ドラマ『パーフェクトワールド』2話ネタバレあらすじ・感想と3話あらすじ。樹とつぐみ付き合い始める。

 

『パーフェクトワールド』2話見ました\(^o^)/

身体のこともだけど、2人の前に立ちはだかる障害も乗り越えて幸せになって欲しい😭😭😭
一途で真っ直ぐなつぐみちゃんと、相手のことを思いやれる鮎川くん本当にお似合いだよ。
この2人のこと、絶対最後まで見届ける😌絶対幸せになって欲しい😭
(ネタバレだけ感想だけを読みたい人は目次から飛んでね!)

『パーフェクトワールド』各話感想はこちら。1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 最終回(10話)

 

ドラマ『パーフェクトワールド』とは

カンテレ制作・フジテレビ系「火曜21時」枠にて2019年4月16日にスタートした。
有賀リエ原作の漫画『パーフェクトワールド』を、松坂桃李と山本美月でドラマ化。
2018年には岩田剛典と杉咲花のダブル主演で映画化されている。

 

スッタフ・キャスト

原作 – 有賀リエ 『パーフェクトワールド』
脚本 – 中谷まゆみ
音楽 – 菅野祐悟
演出 – 三宅喜重、白木啓一郎
主題歌 – 菅田将暉 「まちがいさがし」

鮎川樹 – 松坂桃李
川奈つぐみ – 山本美月
是枝洋貴 – 瀬戸康史
長沢葵 – 中村ゆり
渡辺晴人 – 松村北斗(SixTONES)
川奈しおり – 岡崎紗絵
渡辺剛 – 木村祐一
雪村美姫 – 水沢エレナ
東美千代 – とよた真帆
川奈咲子 – 堀内敬子
鮎川文乃 – 麻生祐未
川奈元久 – 松重豊

 

『パーフェクトワールド』2話あらすじ

大事なコンペを前に無理を重ねたことで、突然病気を発症し、入院を余儀なくされた樹。しかし、つぐみのサポートもあり、念願だった仕事を見事勝ち取る。さらに、そのことがきっかけで2人の距離は急速に縮まるが、そこへ樹の元担当看護士でヘルパーの長沢葵(中村ゆり)が現れ、樹が彼女に絶大な信頼を寄せていることを悟ったつぐみは胸がざわつく。一方で、つぐみが樹の影響でインテリアデザイナーの勉強を始めたことを知った洋貴(瀬戸康史)もまた、つぐみの中でどんどん大きくなる樹の存在に焦りを覚えていた。

そんなある日、つぐみから行きたいところがあると誘われた樹。着いた場所は体育館で、そこでは車いすバスケの練習が行われていた。実はつぐみは、樹の同僚の晴人(松村北斗)から、樹を練習に連れてきてほしいと頼まれていたのだ。恋愛同様、バスケももう一生しないと決めていた樹は、最初こそ練習に参加することを拒むが、つぐみの頼みもあり、晴人の申し出を渋々受け入れる。やがて、バスケの楽しさを思い出した樹はチームに入ることを決意。つぐみも久しぶりに見た樹のまぶしい笑顔に釘づけになるが、半面、樹が自分を恋愛対象として見てくれないことに、どこか歯がゆさを感じていた。

その頃、樹のマンションでは母親の文乃(麻生祐未)が息子の帰りを待っていた。樹とつぐみの仲むつまじい様子を見た文乃は、つぐみが樹の新しい恋人だと思って喜ぶが、樹は即座に否定。「ただの友達だから」という樹の言葉は、つぐみの耳にも届いてしまいショックを受ける。

(公式ホームページ引用 https://www.ktv.jp/perfectworld/index.html)

 

ここからネタバレあらすじ

樹とつぐみは車いすバスケのメンバーと打ち上げで、居酒屋に行く。
そこで車いすが邪魔だと、二人組の男に喧嘩を売られる。
つぐみは我慢できず男たちに殴りかかる晴人を止めようとする。

 

樹とつぐみははなんとか樹の家に帰宅。
樹は打ち上げでの出来事を思い出していた。
「もし、川奈が俺のことを思ってくれてるんだとしたら、俺はその気持ちには応えられない」と告げる。
「今日みたいなことがあっても俺はお前を守ってやれない」と打ち上げでのことを気にしているようだった。
つぐみはショックを受けて帰ってしまう。

 

樹は職場で、渡辺からつぐみとの恋愛について聞かれ「自分の幸せのために誰かを犠牲にしたくないんで」と答える。
しかし渡辺は「なんで相手だけが犠牲になるって決めつけてるんだ。健常者だけが障害者の犠牲者になるっていうのは思い込みなんじゃないのかな。お前だって彼女に振り回されて時間や仕事を犠牲にしないとならないかもしれない。多かれ少なかれ自己犠牲の精神がないと恋愛なんて続かないぞ」とアドバイスされる。

 

一方、つぐみは樹の母・文乃とバームクーヘンを食べにきていた。
そこでつぐみは文乃から「おつき合いしてる人はいないの?」と聞かれ、樹に「気持ちに応えられない」と言われたことと、再会してから高校の頃より気持ちが強くなっていることを告げる。
文乃はそんなつぐみに、樹が事故をしてからどういう思いで生きてきたか語り、樹に幸せになって欲しいと涙する。

 

文乃の様子を見てつぐみは「わたし、彼に伝えようと思います。自分の気持ち。受け入れてもらえないかもしれないけど正直に伝えてみます」と決意を固めた。

 

その夜、つぐみは樹の家をたずねる。
樹はちょうど、家から出るところだった。
換気で窓を開けている隙に、犬のチャコがいなくなっていたという。
2人はチャコを探すことに。するとタイミング悪く雨が降り出して‥‥。

 

樹の身体を心配したつぐみは、樹に家の中にいるように言うが、樹は「俺のことはいいから」と。
それを聞いたつぐみは「いいわけないでしょ!」泣き出してしまう。つぐみは樹が勝手に決めつけてしまったことをショックに思っていた。
そして「わたしの気持ち無視して。俺といても幸せになれないとか。守ってやれないから一緒にいられないとか、勝手に決めないでよ。1人で結論出すのやめてよ。好きなの、鮎川くんのことが好きだから病気になったらどうしよう死んじゃったらどうしようって普段で心配でたまらないの」と、自分の気持ちを伝えた。

 

家に帰ると、いなくなったと思ったチャコは家の中にいた。

 

雨で濡れた身体を拭きながら、2人はお互いの気持ちを伝え合う。
そして樹はつぐみにキス。こうして2人はつき合うようになった。

成瀬
2話は、こんな感じでした。
結構早い段階からつき合い始めるんですね🤔

とりあえず居酒屋で喧嘩売ってきた2人組のムカつき具合がやばかった。
スカッとジャパンに出てきそうな勢いの腹立たしさでしたー。マジで誰か成敗してくれ‥‥。
しかし、そういう心無い人の登場も綺麗事だけでなくリアルな物語になってるんだと思います😌

『パーフェクトワールド』2話感想

2話も面白かったです。
鮎川くんもつぐみちゃんも応援したくなるような人物像で物語に入り込めた。

ヘルパーさん長沢葵の怖さ

鮎川くんのヘルパーさん・長沢葵。
結婚してるらしいので鮎川くんをどうこう思ってるとかはないだろうけど‥‥怖いんだけど。
元カノ・美姫問題で鮎川くんが傷つくのを見てきたために新たな女の出現を快く思ってないのかな🙄?
どちらにしても強敵になりそう。

木村祐一いいこと言うじゃん

鮎川くんが働く会社の代表・渡辺剛。
めちゃくちゃいいこと言ってましたね!

「健常者だけが障がい者の犠牲者になるっていうのは思い込みなんじゃないのかな。お前だって彼女に振り回されて時間や仕事を犠牲にしないとならないかもしれない。多かれ少なかれ自己犠牲の精神がないと恋愛なんて続かないぞ」

本当にそれ!

確かに鮎川くんの気持ちは分かる。自分がもし障がい者になったとしたら鮎川くんと同じ気持ちになると思う。
代表の言うことは正論だけども、当事者じゃないから言える言葉であるよね。
それでも身近の人がこう言ってくれることは後押しになるし、鮎川くんのことを考えているからこそ言える言葉だと思う😭

成瀬
本当いい人の会社で働いてるな〜と思った😭😭😭
あと若干、木村祐一の棒読みが気になった。

 

『パーフェクトワールド』3話あらすじ

自分の幸せために、つぐみ(山本美月)を犠牲にはできないと、一度はつぐみの想いを拒絶した樹(松坂桃李)。しかし、すべてを受け入れると覚悟を決めたつぐみに、樹はあきらめたはずの恋愛をもう一度してみようと思い直す。晴れて付き合うことになった2人は、江の島へ出かけたり、樹の部屋で休暇の予定を相談したりと、恋人らしいデートを重ねる。一方、つぐみにプロポーズすることまで考えていた洋貴(瀬戸康史)は、初恋を実らせたつぐみを祝福するが、内心では大きなショックを受けていた。

その頃、カフェで待ち合わせをしていた樹の後輩の晴人(松村北斗)。すると、そこに現れたのはつぐみの妹のしおり(岡崎紗絵)だった…。

迎えたゴールデンウィーク、つぐみとしおりは樹の車で長野へ帰ることに。その車中、しおりは、つぐみが樹と付き合っていることを父・元久(松重豊)が知ったら…と懸念するが、つぐみは市役所の福祉課に勤めていた父なら応援してくれるはずだと楽観的。とりあえず、今回は両親へのあいさつは見送ることにした2人だったが、実家に到着すると、元久と鉢合わせ。樹は窓を開けてきちんとあいさつするが、元久は、車から降りなかった樹を礼儀知らずだと一刀両断。その言葉にひっかかった、つぐみは思わず、樹が車いすに乗っていることや、最近付き合い始めたことを打ち明ける。すると、しおりの予想通り、元久は大激怒。母の咲子(堀内敬子)もまた、つぐみの将来を心配する。

翌日、樹とつぐみは美姫(水沢エレナ)に呼び出されて公園のカフェへ。そこには、洋貴も来ていて、同級生4人は懐かしい話に花を咲かせるが、父親のことが気になるつぐみの表情はどこか浮かない。洋貴もまた、車いすの樹をかいがいしく世話するつぐみを、複雑な思いで見つめていた。

東京へ帰ってくると樹の部屋にはヘルパーの葵(中村ゆり)がいた。つぐみを見るなり、明らかに顔を曇らせていく葵。樹の苦悩を見てきた葵は、付き合う覚悟ができているのか、つぐみに強く詰め寄っていき…。

(公式ホームページ引用 https://www.ktv.jp/perfectworld/index.html)

成瀬
なんだかんだ夢中で見てる『パーフェクトワールド』

次週からは、2人がつき合っていく上で立ちはだかる壁と向き合ってく感じかな🤔

側から見てたら鮎川くんとつぐみちゃん、超お似合いだし毎週応援する😭
高校の時からつき合ってて欲しかった😌