ドラマ『TWO WEEKS』2話ネタバレあらすじ・感想!視聴率爆死だが面白い!3話あらすじも!

 

遅ればせながら『TWO WEEKS』2話見ました!

逃走劇なだけあって主に逃げてるだけのドラマだけど面白かったです。
ドラマには関係ないんですけど、こないだの歌謡祭での三浦春馬のダンスカッコよかった。

それでは、そんな『TWO WEEKS』2話を見たネタバレ感想を書いていきます。
(ネタバレだけ感想・レビューだけを読みたい人は目次から飛んでね!)

ドラマ『TWO WEEKS』各話感想
1話 2話 3話 4話 5話

 

ドラマ『TWO WEEKS』とは?

殺人容疑の濡れ衣を着せられた男が、白血病を患った娘の骨髄移植手術までの2週間に及ぶ逃亡劇を繰り広げる姿を描くタイムリミットサスペンス。
カンテレ・フジテレビ系火曜21時枠にて2019年7月16日に放送スタートした。
原作は韓国MBCで放送された韓国のテレビドラマ。主演を三浦春馬が務める。

スッタフ・キャスト

原作 – 『TWO WEEKS』(韓国ドラマ)
脚本 – 山浦雅大
演出 – 本橋圭太、木内健人
オープニング – 04 Limited Sazabys「Montage」
エンディング – 三浦春馬「Fight for your heart」

結城大地 – 三浦春馬
月島楓 – 芳根京子
青柳すみれ – 比嘉愛未
有馬海忠 – 三浦貴大
青柳はな – 稲垣来泉
角田智一 – 近藤公園
乾大輝 – 鈴木仁
葛城茂 – バッファロー吾郎A
岩崎恭二 – 神尾佑
間宮裕 – 久保田悠来
ホンダ – 玉置玲央
灰谷 – 磯村勇斗
相良サトル – 森永悠希
小池夏美 – 原沙知絵
久留和保 – 池田鉄洋
柴崎要 – 高嶋政伸
久我早穂子 – 黒木瞳

 

ドラマ『TWO WEEKS』2話あらすじ

殺人未遂容疑で服役した過去を持つ結城大地(三浦春馬)は、ある日、元恋人の青柳すみれ(比嘉愛未)から、白血病を患った8歳の娘がいると告げられ、自分がその子の父親であることを知らされる。
さらに検査の結果、娘の青柳はな(稲垣来泉)と骨髄が適合し、正式にドナーとなるが、その矢先、ある人物の策略によって、結城は殺人の濡れ衣を着せられ、逮捕されてしまう。
はなへの移植手術は2週間後――、結城は警察のふいを突いて護送車から脱走する。

一方、結城が殺害したとされるホステスの柏木愛(立花恵理)を協力者として、実業家の柴崎要(高嶋政伸)を内偵させていた検事の月島楓(芳根京子)は、彼女の死の真相を探ろうとしていた。
するとひょんなことから、愛の遺品の中に、以前渡したはずのデジカメがないことに気づき、そこに柴崎の弱みが隠されているのではないかと考える。

やがて、政治家である久我早穂子(黒木瞳)の口利きで、新米ながら今回の事件の担当検事に抜てきされた楓は、愛がデジカメを質入れしたと思われる結城の質店を捜索。
しかし結局見つけることはできず、楓は何としても結城にたどり着かなければと躍起になる。

その頃、検問をかいくぐって逃亡したものの、有馬海忠(三浦貴大)たち警察に追い詰められ、行き場を失った結城は、人気のない場所に身をひそめながら8年前のことを思い出していた。
「あいつがまた俺を身代わりにしようとしてる……?」結城の脳裏に、ある男の顔が思い浮かぶが、次の瞬間、巡回中の警備員に見つかり、結城は息つく間もなく、はなとの約束を胸に再び駆け出して……。

(公式ホームページ引用 https://www.ktv.jp/twoweeks/index.html)

ここからネタバレありあらすじ

逃亡中の結城は、養護施設時代からの友人・サトルに電話をかける。
「俺ハメられたんだよ。これだけはお前に伝えたかった。俺は無実だってこと」

 

心配しているであろうサトルに自分の無実を伝える結城。
そんな結城に、サトルも応じる。
「俺のとこにも警察がきたんだ。色々聞いてきた。何も言わなかったけど・・・でも、これからどうするの?」

 

まるで恋人同士かのようなやり取りをする2人だが、公衆電話の通話時間は残りわずかとなる。

 

「俺、なんでもするから言ってよ!信じてるから。世界中が疑っても俺だけは・・・!

 

通話が切れる直前、サトルはそう結城に呼びかけた。

 

だが、電話が切れた後、サトルは警察・有馬の名刺を見つめていた。
サトルは有馬から「結城から連絡があったらすぐに知らせるように」と言われていたのだ・・・。

 

一方、楓は、新米刑事ながら今回の事件の担当検事に抜てきされた。政治家・久我早穂子(黒木瞳)の口利きのおかげだ。

 

楓たちは、愛の遺品の中に、以前渡したはずのデジカメがないことに気がつく。
そこに柴崎の弱みが隠されているのではないかと考え、愛がデジカメを質入れしたと思われる結城の質店を捜索する。

 

しかし、楓たちが質店にデジカメを探しに来たことで、デジカメに柴崎の弱みが隠されていることが、柴崎サイドにバレてしまった・・・。
柴崎はデジカメは結城が持っていると考え
「何としてでも取り戻せ。それが終わったら結城は始末すればいい」
と部下たちに命じる。

 

有馬たち警察に徐々に追い詰められた結城は、山に身をひそめる。
しかし大勢の警察相手では太刀打ちできない・・・。
結城の居場所はすぐにバレてしまい、有馬たちの姿はすぐそこまで迫っていた。

 

絶体絶命の中、爆発音が鳴り響く・・!!!
警察たちは突然の爆音に驚き、混乱する。
そんな中、結城の後ろには謎の男が立っていた。

 

「こっちだ」謎の男は結城に逃げ道を案内した。
「助けてくれたのか?」
結城は、当然の疑問を謎の男に問いかけるが、その男はナイフを取り出して・・・。

成瀬
こんな感じで、磯村勇斗の登場で2話は終わりました。

 

ドラマ『TWO WEEKS』2話 感想・レビュー

『2週間に及ぶ逃亡劇を繰り広げる』という煽り文句なだけあって、常に逃げてる2話でした。

たしか、結城さん。
娘のドナーになるために怪我しちゃダメなんじゃなかったっけ?🤔
こんなに激しく逃げ回って大丈夫なのかな?
(怪我しちゃダメな期間はあった気がした気がするけど覚えてない)

成瀬
「映画かよ」
と思って見てたら、逃げてる結城くんも同じこと思ってて笑った。
そんくらい激しい逃走劇です。

視聴率が爆死らしいですが

このドラマ視聴率が今期ワーストかってくらい悪いらしいです。

初回視聴率が8.4%で2話は5.9%とのこと。

爆死レベルで低視聴率ですが、わたしは割とこのドラマ好き。

結城の逃走劇をハラハラしながら楽しめて、さらに楓の父親の仇問題も絡んでドロドロ具合が面白い。
さらにさらに、主演の三浦春馬をはじめ。磯村勇斗や久保田悠来、鈴木仁などのイケメン俳優もめっちゃ出る。
イケメン好きにはたまらんドラマというわけです。

今期は韓国ドラマのリメイク作品が『TWO WEEKS』、『ボイス 110緊急指令室』、『 サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』と3作品あり、そこも視聴率低迷の原因かと思われます。
しかし、録画視聴組の若い世代はきっと『TWO WEEKS』楽しんで見てると思うんですよね🤔
ストーリーは分かりやすいし、韓国ドラマ原作の割にグロいシーン少ないし、イケメン多いし。

ということで、視聴率上昇を祈りつつ、今後の展開を楽しみに視聴します😌

 

ドラマ『TWO WEEKS』3話 あらすじ

雑木林で警察に追い詰められた結城大地(三浦春馬)は、謎の男・灰谷(磯村勇斗)に窮地を救われる。傷を負いながらも、なんとかその場から逃げ出した結城は、やがて一人暮らしの老女・北村義江(倍賞美津子)の家にたどり着く。結城の顔を見て、世間を騒がせている逃亡犯だと気づいた義江は……。

そのころ、結城の行方を追っていた月島楓(芳根京子)は、雑木林で灰谷に遭遇し、見覚えのあるその顔に表情が凍りつく。一方で警察は、何者かに結城の捜索を妨害されたことから、逃亡を手助けする協力者の存在を疑い始める。

移植手術を控える結城の娘・青柳はな(稲垣来泉)の看病をしていた青柳すみれ(比嘉愛未)は、結城が殺人を犯し、そのうえ護送車から脱走したというニュースを知り、がくぜんとしていた。助かるはずだった娘の命が再び死の危機にさらされ、絶望の淵に沈むすみれ。するとそこへ、警察の追手から逃げる結城から電話が。憤りを抑えきれないすみれに対し、結城は「俺の無実を証明する証拠を必ず見つける」と約束。

今回の事件の鍵が、殺された柏木愛(立花恵理)のデジカメに隠されていると悟った結城は、同居人のサトル(森永悠希)に連絡をし、受け渡しのために会う約束をするがー。

(公式ホームページ引用 https://www.ktv.jp/twoweeks/index.html)