ドラマ『SUITS/スーツ』8話ネタバレあり感想・考察と9話のあらすじ。大輔と砂里のキスシーンにざわめく!

 

スーツ各話感想一覧1話 2話 3話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

 
 

ドラマ【SUITS/スーツ】とは?

『SUITS/スーツ』は2018年10月8日から始まったフジテレビ系列のドラマ。
毎週月曜9時〜9時54分まで。

原作はアメリカの大人気テレビドラマ『SUITS』。

2011年から放送され現在もシリーズ続行中。アメリカではシリーズ8まで放送されている。
ちなみに韓国でもドラマ化されている様子。

織田裕二演じる敏腕弁護士の甲斐正午とHey!Say!JUMP中島裕翔演じる驚異の記憶力を持つ元フリーター中島裕翔がタッグを組んで繰り広げる弁護士ドラマ。

U-NEXT アマゾン Hulu FOD

 

 

スポンサードサーチ

スタッフ・キャスト

原作:『SUITS/スーツ』(NBC Universal製作)
脚本:池上純哉
音楽 : 眞鍋昭大
主題歌 – B’z「WOLF」

キャスト
甲斐正午- 織田裕二
鈴木大貴- 中島裕翔
幸村チカ- 鈴木保奈美
聖澤真琴- 新木優子
玉井伽耶子 – 中村アン
谷元砂里- 今田美桜
蟹江貢- 小手伸也
谷元遊星- 磯村勇斗
柳慎次- 國村隼
鈴木結衣- 田島令子

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ【SUITS/スーツ】8話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、大輔(中島裕翔)、真琴(新木優子)らとともに、大手建設会社『烏丸建設』を相手取った集団訴訟に取り組む。この案件は、烏丸建設が一時期使用していた有害性塗料による健康被害を訴えた、原告団総勢462人の大きな訴訟だ。だが、一審で東京地裁は原告団の請求を棄却していた。

甲斐たちは、さっそく原告団代表の水原美咲(矢田亜希子)、佐藤鈴子(宍戸美和公)たちから話を聞く。そこで、一審を担当した原告団の弁護士が、裁判の直前になって過去のスキャンダルで叩かれ、ついには廃業にまで追い込まれていたことを知る甲斐たち。それには、烏丸建設の顧問弁護士――甲斐の後輩でもあるスタンリー法律事務所の畠中美智瑠(山本未來)が関わっているという噂もあるらしい。甲斐は、美智瑠が代理人となった過去の裁判を徹底的に調べるよう大輔たちに指示した。

一方、大輔とともに甲斐のサポートをしていた健斗(岩井拳士朗)は、膨大な情報を読み込んでいく大輔の姿に圧倒されつつも、真琴に向かってある疑念を口にする。健斗は、以前、大輔が「ダイキ」と呼ばれているのを聞いたことがあるというのだ。
そんな折、甲斐のもとに、突然、美智瑠が現れる。美智瑠は、甲斐たちが作成した原告団情報を含む社外秘の資料を持っていた。何者かから送られてきたのだという。それを受け、チカ(鈴木保奈美)は、蟹江(小手伸也)に情報漏えい者の調査を命じるが……。(公式ホームページ引用)

 

未見の方はネタバレ注意

ドラマ【SUITS/スーツ】8話感想・考察

とりあえず大輔と砂里ちゃんとのキスで全てが吹っ飛んだ。砂里ちゃん積極的すぎ。

聖沢さん濡れ衣を着せられる

冒頭から替え玉をしていた大輔を攻めるシーンには「え?なんで聖沢さんが怒ってるの?」と思ったけど大輔も同じ意見で安心。
それに対して「やろうと思ってたのと実際にやってたのじゃ全然違う」という聖沢さんの意見は相変わらずのツンツン女子。

ですがなんと聖沢さんは情報漏えいの濡れ衣を着せられてしまいます。

「あんなログ1つで誰もわたしを信じてくれなかった」

これは流石にかわいそう。
こういうサイバー系の濡れ衣って立証大変そうだし現代社会の怖い部分の1つだと思ってます。

しかし聖沢さんの無実を証明してくれたのが玉井さん!!!!

「聖沢さんのこと守ってあげてくださいね」

かっこよすぎた。

情報漏えいの犯人

情報漏えいの犯人は館山健斗(岩井拳士朗)なんだけどこの人たしかハーバード出身のエリートじゃなかった?

「僕は弁護士だけ君はパラリーガルだし僕の失職と比べれれば」
発言はカスすぎて絶句。
館山先生信じられないほどの小物。

集団訴訟潰しの畠中美智瑠

大輔の初めての相手(4話にて)畠中美智瑠なかなか手強い。

集団訴訟得意らしいです。
相手の弱味や過去の悪事を暴いて訴訟に勝つらしいんです。
「なんて汚いやつだ!」と思いますがこれが裁判の世界ですよね‥。弁護士さんも仕事だから。

と、超やり手の畠中さんは甲斐先生の後輩。
『烏丸建設』の悪事を見つけた甲斐にも即座に切り返しを見せる素早さ。

しかし最終的にはその即座の切り返しで見切った社員に「使用禁止の塗料を使っていた」事実を証言されるという始末。

畠中は水原美咲(矢田亜希子)に原告としての資格がないことを責めなかった。
甲斐はそこを睨みました。

今回争点となった烏丸建設が使用していた塗料はのちに有害成分が含まれていると認められ法改正によって2013年に使用禁止になりました。だから2014年に建てられた家を購入した水原美咲(矢田亜希子)は原告の資格はない。
そこを責めなかったということで「使用禁止となった塗料を法を無視して使い続けている」と睨んだようです。
「君が何をしたかが明らかじゃなくても何をしなかったかは明らか」という逆転の発想によって解決したのにはスッキリ!

8話で1番びっくりしたのはゲストの矢田亜希子の出番が少な過ぎたことだね。
本当にこれは矢田亜希子さんでなくてもよかったやつ。

大輔と砂里のキスシーン

わたしは砂里推しで大輔は砂里とくっついてほしいと思ってます。
その上で言わせてもらいますが、脚本どう考えても聖沢さん推しじゃない?!?!

砂里が二人の仲を邪魔しているようにしか見えなかったし
大輔と真琴の仲を嫉妬して無理矢理キスしたようにしか見えない!!!

大輔も真琴に気があるように見えるしもう辛い。
大輔の真琴への留守電を聞いてからこれはもう確信に近い。

だけど大輔、忘れないでね。プライベートを支えたのは砂里だよ。

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ【SUITS/スーツ】9話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』の経営にも参画するシニアパートナーへと昇格する。そのお披露目パーティーの席上で、チカ(鈴木保奈美)は、『YURI綜合会計事務所』所長の華村百合(石田ひかり)と、同事務所のエース会計士・大河原忠(西村まさ彦)を甲斐に紹介する。

百合の事務所は、『幸村・上杉法律事務所』の顧問会計事務所であり、クライアントでもあった。しかも百合は、チカの大親友なのだという。そこで百合は、チカと甲斐に、大河原を解雇したいから助けてほしい、と頼む。
甲斐は、大輔(中島裕翔)を連れてファームに戻ると、百合の事務所の定款と雇用契約書を頭に叩き込めと指示する。実は大河原は、出身大学を偽り、無資格にも関わらず会計士として働いていたのだ。それを知った大輔は、大河原と自分の境遇を重ねてしまい、なかなか仕事に集中できない。

あくる日、甲斐は、大河原を呼び出し、解雇を告げる。百合の事務所は大河原を訴えず、十分な額の退職金も用意するという条件だった。しかし、25年も事務所に尽くしてきた大河原は突然の解雇に納得できない。そのやり取りを聴いていて我慢できなくなった大輔は、これまでの功績を考えればこんな解雇の仕方なんておかしい、一度百合と話し合うべきだ、とつい口をはさんだ。すると大河原は、大輔に同調して百合を批判し、不当解雇で訴えると言い残して席を立ってしまう。(公式ホームページ引用)