ドラマ『家売るオンナの逆襲』5話ネタバレあり感想・考察。6話あらすじ。留守堂謙治(松田翔太)の正体とは?

 

大好きな『家売るオンナ』
間違いなく今期1番楽しみに見ていますが、5話にして初記事を書きます・:*+.\(( °ω° ))/.:+

リアリティーを求めていないので考察する必要はない気がしますが、語らずにはいられないので独り言感想を垂れ流します。

第1シリーズは名話が多すぎるので、この機会にまとめ感想記事書こうと思ってます♩
とりあえず、留守堂さんと足立王子のボーイズラブ展開は毎週の楽しみである😌

 

ドラマ『家売るオンナの逆襲』とは?

2016年7月13日から9月14日まで放送された北川景子主演の連続ドラマ『家売るオンナ』の続編。
天才的不動産屋・三軒家万智は、客の抱える個人的な問題をも慧眼で察知し、容赦なく関わりながら、家という人生最大の買い物を型破りな方法や手段で豪快に売りまくり、彼女の働き方・生き方に次第に周りの人間も影響を受け、感化されていく物語である。
第2シリーズから松田翔太がライバル不動産屋として登場!


Huluで見逃し分

スッタフ・キャスト

脚本 – 大石静
音楽 – 得田真裕
OPナレーション(天の声) – 中村啓子
不動産コンサルティング – 内田浩彰
演出 – 久保田充
主題歌 – 斉藤和義 「アレ」

三軒家万智 – 北川景子
庭野聖司 – 工藤阿須加
屋代大 – 仲村トオル
白洲美加- イモトアヤコ
足立聡- 千葉雄大
布施誠 – 梶原善
八戸大輔 – 鈴木裕樹
宅間剛太 – 本多力
珠城こころ – 臼田あさ美
留守堂謙治 – 松田翔太

 

『家売るオンナの逆襲』5話あらすじ

留守堂(松田翔太)に衝撃の敗北を喫した万智(北川景子)は突然休暇を取り、屋代(仲村トオル)の前からも姿を消す。

そんな中、庭野(工藤阿須加)は残念な容姿の客・田部竜司(柄本時生)とその婚約者で奥ゆかしい美人・宮寺奈々(知英)を担当。見栄えのいい家が欲しいという竜司は、チラシに載っていた万智の似顔絵を見て小学校の同級生『マンチッチ』だと言い出す。マンチッチが陽気な人気者だったと聞き人違いだと思う屋代と庭野だが、マンチッチの口癖は「GO!」だと言われ…。

その夜、庭野と屋代は留守堂の正体をつきとめるため、フェンシングに向かう足立(千葉雄大)を尾行。しかし、一人になった留守堂に尾行がバレて…!!万智との関係を尋ねる屋代に、留守堂は同級生だった万智に「愛情を抱いている」のだと話す!万智の同級生・竜司が留守堂のことも知っていると思った庭野と屋代は竜司の家へ。そこで二人が見たのは卒業アルバムに写った衝撃的な万智の姿!しかし、留守堂の手がかりは得られず…。翌日、竜司と奈々に内見案内をしていた庭野は、シャワーの誤作動で奈々をびしょ濡れにしてしまう。

化粧が落ちた奈々はさっきとは別人のようなブスで…!!実は奈々は神がかった化粧で素顔を隠していた偽装美人。その正体を知った竜司は婚約を破棄すると言い出し、全てはオジャンに!そこに、姿を消していた万智が現れ家を売ると宣言するが…!?修復不可能な二人に万智が提案する起死回生の家とは!?そして、ついに謎の男・留守堂の正体とその目的が明らかになる!!

(引用元 https://www.ntv.co.jp/ieuru_gyakushu/)

 

『家売るオンナの逆襲』5話ゲスト

田部 竜司 – 柄本 時生

さんチーの小学校時代の同級生。あだ名は【たべやん】
小さい頃からブサイクなことがコンプレックスで自分のスペックを上げるべく、東大に入るなど努力をしてきた。
小学生時代はD &B(ドジでブサイク)ランキングで2位に輝いた。
夢は美人と結婚してブサイクのDNAを断ち切ること。
美人の婚約者、奈々とテーコー不動産に新居を探しにやって来た。

成瀬
柄本時生さんいい味出してた( ^ω^ )

宮寺 奈々 – 知英

田部竜司の婚約者。
美人だが、実は化粧で顔を作っていた。
庭野のミスで内見中にシャワーの水が頭にかかり、たべやんにスッピンを披露することに。

成瀬
KARA時代から好きでした(推しではないが)。日本語めっちゃ滑らかに喋れるようになってて感動した・:*+.\(( °ω° ))/.:+

『家売るオンナの逆襲』5話感想・考察

ほんとに毎週毎週おもしろい!
ツッコミどころだらけだし強引すぎですが、それでも面白いのはコメディーチックな仕上がりとさんチーのキャラにリアリティーさがないからですからね・・。

※以下、視聴後の感想になります。未視聴の方はネタバレご注意ください。

5話で売った家

  • 5話で家を買いに来たのは田部竜司(たべやん)と宮寺奈々。2人は婚約者。
  • たべやんは三軒家の小学校時代の同級生。
  • たべやんは外見にコンプレックスを持っていて家も女性も外観にこだわる。
  • 庭野のミスで内見中、宮寺奈々の頭上にシャワーの水がかかり、スッピンを披露することに。
  • 奈々は化粧で顔を作っており、素顔はブスだった。そのことを知ったたべやんは激怒して婚約を解消すると言い出す。
  • そんな2人に三軒家が売った家は外観がボロいが内装が綺麗な家。
  • 「あの外観があるからこそ中がより美しく見えたのです。もしこの家の外観が美しかったら、それはただの素敵な家止まり。あの外観があるからこそこの家は素敵な特別な家になっているのです・・いわゆるギャップ萌えです」
  • 「ギャップ萌えは奈々様にも当てはまります。たべやんの頭にこびりついて離れない奈々様の素顔。でもその素顔を知っているからこそ、化粧をした奈々様がより美しく見えるのです。たべやんは表面だけでなく奈々様の真実の姿を知っている。そのことでより深い愛着を持つことができるのです。他人の知らない一面を知っていると思って興奮するのです!」
  • そしてスッピンの奈々をプロジェクタースクリーンで写し、そこから化粧装備の奈々が飛び出してくるという演出を施す。
  • こうしてさんチーは2人を仲直りさせることと、家を売ることに成功した。

たべやんと奈々。
いい夫婦になると思います。

スペックを上げて美人と結婚することを夢見るたべやんでしたが、その方法だと自分を心から愛してくれる人とは結婚できない気がする。
そんな中、出会った奈々は化粧で外見を偽っっていたものの、たべやんのスペックよりも彼の努力する姿勢など【中身】を好きになった。
本来の自分を好きでいてくれる貴重な相手だと思います。

さんチーの後押しがあり奈々と結婚することと家を買うことを選びましたが、たべやんも薄々奈々ほどの女性は現れないと気づいていたんじゃないかと。

ともあれ今週もめでたしめでたしでした・:*+.\(( °ω° ))/.:+

留守堂謙治の正体とは?

4話で留守堂謙治に家を売られたことでショックを受けたさんチー。
休暇を取り、彼のことについて調べます。

なんと留守堂謙治はさんチーの同級生。
あろうことか、たべやんを抑え、緑町第一小学校でのD &B(ドジでブサイク)ランキング1位に輝いたのは留守堂謙治でした。

彼は三軒家を愛していました。
ホームレース時代の彼女の「帰る家が欲しい」と言う言葉から不動産屋を目指したのです。
しかも顔と名前を変えてまで。

ものすごい愛ですね・・・・。
デブでチビで貧乏だった少年時代の留守堂謙治に餃子を届けてくれる人がいた。それが三軒家だった。ということで彼女を好きだったようですが、それでここまで出来ちゃうなんて愛がすごいの一言である。

成瀬
どうやら足立王子は脈なしの予感・・・。友だち止まりですね( ; ; )

 

『家売るオンナの逆襲』6話あらすじ

留守堂(松田翔太)の正体は同級生の“ドジスケ”こと三瓶良雄であることが発覚!万智(北川景子)は留守堂から愛の告白をされる!

その様子を盗み見て衝撃を受けた屋代(仲村トオル)は帰り道、スーパーで優しげな女性店長・三郷楓(真飛聖)に出会う…。そんな中、万智と庭野(工藤阿須加)は美容院を経営する八十多湊人(武田航平)・つぐみ(内山理名)夫妻を担当する。家はすんなり売れそうだが、お互いの不倫を公認している“友達夫婦”だと言う八十多家の突飛な夫婦観に新宿営業所メンバーの価値観は揺さぶられる。

一方留守堂は大学教授の尾田順平(橋爪淳)から家探しの相談を受ける。妻・まり(筧美和子)の愛を独占したいと話す順平だが、夫婦関係は新鮮味を失っている様子。その夜、屋代から留守堂の正体を聞いた庭野は、留守堂が万智に近づくことに激しい抵抗を覚え、本人に直訴しに行く!しかし、『密かに思う心の自由』は誰にも侵すことはできないと諭され、いつの間にか留守堂と意気投合。

心を許した庭野から八十多家の話を聞いた留守堂は、自分の客・順平の妻と万智の客が不倫関係にあることに気づく…。翌日、契約のために来店する湊人だが、妻の不倫に気づいた順平が乗り込んで来て刃傷沙汰が勃発!二組の夫婦の家探しが暗礁に乗り上げる中、万智が協力を呼びかけたのは留守堂!手を組んだ二人の天才の下、新宿営業所をあげて驚愕のプロジェクトが始動しようとしていた…!!
(引用元 https://www.ntv.co.jp/ieuru_gyakushu/)

次週は お互いの不倫を公認している“友達夫婦” が家を買いに来るようです。
価値観を揺さぶられますが、友達夫婦って案外うまくいきそうでもある

5話ラストで留守堂に愛の告白をされたさんチー。
6話以降で関係に変化が現れるのか気になります・・・!