ドラマ『死役所』1話ネタバレ感想!松岡昌宏のシ村が超絶合わないwいじめ自殺の悲しい結末。2話あらすじも!

 

楽しみにしていた『死役所』はじまりました!

原作ファンとして怖くもあった実写化でしたが、かなり面白かった!!!!

成仏する前の扉のところとか再現度高くて鳥肌でした🤔

それではそんな感じで『死役所』1話のネタバレあらすじと感想を書いていきます〜!
(ネタバレあらすじだけ感想だけ読みたい人はそれぞれ目次から飛んでください!)

『死役所』を無料で全話見る方法!
Paraviの30日間無料体験期間なら『死役所』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中(30日以内)に退会すれば料金は一切かかりません!

 

スポンサードサーチ

ドラマ『死役所』基本情報

2019年10月期のドラマホリックにて放送されるドラマ。
10月16日(水)深夜0時12分から放送スタートした。
原作はあずみきしによる、300万部(電子書籍含む)を超える大ベストセラー漫画。
あらゆる原因で死んでしまった人が訪れて死の手続きをする「あの世の市役所ならぬ死役所」を舞台に繰り広げるダークファンタジーである。死役所職員で主人公のシ村は、TOKIOの松岡昌宏が演じる。

トライアル期間中は無料で見れます!

死役所を無料で読む方法!
ebookjapanなら「死役所1巻」が無料で読めるよ!
 

スッタフ・キャスト

原作 – あずみきし 『死役所』
脚本 – 政地洋佑、三浦希紗、烏丸棗
監督 – 湯浅弘章、棚澤孝義、酒井麻衣、松本花奈、蔵方政俊

シ村(市村正道) – 松岡昌宏
三樹ミチル – 黒島結菜
ハヤシ(林正道) – 清原翔
ニシ川(西川美和子) – 松本まりか
イシ間(石間徳治) – でんでん

 

スポンサードサーチ

ドラマ「死役所」1話 あらすじ

目を覚ました三樹ミチル(黒島結菜)は、見知らぬ場所にいた。ここはどこなのか?戸惑うミチルに声をかけたのは、総合案内係として働くシ村(松岡昌宏)だった。シ村の言葉で殺されたことを思い出したミチルは、他殺課でイシ間(でんでん)に「どうすればあの女に復讐できるのか」と訴える…。

その頃、シ村はベンチに座る中学3年生の鹿野太一(織山尚大)に声をかけていた。
シ村は、曲がった脚を見て、自殺課へ連れていく。成仏するには、成仏許可申請書に具体的な自殺理由を書かねばならない。ためらいながらも書き始める太一だったが、自殺の要因となった陰湿ないじめ、無関心な両親など嫌な過去が蘇り錯乱してしまう。そんな中、太一はシ役所である人物と遭遇する…。

(公式ホームページ引用 https://www.tv-tokyo.co.jp/shiyakusho/)

ここからネタバレあらすじ

太一(織山尚大)はひどいいじめにあっていた。
裸の写真を撮られたり、親のお金を盗まされたり、虫を食べさされたり。
そして太一は飛び降り自殺をした。

 

手続きが必要なため、いじめの詳細を詳しく書かされた太一は、シ村(松岡昌宏)に怒鳴りかかる。
「どうしてこんなこと書かないといけないんだ」
しかし成仏に必要なことらしい。

 

遺書はない。
机の上には遺書の代わりになるであろう日記が置いてある。
日記には自殺はいじめと両親が原因だと記してある。

 

太一の両親は再婚。
母と再婚した義理の父親は太一に無関心だった。
家にも学校にも居場所がない。

 

そんな太一にシ村は、「両親は世間体を気にして日記を公表しないかもしれない。」と告げる。
ショックを受ける太一。

 

手続きは一時中断。
太一は死んでるのにトイレに行くとか言って席を外す。
そんな太一の前にある人物が現れる。

 

太一をいじめてたDQN!
なんと太一の義理の親父に車で引き殺されていた。

 

「あの人がそんなことするはずがない」と驚く太一。

 

そこへシ村が現れて
【49日以内に手続きしなければ成仏できない
一生、冥土の道で彷徨うことになる】
という情報を2人に教える。

 

「お前手続きすんなよ。永久に彷徨え。」
死んでも尚、太一をいじめるDQNw
そんなDQNに太一は「あの人はなぜこんなクズを・・・」と呟く。
バカにされて頭にきたDQNは「まじで殺してやる!!!!」と太一に殴りかかる。

 

ちなみにもう死んでいるので痛みは感じない。
シ村とイシ間の仲裁でDQNは暴力をやめるが
「永久にさまよってろ。俺は1人で天国行ってやるよ」
と捨てセリフを吐いて去って行った。

 

手続きに戻った太一。
太一は義理の父親が自分のために殺人を犯したことを信じられない様子だった。

 

「生きてる時は何もしなかったのに」
「何もしなかったんじゃなくて
“できなかった”んじゃないですかね」

 

いじめの対応は難しい。
自分が間に入っていいのか、義理の父親は悩んでいたのではないか。
でも今となっては真実は分からない。

 

「お父さんと話したい。
生き返ることができないなら、ここで待ちます。
冥土の道で彷徨ってお父さんを待ちます。
僕のせいで人を殺すことになってごめんなさいって
お父さんに謝りたいんです」
「冥土の道を彷徨ってもお父さまとお会いできるかはわかりません」

 

冥土の道は広いらしい。

 

「現世にいるうちにお話されればよかったですね。なぜされなかったんです」
「怖かったから」
「自殺するのは怖くはなかったですか」
「それが・・・来世生まれ変わってお父さんに会いにいきます」

 

生まれ変わりは天国に行く人でないとできないと言う。
太一が天国に行くかどうかは分からない。
そして太一は自分をいじめてたDQNが「天国に行く」とかほざいていたことを思い出すw

 

「そんなこと言ってましたね
でも地獄行きの要素が揃ってます」
「なんで教えてあげなかったんですか」
「聞かれませんでしたから」

 

案の定、その頃、DQNは地獄に落ちていた・・・。
そしてやっと成仏を決意した太一。
義理の父がこちらに送られて来たら「お父さんともっといろんな話がしたかった」と伝えてほしいとシ村に頼む。

 

「いいですよ。お客様は仏様ですから」

 

成仏することになった太一。

 

「死と向き合うには、現世を受け入れることです。
後悔、懺悔、怒り、悲しみ、絶望。
全ての気持ちを受け止める。
そうしないと、いくら成仏しても生まれ変われませんから」

 

そして太一は成仏許可書にサインをする。

 

「お疲れ様でした。お気をつけて」

 

シ村は太一を見送る。

 

太一の成仏後、ハヤシ(清原翔)とニシ川(松本まりか)は
太一の父親は人殺しをしているので生まれ変われる可能性は低い
ということに気がつく。

 

「どうして教えてあげなかったんですか」
「聞かれませんでしたので」

 

そんで、「ハヤシさんとニシ川ほど可能性は低くない」と話す。
その頃、殺されたと喚いていたミチル(黒島結菜)は、死刑課と書かれた部屋に忍び込んでいた・・・。
そこにはシ役所ないの職員の名前が書かれたファイルがズラッと並んでいた。

 

ミチルはシ村の名前の書かれたファイルを取る。
そこには彼が【死刑囚】だということが書かれていた・・・!!!

 

スポンサードサーチ

ドラマ『死役所』1話 感想・考察・レビュー

原作の大ファンなので、複雑な気持ちだった実写ドラマ化。
わたしは漫画の実写化賛成派なのですが、この漫画はダークファンタジー作品なので実写化は不可能な気がしてたんですよね🤔

それがここまで再現度を高く実写化してくれるとは!!!
全体から漂うダークな雰囲気や死役所のセットも想像通り!!!
ありがとうテレビ東京!!!!

とくにイシ間さんとか漫画から飛び出してきたレベルで再現度が高い。
そんで「松本まりかにニシ川は合わねえよ」と思ってたわたしですが、めっちゃ合ってたw
やっぱ、様々な悪女役を演じてきただけあって演技がお上手ですよね🤔
ニシ川も悪女といえば悪女なので新たなタイプの悪女を演じる松本まりか様に大注目です ( ^_^)/

いじめを苦に自殺した少年が見えていなかったモノ

今回のお客様は、鹿野太一(織山尚大)くん。

学校ではいじめに遭い、家では義理のお父さんとうまくいかず、学校にも家にも居場所のないことを苦に自殺してしまいました。

シ村の一言で遺書代わりの日記が世間に公表されないかもしれないと分かり、太一は落胆。
しかしなんと、自分をいじめてたDQNも死んでたことが発覚します!!!

しかもDQNを殺したのは太一くんの義理のお父さん。
生前うまくいっていなかったお義父さんが、太一のためにDQNを殺したんです・・・。

原作を読んでたので物語は分かってたんですけど、それでも胸が締め付けられる話だった。

死んでもいじめを反省していなかったDQN。
こんな奴のために太一くんは自殺して、さらに太一パパは人殺しになってしまった。
マジでやり切れない話である😭

お父さん、すっごい後悔してると思う。
「もっと歩み寄っていれば」とか「自殺するくらいなら無理矢理にでも話聞いてればよかった」とか。
太一くんも、もっとお父さんと話したかっただろうな😭

本当にやり切れない。
てか、普通に泣いたわ😭

と、1話からすっごい重い話でした。

松岡昌宏のシ村が合わない

イシ間さん、ニシ川さんと再現度の高い死役所職員の中、シ村役の松岡昌宏さん・・・・ごめん、微妙だったw

キャスティング聞いたときは「まあ意外といけると思う」と思ったわたしですら微妙だった。

家政婦のミタゾノ(時々しか見てないです、すみません)ぽい無機質な感じならピッタリなんじゃない?と思ってたんですけど、1話を見る限り、皮肉さを前面に出してる感じがしました🤔
まあ実際シ村は皮肉でムカつく奴なんですけど、私の思うシ村のイメージとは違った。

あと、体格がゴツすぎるww
シ村はひょろっとしたイメージだったのでちょっとなあ。

でも怒り狂うほど合ってないってわけでもないです。
ちょっとした違和感レベルなので見ているうちに慣れるかもしれないですね。

ハヤシについては1人だけ全く寄せる気なくてワロタw
実写版BLEACHの朽木ルキアを思い出す🙄
あ、清原翔くんも杉咲花ちゃんもそれなりに好きですよ!
ただ、メガネや髪型で寄せようとしているシ村や完コスレベルで寄せにいっているニシ川に並ぶと「これ、だれ役?」ってなります😩

そんでツイッターを見てると皆さん、シ村は野間口徹さんがよかったと言ってる人が多いようで!
その野間口さんが来週ゲスト出演するみたいですw
スッタフさん達、ネットの評判ちょっとくらいは知ってる気がするんですけど・・・どういう気持ちでキャスティングしたんだろう😂

 

スポンサードサーチ

ドラマ「死役所」2話 あらすじ

偶然「死刑課」の部屋にたどり着いた三樹ミチル(黒島結菜)は、シ村(松岡昌宏)、ニシ川(松本まりか)らが死刑囚だったことを知ってしまう。さらにハヤシ(清原翔)が、かつてニュースで死刑囚として報じられていたことも思い出し、死役所の職員たちに対する嫌悪感を募らせていく。
そんな折、ミチルは死役所のベンチでおくるみに包まれた赤ちゃんを発見。あやしても泣き止まない赤ちゃんを、シ村は大人と同じ淡々とした態度で「死産課」へ案内する。「死産課」が他の課と大きく違うのは、自分で申請書が書けないため、職員のシン宮(余貴美子)らが代筆しなければならないこと。早速、死に至った経緯を調べると、この“おチビちゃん”は、8年間もの不妊治療の末にようやく授かった、荻野泉水(酒井若菜)の待望の赤ちゃんだったことがわかり……。

(公式ホームページ引用 https://www.tv-tokyo.co.jp/shiyakusho/)

↓あわせて読みたい↓

漫画【死役所】14巻ネタバレ感想・考察!芸人炎上!煽り運転の恐怖!タイムリーな社会風刺が心に響く。シ村の過去は中断w

2019.10.15

漫画『死役所』12巻ネタバレあらすじ・感想・考察。シ村の冤罪の過去が明らかに!?夜ノ目町爆弾事件の金子が不憫で涙。

2018.11.20

漫画【死役所】感想と考察。死んだ後どうなるのか?が描かれた傑作漫画【お客様は仏様です】

2018.10.31

ページ内画像引用元 https://www.tv-tokyo.co.jp/shiyakusho/
公式ホームページ
公式ツイッター→@tx_shiyakusho