ドラマ『モトカレマニア』1話ネタバレ感想!マコチとかいうメンヘラ製造機!痛さレベルMAXの新木優子さんw2話あらすじも。

 

『モトカレマニア』1話見ました!

ドラマ放送前にしっかり原作漫画で予習して見た1話。

原作漫画が面白すぎてハードルはかなり上がりましたが、ドラマも面白かったです!
高良健吾が元カレだったらそりゃあマニアになってこじらせるよなあ🙄
新木優子ほどの美人が5年間フリーっていうのも無理ある気もするけどw

そんな感じで『モトカレマニア』1話のネタバレあらすじと感想を書いていきます〜!
(ネタバレあらすじだけ感想だけ読みたい人はそれぞれ目次から飛んでください!)

『モトカレマニア』を無料で見る方法!
FODプレミアムの無料トライアル期間なら『モトカレマニア』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません。Amazonアカウントを持っていれば簡単に無料トライアルできちゃいます!

『モトカレマニア』ネタバレ感想一覧!
原作漫画 1話 2話 3話 4話

 

スポンサードサーチ

ドラマ『モトカレマニア』基本情報。

フジテレビ系「木曜劇場」にて2019年10月17日から放送スタートした。
連ドラ初主演となる新木優子と、高良健吾のW主演ドラマ。
原作は瀧波ユカリによる少女漫画「モトカレマニア」。
元カレのことが忘れられない女性が元カレとの再会を通して新たな恋を見つけていく物語である。

created by Rinker
¥110 (2019/11/11 18:45:13時点 楽天市場調べ-詳細)

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

原作 – 瀧波ユカリ 「モトカレマニア」
脚本 – 坪田文
音楽 – 田渕夏美、中村巴奈重
主題歌 – 超特急「Revival Love」
オープニング曲 – 安田レイ「アシンメトリー」

難波ユリカ – 新木優子
斉藤真 – 高良健吾
山下章生 – 浜野謙太
来栖むぎ – 田中みな実
周防ひろ美 – よしこ(ガンバレルーヤ)
大沢将 – 森田甘路
白井忠文 – 関口メンディー(EXILE / GENERATIONS)
増田隆志 – 加藤虎ノ介
新田浩二 – 大地
服部紡 – 大倉空人
近藤康 – 井上翔太
加賀千鶴 – 趣里
安藤一朗 – 小手伸也
丸の内さくら – 山口紗弥加

 

スポンサードサーチ

ドラマ『モトカレマニア』1話 あらすじ

現在失業中の27歳・難波ユリカ(新木優子)は、見た目が悪いわけではなく、コミュニケーション下手というわけでもないのに上手く恋愛ができない。その理由は、初めて付き合った彼氏、“マコチ”こと斉藤真(高良健吾)との恋愛にあった。

ユリカは、初めての恋愛で、好きになった人とごく自然に付き合う、という経験をしたが、当時の彼女はその尊さがわかっておらず、些細なすれ違いからマコチを振ってしまう。だが、次に付き合った男はクズ、その次に付き合った男はもっとクズ……という失敗を経て、上手く恋愛が出来なくなってしまったユリカが出した答えは、『幸せだった過去の恋の時間に浸る』ことだった。

元カレとの思い出を源泉に、切なく甘酸っぱい恋愛描写で人気の小説家・丸の内さくら(山口紗弥加)の小説を愛読し、マコチとの幸せな思い出に浸っては心の中でマコチとの妄想の会話を繰り広げるユリカ。毎朝SNSでマコチのことを検索する日々を送るユリカは、初対面の男性に対しも“モトカレスカウター”なるものを起動させ、マコチとのかすかな共通点を見つけることに喜びを感じていた。親友のネイリスト・周防ひろ美(よしこ)は、ユリカを心配し、「不毛なことをしている場合じゃない」「現実を見ようよ」とアドバイスする。するとユリカは、マニアとはそういうもの、と開き直る。他人に迷惑をかけず、好きなものに全力で熱中し、浸る――私はモトカレマニアなのだから、と……。

失業保険がもうすぐ切れる上、アパートの更新も近づいていたユリカは、チロリアン不動産の面接を受ける。社長の安藤一朗(小手伸也)は、部下の大沢将(森田甘路)、白井忠文(関口メンディー)とともに、過去の失敗から、女性とはお酒を飲みに行かない“ハラミ会(ハラスメントを未然に防ぐ会)”を結成するほどリスクヘッジに敏感な男だが、ユリカの強引さに押され、取り敢えず仮採用することを決める。

そこでユリカは、初めてひとりの客を担当することになった。異動で北海道から上京してきた大手食品会社勤務の理系男子・山下章生(浜野謙太)だ。山下が食べ歩きが趣味のグルメマニアだと知ったユリカは、同じマニア気質を持つ者として彼にシンパシーを抱く。

そんな折、ユリカは、大阪に出張していたというもうひとりの社員と顔を合わせる。何とそれは、マコチだった――。
(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/index.html)

ここからネタバレあらすじ

大好きなモトカレ・マコチと再会したユリカ。
しかしマコチは変わっていた。

 

「バイト仲間っす」
マコチはユリカとの関係性を会社の人たちにそう説明。
言い方の軽さに絶望したユリカ。

 

さらに追い討ちをかける出来事が起きる。
後日、マコチはユリカが一人暮らしだと分かると、分譲マンションを営業!!!
元彼に営業されたユリカのライフはゼロ。

 

ユリカは悩みつつも、仕事を辞めるわけにもいかず、初めての客・山下への部屋探しを頑張る。
そしてまさかの山下といい感じになっていのだが、トラブル発生!
山下が気に入り契約を決めた部屋が、白井(関口メンディー)のミスで確保されていなかった。
他の業者からも申請が入るというニアミスが起こる。

 

山下の部屋のために走るユリカ。
書類やらを集めて大家さんに直談判に行き、無事に狙っていた部屋をゲットできた!
感動した山下さんはユリカに告白をする。

 

山下からの告白で胸キュンしたユリカ。
そこへタイミング悪く(よく)、マコチから食事の誘いのメールが入る。
ユリカはパニクりながらも食事に行くことを決意する。

 

ご飯を食べながら色々お話する2人。
そんでマコチはまたもやユリカにマンションをすすめてきた・・・!

 

「そんなに言うならマコチが自分でマンション買えばいいじゃん」

 

なんと、現在のマコチには同居人がいて、しかも6LDKのレインシャワー付きの高級マンションに住んでいるらしい。
マコチに同居人がいることを知ってさらにショックを受けるユリカ。

 

「マコチ変わっちゃったね。5年前と全然違う」
「それはダメなこと?
確かに変わったかもね。
でも俺がどうなろうと、難波さんに関係なくない?」

 

それを聞いたユリカは流石にショックを隠しきれず、帰ってしまう。

 

タイミング悪く雨が降ってきてユリカは雨に濡れる。
そんでタイミングよく山下から電話がかかってくるw
ユリカの様子を察した山下は、何かあったのかたずねる。

 

【この人を好きになればきっと私の時間は動き出す。なのにーーー】

 

電話を切るユリカ。
そして幻覚(妄想)のマコチと話しながら雨に濡れる。

 

ずぶ濡れで涙を流すユリカに傘が刺された・・・。
振り向くとそこには・・・山下の姿が。

 

「ごめんなさい。遅くなりました。
泣いていいんですよ。
大丈夫、僕がそばにいます。」

 

その言葉でユリカは山下に抱きつく。
ずぶ濡れのユリカはひとまず部屋に行き、タオルなどを借りる。

 

そしていい感じになり・・・キス・・・しようとするが、電話の呼び出し音が。
同時に山下の様子も変・・・。

「ごめんなさい・・・できない・・・。
大丈夫だと思ってたのに
まだ忘れられてなかった。
ごめんなさい、これじゃあ僕グルメマニアじゃない。
これじゃあ、これじゃあ、僕は元カノマニアだ!」

 

山下もユリカと同じく元恋人を忘れられない人だった。
だが、ユリカは全く気にする様子もなく、仲間を得たかのように山下の手をとる。

 

「山下さん。その話、是非とも詳しく聞かせてください。」

 

その頃、マコチは会社の連中にバッタリ会って、先ほどの出来事を話していた。
2人が元カレ元カノ同士だということは既にバレており、再会したばかりの元カノにマンションを勧めたことをバッシングされる。

 

そして帰宅したマコチ。
「サクラさん」と呼ぶ女性と同じベッドに入るマコチ・・・。

成瀬
斉藤真。間違いなく、メンヘラ製造機。
無意識に女を振り回す才能を持っている。

 

スポンサードサーチ

ドラマ『モトカレマニア』1話 感想・レビュー

これは・・・ユリカと一緒にマコチに振り回される視聴者が続出する!!!!間違いない!!!!!

大好きな元カレと再会

会社の人に元カノと説明されず
「バイト仲間っす」と言われる。

久々に2人きりで話せたと思ったら
マンションの営業をされる。

忘れようと努力。
やっと忘れられそうな時にご飯に誘われる。

悩んだ末にご飯に行く。
またもやマンション勧められる。
流石にキレて帰る。

数分後に電話かかってくる。

(ここからは視聴者のみ)
帰宅するマコチ。
サクラとかいう女の横で寝る。
【マコチかぁ。
五年前、そう呼ばれていたあの頃は
俺の中で楽しい記憶のはずなのに
そんなこと本当にずっと忘れていたんだーー】

マコチ、お前まじで何なん。
とくに最後のモノローグは何!?

マコチとかいうメンヘラ製造機!!!
女を悶々とさせる天才!!!!

言っちゃ悪いが、マコチと寄り戻せたところでユリカさん。色々大変だと思う🙄

マコチはやばい男だけどユリカもやばい

マコチがメンヘラ製造機だということは間違いないんだけど、ユリカもなかなかやばい奴だった。

  • 妄想の元カレとデート。
  • 妄想の元カレと写メ。
  • 妄想の元カレと会話。

ここまでのレベルにたどり着ける奴はなかなかいないwww

新木優子の外見だから何やっても可愛いけど、これ一般のアラサー女がやってたら痛すぎるからな。

しかもユリカさん。
脳内で色んな自分と会話が出来るらしいwww

こういう演出も楽しくていいね🤔
色んなコスチュームの新木優子さんが見れて楽しかったです。
ただ、新木優子さん。撮影がものすごく大変そうw

成瀬
そんな感じで主役2人の顔面が好きだったら楽しめること間違いナシのドラマでした〜!

田中みな実さん、山口紗弥加さん、趣里さんが本格参戦すればさらに面白くなりそう🤔

 

スポンサードサーチ

ドラマ『モトカレマニア』2話 あらすじ

ユリカ(新木優子)は、再会したばかりの元カレ・マコチ(高良健吾)からマンションの購入を勧められ、ショックを受けていた。マコチからその話を聞いた安藤(小手伸也)らチロリアン不動産の面々は、ユリカの気持ちを察し、とりあえず謝った方が良いと告げる。マコチはその助言に従ってユリカに電話するが……。

そのころユリカは、山下(浜野謙太)と一緒にいた。そこで、山下が元カノの動向を追いかけている『モトカノマニア』だと知るユリカ。その元カノとは、山下の部屋から見える看板広告のモデルにもなっている北海道在住のラジオパーソナリティー・来栖むぎ(田中みな実)だった。食べ歩きという同じ趣味を持っていたことが交際のきっかけだったらしい。

そんな中、山下と同じ食品会社に勤務する加賀千鶴(趣里)は、山下に興味を抱く。北海道から栄転してきた将来性と、魚の食べ方がキレイ、というのが理由だった。

一方、マコチと一緒に暮らしている恋愛小説家の丸の内さくら(山口紗弥加)は、マコチの言動から、彼が元カノと再会したことを知り……。
(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/index.html)