ドラマ『リーガルV 〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』ネタバレあり8話感想・考察と最終回あらすじ。速水もこみち登場!

 

リーガルVの各話感想一覧はこちら。1話 2話 3話 4話 6話 7話 8話

 

ドラマ『リーガルV 〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』とは?

10月11日にスタートしたテレビ朝日系の連続ドラマ。毎週木曜日午後9:00〜9:54放送。
以前同枠で放送された米倉涼子主演の人気ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』に参加したスタッフが多く参加するなど話題に。

 

スポンサードサーチ

ドラマ『リーガルV 〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』スタッフ・キャスト

脚本 – 橋本裕志
演出 – 田村直己、松田秀知
主題歌 – SEKAI NO OWARI「イルミネーション」

キャスト
小鳥遊翔子- 米倉涼子
海崎勇人- 向井理
青島圭太- 林遣都
白鳥美奈子- 菜々緒
馬場雄一- 荒川良々
伊藤理恵- 安達祐実
茅野明 – 三浦翔平
神保有希- 内藤理沙
中沢淳美- 宮本茉由
大鷹高志- 勝村政信
天馬壮一郎- 小日向文世
京極雅彦- 高橋英樹

 

スポンサードサーチ

『リーガルV 〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』8話あらすじ

元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が率いる「京極法律事務所」は集団訴訟で勝訴したのを機に、相談者が次々と詰めかけて大繁盛。そんな中、翔子はかつて弁護していた受刑者・守屋至(寛一郎)と1年ぶりに面会する。実は、公園でNPO法人「貧困を救う会」の幹部職員・市瀬徹(夙川アトム)を殺害した至は1年前、自らも罪を認め、懲役9年の実刑判決を受けていた。しかし弁護していた当時から、至の証言にどうも不自然さを感じていた翔子は、この事件の奥には“隠された何か”があると直感。それを探ろうとしていたのだ!

弁護士・青島圭太(林遣都)から事情を聴いた「京極法律事務所」の面々は、翔子のために一肌脱ごうと決意。一丸となって、事件の背景を洗い直そうとする。ところがその矢先、「Felix & Temma 法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)の差し金で、弁護士会から「京極法律事務所」に業務停止処分の可能性を記載した警告書が届く。しかもその直後、翔子がこつ然と姿を消してしまったのだ! 翔子を失った「京極法律事務所」のメンバーは一人、また一人と去り、とうとう青島だけが残るという最悪の事態に追い込まれ…!?

一方、「Felix & Temma 法律事務所」の弁護士・海崎勇人(向井理)は、弁護士資格を剥奪された翔子から至の事件を引き継いだ白鳥美奈子(菜々緒)に、当時のことを再確認。そんな折、海崎は「貧困を救う会」の代表・大峰聡(速水もこみち)に“意外な人物”が歩み寄る姿を目撃し…!

徐々に浮き彫りになっていく、とんでもない真実。一体なぜ至は殺人事件を起こし、翔子は弁護士資格を失ってしまったのか!? そして、解散危機に陥った「京極法律事務所」の運命とは…!?(公式ホームページ引用

『リーガルV』8話ゲスト

大峰聡(おおみね・さとし)- 速水もこみち

久々にドラマで見た速水もこみちさん
料理人になったのかと思ってましたが相変わらず背が高くて顔がちっちゃい。

NPO法人「貧困を救う会」の代表。貧困に苦しんでいる児童を救うため食事の無料提供や教育就労支援を行ってきたそうです。
自身も母子家庭で育つも母親を早くに亡くし幼少期に貧困で苦しんだ経験がある。

いい人を絵に描いたような設定ですが、笑顔に影がありすぎて‥。
国政進出の足場固めをしているようだし天馬先生とも繋がっていると思われます。

守屋至(もりや・いたる)- 寛一郎

小鳥遊翔子が以前、弁護していた青年。NPO法人「貧困を救う会」の幹部職員・市瀬徹を殺害した罪で9年の実刑判決を受け、刑務所に収容されている。

全く気づかなかったんですけど寛一郎さんって佐藤浩市さんの息子じゃない???
「ここさけ」と「ナミヤ雑貨店の奇蹟」しか見てないので今まで気づかなかったです。

守屋未久(もりや・みく)- 久保田紗友

守屋至の妹。

久保田紗友ちゃんとても好きなので出てきた瞬間嬉しかったです。
「過保護のカホコ」でもよかったけど「この世界の片隅に」での久保田紗友ちゃん可愛すぎた。
個人的に今の10代の女優さんの中では1番好きかも‥。

丸山珠美- 竹原芳子

天馬の旧知の仲である厚生労働大臣。

映画『カメラを止めるな!』のプロデューサー役でお馴染みの竹原芳子さん。
カメ止め見る前から「なんか見たことあるなー」と思ってたんですけどスカッとジャパンに出られてたんですね。
一度見たら忘れないインパクトがある気がします‥!

カメ止め出演者の皆さんにはどんどん活躍して欲しいです。

 

スポンサードサーチ

『リーガルV』8話感想・考察

ついに次週で最終回!!!!
ということで非常に面白い8話でした。

6話から引っ張っていた小鳥遊さんが弁護士資格を失うきっかけになった事件が明らかに‥。

以下、全文ネタバレを含みますので未視聴の方はご注意ください。

『京極法律事務所』解散かと思いきや

天馬の差し金で弁護士会から「京極法律事務所」に業務停止処分の可能性を記載した警告書が届きます。
京極教授は急いで「小鳥遊さんはただの管理人」だと天馬を訪ねますが「法律事務所を続けたいなら小鳥遊さんを切り捨てろ」と言われてしまいます。

このことがあった直後に小鳥遊は姿をくらまし「京極法律事務所」のメンバーは次々と事務所を去ります。
最後はついにポチだけに‥。

みんな裏切り者!!!と思っていましたが、なんとみなさん潜入捜査を行っていました。
これには感動。

守屋至が殺人を犯した真実

わたし守屋くんは冤罪なのかと思っていましたが殺人を犯したことは事実だった様子。
ですが真実はひどすぎました。

妹の未久が大峰のおかげで救われ希望を持てたこともあり守屋くんは大峰に恩義を感じていた。彼は時間がある限り『救う会』で働いた。

守屋くんは大峰に「子どもたちを守るために働いてくれないか」と声を掛けられ承諾。
しかし大峰に頼まれたのは市瀬を殺すことだった。
断る守屋くんを大峰の手下の暴力団員が暴力で脅していうことを聞かせるという酷い行い。
更に「君には妹さんがいましたよね」と妹を人質にとるような言い方をされたらもう断れない。

大峰は殺人犯の共謀共同正犯ということでした。
人の弱味につけこんで殺人をさせるなんてひどすぎるし絶対に許せない。次週小鳥遊さんが成敗してくれるのを楽しみにしています!

ちょっと謎だったのがなぜ大峰は守屋くんに殺人をさせたのかです。
手下のヤクザにやらせたらよくない?
リクスが大きいことだから弱味を握って捨て駒にできる相手を探してたのかな。

1円の損害賠償を求める民事訴訟

小鳥遊は自らが原告となり、至を弁護していた1年前に弁護士資格を剥奪されたことに関して弁護士会会長であり「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士の天馬壮一郎に1円の損害賠償を求める民事訴訟を起こします

びっくりしたけど感動した。
あの金の亡者の小鳥遊さんが守屋くんを助けたいという一心で天馬代表を相手に訴訟を起こすって‥!

旅館で守屋くんの妹の未久に対しての小鳥遊さんもすごい優しかったし、京極事務所パラリーガルの3人の国選弁護も担当していたようだし、小鳥遊の人間性の良さを改めて感じた8話でした。

天馬と大峰の関係

天馬と大峰の関係ってやっぱり親子なんですかね?

京極教授が手に入れた「大峰の母親が天馬と同じ大学同じサークルだった」という情報、海崎と白鳥が裏で行なっていたDNA鑑定などそれと思わせられる要素がたくさんあります。
だとしたらドロドロすぎて身震いする。

こういう実は親子だった的な話大好きなので歓迎です。

『リーガルV 〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』最終回あらすじ

小鳥遊翔子(米倉涼子)がかつて弁護した受刑者・守屋至(寛一郎)は、NPO法人「貧困を救う会」の代表・大峰聡(速水もこみち)に脅され、殺人の罪に手を染めていた――。ようやくあぶり出されたその真実を法廷で明らかにするため、翔子は度肝を抜く手段を思いつく。なんと、翔子自身が原告となり、大峰と“ある濃密な裏関係”が疑われる「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)を提訴。至を弁護していた1年前に弁護士資格を剥奪されたことに関して、弁護士会会長でもある天馬に、たった1円の損害賠償を求める民事訴訟を起こしたのだ。

翔子に残された切り札は、至から託された”謎の鍵”のみ…。至が殺害した被害者が所持していたというその鍵は、わざと鍵番号も削り取られており、どこのものかも分からない代物だ。だが、もしかしたら事件の全貌を解く、重要な手がかりになる可能性もある――。翔子率いる「京極法律事務所」は一縷の望みをかけて、鍵の調査を開始。同時に、翔子が弁護士資格を剥奪される直接原因となった“暴力団への金銭授与行為”が、仕組まれた罠だったことを証明すべく、方々を嗅ぎ回る。

ところがその矢先、「京極法律事務所」は思わぬ窮地に立たされる。代表弁護士・京極雅彦(高橋英樹)とパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)が逮捕された上に、パラリーガルの馬場雄一(荒川良々)と茅野明(三浦翔平)が暴力団に襲われて病院送りの身となってしまったのだ! 途方に暮れる翔子と、弁護士の青島圭太(林遣都)、大鷹高志(勝村政信)…。そんな中、天馬が裏で手を回したに違いないとにらんだ翔子は単身、「Felix & Temma法律事務所」へと乗り込む。ところが、その行く手に元恋人のエリート弁護士・海崎勇人(向井理)が立ちはだかり…!?

背水の陣に追い込まれる元弁護士・小鳥遊翔子と弱小法律事務所。はたして、彼らに勝利の女神は微笑んでくれるのか…!? 正義を賭けた“最後の裁判”がついに幕を開ける――。(公式ホームページ引用

次週、最終回ということで楽しみです。
ついに天馬代表との直接対決!

もこみちがどうなるのかも楽しみである。(笑)