ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』11話(最終回)ネタバレ感想・考察。千原ジュニアがサイコパスすぎて胸糞鬱ドラマ確定。

 

 

ドラマ感想リストはこちら1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話

 

ついに『トレース〜科捜研の男〜』も最終回を迎えました。

衝撃的というより、胸糞悪くてトラウマレベルでした。
月9でこれ流すって…‥ある意味革命的🤔
平成最後の鬱ドラマであった‥(褒めてる)

 

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』とは?

1月7日にスタートしたフジテレビ系列・月曜9時のドラマ。
原作は「月刊コミックゼノン」で連載中の古賀慶による「トレース~科捜研法医研究員の追想~」
タイトル通り科捜研の男が主人公のドラマである。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

原作 – 古賀慶「トレース~科捜研法医研究員の追想~」
脚本 – 相沢友子
演出 – 松山博昭、相沢秀幸、三橋利行
プロデューサー – 草ヶ谷大輔
主題歌 – 関ジャニ∞「crystal」

キャスト
真野礼二 – 錦戸亮
沢口ノンナ – 新木優子
虎丸良平 – 船越英一郎
海塚律子 – 小雪
相楽一臣 – 山崎樹範
水沢英里 – 岡崎紗絵
市原浩 – 遠山俊也
猪瀬祐人 – 矢本悠馬
沖田徹 – 加藤虎ノ介
江畑清志 – 篠井英介
沢口カンナ – 山谷花純
江波清志 – 篠井英介
壇 浩輝 – 千原ジュニア

 

『トレース〜科捜研の男〜』11話(最終回)のあらすじ

『武蔵野一家殺人事件』の真相を追う真野(錦戸 亮)は、早川(萩原聖人)とともに食品会社社長の佐保(袴田吉彦)に会いに行った。ところが佐保は、ボイラー室のガス爆発に巻き込まれて死んでしまう。佐保は、不審死を遂げたホームレスの新妻(伊藤高史)と同じく早川の教え子のひとりであり、真野の兄・義一(倉悠貴)をいじめていた主犯格でもあった。

科捜研に戻った真野は、虎丸(船越英一郎)を交え、ノンナ(新木優子)と海塚(小雪)にこれまでの経緯を話す。真野は、『武蔵野一家殺人事件』の証拠品だった軍手に残されていた身元不明のDNA型と、妊娠していた姉・仁美(夏子)の胎児の絨毛のDNA型を鑑定し、その2つに親子関係が認められることを突き止めていた。つまり、仁美を妊娠させた相手が、真野の家族を殺した犯人である可能性が高いのだ。そこで真野は、佐保の心臓血のDNA型を調べたが、親子鑑定の結果は不一致だった。

佐保が死亡したボイラー室に臨場した真野は、ガスの元栓部分に付着した手袋の皮革を発見する。その持ち主と思われる人物の皮膚片から採取したDNA型は、『武蔵野一家殺人事件』の軍手のDNA型と一致していた。新妻の事件同様、佐保の事件にも捜査の打ち切り命令が出た中、仁美の交際関係をもう一度洗い直す真野たち。そこで得た証言を基にさらに調べていくと衝撃の名前が浮かび上がる…。

そんな折、科捜研に刑事部長の壇(千原ジュニア)が突然視察に訪れ…。

(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/introduction/index.html )

 

『トレース〜科捜研の男〜』11話(最終回)感想・考察

ただただ胸糞悪い最終回でした😭
意外性は全くなかったですねー🙄
犯人予想そのまんまの展開

※以下、ネタバレを含みますので、ドラマ未視聴の方はご注意ください。

『武蔵野一家殺人事件』の真相をネタバレ

  • 真野の姉・仁美の交際関係をもう一度洗い直す真野たち。
    当時、仁美がほうじょう学園制服の生徒と歩いてたという目撃証言を得て、調べていくうちに、壇浩輝(千原ジュニア)の名前が浮上した。
    しかし、DNA検査の結果、壇は仁美を妊娠させた相手ではなかった。
  • そんな中、真野は早川の「妊娠3ヶ月ということは9月か。その頃別の人と付き合ってたという可能性もあるし」という発言を疑問に思い、早川のDNA鑑定をする。
    真野は仁美が妊娠したことは伝えたが、妊娠3ヶ月だということは早川に伝えてなかった。
    鑑定の結果、仁美を妊娠させたのは早川だったことが判明する。
    しかし、すでに早川は遺書を残し、姿を消していた。
  • 真野は早川が残した遺書の筆跡鑑定を行った。早川の遺書と、25年前の『武蔵野一家殺人事件』で兄・義一が残したと思われる遺書を書いた人物が同じである可能性があることが分かった。
    早川の遺書に使われたペンのインクは、真野が壇に渡した科捜研のペンに使われているインクと一致。
    真野は壇が、早川の遺書、25年前の義一の遺書を書いたと考える。
  • 壇は高校時代に、真野の兄・義一に一種の一目惚れをする。
    毎日義一のことを考え、義一の苦しむ顔が見たいと思うようになっていた。
    壇は、義一の高校の不良生徒だった新妻と佐保に目をつけ、親に頼んで非行行為を見逃す代わりに義一をいじめるように命じる。
    義一のいじめられる姿を見るのが壇の喜びだったが、義一はイジメを苦に不登校になってしまう。
    そんな折、仁美が頼みがあるから壇に会いたがっていると、新妻から連絡が入った。
    仁美の頼みとは『早川を追い込んで破滅させてほしい』ということだった。
    仁美は早川と不倫をしていたが、妊娠した途端に捨てられ、恨んでいたのだ。
    こうして新妻と佐保は、早川をいじめるようになった。
    いじめはエスカレートして行き、早川は追い詰められていく。そんな早川に壇は、早川へのいじめを依頼してきたのは仁美だと伝え「仁美は子供を売るつもりです。あなたの家庭も仕事もぶち壊してやるって言ってました。早く手を打たないと取り返しのつかないことになりますよ。殺しちゃえば?」と嗾ける。
  • 真野の姉、父、母を殺したのは早川だった。
    壇に唆された通りに仁美を殺し、そして更に両親も手に掛けた。
    3人を殺した早川の元に駆けつけた壇は、親の力で殺人を揉み消し、義一が家族を殺して自殺したことにすると言い出した。
    「自殺しないと弟を殺す」と脅し、義一を遺書を書かせて自殺させた。

といった感じだった。
とにかくエグぐてしんどかったー。
見ていられないレベルの胸糞の悪さでトラウマになりそうです。
これ、小・中学生が見て大丈夫なのかなー🙄

最終的に真野は壇に復讐はせず、早川が壇を刺し、壇は意識不明となりドラマは終わります。

真野は家族の仇である壇、早川、双方共に復讐せず、思いとどまりました。
それどころか自殺しようとしていた早川を救います。
この決断、本当にすごいし偉いと思う。

「25年前家族を失ったあの日から、俺はずっと暗闇の中にいました。
進むべき方向がわからず、立ち止まっているのは何よりも辛い。
その気持ちが分かるから何としても真実を見つけ出して遺族に伝えてあげたかった。
そうすればきっと、前に進むことができると、信じていたからです。
でもあの時、自分自身の真実を知った時、もし、壇や早川を殺したら、二度と暗闇から抜け出すことができなくなる。
俺は前に進みたい。そう思ったんです
と真野は最後に虎丸に語っています。

この真野の決断は本当によかった。
復讐して闇落ちしてしまったら本当に救われないからねー😭😭😭

ドラマ当初は暗闇のど真ん中にいてツンツンしていた真野ですが、今は彼の周りには虎丸さんにノンナ、以前より関係のよくなった同僚たちもいる。
幸せになれる環境にあるんだから、これから先、真野さんには前に進んでいってほしい😢
そして幸せになってほしい……😭

壇浩輝というサイコパス

壇浩輝、とにかく最低なヤツでしたね。
こんな気分の悪い人、ゴールデンドラマで久々に見た。

DNAを採取する際に血が出るまで頬の粘膜削るとか奇行すぎる。

「あの笑顔を踏みにじってみたい。苦痛に歪む顔を見てみたい。これは今まで味わったことのない強烈な衝動だった」
このセリフ気持ち悪くて鳥肌立ちました。
義一くん、こんな奴にターゲットにされて、本当にかわいそうすぎる。

千原ジュニアのサイコパス演技もすごかった…!
本気で気持ち悪かったし、殴りたかったもん。
わたしだったら絶対殺してる。真野くん、よく我慢した( ; ; )
(千原ジュニアさんのこと褒めてますw)

最後にサイコパス壇は目を覚ましてましたが、もう二度とこんなヤツ見たくないので、続編は希望しないです。
トレース続編するとしても、壇には退場をお願いしたい。

早川先生を襲った悲劇

早川先生は妻子持ちでありながら、真野の姉・仁美(JK)と不倫をして妊娠させたクズでした。

仁美に恨まれ「早川を追い込んで破滅させてほしい」と依頼され、佐保と新妻からエグいイジメを受けます。

わたしは、JKと不倫して妊娠させてポイ捨てするような男は大嫌いです。
だがしかし、ちょっと早川先生かわいそすぎない?
不倫ゲス男だからと言って暴力や陰湿ないじめはどうかと。
仁美ちゃんも気持ちは分かるけど、もっと違った方法で社会的抹殺をすればよかったんじゃないかな?

まあでも25年前ならネットとかないだろうし、他の方法は思いつかなかったのかもしれないですね😩
いろんな人にとって悲劇で、しんどかった。

 

『トレース〜科捜研の男〜』全話通しての感想

全話を見終えての感想や個人的な満足度を書きます。

評価 100点満点中60点

各話感想で散々書きましたが、泣ける話に仕上げたいのだろうけど全然泣けない話が多く、全体的にあまり好みではなかったです。
1話完結の話なだけあって、好きな話ももちろんあります。ただ、重い話にしようとするほど逆に薄っぺらく感じてしまって、冷めた気持ちで見てましたね‥…🙄

ですが最終回については、薄っぺらさは全く感じなかったです。
11話を通して真野さんや虎丸さん、ノンナを見てきたので、彼らが当事者となれば十分に感情移入できた。
事件内容の酷さには自分のことのように腹が立ったし、終盤の千原ジュニアを殴りたかった。これから真野さんの幸せを祈ります😭

何だかんだ毎週欠かさず見たし、文句言いつつ楽しんだ証拠だと思います。
大満足というわけではないですけど、満足度は半分より上。点数をつけるとしたら60点くらい、ということで。