ドラマ『集団左遷』5話ネタバレあらすじ・感想・考察。6話あらすじ。藤枝さんの自宅に侵入したのは本当に元カレなのか?

 

『集団左遷!!』5話見ました。

5話は精神的にきたな〜😭😭😭
先週も地面詐欺にあったものの、すぐにいいこともあったので立ち直れたけど…今週のはしんどい😩

それでは『集団左遷!!』5話ネタバレあらすじと感想を書いていきます!
(ネタバレだけ、感想だけ読みたい人は目次で飛んでください。)
 

『集団左遷!!』各話感想リスト1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 最終回(10話)

 

スポンサードサーチ

ドラマ『集団左遷!!』とは?

2019年4月21日にスタートした日曜劇場。
江波戸哲夫の経済小説『新装版 銀行支店長』『集団左遷』が原作。
窮地に立たされた銀行員たちが巨大組織の理不尽に立ち向かう姿を描く。主演は福山雅治。

トライアル期間中は無料で見れます!

スポンサードサーチ

スタッフ・キャスト

原作 – 江波戸哲夫『新装版 銀行支店長』『集団左遷』
脚本 – いずみ吉紘
プロデュース – 飯田和孝
演出 – 平川雄一朗、田中健太、韓哲

片岡洋 – 福山雅治
真山徹 – 香川照之
滝川晃司 – 神木隆之介
木田美恵子 – 中村アン
平正樹 – 井之脇海
花沢浩平 – 高橋和也
横溝厚男 – 迫田孝也
三宅庄司 – 増田修一朗
宮田学 – 谷口翔太
藤枝薫 – 橋本真実
藤田秀樹 – 市村正親
鮫島正義 – 小手伸也
宿利雅史 – 酒向芳
南口優 – 橋爪淳
郷田成道 – 津嘉山正種
梅原尊 – 尾美としのり
横山輝生- 三上博史
青島憲二 – 赤堀雅秋
鈴木将之 – パパイヤ鈴木
片岡かおり – 八木亜希子
真山有里 – 西田尚美

 

スポンサードサーチ

『集団左遷!!』5話あらすじ

「集団左遷」「廃店候補」と書かれた週刊誌の記事が逆に追い風となり、蒲田支店はたくさんの客で賑わっていた。三嶋(赤井英和)から打診されていた20億円の融資が成立すれば、ノルマの残りはあとわずかとなる。

しかし、融資が決まりそうだった顧客たちが相次いで羽田支店に乗り換えるという事態が発生する。嫌な予感がした片岡(福山雅治)が三嶋の元を訪ねると、そこには支店統括部部長の宿利(酒向芳)と羽田支店の鷹谷支店長(桜井聖)がいた…

(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/)

ここからネタバレありあらすじ

羽田支店は蒲田支店より安い金利で融資の決まりそうな顧客を横取りしていた。

 

三嶋の元を訪ねた片岡は、そこで支店統括部部長の宿利と羽田支店の鷹谷支店長が、低金利で融資を提案しているところを目の当たりにする。
しかし三嶋は「自社ビルは片岡たちと見たい」と、羽田支店の提案を拒否する。

 

だが、片岡は高金利での融資が三嶋の負担になるのではないかと、悩む。

 

そんな中、蒲田支店のメンバーで飲みに行くことに。
片岡、木田、滝川は、泣き上戸である藤枝薫(橋本真実)を自宅まで送り届けるが、ちょうど藤枝の自宅に不審者が侵入したところに出くわす。
滝川は本部の仕業なのではないかと予想し、片岡も警戒する。

 

そこで新たな事件が起こる。
融資だけではなく、預金や保険まで羽田に横取りされ始めた。
片岡は宿利へと抗議しに行く。
そこで宿利から「自分が被害者だと思ったら大間違いだぞ。俺も被害者だ」と宣言。そして宿利は「仕事は断られてからが勝負なんだよ」と片岡に宣戦布告する。

 

実は、三嶋食品が大手から大口の取引を勝ち取ったのは、羽田支店が後押ししたものだった。
三嶋もこれを聞いて、さらに金利も羽田支店の方が安いこともあり、悩む。

 

そんな折、真山の入院中の妻・有里が、週刊誌の記事を読んだことで真山を心配し「お父さんにお願いしてみたら?」と勧めてくる。
一度は断る真山だったが、片岡のことも考えて、義理の父に融資をお願いすることにした。

 

真山は義理の父と5億の融資を結ぶ。
そして真山は、銀行員としてお客様のことを第一に思う片岡に「自分たちも頑張るので三嶋さんの融資を断っては?」と提案した。

 

真山の言葉を受けて、片岡は三嶋に「20億のご融資、やっぱり羽田支店とやってください。その方がいいですよ。返すお金も少なくて済むんですから、当たり前のことですよ」と勧める。
三嶋は片岡の言葉を受け入れるが……。

 

三嶋は融資の件でお願いがあると、宿利に連絡する。
宿利と羽田支店の鷹谷支店長が三嶋の元に出向くと、三嶋はトラブルになるのが嫌なので、覚え書きに三友銀行のサインと印鑑を押してほしいと交渉してきた。
覚え書きの内容は【1 融資金額20億円 2 金利1.4% 3 融資だ金は覚書に記された期日より7日以内に支払います】というものだった。
サインをしないのなら他の銀行に行かせてもらうという三嶋に、焦った宿利は覚書にサインし印鑑を押す。
しかし、そこへ片岡がやってきて……。

 

三嶋は覚書を片岡に見せ「これで安心して蒲田支店で、金利1.4パーセントで融資してもらえますよ」と言う。
「それは羽田支店で」と焦る宿利に、三嶋は「こないだ言うてくれましたよね。どこの支店で融資を頼むのは客の自由だって言ってくれましたよね。片岡さんは、私ごときのために一度身を引いてくれたんですよ。客のことを1番に考えてくれる銀行員を頼りたいと思うのは客として当然です」と片岡から融資を受けたい旨を伝える。

 

こうして、三嶋の20億円の融資は蒲田支店に決まった。
ノルマ達成まで残り5億だと蒲田支店は沸く。

 

一方、藤枝の家に何者かが侵入した件だが、犯人は藤枝の元カレ・まことくんだった。

 

三嶋の20億の融資後、予想外の事件が起こる。
三嶋が消えた。

 

風邪で休養中の片岡の元へ、平から「三嶋さんが消えました。経理の川島さんに電話もらって来てみたら三嶋さんの私物がきれいになくなってたんです!携帯も繋がらないし、もしかしたら逃げたのかも!」と連絡が入る。
なんと土地を譲ってくれる予定の太田ビルディングの太田も電話に出ないらしい。
挙げ句の果てに、経理の川島によると、イギリスの輸入元の販売代理権が切れていたことが分かったと言う。販売代理権が切れると全く仕事にならず、年商の半分以上を失うことになると。
ますます三嶋が高飛びした説が濃厚となった。

 

片岡は三嶋の自宅へ訪問。
三嶋の姿はなかったが、窓が空いていたため、中へと入る。
同時に、片岡へ真山からの連絡が入る。太田ビルディングの社長に確認したところ、土地を売る予定はなく、副社長が勝手に契約を交わしていたようだった。印鑑も太田ビルディング本社に保管されており、偽物だった。

 

三嶋の家電には借金取りからの留守番メッセージが残されていた。三嶋は街金から1億4千万もの借金をしていたようだ。

 

三嶋が宿利に覚書を書かせたのは、融資の審査を避けるためだったのだーー。

 

家の中にあったフィリピンの旅行本を見つけた片岡は、三嶋がフィリピンへ逃亡しているのだと考え、空港へ走る。

成瀬
あの三嶋さんに裏切られるなんてショッキングな5話でした。
三嶋さんは片岡に素敵な言葉をくれたり、いい相談相手だったのに……それがこんな形で裏切られるなんて😩

スポンサードサーチ

ドラマ『集団左遷!!』5話感想

5話ではあの三嶋さんに裏切られました。
4話でも地面詐欺にあいましたが、それとは比べものにならないくらいショックです😭

「また詐欺に遭うなんてバカかよ!😩」
とは正直思ったけど、今回の詐欺はタチが悪すぎてなかなか見抜けないよ😭

前回のわかりやすい詐欺師たちとは違って、ギリギリまでわかんなかったですもん。いや、疑いたくもなかった。
いい人の三嶋さんが詐欺をする訳がないという先入観でまんまと騙されました😩その分、ショックも大きい。

ただ、何か裏があるんじゃないかと未だに三嶋さんを信じている自分もいます。
そもそも最初から融資詐欺が目的なら、覚書を書かせて羽田から融資を受ければいいのでは?
覚書を書かせたのは、蒲田から融資を受けるための策略だと三友銀行に思わせて、注意をそらしたかったのでしょうか?

それに、三嶋さんが行方をくらます前に、包丁を眺めて置いていったシーンも気になる。
逃げることへの葛藤を表現しているだけかもしれないですが、何かの伏線なんじゃないかとも思えます。

藤枝さんの自宅に侵入したのは本当に元カレなのか?

藤枝さんの自宅に侵入した不審者は本当に元カレ・まことくんだったのでしょうか?

滝川たちが、藤枝さんをボディーガードで自宅に送り届けた際に出現した不審者はまことくんで間違いないですが、この件には本部も絡んでると見てます。
飲み会の日に、藤枝さん宅へ何者かが入った形跡があったのは、本部が蒲田の動きを知るために侵入したとしか思えません。でないと、マジで尺の無駄つかいwww

本気で「本部の仕業だと思ったらまことくんでした」ってことなら『集団左遷!!』には本気でガッカリします😩

成瀬
あと、嫌がる滝川を飲み会に誘う片岡支店長、さすがに時代錯誤では?
断る若手社員をしつこく誘うのはパワハラです!!!
滝川の場合は本気で嫌がってるようには見えないからセーフだけど…🤔
滝川は天邪鬼入ってるからな〜

 

スポンサードサーチ

ドラマ『集団左遷!!』6話あらすじ

国外へ逃亡しようとしていた三嶋(赤井英和)を寸前のところで捕まえ、20億の融資詐欺はなんとか免れることが出来た。胸をなでおろす片岡(福山雅治)たち。しかし、横山常務(三上博史)は「目標の100億円に一円でも届かなければ廃店は断行する」と厳しい態度を崩そうとはしない。

廃店を阻止すべく、一丸となって突き進んできた蒲田支店。ついに廃店か存続か、ジャッジが下る――!

支店vs本部の最終決戦、奇跡の下克上なるか!?

(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/)

成瀬
ついに次週、ジャッジが下るようです!!!
まだ6話だけど早くない?

梅原の件も気になる〜。
横山常務と電話してたし、同期同士争うことになりそう🤔