ドラマ『リーガルV』7話ネタバレ感想・考察。8話あらすじ。菜々緒の可愛さ炸裂!

 

リーガルVの各話感想一覧はこちら。1話 2話 3話 4話 6話 7話 8話

 
 

ドラマ『リーガルV 〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』とは?

10月11日にスタートしたテレビ朝日系の連続ドラマ。毎週木曜日午後9:00〜9:54放送。
以前同枠で放送された米倉涼子主演の人気ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』に参加したスタッフが多く参加するなど話題に。

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ『リーガルV 〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』スタッフ・キャスト

脚本 – 橋本裕志
演出 – 田村直己、松田秀知
主題歌 – SEKAI NO OWARI「イルミネーション」

キャスト
小鳥遊翔子- 米倉涼子
海崎勇人- 向井理
青島圭太- 林遣都
白鳥美奈子- 菜々緒
馬場雄一- 荒川良々
伊藤理恵- 安達祐実
茅野明 – 三浦翔平
神保有希- 内藤理沙
中沢淳美- 宮本茉由
大鷹高志- 勝村政信
天馬壮一郎- 小日向文世
京極雅彦- 高橋英樹

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ『リーガルV』7話のあらすじ

代表・相田栞(東ちづる)が中心となり、会員を相手に婚活詐欺を繰り返す高級婚活相談所「ローズブライダル」。元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)率いる「京極法律事務所」は被害者・塩見一郎(矢部太郎)を弁護し、「ローズブライダル」を訴えるも、被告代理人である「Felix & Temma法律事務所」の敏腕弁護士・海崎勇人(向井理)に急所を突かれ、第一審で破れてしまうことに…。だが、翔子はすでに次の手を考えていた。なんと塩見の控訴審と並行し、全国の被害者を集めて集団訴訟を起こすというのだ! しかし、肝心の被害者たちは二の足を踏み、なかなか立ち上がってくれない。

そんな中、弁護士・青島圭太(林遣都)とともに各地で集団訴訟の説明会を開いた翔子は、原告団集めの切り札になりそうな情報を手に入れる。なんでも、社会学者・高市哲也(野間口徹)もかつて「ローズブライダル」にだまされた一人らしいのだ! 人気コメンテーターでもある高市が声を上げれば、世の流れは一気に変わるはず――。翔子と青島は期待を胸に、さっそく接触を図るが、当の高市は自分がだまされた事実を認めようとはせず…!?

早くも暗礁に乗り上げる集団訴訟。だが、翔子らはあきらめず、第一審で立証できなかった詐欺マニュアルの存在を突き止めようと奔走する。その矢先、パラリーガル・茅野明(三浦翔平)が思いがけず、“ある意外な人物”に関する“実に興味深いネタ”を入手してきて…!

一方、「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)は翔子を徹底的に潰すため、いよいよ動き出す!(公式ホームページ引用

 

『リーガルV』7話ゲスト

前回6話のゲスト
塩見一郎- 矢部太郎
相田栞- 東ちづる
守屋至- 寛一郎
に引き続き7話ではコメンテーターとしても活躍する社会学者である高市哲也役に野間口徹さん、国内最大のコンピューター企業「ミカド通信」の会長我妻憲史郎役に国広富之が登場。

高市哲也- 野間口徹

コメンテーターとしても活躍する社会学者で国民的高感度も高い。
かつて「ローズブライダル」にだまされた一人だという噂がありましたが本人は否定しています。

我妻憲史郎- 国広富之

国内最大のコンピューター企業「ミカド通信」の会長。「Felix & Temma法律事務所」の最大のクライアント。

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ『リーガルV』7話感想・考察

6話に続き悪徳高級結婚相談所との対決でした。
今週も面白かった。

集団訴訟ということで初めは乗り気でない被害者たちが団結していく様子にはちょっと感動した。

以下、ネタバレを含みますので未視聴の方は閲覧ご注意ください。

騙された方が恥じる必要はない騙した方が恥じるべき

小鳥遊さんの言葉

「騙されたことは恥じゃないのよ。恥じるべきなのは騙した側の人間よ」

本当にその通り。

日本人は騙された方が悪いっていう意識が強すぎます。
騙した方が100パーセント悪いし騙された方が引け目に感じることはない。

こういう意見をしっかり言ってのける小鳥遊さんは流石だし素晴らしいと思います。

菜々緒ちゃんが可愛すぎた7話

正直白鳥みたいな女性苦手でしたが7話の白鳥さんは可愛すぎた。

なんと白鳥さんも「ローズブライダル」の元会員できっちり30万円のセミナーにも参加済み。
そのことを小鳥遊にバレていて焦りまくりの白鳥さんは可愛かったです。

しかも白鳥さん‥‥男性経験0人らしいです。
「男ウケ狙って書いただけ」と言っていましたが焦り具合から見て本当ぽいですねw

そして最後にローズブライダル代表の相田栞へ被害者に謝罪するよう怒鳴るシーンはかっこよかったです。
そんな白鳥の様子に驚く海崎先生も面白かった。

伊藤のに心打たれる被害者たち

「Felix & Temma法律事務所」の策略により週刊誌に集団訴訟のことが取り上げられた。しかもネットでも話題になり大炎上。
小鳥遊のことと訴訟組のことを悪く書いた記事に訴訟メンバーも私生活で冷たい目で見られるなどの被害を受ける。そして数少ない被害者は集団訴訟のメンバーを抜けていきます。

そんな中裁判で伊藤理恵(安達祐実)は海崎から前歴があることを突かれる。
伊藤は涙ながらに「過去に過ちを犯した人間の証言は信用に値しないと言いたいんですか。前科のある人間は司法の正当な判断を仰ぐことができないと言いたいんですか」
「でも罪は償ったんです。私にだって幸せを望む権利はあるでしょ」と訴えました。

これを聞いた高市哲也(野間口徹)はブログで『被害者としてローズブライダルと戦う』ことを宣言。「裁判を見ていて伊藤理恵さんの話に心を動かされた」とテレビ番組のスタッフと共に京極事務所に主催する「新規参加者受付」に現れます。
同時に京極教授も伊藤の言葉を聞いて心動かされた被害者数十人を連れて現れた。

ここはちょっと鳥肌たったし感動した。

確かに伊藤さんの話には人の心を動かす力はありました。
あと客観的に見ても海崎が悪者に見えるシュチュエーションだったしナイスな展開でしたね!

最後の決め手は‥

最終的にローズブライダル側に条件を飲ませることになった決め手は
我妻憲史郎とローズブライダル代表の相田栞のスキャンダル。

なぜ「Felix & Temma法律事務所」の最大のクライアントである我妻憲史郎が「ローズブライダル」と関わりがあったのかというと答えは簡単、不倫してたからです。

それにしても相田は男の力で天狗になってた同然ですね‥。
スキャンダルが暴かれた途端に捨てられるし、我妻がいなくなった途端おしまいときたらもう‥。小物でしたね。

 

『リーガルV 〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』8話あらすじ

元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が率いる「京極法律事務所」は集団訴訟で勝訴したのを機に、相談者が次々と詰めかけて大繁盛。そんな中、翔子はかつて弁護していた受刑者・守屋至(寛一郎)と1年ぶりに面会する。実は、公園でNPO法人「貧困を救う会」の幹部職員・市瀬徹(夙川アトム)を殺害した至は1年前、自らも罪を認め、懲役9年の実刑判決を受けていた。しかし弁護していた当時から、至の証言にどうも不自然さを感じていた翔子は、この事件の奥には“隠された何か”があると直感。それを探ろうとしていたのだ!

弁護士・青島圭太(林遣都)から事情を聴いた「京極法律事務所」の面々は、翔子のために一肌脱ごうと決意。一丸となって、事件の背景を洗い直そうとする。ところがその矢先、「Felix & Temma 法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)の差し金で、弁護士会から「京極法律事務所」に業務停止処分の可能性を記載した警告書が届く。しかもその直後、翔子がこつ然と姿を消してしまったのだ! 翔子を失った「京極法律事務所」のメンバーは一人、また一人と去り、とうとう青島だけが残るという最悪の事態に追い込まれ…!?

一方、「Felix & Temma 法律事務所」の弁護士・海崎勇人(向井理)は、弁護士資格を剥奪された翔子から至の事件を引き継いだ白鳥美奈子(菜々緒)に、当時のことを再確認。そんな折、海崎は「貧困を救う会」の代表・大峰聡(速水もこみち)に“意外な人物”が歩み寄る姿を目撃し…!

徐々に浮き彫りになっていく、とんでもない真実。一体なぜ至は殺人事件を起こし、翔子は弁護士資格を失ってしまったのか!? そして、解散危機に陥った「京極法律事務所」の運命とは…!?(公式ホームページ引用

来週のゲストは速水もこみちさんらしいです!!!
料理人になったのかと思ってましたがまだ俳優活動続けられてたんですね。