ドラマ『ルパンの娘』1話ネタバレ感想!ぶっ飛びすぎてツッコミどころがない!深キョンの美ボディーが見どころ!2話あらすじも

 

ドラマ『ルパンの娘』1話見ました!

最高にぶっ飛んでて面白かったですww
ここまでぶっ飛んだ設定だと細かいところは気にならないし、むしろツッコミながら見れて楽しい😌
悪く言えばコントドラマでしたが、私は好き。

それではそんな『ルパンの娘』1話のネタバレあらすじと感想・レビューを書いていきます〜!
(ネタバレあらすじだけ感想だけを読みたい人は目次から飛んでね)

2019年7月スタートのドラマ情報はこちら!→【朝顔/凪のお暇】2019年夏ドラマ一覧!キャスト情報や期待値など。【7月スタート連続ドラマ】

『ルパンの娘』を無料で見る方法!
FODプレミアムの無料トライアル期間なら『ルパンの娘』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません。Amazonアカウントを持っていれば簡単に無料トライアルできちゃいます!

ドラマ『ルパンの娘』各話感想リスト
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話
 

スポンサードサーチ

ドラマ『ルパンの娘』とは?

横関大原作小説『ルパンの娘』を深田恭子主演でドラマ化。
フジテレビ系「木曜劇場」にて2019年7月11日にスタートした。
泥棒一家の娘と警察一家の息子が恋に落ちるラブコメディである。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スポンサードサーチ

スタッフ・キャスト

原作 – 横関大 『ルパンの娘』
脚本 – 徳永友一
プロデュース – 稲葉直人
演出 – 武内英樹
音楽 – Face 2 fAKE
主題歌 – サカナクション『モス』

三雲華 – 深田恭子
桜庭和馬 – 瀬戸康史
三雲悦子 – 小沢真珠
三雲渉 – 栗原類
三雲マツ – どんぐり
三雲巌 – 麿赤兒
三雲尊 – 渡部篤郎
桜庭典和 – 信太昌之
桜庭美佐子 – マルシア
桜庭和一 – 藤岡弘、(特別出演)
巻栄一 – 加藤諒
円城寺輝 – 大貫勇輔
新谷香 – さとうほなみ

「ルパンの娘」登場人物について

「ルパンの娘」の登場人物でとくに気になった人物を個人的に意見していく。

三雲華 – 深田恭子

深キョンらしいのほほんとしたキャラでしたが、セクシーな怪盗姿が素敵すぎました😌
これが36歳のスタイルか‥‥😩美ボディーすぎてびびった🙄


(出典 https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/index.html)

桜庭和馬 – 瀬戸康史

全クールドラマ『パーフェクトワールド』でかわいそうな男・是枝洋貴を演じた瀬戸くん。
今回のドラマでは幸せになってほしい😭

(出典 https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/index.html)

三雲悦子 – 小沢真珠

華の母で55歳の美魔女。
小沢真珠さん自体は42歳。36歳の深キョンの母親役ってどういうこと?と思いましたがそういうことね。
ぶっ飛んだキャラが最高でした🤔

(出典 https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/index.html)

三雲渉 – 栗原類

華の兄。
引きこもり状態だが、泥棒の血は耐えずにハッカーとして情報を盗んでいる。
華の弟かと思ってら兄でしたw
栗原類めちゃくちゃまり役だったw

(出典 https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/index.html)

三雲尊 – 渡部篤郎

華の父親。
華が家業を継がないことをよく思っておらず、泥棒に向いていない和馬との交際も反対している。
渡部篤郎さんのダンディーさがやばかった。

円城寺輝 – 大貫勇輔

華の幼馴染の泥棒。
会話の最中にミュージカル口調になる困ったクセがある。
1番ぶっ飛んでた。いきなり歌い出して意味不明で衝撃的でしたw

(出典 https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/index.html)

 

スポンサードサーチ

「ルパンの娘」1話あらすじ

図書館に勤める三雲華(深田恭子)は、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)の家族を初めて紹介されて、ガチガチに緊張している。和馬の父、典和(信太昌之)の口調は厳しく、母の美佐子(マルシア)も華の勤め先にガッカリした様子。和馬が公務員としか聞いていなかった華だったが、桜庭家は代々警察官の一族だったのだ。それを聞いて震え上がり、さらに和馬が警視庁捜査三課と知った華は…。

その日、和馬に送ってもらった華は平凡な一軒家に入って行く。和馬の車が去ると、その家からそっと抜け出し、タワーマンションの高層階へ。実はここが本当の三雲家。高級な猫を抱いた母の悦子(小沢真珠)、キャビアをつまみにワインを傾ける父の尊(渡部篤郎)、トラフグを調理中の祖母マツ(どんぐり)が華を迎え入れた。だが、猫もキャビアもトラフグも…他人様から失敬したものばかり。そう、三雲家は泥棒一家。華は和馬を諦めようと考える。

一方、和馬は典和に捜査一課の刑事になれたら華との交際を認めても良いと言われる。和馬が三課の先輩刑事・巻(加藤諒)に相談すると、先祖代々家族全員が盗みの専門家、“Lの一族”を捕まえろとアドバイスされる。決して尻尾を出さない、それでいて弱者からは盗みを働かない、まるで、“アルセーヌ・ルパン”のような大胆不敵な犯行から“L”がつけられる一家。和馬は彼らを捕まえる決心をするが、その一族こそ、華の家族・三雲家だった。

(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/index.html)

ここからネタバレありあらすじ

休日、華は和馬に誘われ、婚約指輪を買いに出かける。
そこで華と和馬は宝飾品を盗むために下見にやってきていた母・悦子と鉢合わせる。
父・尊も合流して4人で食事をすることになった。
華は和馬が警察であることを両親に知られないように必死で取り繕う。なんとか和馬が警察だということはバレなかったものの、帰宅後、華は両親から和馬は泥棒に向いていないからと交際を反対されてしまう。次の日、華と和馬の行った宝石店に強盗が入り、犯人が殺され宝石が奪われるという事件が起こる。
華は両親が強盗犯から宝石を奪い殺害したと疑うが、2人は殺人は犯していないという。
そして和馬がその事件を担当することになり‥‥。強盗に入られた宝石店へ、ここ最近の防犯映像を入手しに行った和馬。
その宝石店の社長は偶然にも昨日、華と和馬が華の両親と食事をした寿司屋にいた男だったーーー。
それに気がついた和馬は口封じのためにと悪徳社長&ヤクザに拘束されてしまう。社長は暴力団と繋がっていて、今回の事件は自作自演だった。
宝石店に強盗に入った実行犯(半グレの若者)は使いっ走りに過ぎず、口封じのために殺された。
宝石店は盗難保険にも入っており、保険金も降りて来る。
つまり、宝石店の社長は自分の店の宝石を盗ませ保険金まで毟り取ろうとしているとんでもない男であった。
このことに尊と悦子は気づいていて、ターゲットにしようとしていたのだ。
華と和馬と4人で寿司屋に行ったのも、ターゲットの会話を盗み聞きするためだった。華は、宝石店に天罰を食らわすため宝石を盗みに入ろうとしている両親を止めるが、監視カメラに和馬が写っていることに気がつく。
和馬が悪徳社長に捕まっていることに気づいた華は、両親と共に奴等のアジトに潜入することを決める!!!!尊&悦子の小芝居と引きこもりハッカーの兄の協力で、なんとか奴等のアジトに潜入した華たち。
尊が悪徳社長たちを宝石と和馬から遠ざけている間、華は宝石と和馬に忍び寄る。

 

和馬は華がいることを知るはずもなく
「すまない、華。君との約束、果たせそうもない。最後に一目、君に逢いたかった‥君は今どこにいるんだ。覚えてるかな、華と初めて会った七夕の日。あんな綺麗な涙を見たのは初めてだった。あの時俺思ったんだ。か弱いこの女性をこの手で守りたいって。どこまでも純粋で汚れを知らない華のことを。華、愛してる‥華先立つ不幸を許してくれ」
泣きながら愛する華に最後の言葉を呟いていた(届くはずもないが)

 

そんな和馬の聞いた華は、泣く泣く和馬を気絶させ、宝石を奪う。
華が和馬の拘束をほどき、引き上げた後、ちょうどよく悪徳社長の手下たちが帰ってくる。
拘束を解かれた和馬は手下どもと戦うが、社長に銃を突きつけられてしまい絶体絶命のピンチに‥‥!
しかも社長はヤクザまがいなことを口走り、ただの宝石店の経営者ではないことを仄めかす。そして、銃の引き金を引こうとしたその時、華が再び和馬を救いにくる!

 

華は和馬を気絶させ、銃を持っている悪徳社長相手に回し蹴りやチョップを食らわす。
「ここで会ったが運のつき。あんたが犯した罪、悔い改めな」
そう言って華は悪徳社長にトドメを刺した。

 

こうして華は、和馬を解放し、両親が狙っていた宝石をゲット。そして、悪徳社長を成敗することに成功した。
後日、ニュースでは悪徳社長とタッグを組んでいた暴力団事務所から30キロを超える拳銃と実弾が見つかったと報道されていた。
悪徳社長は海外から宝石と一緒に拳銃を輸入し、暴力団へ横流ししていた。だからヤクザの事務所に出入りをしていたとのこと。

 

華は、両親が、ただ宝石を盗むだけではなく、この密輸事件を公にしようとしていたのではないかと考える‥‥が、2人が盗んだ宝石を身につけはしゃぐ姿を見て考えを改める。

 

一方、和馬は先輩刑事・巻から、悪徳社長が「あの部屋から突然覆面をした誰かが現れた。声の主は女だった」と証言し出したことを聞く。
盗まれた宝石はまだ見つかっていない。
和馬と巻はこれを”Lの一族の仕業”なのではないかと考える。

 

そして、同時に和馬は、公安に頼んでいた華の家族の調査結果を知らされる。
調査結果では華の父の職業は【ハイパーソーシャルクリエーター】となっていた。
海外に飛び回る仕事のため、日本でゆっくりしていられるのは今のうちだ。
そう思った和馬は、両親を連れて華の家を訪れる。
次回、警察一家が泥棒一家にご挨拶・・・!!!!

成瀬
こんな感じでした。

ガチのルパン並みの泥棒テクニックを持った一族で、ドラマというよりアニメを見ている感覚だった。
ぶっ飛び具合もここ最近のドラマでは群を抜いてました。

いきなり歌い出すイケメン。初対面の相手にいきなりキスするイケメン。謎に強い深キョン。急に弱くなるヤクザ。ツッコミどころしかなかったけどめちゃくちゃ面白かった😂

 

スポンサードサーチ

ドラマ『ルパンの娘』1話感想・レビュー

ぶっ飛びすぎて面白かったです。

和くんが拘束されて絶体絶命のピンチに陥ったほどの強敵を深キョンが五分でボコボコにする展開を、普段の私なら許せないのですが、ツッコミどころが多すぎて細いことはどうでもいい!

「なんで幼馴染の男はいきなり歌い出したの?」とか「ぼろ家からタワーマンションにどうやってワープしたの?」とか意味が分からないところが多すぎて、いちいち考察できませんw

これはもう、何も考えずに笑いなが見るドラマだ\(^o^)/

ここ最近でこんなにぶっ飛んでるドラマあった?

設定、展開、演出全ての面でぶっ飛んでると思う🤔
結構ぶっ飛んでるな〜と感じてた『奥様は、取り扱い注意』以上のぶっ飛び具合。

初対面でキス

ツッコミどころが盛り沢山な『ルパンの娘』でしたが、1番びっくりしたのが、初対面で華にいきなりキスしちゃう和くん。
そしてまんざらでもない華。

これがイケメンの力か〜😩
やってることはぶん殴りたいレベルの変態行為なのに、和くんがすると胸キュンしちゃうし運命感じちゃうほどの威力。
ただし瀬戸康史の顔面でなかったら犯罪。絶対に真似しないでください。

いきなりのキスにも驚いたけど、最後に和くんがアポなしで親連れてきたのにも驚いたw
和くんなんでも急だな😂
普通事前に確認取るだろ。親たちも普通気を使うくないか?プライドだけ高くて常識ない家庭だと見た🤔

成瀬
と、こんな感じでツッコミどころしかない『ルパンの娘』でしたが、ここまでくると深くツッコまなくていいので楽しく見れました。

ただ、わたしは深キョンと瀬戸康史が好きなのでいいけど、キャストに興味なかったら離脱も考えるかもw
特に中身のないコントドラマなので、そういったジャンルが好きでない人にはしんどいドラマだと思います。

まあ、深キョンが可愛いのでとりあえずは毎週見る予定です〜!

 

スポンサードサーチ

ドラマ「ルパンの娘」2話あらすじ

三雲華(深田恭子)は泥棒一家“Lの一族”の娘であることに思い悩んでいる。なぜなら、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)は警察一家の息子だからだ。和馬の家族と自分の家族を合わせるなど、華にとってはもってのほか。そんな華の願いもむなしく、和馬が母の美佐子(マルシア)、父の典和(信太昌之)、元警察犬のドンまで連れて三雲家に挨拶に来てしまう。玄関に入った美佐子と典和は、警察官の嗅覚でいろいろと探り始めたため、華は気が気でない。幸い、ダミーの家に尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)たちの姿がなかったため、華は胸を撫で下ろす。ところが、尊たちが秘密の通路からやって来てしまった。

図らずも両家の親たちの顔合わせになってしまい、華は和馬たちの職業を尊たちにバレないようにしようと必死。尊たちは泥棒とは言わないが、おかしな職業を作り上げているので、やはりハラハラしっぱなしの華。後から現れたマツ(どんぐり)は、尊と一緒に公務員批判を繰り広げ始める。両家は睨み合いになってしまうが、意外なことで尊と典和が意気投合。別々の高校に在学していた時に、野球部で試合をしていたのだ。

とりあえずホッとする華だが、美佐子は典和とは違っていた。後日、華は美佐子から和馬とは別れて欲しいと言われてしまう。やはり和馬と別れた方が良いのかと華は悩む。そのころ、和馬はアポ電強盗事件を担当。一方、三雲家は、ある会社社長が所有する名画を盗む計画をしていた。

(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/index.html)