ドラマ『凪のお暇』3話ネタバレあらすじ感想!ゴンがメンヘラ製造機だと発覚!慎二もゴンもやべえ!4話あらすじも!

 

『凪のお暇』3話見ました。

ついに本格的な三角関係に・・・!!!
こじらせ過ぎの慎二と、メンヘラ製造機のゴン。
果たして凪はどっちに転ぶのか。

それではそんな『凪のお暇』3話のネタバレと感想・レビューと書いていきます。
(ネタバレだけ感想だけ読みたい人は目次から飛んでね!)

2019年7月スタートのドラマ情報はこちら!→【朝顔/凪のお暇】2019年夏ドラマ一覧!キャスト情報や期待値など。【7月スタート連続ドラマ】

『凪のお暇』の感想一覧
原作漫画 1話 2話 3話 4話 5話
『凪のお暇』を無料で見る方法!
Paraviの30日間無料体験期間なら無料でドラマ『凪のお暇』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません!

 

ドラマ『凪のお暇』とは?

28歳OL・大島凪は人の顔色を伺いビクビクしながら生きていくことに疲れ、お暇をもらう。家も人間関係も一新して、ボロアパートに引っ越した凪の人生リセットを描いた物語。
TBS系「金曜ドラマ」にて2019年7月19日に放送スタートした。主演は黒木華。

『凪のお暇』を試し読みする!
凪のお暇 1巻 コナリミサト

トライアル期間中は無料で見れます!
 

ドラマ『凪のお暇』スッタフ・キャスト

原作 – コナリミサト 『凪のお暇』
脚本 – 大島里美
演出 – 坪井敏雄、山本剛義、土井裕泰
プロデューサー – 中井芳彦
主題歌 – miwa 「リブート」

大島凪 – 黒木華
我聞慎二 – 高橋一生
安良城ゴン – 中村倫也
坂本龍子 – 市川実日子
足立心 – 瀧内公美
江口真央 – 大塚千弘
織部鈴 – 藤本 泉
エリィ – 水谷果穂
市川円 – 唐田えりか
白石うらら – 白鳥玉季
杏 – 中田クルミ
小倉康明 – 谷恭輔
井原亮 – 田本清嵐
ママ – 武田真治
杏 – 中田クルミ
大島夕 – 片平なぎさ
白石みすず – 吉田羊
吉永緑 – 三田佳子

 

ドラマ『凪のお暇』3話 あらすじ

凪 (黒木華) は、北海道で暮らす母・ 夕 (片平なぎさ) からの手紙で、携帯を解約し引っ越ししたことがバレたと知る。慌てて新しい携帯を契約し、夕に電話をすると「土日に東京へ行く」 と言う。とりあえず東京行きを止めることが出来たが、先々の親戚の結婚式で東京へ来ることが確定してしまい 「やばい!」 とパニックになる凪。部屋を出ると、近所に引っ越してきた 龍子 (市川実日子) が、凪のことを待っていた。驚く凪だったが、慎二 (高橋一生) との出来事を龍子に聞いてもらう事に。「キスにビンタで応戦なんて少女漫画みたい!」 と一人盛り上がる龍子。慎二がクズだと分かると 「なんで付き合っていたのか」 と問われるが、凪は答えられないでいた。
そこへ、部屋から出て来た ゴン (中村倫也) と出くわす。龍子はゴンを気に入り、凪との出会いが 「少女漫画みたい!」 とまた興奮するが、職業がクラブオーガナイザーだと知ると一転、「私たちとは住む世界が違いすぎる」 と凪に釘をさすのだった。そんな出会いに恵まれない凪の為、龍子は凪に内緒で婚活パーティに申し込んでしまう。しかし、そのパーティに強制参加させられた凪は “ある事” に気づく…

一方、慎二は凪にビンタされた頬に絆創膏を貼っているのを、女性社員たちから 「彼女にビンタされたんじゃないか」 と噂されていた。いつもなら上手く空気を作ってかわすところだが、凪が嬉しそうにゴンと一緒にイモを食べている光景を思い出すと、周囲の空気を凍らせてしまう。

そんな事などつゆ知らず、凪は隣人の うらら (白鳥玉季) とゴンと一緒にイワシのフリッターを作っていた。うららは、揚げたてを上階に住んでいる 緑 (三田佳子) に持っていきたいと部屋を出ていく。凪とゴンは部屋の中で2人きりになり…

(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/)

ここからネタバレありあらすじ

龍子に誘われて婚活パーティーに参加した凪。
そのパーティーには運悪く、辞めた会社の同僚・足立心がいた。

 

凪は気づいてないフリで乗り切ろうとするが、参加者の男性に囲まれているところを足立に救ってもらったことで、凪の存在がバレてしまう。

 

「気づいてくれたら声かけてくれればよかったのに〜。
仕事辞めて婚活か〜。よく行ってるの?
私はね、何回か参加してるけど正直笑っちゃうくらい相手クソ男ばっかりだよ〜
でねびっくりしちゃった。大島さん前と全然雰囲気違うんだもん!前はね女子アナぽい感じだったもんね!髪の毛サラサラでシャンプーのCM出てくるような」

 

マウントを取ってくる足立。
始まった・・・もう会社辞めたのに、サウンドバックタイム・・・。
これはタイトルマッチ前哨戦。こんなところで負けてどうする。

 

「今日いたみたいな男はこっちから無理だけどね。
自分の顔とエントリーシートの職業と年収見直してから来いって感じ。
要はさ、はいはい言うこと聞いてくれそうな都合のいいちょろい女見つけてやりたいだけじゃん。
あさましい!」

 

「じゃあ何で今日の足立さんはそんな肩出した格好してるの?
足立さんってもっとこう媚びない印象だったから。
もしかして、会社から帰りにわざわざ着替えたの?
すごいガッツ!
エントリーシート見直して来いってことは、
職業や年収がお眼鏡に叶えば、それでオッケーってことだよね?
その人の肩書によれば抱かれちゃうってことだよね?
それってチョロそうな女に群がる男と同じくらいあさましいんじゃない?」

 

凪のKO勝ち。
足立は帰ってしまう。
勝利したはずなのに、なぜか違和感を感じる凪。
上の階に住む緑に相談する。

 

「相手のエントリーシート見たとき、私も思ったんですよね。
あ、この人たち慎二より下だって。

 

「自分の出したパンチが自分に当たったってわけね」

 

自分の浅ましさに悶える凪であった。

 

一方で、慎二は親戚の結婚式に来ていた。

 

空気を読んで親戚達を盛り上げる慎二。
母親は整形。
父親は外に愛人4人と子どもまでいる。
兄の慎一は海外赴任中ということにしているが、とんずらこいて消息不明。

 

理想の家族を演じているが、過程は見事に崩壊していた。

 

慎二はイワシみたいに滑稽な家族だ。と、行きつけのスナック「バブル」で話す。

 

以前、凪と水族館に行った時。
イワシの群れがみんな一緒に同じ方向に泳ぐ光景を見た。
そんな中、群れから外れたイワシが一匹、力強く逆方向に泳ぎ始めた。
慎二はそのイワシに憧れたらしい・・。
どんどんはぐれろ勝手にどこまでも行っちまえ。

 

その時、凪は「もし死んじゃったら私があの子のこと食べてあげたいな」と言っていた。
ちなみに慎二は「ムキになって可愛かったなあ〜。」と思っていたらしい。
尚、この時、慎二は「お前イワシとか食うの。貧乏人の食べ物だ」と思いとは正反対のことを言っていた。

 

凪は慎二と話すために会社を訪れる。
連絡先を消してしまったらしく、直接会いに来たのだ。
「慎二と話ししたくて・・」

 

そんな凪の前に足立たちが現れる。
「大島さん?こんなところで何してるの?」
「本当に大島さんだw髪w」
と言う女子共を前に、凪は足立に向き直り「こないだはごめんなさい。あさましいのは私も同じでした」と謝罪する。

 

いきなりの謝罪に足立はうろたえてシラを切るが、
そんな中、慎二は凪の手を取り、その場を後にする。

 

手を繋いで消えた凪と慎二を見て一同は「あの2人って・・・」と驚く。

 

場所を変えて、凪と慎二は話をする。
「私勝手に引っ越しちゃったし慎二とちゃんと話してなかったから」

 

「俺お前ん家行ったら変なテンションになっちゃて・・俺もお前とちゃんと話したいなって。その・・あの・・・アッチがいいだけって言うのはあれはさ・・」

 

「いいの私も同じだから。私も慎二の外側だけ見てた。
営業部のエースで出世頭でみんな大好きな我聞慎二くん。
どこ見ててもちゃんとしてて間違いなくて
親に紹介したらきっと喜んでくれる そういう慎二の肩書に惹かれてたんだと思う。
そういう慎二に乗っかりたかっただけなんだと思う。
その証拠に慎二のどこを好きだったのか思い出せない。
空気を読むのが上手で、群れの中で先頭切って泳いで行けるような人には
一匹だけはぐれたイワシの気持ちはわからないよね
でも脱線してもいいから。群れに戻れなくてもいいから
これからは誰かに乗っかって泳ぐんじゃなくてちゃんと1人で泳いでみたいの。
わたし 慎二のこと、好きじゃなかった。別れてください

 

「・・・何様だよ、お前。俺らとっくに別れてたっていうかつき合ってたつもりないけど。せいぜい婚活パーティーで男漁り頑張ってください!」

 

こうして慎二は凪に完璧にフラれた。
最後まで素直になれず、自分の気持ちが言えない慎二だった。

 

帰宅した凪は、ゴンの家に遊びに行く。
ハイボールのチョコミントアイス乗せを飲みながら、凪は今までお酒が弱いフリをしてきたことを話す。

 

元カレ・慎二を喜ばせるために酒が弱いフリをして来た自分を”小癪な女”だという凪。
ゴンはそんな凪を抱きしめて「ずっと、一生懸命ちゃんとしようって頑張って来たんでしょ。もっと力抜いていいと思うんだ。せっかくのお暇なんだしさ」と。

 

そして2人はベットで一晩を過ごす・・・・。

 

その頃、慎二は凪にフラれたことでまたもや号泣していた。
たまたま通りかかったゴンの仲間・エリィたちは、号泣する慎二を見て「前立川で号泣してた人だ」と話かける。
「気分上げたかったらおいでよ」と誘ったクラブのイベントのチラシに写っていたのはゴン。

 

慎二はエリィに「ゴンってどういうやつ?」と質問する。
「一言で言うなら、メンヘラ製造機」

 

ゴンのあだ名を聞いた慎二は、凪のことを思い出す。
そんな男に関わって凪がメンヘラ化するのではないか。
しかし既に凪はゴンとベッドへインしていて・・・。

成瀬
こんな感じだった。

本当に #慎二やべぇ #ゴンもやべぇ
のハッシュタグがぴったりの展開でした。

 

 

ドラマ『凪のお暇』3話 感想・レビュー

凪とゴンがベッドインし、本格的な三角関係になってきましたね。
見た感じどっちとくっついても幸せになれそうにない気がします🤔

慎二が「凪を大好き」ってことを知ってる視聴者からすれば慎二の方がいい気もするけど、凪の立場からしたらこんなモラハラ男は絶対に無理です。
別れ際にも「つき合ってる気なかったし」とか言い出すし全てにおいて最低。

素直になれないながらも凪を大好きっていう唯一の高ポイントも、取引先の女に行ってるところ見て消え失せた。
好きな子に素直になれないだけでなく、ほかの女をつまみ食いしようとするなんてガチのモラハラ。

慎二はもうあのスナックの女とつき合えよ。
1番本音で話せてるしうまくいきそうw

メンヘラ製造機のゴン

ラストでゴンがメンヘラ製造機であることが判明しました。

凪にだけ優しくて凪とだけヤってるならいいんですけど、
誰にでも優しくて誰とでもヤるってフツーに最低だよね!

優しいだけなら勘違いする女にも非がある。
だが、手出したらダメだ。

そんなの誰でもメンヘラになるよ・・・。
本当に優しいなら絶対に誰とでも寝ません。
ゴン、原作漫画読んだ時から思ってたけど、全く優しくない。

成瀬
正直に言う。
このドラマ、高橋一生と中村倫也の無駄使いだと思ってる。

 

ドラマ『凪のお暇』4話 あらすじ

凪 (黒木華) から正式に別れを告げられ道端で泣き崩れてしまった 慎二 (高橋一生) の前に、ゴン (中村倫也) のクラブ仲間・エリィ (水谷果穂) が通りかかる。そのままゴンがいるクラブへ連れていかれ、そこで 「ゴンは付き合った女の子をダメにしてしまう、“メンヘラ製造機”」 だという話を聞く。凪とゴンが気になる慎二だが、一方で、大阪支社から異動してきた、OL 時代の凪と同じサラサラストレートヘアの 市川円 (唐田えりか) と、距離が近くなっていた。

その頃、凪は隣人のゴンの部屋で一晩を一緒に過ごし、完全にゴンに堕ちてしまっていた。“良い意味で” どこまでも自由に振る舞うゴンに対して若干のモヤモヤを感じていた。しかし、ほかの女性と親密に話すゴンからは目をそらし続け、倹約家だったにも関わらずコンビニで食料を買い、ハローワークにも行かず自堕落な生活を送り続けるのだった…。

凪のことがどうしても気になる慎二は、再度、凪のアパートへ向かう。
凪は出てこず、たまたま出てきたゴンとなぜかゴンの部屋で凪の帰りを待つことに。
ついに直接対峙した慎二とゴンは… !?

(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/)

成瀬
次週!慎二の前にサラサラストレートヘアの円が現れる!
取引先の女より手強そう・・・!!!