ドラマ『ノーサイド・ゲーム』1話ネタバレ感想!滝川(上川隆也)への仕返し物語。ラグビー関係なくない?2話あらすじも!

 

新日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』スタートしました\(^o^)/

『半沢直樹』『ルーズヴェルト・ゲーム』『下町ロケット』『陸王』など日曜劇場での安パイとなりつつある池井戸潤原作作品。
どれも面白かったし視聴率も安定しているイメージです。(ルーズヴェルト・ゲームと下町ロケット2期は高視聴率と呼べるかわからないけどコケてはない)

そんな池井戸潤の書き下ろし新作を日曜劇場でまたもやドラマ化!
期待せずにはいられない!

『ノーサイド・ゲーム』は大泉洋演じる自動車会社に務めるエリート社員・君嶋隼人が、左遷された先でラグビーの顧問を兼務することになり、低迷するラグビー部とともに再起を目指す物語!

それではそんな『ノーサイド・ゲーム』1話のネタバレあらすじと感想を書いていきます。
(ネタバレあらすじだけ感想・レビューだけを読みたい人は目次から飛んでください)

 

2019年7月スタートのドラマ情報はこちら!→【朝顔/凪のお暇】2019年夏ドラマ一覧!キャスト情報や期待値など。【7月スタート連続ドラマ】

『ノーサイド・ゲーム』を無料で全話見る方法!
Paraviの30日間無料体験期間なら無料で『ノーサイド・ゲーム』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません!

『ノーサイド・ゲーム』各話感想
1話 2話 3話 4話 5話 7話 8話 9話 10話

 

スポンサードサーチ

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』とは?

TBS系列・日曜劇場枠にて2019年7月7日放送スタートされた。
原作は、池井戸潤の新作書き下ろし小説『ノーサイド・ゲーム』で、大泉洋が主演を務める。
左遷された男が、低迷するラグビー部とともに再起を目指す物語である。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

原作 – 池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」
脚本 – 丑尾健太郎
演出 – 福澤克雄
主題歌 – 米津玄師『馬と鹿』

君嶋隼人 – 大泉洋
君嶋真希 – 松たか子
岸和田徹 – 高橋光臣
七尾圭太 – 眞栄田郷敦
佐倉多英 – 笹本玲奈
星野信輝 – 入江甚儀
鍵原誠 – 松尾諭
脇坂賢治 – 石川禅
吉原欣二 – 村田雄浩
新堂智也 – 藤原光博(リットン調査団)
富野賢作 – 佐伯大地
藤島レナ – 阿部純子
中本理彩 – 山崎紘菜
吉田夏帆 – 南端まいな
本波寛人 – 天野義久
浜畑譲 – 廣瀬俊朗
安西信彦 – 齊藤祐也
佐々一 – 林家たま平
友部祐規 – コージ(ブリリアン)
里村亮太 – 佳久創
有馬真吾 – 村田琳
笠原豪 – 笠原ゴーフォワード
柴門シオリ – 川田裕美
青野宏 – 濱津隆之
「多むら」の女将 – 鳳稀かなめ
島本博 – 西郷輝彦
柴門琢磨 – 大谷亮平
津田三郎 – 渡辺裕之
風間有也 – 中村芝翫
滝川桂一郎 – 上川隆也

中本元気 – 勝山翔
玉木俊太 – 榎本鉄平
高輪祐太 – 眞弓葉詩
飯野雄貴 – 飯野雄貴
西荻崇 – 田沼広之
岬洋 – 鶴ケ﨑好昭
林田公一 – 株木孝行
立川悟 – 水本竜弥
端本太郎 – 端本太郎
大和航平 – 北川勇次
仲村慎祐 – 仲村慎祐
伊吹誠介 – 伊吹誠介
森本竜馬 – 森本竜馬
石川悠太 – 石川悠太
秋元太一 – 板垣悠太
小野勘太 – 邉津勘太
小西大樹 – 小西大樹
戸村銀太郎 – 髙橋銀太郎
岩爪航 – 岩爪航
井上卓哉 – 井上卓哉
新井龍一 – 新井龍一
阿久根潤 – 阿久根潤
工藤元気 – 工藤元気

 

スポンサードサーチ

日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』1話あらすじ

トキワ自動車の経営戦略室次長の君嶋隼人(大泉洋)は出世頭と目されるエリート社員。
家では妻の真希(松たか子)と二人の息子、博人(市川右近)、尚人(盛永晶月)に囲まれ幸せに暮らしていた。

ある日君嶋は企業買収を推し進めようとする常務の滝川桂一郎(上川隆也)に対し反対意見を述べる。君嶋の意見が通り買収は見送られたが、同時に君嶋は本社から府中工場の総務部長に飛ばされることになった。

異動初日、君嶋は総務部員の佐倉多英(笹本玲奈)からキャプテンの岸和田徹(高橋光臣)をはじめとしたトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」の選手たちを紹介される。
総務部長はアストロズのゼネラルマネージャー(GM)を兼務することになっているという。
社長である島本博(西郷輝彦)の肝煎りで創設されかつては強豪だったアストロズだが、今は成績が低迷。それどころか14億の巨額赤字を抱え、会社のお荷物と囁かれる始末。
ラグビーについては知識も経験もない君嶋には気が進まないことばかりだった。
しかし後がないのは君嶋も同じ。自らの再起を考えた君嶋は・・・。
(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/story/)

ここからネタバレあらすじ

主人公・君嶋隼人は、企業買収を推し進めようとする常務の滝川桂一郎に反対意見を述べる。
君嶋の意見は通り買収は見送られたものの、常務の怒りを買い本社から府中工場の総務部長に飛ばされしまう。府中工場の総務部長は、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャー(GM)を兼務することになっている。
社長である島本博の肝煎りで創設された「アストロズ」はかつては強豪チームだったが、今は成績低迷。
それどころか14億の巨額赤字を抱え、今では会社のお荷物だった。君嶋はラグビーについて知識も経験もない上、大学時代にラグビーの有名選手と因縁があり、ラグビーを毛嫌いしていた。
アストロズについては滝川も快く思っておらず、妻の真希の助言もあり、君嶋はアストロズを廃部にして経費を削減し、本社に返り咲くことを思いつく。君嶋は早速、アストロズの予算案を作成し、予算を削減する。
更に、アストロズの粗探しを始めだす‥。
ラグビー部の面々は、練習のために15時には仕事を引き上げて退社している。
更に部員の佐々(林家たま平)が仕事でミスをした点をつき、アストロズは会社のお荷物でしかないと、部員たちに突きつける。 

そんな折に、君嶋は滝川から本社に呼ばれ、次の取り締まり役会議でアストロズの今後の運営方針を議題にあげるので、意見書の提出を求められる。
手間を取らせた礼をすると念を押され、君嶋はアストロズの粗探しに精を出す。
しかし、アストロズについて調べていくうちに、君嶋はあることに気がつく。

 

アストロズ部員の勤務時間が合わない事態が発生した。
残業しているはずのアストロズ部員たちは、残業申告をしておらず、自主練をしていたことになっている。
更に仕事でミスをしたはずの佐々は、上司からミスを押し付けられただけだった。
佐々は普段から嫌味な上司から仕事を押し付けられており、アストロズ存続のために我慢をしていたのだ‥。

 

ある日、君嶋の息子・博人がラグビーをやりたいと言い出した。
息子が何かをやりたいと言いだしたことが初めてなため、君嶋はアストロズの部員たちにラグビーを教えて欲しいと思う。
だが、はじめてラグビーのタックルを経験した君嶋は肩を痛める。手当をするが無傷。
「やっぱりラグビーは怪我をするスポーツだ。子供には危険だな」と言う君嶋に、アストロズのアナリスト・佐倉(笹本怜奈)は「逆です。ラグビーは怪我をしないためのスポーツです」だと‥。

 

アストロズの今後の運営方針が議題とされる取り締まり役会議前日。
君嶋は本社の滝川の元へ意見書を見せに行く。
滝川を訪ねる直前、元上司の脇坂(石川禅)から、風間商事の買収の件が復活するかもしれないことを告げられた。
風間商事は、売却価格を1000億から800億に下げてきたそうだ。滝川が水面下で動いていたらしい。
この買収案が通れば、社内での滝川の勢いが一気に増す。そこでアストロズの廃部も決まれば、社長交代だってありえる。

 

君嶋は滝川を訪ね、企業買収の件を確認する。
滝川は、今回の企業買収は通るだろうと確信している様子だった。
そんな滝川に君嶋は「アストロズ廃部の意見書を提出すれば、それなりのお礼をするという言葉、信じていいんですね?」と問う。
だが、滝川の言う礼とは「府中工場に最新のエアコンシステムを導入する」というものだった。
本社に戻れると思っていた君嶋は絶望する。

 

絶望した君嶋が向かった先は、アストロズの練習場だった。
そこで君嶋は部員たちにタックルするが、普段から鍛えている彼らにはたちうちできなかった。

 

帰宅した君嶋は、汚れたスーツを真希に叱責される。
その流れで君嶋は息子・博人がいじめられていることを知る。
そして君嶋は博人がいじめっ子をやっつけるため、強くなろうとラグビーをやりたがっていたことを知った。

 

そんな博人に君嶋は
「でもな博人。ラグビーは喧嘩じゃないんだ。ラグビーは相手が憎くてぶつかりに行くんじゃない。仲間のためなんだよ。一緒に戦う仲間のためにぶつかっていくんだ。ラグビーっていうのはそういうスポーツだ。喧嘩じゃないスポーツだ。この違いわかるか?それでな博人。ラグビーにはノーサイドっていう言葉があるんだ。試合終了の笛が鳴ったら敵味方関係なく、一つの仲間になる。それがラグビーの選手。スポーツマンシップっていうものだ。それが出来るか、博人。お前にこんなひどい事したやつを最後には許せるか?正々堂々と戦った後、握手出来るか?そいつに最後にタオルをかけてやることが出来るか?それがラグビーなんだ。お前が教わりたいのは、そういうラグビーか?」
と語りかける。
博人は君嶋の話を聞き「ラグビーやりたい」と自分の意思を述べた。

 

真希は子どもがいじめられて悔しい、ラグビーなんて関係ないと言うが、君嶋は自分の力で強くなろうとしている博人を応援することを決める。

 

後日、君嶋は、アストロズの部員を集めて、本年度のアストロズの予算は0円だと発表する。
不平不満を漏らす部員たちだったが、君嶋は今のアストロズの試合を見たいと思う人は1人もいない現状を突きつける。
そして「君たちは今どん底だ。あとは上だけを見ろ」と宣言。

 

「プラチナリーグで優勝するんだ。それならば誰も文句は言わない。誰だって価値がわかる」
君嶋はアストロズを廃部にする気はなかった。

 

昨夜、本社に捨てられ絶望していた君嶋は、土砂降りの中、アストロズの部員たちに地面に叩きつけながら「このまま終わるのは嫌だ。何度も何度も跳ね返されながら、このまま、何の役にも立てずただのお荷物になって終わるのは嫌だと思った。そして君たちと、タックルも出来ない私に、本気でぶつかり続けてくれる君たちと、戦いたいと思った」らしい。

 

こうして、どん底サラリーマンとアストロズの再起をかけた戦いが始まったーーー。

成瀬
こんな感じでした。
ストーリーは分かりやすくて見やすかったし、ラグビーに全く興味がなかったのに楽しめました!

 

 

スポンサードサーチ

『ノーサイド・ゲーム』1話感想・レビュー

上川さん演じる滝川とのバトルは日曜劇場感が溢れてて正直見飽きたけど‥‥熱血ラグビー物語は新鮮でした。
内容も分かりやすくて楽しく見れたのですが、『陸王』や『半沢直樹』が好きだったので期待しすぎてました。若干、肩透かし食らった部分もあった。

とりあえず、前期の日曜劇場の二の舞にはならないようお願いしたい🤔

滝川への仕返し物語。ラグビー関係なくない?

滝川に歯向かい君嶋左遷。アストロズのGMになる。

君嶋「経費がバカ高いし、その上弱い。会社のお荷物。そもそも大学時代好きな子がラグビー部のイケメンとつき合ってからラグビー嫌い」とアストロズを毛嫌いする。

滝川もアストロズ嫌ってるので、アストロズを潰して滝川に恩を売り、本社に戻ろうと企む。

アストロズのメンバーは仕事ができないし退社が早いのでそこを責めようとするが、部員たちは他の社員たちから仕事やミスを押し付けられていただけだった。
だが、アストロズ部員たちは会社のお荷物になっているという自覚があり、文句を言わずに耐えていた。
そんな彼らの姿に君嶋は悩む。

そんな中、息子がラグビーやりたいと言い出す。息子のためにアストロズにラグビーを習う。

滝川がまたもや売却を考えてるという情報を得る。売却が成功したら会社は滝川の天下。
滝川に「アストロズ潰したら本社戻してもらえるんだよね?」と確認をするが、滝川には全くその気はなく「アストロズ潰してくれたら左遷先にエアコン付けてやる」と言われる。

ショックを受けた君嶋は、ヤケになり、土砂降りに濡れながら、アストロズの練習に参加。
ラグビー部員たちにタックルするが、相手はプロ。全く歯が立たない。

ドロドロで帰宅。嫁に怒られる。
同時に息子がいじめられていることが判明。
君嶋は息子が強くなるためにラグビーをやりたいと言ったのだと知る。

翌日、アストロズの部員たちを集めて予算を発表。
0円と言いつつ、アストロズを潰す気はないと宣言!

簡単に説明すると、1話はこんな感じでした。

1話を見て思ったのは、君嶋ってフツーに薄情な男じゃない?
本社に戻してもらえると思ってたのに戻してもらえないと知り、ヤケになってラグビー部を再起するとか言い出してるようにしか見えなかった‥‥。
どん底サラリーマンとどん底ラグビー部が力を合わせて再起する話の動機が滝川への復習って😩

もちろん、佐々くんたちの頑張りを間近で見たことや、アストロズ部員、社長や佐倉のラグビーに対する思いを知ったのもあるとは思うんですけど、この展開だと、滝川への仕返しが第一に思えるw

正直、息子へのラグビーの説明も松たか子と同じく「え?何言ってんの?今ラグビー関係なくない?」って思ったw
自分の力で強くなろうとしている息子を応援したいって気持ちは分かるんだけど、息子がいじめられてんのになに悠長なこと言ってんだと。
いじめは犯罪なので、君嶋嫁が言うように子どもだからって容赦せずに訴えた方がいいと思うんだけどな〜。
とりあえず大人の力でいじめっ子たちを成敗してから、ラグビー習わせて強くなってもらえばよくない?

と、ラグビー関係なくない?と思える場面が多々ある1話でした。
アストロズ側が「アストロズを利用して返り咲こうとしている」と、気づいてる感じなのが唯一の救い。
「一緒に頑張ろう!俺たち仲間だ!」みたいな集団左遷みたいな展開ごめんだからね。

割と文句は言いましたが、話の内容は分かりやすくて面白かったし、もともとスポ根ドラマは好きなので今後、面白い展開になることを期待して見続けます。

成瀬
三枚目の多い大泉洋がきちんとエリートサラリーマンに見えたのはすごかった。

 

スポンサードサーチ

『ノーサイド・ゲーム』2話あらすじ

トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋(大泉洋)は大きな困難に直面していた。新監督人事が進まないのだ。キャプテンの岸和田(高橋光臣)からも早く監督を決めるようお願いされるが、ラグビーの経験も知識もない君嶋にはどんな人物がふさわしいのかわからない。ない知恵を絞っても始まらない。君嶋はこれまで培ってきた経営戦略室での経験から戦略を練る。チームを優勝させるには優勝経験を持つ者を監督にしたい。しかし前GMの吉原(村田雄浩)が残していった候補者は物足りない。そんな時、多英(笹本玲奈)が先日城南大学の監督を退任したばかりの柴門(大谷亮平)の名を口にする。柴門は大学を三連覇に導いた男で、なんと君嶋とは知り合いだった。君嶋は柴門に監督就任を打診するが、取り付くしまもなく断られてしまう。それにはアストロズ関係者も知らなかった過去の出来事が関係していた。
監督人事に苦しむ一方、君嶋は元上司の脇坂(石川禅)から滝川常務(上川隆也)によるカザマ商事買収話が順調に進んでいると聞く。この話が成功して滝川が次期社長になれば君嶋が本社に返り咲く可能性は限りなく0に近づく。君嶋はどうなってしまうのか・・・。
(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/story/)

成瀬
2話では監督問題がメインの話となりそう。
君嶋と大学時代に因縁のある(一方的な嫉妬にも見えたがw)柴門(大谷亮平)に監督をお願いする話みたいです。

嫌いな相手に頭下げれるほどにアストロズのこと思ってるのは素直にすごい!