願いを伝える。

(公式ホームページ引用 https://www.tv-asahi.co.jp/semio/)

ここからネタバレありあらすじ

実はおかゆはセミオが死んだ後、自分も死ぬつもりだった。

 

元医師である小川は、おかゆが、一部の末期の患者の家族に見られた顔と同じ顔をしていることに気がついていた。
「この人が死んだら自分も死のう」
おかゆはそう思っているのではないかと、小川はうつせみ荘のみんなに話す。

 

デートから帰宅したセミオとおかゆ。
うつせみ層のみんなの前で、おかゆが死のうとしていることを見破ったセミオ。
セミオは「絶対に生きなければならない」とおかゆを諭す。

 

「セミオのいない世界なんて絶対に嫌だ」
と泣きじゃくるおかゆ。
「こんなおかゆさん初めてみたよ。
もう思ったことがあっても、黙ったり我慢ばっかりしたり
どうせ自分なんかって思わないような人になってくれたんですね。
それは幸せなことだと僕は思います。
大川由香さんを幸せに、幸せに生きていける人にしたかったんで」

 

そしてセミオは
「世界は優しいだけじゃない。
辛くて悲しいことはたくさんあるし
うまくいかないことも多い。
人間になって世界を見て、僕はそう思いました。
でも、人間は自分の力で生きることを選んでる。
毎日毎日生きることを選んでる。
素晴らしいことです。素敵なことです、かっこいいです。
辛いことや、辛い思いを抱えてる分、その人が生きることは素敵なことです。
辛いことをたくさん抱えてる人こそ、その分えらいんです。えらいんだ」
とおかゆに言葉をかける。

 

おかゆはセミオの言葉を聞いて「わかった」と納得。
しかし「わたしといなくてもいい。死なないで」と駄々をこねだす。

 

「ありがとう。でも僕の死はね、幸せの死なんです。」

 

セミオは寿命を全うすることを宣言。
セミにとって寿命を全うできることは、幸せで幸運なこと。
地上で泣いているセミたちは幸せなのだとセミオは話す。

 

それでも駄々をこねるおかゆにセミオは・・・・チュー!!!

 

なんとキスで黙らせた。

 

みんなの前でキスしてハグした2人。

 

その夜、みんなでカレーライスを食べる。

 

食後のデザートの前、小川に呼び出されたセミオ。

 

小川は自分について語り出す。
余命短いのは本当。
医者をやっていた小川は、大切な人の死を悲しむ人をたくさん見てきた。

 

猫は死が近づくといつの間にか姿が見えなくなってしまう。
誰かの目の前で死ぬことをよしとしないらしい。
猫みたいに死にたいと、小川は思った。
自分の死で誰も悲しませたくない小川は、人間関係を断ち、1人になった。

 

しかしセミオのせいで計算が狂った。
人を好きになるのも好きになられるのも困る。

 

「誰のことも好きにならないで、
自分のことも誰も好きにならないで消えようと思ってたのにさ
人を好きになる一方だ!
それに・・・」

 

「無理ですよ。小川さん。
小川さんを好きにならないなんて無理ですよ・・。」

 

泣く小川さんとセミオ・・・。

 

食後のデザートを食べるみんな。
美味しそうにデザートを食べるセミオの姿が薄くなっていく・・・。

 

成瀬
こんな感じでした。

とにかく上京したおかゆちゃんの家族たちが面白すぎて😂

 

そしてラストは涙・・・。
今週もしんみりくる『セミオトコ』でした。

 

スポンサードサーチ

ドラマ『セミオトコ』7話  感想・レビュー

セミオが死んだ後、自分も死ぬつもりだったおかゆちゃん。

おかゆちゃんにとってセミオは初恋相手(というか初彼氏?)。
理想の外見をした初彼氏が死ぬってなると「自分も死ぬ!」とメンヘラ化するのも分かります・・・。

この世の女のほとんどは初彼と別れるとメンヘラ化するので(偏見)、おかゆちゃんに感情移入すると分かりみが激しかった
しかも彼氏は死ぬんだよ・・・・😭
泣き喚きたくなる気持ちもわかる。

おかゆの家族が愉快すぎて腹筋崩壊

おかゆちゃんのご両親・・・毒親だと思ってたけど、そんなに悪い人たちじゃないんだよねぇー。
おかゆちゃんと相性が悪かっただけかな🤔

例えが悪いけど、DQNと根暗が気があうわけがない!
まず価値観の違いで一緒に暮らすのはキツいでしょう・・・。

もうちょっと先、おかゆちゃんが中年になったら分かり合える日が来る気がするなぁ。

で、そんな愉快なDQNたちがおかゆちゃんに会いに上京してきたんだけど、腹筋崩壊wwww

なにこの人たち。
面白すぎでしょ。
特に、お兄ちゃん。

「兄ちゃんって何て言うんだっけ?」
「兄」
「どうも、妹の兄です」

爆笑wwww
ツボって5分くらいジワジワきました。

 

スポンサードサーチ

セミオトコ8話(最終回)あらすじ

デートから戻り、花火をしながら最後の夜を過ごすセミオ(山田涼介)と大川由香(木南晴夏)。そんな二人を見守りながら、『うつせみ荘』の住人たちはなぜか円陣を組む。「とても切なくて辛い明日になってしまうけど、私たちはできるだけ明るくいつもと同じように接しましょう」――庄野くぎこ(檀ふみ)の声で一致団結した岩本春(山崎静代)&マサ(やついいちろう)ら住人たちは、ハイタッチをしたり拍手をしたりしながら、「二人のために頑張ろう」と、お互いを強く励まし合う。

そしてセミオにとって最後の朝がやってくる。
いつものように「おはよう世界!」と跳ね起き、いつものように窓から木に飛び移り、そしていつものように庭に落ちてくるセミオ。それを住人たちは笑顔で迎え、由香もまたその姿を目に焼き付けるように、泣きそうになるのを我慢しながら笑顔を浮かべるのだった。
みんなが自分と由香のことを心配して気を使っていることに気づいたセミオは、ねじこ(阿川佐和子)たちにこう宣言する。
「僕がこの世界にいられるのは今日までです。だから今までと同じように過ごして、おかゆさんと一緒に仕事に行って、そして手をつないで一緒に帰ってきます」と。そして「でも、どの時間まで僕の命があるのかはわかりません。戻ってこれなかったらごめんなさい」とも…。

みんなに送られ、工場へと出かけたセミオと由香。刻一刻と近づく別れのときを意識しながら、二人はこれまでと変わらない時間を過ごす。
そして、迎えるさいごの時―。ふたりの未来にファンファーレは鳴り響くのか……。

(公式ホームページ引用 https://www.tv-asahi.co.jp/semio/)