ドラマ『家売るオンナの逆襲』9話ネタバレ感想・考察。10話あらすじ。留守堂謙治がサンチーを逆恨み!

 

『家売るオンナの逆襲』各話感想一覧5話 6話 7話 8話 9話 10話

ドラマ『家売るオンナの逆襲』とは?

2016年7月13日から9月14日まで放送された北川景子主演の連続ドラマ『家売るオンナ』の続編。
天才的不動産屋・三軒家万智は、客の抱える個人的な問題をも慧眼で察知し、容赦なく関わりながら、家という人生最大の買い物を型破りな方法や手段で豪快に売りまくり、彼女の働き方・生き方に次第に周りの人間も影響を受け、感化されていく物語である。
第2シリーズから松田翔太がライバル不動産屋・留守堂謙治として登場!

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

脚本 – 大石静
音楽 – 得田真裕
OPナレーション(天の声) – 中村啓子
不動産コンサルティング – 内田浩彰
演出 – 久保田充
主題歌 – 斉藤和義 「アレ」

三軒家万智 – 北川景子
庭野聖司 – 工藤阿須加
屋代大 – 仲村トオル
白洲美加- イモトアヤコ
足立聡- 千葉雄大
布施誠 – 梶原善
八戸大輔 – 鈴木裕樹
宅間剛太 – 本多力
珠城こころ – 臼田あさ美
鍵村洋一 – 草川拓弥
床嶋ゆかり – 長井短
留守堂謙治 – 松田翔太

 

『家売るオンナの逆襲』9話あらすじ

万智(北川景子)は高齢の母・静江(松金よね子)と同居するための家を探す独身女性・馬場礼子(酒井若菜)を担当。庭野(工藤阿須加)は売り手のつかない古家の中身をフルリノベーションすべく同年代の施工会社の社員・真壁(入江甚儀)と協力する。

今回がデザイナーとしてのデビュー作だという真壁は内装に自分のこだわりを詰め込み、意気投合した庭野は自分が家を売ろうと張り切る。一方、絶好調の足立(千葉雄大)は新婚の新垣夫妻の家探しを担当し、留守堂(松田翔太)は離婚予定の迫田のぞみ(小野真弓)から家を売りたいと相談される。

偶然足立の客が留守堂担当の迫田家を気に入ったことで内見先で顔を合わせる一同だが、思わぬトラブルが発生し…!?そんな中、リノベ物件のエッジの効いたデザインが客に受けず苦戦する庭野を尻目に、万智は自分が家を売ると宣言!しかも真壁が苦労して完成させたリノベーションを一掃し、全面畳に戻すと言う!

真壁の努力を無駄にしないため、庭野はなんとかしようと抵抗するが…。そして、売上の伸び悩む新宿営業所メンバーたちは現地販売で大奮闘!そんな中、万智と屋代(仲村トオル)の順調な夫婦関係を目の当たりにした孤独な留守堂の愛に爆発のカウントダウンが始まっていた…!
(引用元 https://www.ntv.co.jp/ieuru_gyakushu/)

 

 

『家売るオンナの逆襲』9話感想・考察

9話では、サンチーはもちろんのこと、足立王子、布施&八戸、宅間、そして鍵村も家を売りました!
課長ではなく!鍵村が売りました!(ほぼ課長が売りました)

サンチーが家を売るのは爽快であるけど、他のメンバーが家を売る姿もなかなか爽快だった。
結構トントン拍子に売れてて、今までの苦労が信じられないほどである・・・。
やっぱり商売にはリズムっていうのがあると思うんですよね!
この波に乗って新宿営業所のメンバーにはこれからも頑張って欲しいです!

以下、ネタバレしてます。ドラマ未視聴の方はご注意ください。

9話で売った家

  • サンチーの売った家
    サンチーは高齢の母・静江(松金よね子)と同居するための家を探す独身女性・馬場礼子(酒井若菜)を担当。
    一方、庭野は売り手のつかない古家の中身をフルリノベーションすべく同年代の施工会社の社員・真壁(入江甚儀)と協力する。
    しかし真壁がリノベーションを手がけた家は、客受けが悪く全く売れない。
    サンチーは庭野と真壁が協力して売ろうとしている古家を、馬場礼子と静江母娘に売ると言い出した。しかも真壁の手がけたリノベーションは却下。さらにリノベーションし直して全面畳にすると宣言し「友達ごっこでは家は売れない!」と一刀両断。
    庭野は真壁の気持ちを汲んでなんとかしようと抵抗するが、ことごとく失敗に終わる。
    ついにサンチーが家を売る日がやってきた。
    サンチーは全面畳にリノベーションした家へ礼子と静江を呼ぶ。
    しかし、静江は「親孝行が美徳だなんて、そんな世間の常識でこの子を縛らないでちょうだい」「娘のお荷物になるなんてわたしの埃が許さない」と拒否。
    そんな静江にサンチーは「娘の夢を叶えるのも親の仕事です!」「僭越ながら静江さんがこだわっておられるのはお嬢様のお世話になりたくない、ということではありません」と。
    サンチーがこの家を選んだのは、静江が住みなれた街と培った人間関係を手放したくないからと考え、静江の住むアパートの2件隣を見つけた。そして静江が以前からこだわっていた畳へとリノベーションしたのだ。
    そこまで考えてくれていた娘の気持ちを知り、静江は礼子と住むことを決意した。
  • 足立王子の売った家
    足立は新婚夫婦の家を探すことになった。
    離婚で家を売却することになった留守堂の客の元へ内見に行く。
    しかし、そこで留守堂の客である、家を売る側の夫婦が、離婚を解消して寄りを戻すと言い出した。どうやら不妊治療などのストレスから喧嘩をしていたようだ。
    家を気に入っていたこともあり、足立の客は落胆し足立に対しても不信感を抱く。
    紆余曲折あり、足立は寄りを戻した夫婦の元に出向き、「この辺りのコミュニティーは小さなお子さんを持つご家族ばかりで構成されており、お互いに仕事を持って、お互いの世界を持って生きておられるご夫妻にはそぐわない環境だと思います」と住み替えを勧める。
    足立が言うには、2人が住む住宅地には子どものいる家庭が多い。ここに住むことで「結婚して家を持つ、そして子どもができる。この光景を見てると、そうでない幸せは許されないような圧迫感がある」と、この家に住み続けることで、この夫婦がまた喧嘩をしてしまうのではないかと。
    納得した2人は家の住み替えを希望する。
    こうして足立は、離婚間近だった夫婦の家を売却し、住み替えを勧めることで夫婦危機から救った。この夫婦が売却した家は最初に内見に来ていた夫婦が買うこととなり、一件落着。
  • 宅間の売った家
    現地販売をしていた宅間の元へ差し入れを持った白洲美加がやってきた。
    そこへちょうど、1人の男性が内見にやって来る。
    なぜか白洲美加も内見に同行。いちいち一言を加えて客の男性を笑わせる。
    間取りと白洲美加を気に入った男性は「家を買いたいが高い」と言い出す、白洲美加はついに勝手に値下げまでして、宅間は家を売ることに成功した。
  • 布施&八戸の売った家
    布施&八戸が現地販売をしていると中国人が内見にやってきた。
    八戸は中国語の方言「広東語」を使いこなし、巧みに家を売ることに成功。
    布施曰く中国語になると性格カワルネ!
  • 鍵村の売った家
    鍵村が現地販売をしていると、強面の男性が「屋代課長って人いる?」と訪ねて来た。
    ビビる鍵村。ちょうど通りかかった屋代が、その男性を対応すると、彼は屋代が毎週木曜日長電話をしている客・ニシハラのご親戚だった。
    親戚の集まりで、家を買いたいと言った際、ニシハラに「家を買いたいならテーコー不動産の新宿営業所、屋代から買え」と言われたそう。
    屋代が忍耐強く、ニシハラの長電話につき合ったおかげだがなぜか鍵村の売り上げに。鍵村はテンション上がりっぱなしでテンアゲだった。

こんな感じで9話ではめちゃくちゃ家が売れた。


まさか、白洲美加と鍵村まで家を売ってしまうとは!
しかし安定に庭野は家が売れてないのが面白い。
サンチーの落としたメモで客を特定して(した気で)、勝手に家に押しかけたり非常識だし・・家が売れないのもなんとなく分かる。

「家は、住む人がいて初めて家である。内装のデザインも、お客様のためであって設計デザイナーのものではない」
というサンチーのセリフには納得だし、デザイン職を齧ってる私としては胸に一撃を受けた・・😂
このサンチーの厳しいアドバイスを聞いてプラスに考えられる真壁もいいヤツそうで安心しました。こいつ、伸びるな🤔

留守堂の客についてですが、壁に数カ所キズ行ってるって・・・まじでどんだけ壮絶な夫婦喧嘩繰り広げてたんだよ・・・
不妊治療で仲が悪くなる夫婦は実際に結構いるようで、足立王子がこの夫婦に提案した住み替えは、いつものサンチー並みの洞察力だったな〜。さすがナンバー2だ!
周りに子持ちの家庭ばかり揃ってたらそりゃあ嫌でも子供のこと考えちゃうよね。環境って本当に大事。

宅間さんの件はどう考えても白洲美加のおかげである。
白洲美加も現役時代もこんな感じで自分のキャラを活かした営業ができていたら、もう少し成績も良かっただろうに・・・。
ただ、この営業方法はウケるお客さんとウケないお客さんがいると思うので、結果的に今回は【いい客が来たおかげ】と言った感じですよねー!これはラッキー👍

成瀬
9話での新宿営業所のフィーバーはすごかったー!
営業って個人職だけど、新宿営業所はまとまりがあってチームワークを感じる

留守堂謙治、サンチーを恨む

9話では衝撃な事実が!!!!!

留守堂がサンチーを好きになった理由であり、不動産屋になった理由が覆されました。

マンチッチへの思いが張り裂けそうな留守堂は、母校の小学校にサンチーを呼び出します。

「でも、もう嫌なんです。遠くから見てるなんて嫌なんです。餃子をくれたマンチッチも、人工呼吸をしてくれたマンチッチも今のマンチッチも、全て僕のモノにしたい」

と熱い愛の告白をする留守堂。
しかしサンチーは留守堂の存在価値を脅かすほどの真実を告げます。

「あなたは人違いをしています。わたしはあなたに、餃子をあげたことはありません

「え?(何言ってんの?という顔)でも、あなたはマンチッチですよ?」

「はい。わたしはマンチッチです。でも餃子はあげていません」

「プールで溺れていた僕に人工呼吸をしてくれたのはマンチッチだよ」

「していません。」

「手品の上手なマンチッチは?」

「それはわたしです」

「万国旗を口から出すマンチッチは?」

「それもわたし」

「みんなの人気者のマンチッチ」

「わたしです」

「餃子を届けてくれたマンチッチ」

「それは違います」

嘘だっ!!!!!人工呼吸をしてくれたマンチッチから餃子の匂いがした。間違いない

「違います。わたしはその時、プールサイドで人工呼吸をされているドジ助を見ていました。心からドジだな〜と思って見ていました。あなたは溺れて意識朦朧で、勘違いをしたのです。」

「そ、そんな・・・・人工呼吸をしてくれた餃子の君が、ホームレスになって、家が欲しいと言ったから僕は不動産屋になったんだ。それが壊れたら、僕は、僕は、なんで不動産屋になったんです?」

「知りません。ただ1つ言えることは、あなたは本当にドジです。」

と、留守堂はアイデンティーの崩壊寸前までショックを受けます。

そしてサンチーは「留守堂にそっと餃子を届けていた餃子の君、プールで人工呼吸をしてくれた女神」を探し出しました。
その人は、同じクラスのヤマダカズコちゃんでした。
ヤマダカズコちゃんは、盆踊りで緑町音頭を歌っていて、出席番号28番で、卒業の前は留守堂の後ろの席に座っていたとのこと。

ヤマダカズコは留守堂の前に登場するも、彼女を見るなり、ショックで留守堂は倒れてしまいます。
そして目覚めた留守堂は「三軒家万智・・・許せない・・・」と恨みを燃やします。

と、留守堂謙治は自分が勝手に勘違いをしたにも関わらず、サンチーに逆恨みしちゃうみたいです。
予告でもサンチーを倒そうと必死だったし・・・この人、怖い
小学生の頃からずーっと好きで、6話では「これまでの人生で愛した人は1人だけです。」「生涯だれとも結婚することはないと思います」と重い発言もしていたほどだし、自分が好きだった相手が幻想だったことがショックだったんだろうな・・。

カズコの名前出された時の留守堂、視聴者とおんなじ顔してたもんな
「え?誰だよ」みたいな。

成瀬
重いほどの一途な愛と、裏切られたら逆上しちゃうストーカー気質って紙一重なんだと改めて思った。

ただ、留守堂がサンチーを好きになった理由は【自分に餃子をくれて人工呼吸をしてくれた女神だったから】だけではないと思う。
もともと意識していたからこそ、そのような勘違いに至ったのではないかと。当時のサンチーは明るくて人気者だったようだし、憧れも抱いてたんじゃないかな。

 

『家売るオンナの逆襲』10話(最終話)あらすじ

留守堂(松田翔太)が万智(北川景子)たちの前から姿を消して1年。新宿営業所は外資系ライバル会社・リッチブラスト不動産の急成長により業績が伸び悩み、消滅の危機を迎えていた。

そんな中、住人の高齢化が進む新宿の集合住宅群『新宿ガーデンハイツ』の部屋をリッチブラスト不動産が次々買い占めているという噂を聞き、万智と庭野(工藤阿須加)は現地を訪ねる。しかし、そこで立ち退きに抵抗する住人の老兄弟・藤見明(笹野高史)と譲(本田博太郎)の姿を見た万智は突然しゃっくりが止まらなくなり…!?

一方新宿営業所では、リッチブラスト不動産が今まで万智が行った型破りな家の売り方を真似して家を爆売りしていることが発覚。庭野と共に客を装ってライバル不動産を偵察した足立(千葉雄大)は、なんとAIに万智のノウハウを組み込み副社長にまで登り詰めた留守堂に遭遇する!万智への憎しみを露わにする留守堂は、新宿ガーデンハイツを都市型リゾートに再開発すると話す。ライバル会社の勢いを前に、屋代(仲村トオル)は一同に地道な営業を呼びかけるが売り上げは伸びず大苦戦。

そんな中、万智は明と譲の元を再び訪ね、ある計画を提案する。実は明と譲は昔一世を風靡し小学生の万智も大ファンだった大人気コミックマジシャングループ『マジック7』のメンバーで……。屋代は万智の計画実現のため、雲の上の存在だった社長(舘ひろし)に直談判を試みるが…。留守堂によって窮地に追いやられた新宿営業所メンバーが一丸となり、万智の構想する巨大プロジェクトに挑む感動の最終回!

(引用元 https://www.ntv.co.jp/ieuru_gyakushu/)

成瀬
舘ひろし登場や、留守堂との関係などワクワクはするけど来週最終回なのか・・・。

最新話は見てたいけどずっと見てたい。
今期で(個人的に)上位3本に入る好きなドラマだったのでしんどい。