ドラマ『凪のお暇』1話ネタバレ感想!慎二がサイコパスで震える。原作読者がキャスティングについて物申す!2話あらすじも!

 

原作漫画も大好きな『凪のお暇』
ついにドラマ放送はじまりました!

キャスティングについては色々思うことがあるので後ほど記載します〜!

それでは『凪のお暇』1話のネタバレと感想・レビューと書いていきます。
(ネタバレだけ感想だけ読みたい人は目次から飛んでね!)

2019年7月スタートのドラマ情報はこちら!→【朝顔/凪のお暇】2019年夏ドラマ一覧!キャスト情報や期待値など。【7月スタート連続ドラマ】

『凪のお暇』の感想一覧
原作漫画 1話 2話 3話 4話 5話
『凪のお暇』を無料で見る方法!
Paraviの30日間無料体験期間なら無料でドラマ『凪のお暇』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません!

 

ドラマ『凪のお暇』とは?

28歳OL・大島凪は人の顔色を伺いビクビクしながら生きていくことに疲れ、お暇をもらう。家も人間関係も一新して、ボロアパートに引っ越した凪の人生リセットを描いた物語。
TBS系「金曜ドラマ」にて2019年7月19日に放送スタートした。主演は黒木華。

『凪のお暇』を試し読みする!
凪のお暇 1巻 コナリミサト

トライアル期間中は無料で見れます!
 

ドラマ『凪のお暇』スッタフ・キャスト

原作 – コナリミサト 『凪のお暇』
脚本 – 大島里美
演出 – 坪井敏雄、山本剛義、土井裕泰
プロデューサー – 中井芳彦
主題歌 – miwa 「リブート」

大島凪 – 黒木華
我聞慎二 – 高橋一生
安良城ゴン – 中村倫也
坂本龍子 – 市川実日子
足立心 – 瀧内公美
江口真央 – 大塚千弘
織部鈴 – 藤本 泉
エリィ – 水谷果穂
市川円 – 唐田えりか
白石うらら – 白鳥玉季
杏 – 中田クルミ
小倉康明 – 谷恭輔
井原亮 – 田本清嵐
ママ – 武田真治
杏 – 中田クルミ
大島夕 – 片平なぎさ
白石みすず – 吉田羊
吉永緑 – 三田佳子

登場人物について。

ドラマ『凪のお暇』の登場人物でとくに気になった人物を個人的に意見していく。

大島凪 – 黒木華


(出典 https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/chart/)

空気読みすぎ女子。
周囲に合わせる際には「わかるー」を連呼。周りの言葉を復唱するのが得意技。
月1でストパーに通い、毎日1時間かけてストレートヘアを維持している。
本来はもじゃもじゃ頭。
彼氏・慎二のとある一言が引き金となり、仕事を辞めて、人間関係をリセットし、ボロアパートに引っ越す。

凪に黒木華ちゃんのイメージなかったけど、1話を見る限り違和感はなかった。

我聞慎二 – 高橋一生

(出典 https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/chart/)

凪の元いた会社の営業トップ。
会社では完璧だが、凪の前では”スーパーこじらせ男”。

モラハラ感すごかった。

安良城ゴン – 中村倫也


(出典 https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/chart/)

凪が引っ越したボロアパート・エレガンスパレス104号室の住人。
距離感ゼロの天性の人たらしで、メンヘラ製造機。

中村倫也さん。『半分青い』でもこんな感じの役でしたね。

白石うらら – 白鳥玉季

(出典 https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/chart/)

凪が引っ越したボロアパート・エレガンスパレス102号室の住人。
小学5年生で母・みすずが仕事に出ているため鍵っ子。

原作と1番イメージと合っていたかもしれない🤔

白石みすず – 吉田羊

(出典 https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/chart/)

ボロアパート・エレガンスパレス102号室の住人でうららの母親。
小学校5年生のうららを育てているシングルマザー。
凪と同じく周りのママ友にマウンティングされがち・・・。

正直イメージとだいぶ違うけど、吉田羊さん演技うまいので大丈夫そう!
1話ではラスト一瞬しか映らなかったけど、表情がみすずさんぽくて、やっぱり吉田羊さんすごいなって思った😌

吉永緑 – 三田佳子

(出典 https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/chart/)

203号室(凪の上の階)に住むおばあさん。
近所のJKからは”おつり漁りババア”と呼ばれている。

滲み出る三田佳子さんの上品感・・・。
お肌の張りがとても77歳に見えませんでした。
一見貧乏そうに見えても、日々の暮らしを工夫しておしゃれに生活しているおばあさん役なのでまだよかったけど、ホンモノのおつり漁り貧乏ババアだったらキャスティングに無理がありすぎたなあ〜🤔


(出典 https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/chart/ 出典)

成瀬
正直、メイン3人は原作漫画のイメージと全員違うと思ってますー。
それでも違和感なくドラマは見れたので、やっぱり俳優さんってすごいなあ、と感じてる。

中村倫也のゴン。フツーに胸キュンした🤔

 

 

ドラマ『凪のお暇』1話あらすじ

都内にある家電メーカーで働くサラサラストレートヘアが特徴的な28歳の 大島凪 (黒木華) は、日々何事もなく平穏に過ごすために常に場の空気を読み 「わかる!」 と周りに同調することで自分の平和を保っていた。しかし、いつもニコニコ、ビクビク、人の顔色を伺う凪の様子に同僚からは、いじり、“良い意味で” のダメ出し、そして理不尽な仕事をふられ放題の毎日。そんな 「なんだかなぁ〜」 な生活を送っていたある日、付き合っていた彼氏・我聞慎二 (高橋一生) からの一言がきっかけで心が折れてしまう。それをきっかけに 「わたしの人生、これでいいのだろうか…」 と見つめ直した結果、凪は人生のリセットを決意する。

会社を辞め、家も引き払い、交際していた彼氏もろとも知り合いとの連絡を絶ち、SNS をやめ、携帯も解約。幸せになるために人生のリセットを図った。そして東京郊外の何もない六畳一間のボロアパートに引っ越した凪。コンプレックスの天然パーマを隠すため毎朝1時間かけてアイロンをかけていたサラサラストレートヘアもやめて、そのままに生きることを決意する。仕事もこれまでのつながりも予定もない、誰にも縛られない楽しいはずの自由な生活。しかし、やはり人の目を気にしてしまう凪は空気を読んでしまいそうになる…。凪を追いかけてきた慎二やアパートの隣人・ゴン (中村倫也)、そして新しく出会った人たちに囲まれながら、凪の人生リセットストーリーが始まる。

(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/)

ここからネタバレありあらすじ

空気を読みすぎてしまう28歳OL・凪 (黒木華)は、同僚たちに合わせてニコニコする毎日に疲れきっていた。

 

そんな矢先、凪は、彼氏・我聞慎二 (高橋一生) が後輩たちに
「あれは、あっちがいいから会ってるだけ」
「だってそいつ1回食ったあとの野菜育てて何回も何回も食うわけ。作る飯も貧乏くさいしコンセントとかもいちいち抜くし、そういうケチくさい女整理的に無理」
と言っているところを目撃してしまうーーー。

 

慎二の言葉を聞いた凪は、過呼吸に陥り、倒れ込んでしまった。
そして凪は、会社を辞め、家も引き払い、交際していた彼氏もろとも知り合いとの連絡を絶ち、SNSをやめ、携帯も解約した。

 

凪の引越し先は、東京郊外の何もない六畳一間のボロアパート!
凪は、布団と自転車だけでそこへやってきた。こうして凪の新生活がスタートした。

 

隣人たちは変わった人物ばかりだった。
104号室に住むゴン (中村倫也)は刺青の入ったあぶなそうな男で、102号室のうらら(白鳥玉季)は無愛想、203号室に住む吉永緑(三田佳子)はお釣りあさりババアと呼ばれている風変わりなおばあさんで・・・。

 

凪は、そんなお釣りあさりババア・吉永緑が、近所のパン屋さんからパンの耳を分けてもらっているところを見て「これがお一人様のなれの果てか」とショックに思う。
そんな折に、上の階の緑の部屋から洗濯物が落ちてきた。
凪は、洗濯物を持って緑の住む203号室を訪ねるが・・・そこは凪が想像していたゴミ屋敷でもなんでもなく、工夫を施されたらお洒落な部屋だった。

 

そして凪は、緑の部屋で、パンの耳を使ったお菓子を出され、感動する。
緑の温かさに、凪はいつの間にか自分がここに引っ越してきた理由を話していた・・・。

 

隣に住むゴンとは、ベランダに植えてあるゴーヤを分けてもらったことで仲良くなる。
凪はお礼に、ゴーヤの「タネの周りの赤い部分が絶品」だと、ゴンへと勧める。
絶品部分を食べたゴンは、美味しさに感動。
凪も「幸せのラッキーゴーヤ」を共有できたことを喜ぶが、そこへ、なんと、慎二がやってくる。

 

慎二は、凪が急にいなくなったことを被害者ぶり、凪の悪口を後輩たちに言っていたことも「男同士のノリ」だと悪びれた様子はなかった。
それどころか、凪のもじゃもじゃ頭をいじって「お前ブスになったな」と。

 

そんな慎二の態度に我慢が出来なくなった凪は、
もじゃもじゃ頭が地毛で、今までは月1でストパーをかけて毎日1時間かけてブローしていたこと。全く淡白でなく、SNSはスマホ片手に24時間体制で監視していたこと。慎二とつき合ってることを早くみんなに言ってやりたかったこと。慎二と結婚したことをSNSに載せてスカッとしたかったこと。
など、今まで無理して自分を演じていたことを話す。

 

そして「だから慎二に嫌なことされても言われても何も言えなかった。嫌われたくないから。でもそういうのいらない、そういう自分ごと全部いらない。もう空気読みたくない。だって、多分空気って読むものじゃなくて、吸って吐くものだと思うからと、空気を読むことをやめると宣言。

 

だが、慎二はそんな凪を認めようとはしなかった。
「今までの自分全部捨てて、まっさらな自分になって、ありのままの自分を愛してくださいってか。滑ってんだよお前。物捨てて引っ越ししたくらいで人生リセットできてたまるかよ。いいか、お前は絶対買われない。絶対に」と、宣言して凪の新居から出て行ってしまう。

 

「滑ってても全然いい!ありのままの私を愛してくれなくていいから、今後一切、わたしに関わらないで!

 

凪は出て行った慎二を追いかけて、大声で叫ぶ。
慎二は「また来るね」と、凪に返し、雨の降る中、傘もささずに帰って行った。

 

雨に濡れた凪は、緑に髪を乾かしてもらう。
そこにうららもやってきて、「触ってもいい?頭。」とおそるおそる凪に話かける。
凪の髪を触ったうららは「うわー!やっぱりふわふわ。初めて見たときからずっと触りたいなあって思ってたの。いいなあ、この髪の毛」とはしゃぐ。
そして凪は緑から「ごゆっくり。今はしばしのお暇でしょう」と言葉をかけられる。
うららと緑から癒され励まされた凪は、涙を流すのだった・・・・。

 

一方、慎二は行きつけのスナックで酒を飲みながらママ(武田真治)に愚痴っていた。
「見ちゃったんだよ。つき合いはじめの頃。俺にバレないように、すげぇ早く起きて、1時間以上かけて。あいつめっちゃ健気で。俺、そんとき、思っちゃったんだよね。こいつのこと一生守るって。
慎二はそう言いながら号泣していた。

 

後日、凪の家に、ゴーヤのお皿を返しにゴンがやって来る。
なぜか手を広げるゴンを真似して、凪も手を広げると、ゴンは凪にハグをして「ごちそうさま。おやすみ」と囁く。

 

なに、今の?

 

いきなりゴンに抱きつかれた凪は戸惑うのだったーーー。

成瀬
こんな感じでした。

原作漫画でもそうでしたが、本心が分かるまでの慎二は憎たらしすぎて見るのしんどいですねw
でも号泣するほど凪のことめっちゃ好きなところは胸キュン!

人生リセットドラマと見せかけて凪のモテモテライフだからね〜!
恋愛ドラマ好きな人は継続視聴した方が絶対いいですよ☆

 

ドラマ『凪のお暇』1話 感想・レビュー

原作読んでます。
そしてこれは個人の意見ですが、どうしてもキャスティングについて言いたい。

高橋一生の慎二。
めっちゃ怖わい・・・・・(震え)

原作漫画ではチャラくて調子のいいヤツなイメージだった慎二が、モラハラサイコパス(DV一歩手前)に見えるんだけど🙄
慎二のキャラがイメージと違って怒ってるとかではなくて、高橋一生が怖すぎて震えてる。

でも最後に凪が好きすぎて号泣してる姿は可愛かったです。
次回からはあっちの慎二をもっと前面に出していってほしい。

1話で気になった点

凪の状況を断○離(不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想を意味する言葉)と言わず、こんまりと表現するあたり闇を感じた。
『ナカイの窓』事件もあり、安易に使えない言葉になってしまったんですね・・・・。

こんまりという言葉聞きなれないので、違和感しかなかった😂

2話から一気に面白くなる予感

1話は慎二のモラハラぶりや、凪の同僚たちの性格の悪さがストレスで、心から楽しい気分にはなれませんでしたが、凪が会社を辞めたことで、そういったストレスは軽減されるはず。

それにしても凪の同僚たちは強烈だったな・・・。
世の中、こんなOLばかりでないと信じたいけど、こんな感じの女、多いんだろうな〜。

1人だけはぶいてライングループを作るとか、あるあるらしいし・・・怖い世の中になったものだ。

 

ドラマ『凪のお暇』2話 あらすじ

全てを捨てて人生のリセットを決意したアラサー女子の 凪 (黒木華) は、東京郊外にある6畳一間のアパートで再出発を図ろうとしていた。
しかし、突然訪ねてきた元カレ・慎二 (高橋一生) からの 「お前は絶対、変われない」 という言葉に、凪の心は激しく荒れていた。
そんな時、ふと目に入ったのは様々な支払い用紙。生きているだけでお金が減っていく現実に凪は危機感を覚え、失業保険の給付を受けるためにハローワークへ。
そこで、なにやら担当者ともめている 坂本龍子 (市川実日子) と出会う。落ち込んでいる様子の龍子に、凪は勇気を出して話かけてみるが…。

一方、慎二は行きつけのスナック「バブル」で ママ (武田真治) や 杏 (中田クルミ) から “女心が分かっていない” と説教を受け、凪との復縁はないと言われてしまう。
ヤケをおこした慎二は、凪のアパートへ行き執拗にチャイムを鳴らすも凪は留守。そんな慎二に声を掛けたのは上の階に住む 吉永緑 (三田佳子) だった。
その頃、凪は隣人の ゴン (中村倫也) と一緒に近所の公園でバーベキューをしていた。ゴンが持つ、ゆるっとやわらかな空気に癒される凪だったが、ゴンと家に戻ったところで、慎二と出くわしてしまう。凪は隣に住む うらら (白鳥玉季) と予定があると言い慎二を避けるも、なぜか凪の部屋で慎二とうらら、緑、ゴンとトランプをする羽目になり…。

(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/)