ドラマ『メゾン・ド・ポリス』7話感想・考察と8話あらすじ。死ぬまで知られたくない秘密😭ひよりを盗聴していたも判明。

 

2話の感想はこちら。1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

 

スポンサードサーチ

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』とは?

加藤実秋による小説『メゾン・ド・ポリス』シリーズを原作としたドラマ。
1月11日スタート。毎週金曜日10:00〜10:54までTBS系列で放送。
主人公の新人刑事・牧野ひより(高畑充希)が、退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありの“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく一話完結の刑事ドラマ。

トライアル期間中は無料で見れます!

スポンサードサーチ

スタッフ・キャスト

原作 – 加藤実秋 『メゾン・ド・ポリス』シリーズ
演出 – 佐藤祐市、城宝秀則
脚本 – 黒岩 勉
主題歌 – WANIMA「アゲイン」
音楽 – 末廣健一郎、MAYUKO

キャスト
牧野ひより – 高畑充希
夏目惣一郎 – 西島秀俊
高平厚彦 – 小日向文世
藤堂雅人 – 野口五郎
迫田保 – 角野卓造
伊達有嗣 – 近藤正臣

杉岡沙耶 – 西田尚美
瀬川草介 – 竜星涼
原田照之 – 木村了
新木幸司 – 戸田昌宏
間宮朝人 – 今井朋彦
牧野尚人 – 水橋研二
牧野里美 – 渡辺文香

 

スポンサードサーチ

『メゾン・ド・ポリス』7話あらすじ

ある日、本郷幸成(井上順)という資産家の邸宅で窃盗事件が発生した。本郷は内縁の妻・小倉汐里(西丸優子)と訪問看護師の赤井美香(太田美恵)の3人で箱根の別荘を訪れている間に金庫破りに遭ったようだ。犯行翌朝に本郷宅に出勤した家政婦の本宮カレン(大西礼芳)が発見・通報したという。そして本郷は旅先で体調を崩して入院してしまい、事情聴取は拒否されていた。

その本郷は都内に多数のビルを保有する資産家で、黒い噂が絶えず政財界や裏社会とつながるフィクサーとも目されている男だ。そして昔から数々の美女と浮名を流し“世田谷のジゴロ”とも呼ばれている。

ひより(高畑充希)たちが現場検証をしていると、迫田(角野卓造)・藤堂(野口五郎)・夏目(西島秀俊)が現れた。なんと伊達(近藤正臣)と本郷が幼なじみで、伊達が本郷から直接捜査を頼まれてしまったという。藤堂が金庫を調べると、強引にこじ開けられた跡の他に小さな穴が開けられている。さらにその穴には鱗粉が付着している。この特徴的な痕跡に、迫田たちは昭和の時代に世間を賑わせた伝説の金庫破り“アゲハ”を連想する。

その一方で、藤堂は本郷が飲んでいる薬に違和感を覚える。さらに、本郷を巡る汐里・美香・カレンという3人の女性の関係が非常にややこしく……。

(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/maison_de_police/)

スポンサードサーチ

『メゾン・ド・ポリス』7話感想・考察

夏目さんの過去が少しづつ明らかになってきました・・・。
ドラマの山場となりそうであるひよりのお父さんの死とも関係がありそうですね。真相が気になります。

※以下、視聴後の感想になります。未視聴の方はネタバレご注意ください。

7話のネタバレ

  • 伊達の幼馴染みである本郷幸成(井上順)という資産家の邸宅で窃盗事件が発生した。
  • 本郷は内縁の妻・小倉汐里と訪問看護師の赤井美香の3人で箱根の別荘を訪れている間に金庫破りに遭った。犯行翌朝に本郷宅に出勤した家政婦の本宮カレンが発見・通報したという。そして本郷は旅先で体調を崩して入院してしまい、事情聴取は拒否されていた。
  • 現場検証中、藤堂が金庫を調べると、強引にこじ開けられた跡の他に小さな穴が開けられていて、さらにその穴には鱗粉が付着していた。この特徴的な痕跡に迫田たちは昭和の時代に世間を賑わせた伝説の金庫破り“アゲハ”を連想した。
  • アゲハとは性別も国籍も不明。香港マフィアだとも言われている。狙った金庫には小さな穴と、なぜか銀粉が付着していた。その手口は謎。あっと言う間に扉を開け、まさに蝶のごとく何処かへ飛び去っていく、幻の星だった。だが、平成の初め、アゲハの盗んでいた品をさばいていたブレイスという女が香港で逮捕された。それを機にアゲハは姿を現さなくなった。
  • 迫田たちはアゲハの犯行を疑うが、本郷は趣味で蝶の採集を行なっていたため、金庫の穴に銀粉がついているのはおかしくないとひよりは主張。
  • 本郷は派手な生活ぶりと女性関係で有名だった。彼を巡る汐里・美香・カレンという3人の女性の関係が複雑で捜査は難航。
  • そんな中、本郷宅の家政婦・本宮カレンが歩道橋から突き落とされるという出来事が起こる。
  • その一方で、藤堂は本郷が飲んでいる薬に違和感を覚える。それは猛毒であるヒ素であった。本郷の薬を管理していたのはカレンだった。メゾンドポリスの一員はカレンを疑うが・・・。
    ・ヒ素の入手ルートがわかった。訪問看護師の赤井美香だった。大学の研究室にいる友人から入手したらしい。また、防犯カメラの映像で、箱根の別荘から世田谷区内の本郷の自宅に戻る小倉汐里の車が発見された。警察は2人を引っ張ろうとするが、間も無く小倉汐里と赤井美香が自首に現れる。
  • 本郷の内縁の妻・小倉汐里と訪問看護師の赤井美香は、遺産目当てで共謀して本郷にヒ素入りカプセルを飲ませようとしていた。殺す前に遺言書を確認するために金庫を開け、目的がバレないように現金を盗んだ。そして東堂がヒ素について調べていることを知り、カレンを歩道橋から突き落として自殺に見せかけ罪をなすりつけようとした。しかし本郷にバレて2人は自首したとのこと。
    2人の自首で事件は解決したかのように思われたが・・・・。

ここからが事件の真相

  • 本郷の正体はアゲハだった。金庫の穴に銀粉がついていたのは本郷がアゲハだったから。一流の金庫破りの性で、本郷は毎年金庫を買い換えては腕が鈍っていないか試していた。
  • 小倉汐里と赤井美香が遺言書を確認するために本郷宅の金庫を開けたということは事実。しかしそこには「カレンに遺産を渡す」と記されていたため、2人はカレンを殺そうとした。
  • カレンは香港で逮捕されたブレイスという女性が獄中で産んだ本郷の娘だった。
  • 本郷はカレンがこれ以上、毒殺や暗殺などの遺産相続争いに巻き込まれないように自分の娘だということを隠しておきたかった。そのことを知った小倉汐里と赤井美香に大金を渡し、カレンのことを隠したまま自首することを命じた。
  • 本郷がアゲハだと暴いたひよりに「どうするのか」を問う本郷とメゾンドポリスの一同。ひよりは「窃盗罪の公訴時効は7年です。警察にはもう何もできません」と本郷を逮捕しないことを決めた。

という感じでした。


今回は伊達さんの幼馴染・本郷幸成(井上順)がメインとなる回でした。
伊達さんが本郷さんにかけた「死ぬまで知られたくない秘密、誰にだってあるさ」という言葉は胸に響いた😭
伊達さんの本郷さんの全てを悟って受け入れる姿勢には本当の友情を感じました😢
流石に実は伝説の金庫破りだったなんて秘密は誰にでもないでしょうけどね🤔

しかし、今回の話は遺産相続モノにしてはドロドロさが今ひとつだと感じた。
トリックも盛り上がりに欠けるし、先も読めてしまう。意外性は全くなかったです。

やはり「メゾン・ド・ポリス」はおじさま達のコミカルなやり取りと高畑充希の可愛さを拝むだけのドラマですね🤔

6話では泣かされたし好きな話だったので、各話で当たりハズレのあるドラマの気もしてます。
事件解決モノはこんな感じですね🙄

成瀬
あと、今回は原田(木村了)のウザさに磨きがかかってましたw

夏目の過去とは?そして盗聴の犯人が明らかに。

7話冒頭で夏目さんはお墓参り。
遺族と思われる女性から「人殺し」と罵られていました。

そしてラストで、ひよりは杉岡沙耶の友人から夏目の過去を知らされます。

3年前、夏目が事情聴取をした池原慎吾が自殺した。
池原はかつてひよりの父が務めていた、たかとう建設の社員だった。

この事実を知ったひよりは
「前に、私の父が、たかとう建設の社員で、建設現場から転落して死んだって言いましたよね。夏目さんもたかとう建設と関係があったんですか。なんで言ってくれなかったんですか?池原慎吾さんも建設現場からの転落死。父と同じような状況です。それも本当に自殺だったんですか?夏目さんは何か知ってるんですか?私の父や池原さんは本当はだれかに殺されたんじゃないんですか?
と夏目に問いかけます。

夏目はそんなひよりに
「俺は、何も知らない」
と返します。

そして驚きの事実。
ひよりを盗聴していたのは草介(竜星涼)くんでした!!!!

前回、ひよりの自宅も盗聴されていましたが、草介くんならひよりの家に入ったことあるし・・なるほどね。
それにしても「竜星涼ただの助六(落語心中)やん🤔」って思ってたけどいきなりの真顔には演技力魅せられ👍😳
演技で顔つきってこんな変わるもんなんですね!

ひよりのお父さんの件と夏目さんの過去に草介くんがどう関係しているのか・・・全く想像もつきませんが面白くなってきました・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

スポンサードサーチ

『メゾン・ド・ポリス』8話あらすじ

ある日、館林桃香(住田萌乃)という少女が1人でメゾンにやってきた。祖父がオレオレ詐欺に遭ったので犯人を捕まえてほしいという。桃香にメロメロになったおじさまたちが話を聞いていると、宛名も送り主もない謎の小包が届く。夏目(西島秀俊)がリビングに運んできたその小包から着信音が。中にはスマホが2台入っていた。電話の主は変声機を使った声で藤堂(野口五郎)を誘拐したと告げる。そしてもう一方のスマホにメールが届き、添付された写真には血を流して倒れている藤堂の姿があった。犯人は午後5時までに1億円を用意しろと要求、できなければ藤堂の命はないと脅す。しかし、すでに指定時刻まで30分しかない。さらに犯人は外部との連絡手段を全て遮断させ、1億円の価値があるものがメゾンの中にあるだろうとけしかける。無茶な要求におじさまたちが困惑する中、ひより(高畑充希)が美砂(萩野友里)という女性を連れてメゾンにやってきた。期せずして2人もこの騒動に巻き込まれてしまう。意図がわからないまま犯人とのやり取りを続けるうちに、桃香がキッズケータイを持っていることに気づく。ひよりはそれで桃香の母・真琴(東風万智子)に連絡を試みる。

そのころ、草介(竜星涼)はメゾンの近くに停めた車の中でメゾンを盗聴していた…。

(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/maison_de_police/)

成瀬
次週は藤堂さんが誘拐されるようです
おっさんを誘拐って・・・てなかなか斬新!

あらすじを読む限り、草介くん・・そんなに頻繁にメゾンを盗聴していたんですねΣ(・□・;)
今までほとんど出番のなかった竜星涼くんの出番も増えそうなので楽しみですw