ドラマ『リーガルV 〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』1話を見た感想。

 

リーガルVの各話感想一覧はこちら。1話 2話 3話 4話 6話 7話 8話 9話

 
『リーガルV 〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』
めちゃくちゃ面白かったです!

 

弁護士資格を剥奪された元ヤリ手弁護士小鳥遊翔子とポンコツ若手弁護士青島圭太がタッグを組んで悪者を法で裁くというよくあるストーリーと、出来る女だけど難があるというよく見る米倉涼子ですが、そんな分かりやすいストーリーだからこそ面白かったです。

 

話のテンポもいいし、主人公小鳥遊翔子のキャラも立っていて、脇を固める俳優陣も豪華。
さすが『ドクターX』と同枠という感じでした!

 

スポンサードサーチ

ドラマ『リーガルV 〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』とは?

10月11日にスタートしたテレビ朝日系の連続ドラマ。毎週木曜日午後9:00〜9:54放送。
以前同枠で放送された米倉涼子主演の人気ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』に参加したスタッフが多く参加するなど話題に。

 

スポンサードサーチ

スタッフ・キャスト

脚本 – 橋本裕志
演出 – 田村直己、松田秀知
主題歌 – SEKAI NO OWARI「イルミネーション」

キャスト
小鳥遊翔子- 米倉涼子
海崎勇人- 向井理
青島圭太- 林遣都
白鳥美奈子- 菜々緒
馬場雄一- 荒川良々
伊藤理恵- 安達祐実
茅野明 – 三浦翔平
神保有希- 内藤理沙
中沢淳美- 宮本茉由
大鷹高志- 勝村政信
天馬壮一郎- 小日向文世
京極雅彦- 高橋英樹

 

スポンサードサーチ

ドラマ『リーガルV 〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』のあらすじ

大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」に勤務していた弁護士・小鳥遊翔子。しかし、翔子はある理由から弁護士資格剥奪という処罰を与えられてしまう。弁護士資格を失った翔子は、弁護士資格があるにも関わらず全く実務経験のない大学教授を代表弁護士として誘い出し、法律事務所を開かせる。翔子は管理人となるが、弁護士資格がないことを口実に元女性銀行員、元警備員といった服役経験者、クラブのホストといった曲者ぞろいの人物たちをパラリーガルとして雇い、さらには自殺しようとしていた若手弁護士や翔子の後をつけてしまった縁で事務所の一員となった京極の教え子である元エリート検事である弁護士を誘い、強引なやり方でこき使っていく。民事訴訟で厄介な案件が次々と舞い込む中、翔子は嘗て所属していたFelix & Temma法律事務所と対峙してくことになる。果たして弱小法律事務所=京極法律事務所は圧倒的な力を誇るFelix & Temma法律事務所に勝つという奇跡を起こすことができるのか。(ウィキペディア引用)

 

 

スポンサードサーチ

『リーガルV』1話を見た感想

人気の『ドクターX』と同枠で米倉涼子主演の弁護士物と聞いて楽しみにしてましたが、めちゃくちゃ面白かったです。

 

米倉涼子演じる小鳥遊翔子の存在感とキャラの強さや、タッグを組むポンコツ若手弁護士の林遣都演じる青島圭太が使えないけどいい奴だったり、ライバル弁護士の向井理演じる青島圭太がクールでイケメンだったりなど、登場人物の個性が豊かで話のテンポもいい。

 

しかも、戦う相手が悪者っていうのも爽快ですよね。

 

第1話の簡単なあらすじ

痴漢で疑いをかけられた一流企業「君島化学」の社員、安田勉(アンジャッシュ児嶋一哉)の弁護。痴漢免罪をはらすのは難しいと有名ですよね。
青島から示談を提案されても「自分に嘘はつきたくない」と言って拒否をする安田。
しかし「会社に迷惑がかかるから職場を辞めてくれ」と会社側からは言われ不憫でしかありません。
そしてヤメ検弁護士の大鷹高志(勝村政信)によると相手はエリート検事で裁判官とも繋がりがあるとか。勝ち目がない裁判と言われていたのに、ポンコツ若手弁護士青島圭太(林遣都)は小鳥遊翔子の指示で無罪を勝ち取ります。

それだけでなく、安田に痴漢されたと訴える女子大生を雇い、安田を陥れたのは安田と同じ「君島化学」に務める安田の同僚だった。
以前から安田の才能に嫉妬し妬んでいた様子。
そのことを突き止めた小鳥遊は動画を見せて慰謝料を請求。
そして「君島化学」にも不当解雇の訴えを起こし、慰謝料を請求。

 

完璧なほどの悪者成敗に爽快でした。

 

【いずれ悪者の弁護をして正義について問う】みたいな話もあるかもしれませんが1話の時点では正義の味方である小鳥遊翔子。
こういう悪者成敗系の話はウケやすいし、この枠の視聴者層にも合っているのでヒットの予感しかしません。

ちなみに1話での視聴率は15・0%好調スタートでした。

 

 

登場人物たちの個性的なキャラが面白い

主人公の小鳥遊翔子をはじめ個性豊かな登場人物たちがおもしろく、ついつい笑ってしまいました。

 

まず、小鳥遊翔子のキャラは強烈。
元エリート弁護士だが、問題を起こし弁護士資格を剥奪された。



これだけでもパンチが利いているのに更に鉄道ヲタクという面白い趣味をお持ち。

 

第1話では痴漢冤罪物ということもあって、小鳥遊の趣味は大いに事件解決と弁護に役立ちました。
予告を見る限り第2話でも電車は関係あるようでこの様子だと毎週電車や鉄道と関係のある事件が出てくる模様。
こんなところで普通の弁護士ドラマとの差別化を図ってくるとは!

 

ポンコツ若手弁護士の青島や、小鳥遊が以前所属していたライバル事務所のエリート海崎はもちろん、小鳥遊が雇ったパラリーガルたちも個性的で面白い。

 

荒川良々演じる馬場雄一と安達祐実演じる伊藤理恵はそれぞれ前科持ちで、三浦翔平演じるホストの茅野明は何でも屋感がすごい。
ホステスが情報屋をすることはよくあるので、ホストも情報に詳しいのも納得っちゃ納得。
それにしても1話では痴漢を訴えていた女子大生がたまたまホステスで小鳥遊の手下の店に通っててよかったね!
ちょっとご都合主義だけどそういうドラマなので目をつぶります。

 

個人的に1番好きなのが高橋英樹演じる京極雅彦。
法学者として大学教授を務め、法律学教授経験者に対する認定制度における弁護士資格を持ってはいるものの弁護士経験は1度もない。
そんな京極は小鳥遊に担がれて京極法律事務所を立ち上げ代表弁護士になるが、実質権は小鳥遊が握っている。

 

出来上がったばかりの事務所や名刺に大喜びするところはなんだか可愛いし、
「一度やって見たかった」と無罪の紙を通行人に見せびらかすシーンには爆笑でした。
来週からも京極先生には期待しておきます。笑

 

スポンサードサーチ

まとめ

こんな感じ1話から十分面白い内容でした。
痴漢を訴えた女子大生が茅野の店にたまたま通っていて簡単に犯行を言いふらしているなどのご都合主義はありましたが、話のテンポのよさと全体的なコメディーチックな仕上がりであまり気になりませんでした。

そして米倉涼子さん相変わらず綺麗。数年前から全く変わらず美しい。さすがの視聴率女王です!