ドラマ【中学聖日記】5話の感想・考察。登場人物全員に共感できない!次週は3年後へ。

 

中学聖日記5話見ましたー!
今週もドロドロでした‥。

聖がついに教師をやめることに‥。
聖と黒岩の周りだけでなく勝太郎と原口の関係もややこしいともうぐちゃぐちゃでドロドロ。
そんな中5話最後に決心した聖ちゃんは偉いと思う。

聖には毎週イライラしていて好きになれなかったけど今週は聖にはイライラしなかったしなんなら同情もしましたw

感想はネタバレを含みますので未視聴の方はご遠慮ください。

 

 

ドラマ【中学聖日記】とは?

10/9火曜日にスタートしたTBS系ドラマ。午後10:00〜11:07放送。
原作は『an・anマンガ大賞』や『このマンガがすごい!2017』オンナ編にランクインして注目を浴びたかわかみじゅんこ作の『中学聖日記』。

Amazon kindle 楽天 eBookJapan

 

スッタフ・キャスト

原作 – かわかみじゅんこ 『中学聖日記』
脚本 – 金子ありさ
演出 –塚原あゆ子
音楽 – 小瀬村晶、信澤宣明
主題歌 – Uru 「プロローグ」

キャスト
末永聖- 有村架純
黒岩晶- 岡田健史
川合勝太郎- 町田啓太(劇団EXILE)
岩崎るな- 小野莉奈
上布茂- マキタスポーツ
塩谷三千代- 夏木マリ
丹羽千鶴- 友近
原口律- 吉田羊
黒岩愛子- 夏川結衣

 

ドラマ【中学聖日記】5話あらすじ

夜の砂浜でキスをしてしまった聖(有村架純)と晶(岡田健史)は、聖のマンションの前で勝太郎(町田啓太)と愛子(夏川結衣)と鉢合わせをしてしまう。我に帰った聖は、勝太郎に話をしようとするが、勝太郎は「信じてる」というばかり。

翌日、塩谷(夏木マリ)から学校へ呼び出された聖は、同席した愛子の前でこれまでの経緯を説明するが…。

一方、愛子が学校に行ったことを知った晶は、上布(マキタスポーツ)の制止を振り切って、学校に向かう。
そこで、自宅謹慎を命じられた聖と会ってしまい…。(公式ホームページ引用)

 

ドラマ【中学聖日記】5話感想・考察

今週もドロドロな5話でしたねー。
毎週こんな急展開でいいのかなーと思っていたら、6話からは3年後の話のようです。
急展開すぎて黒岩と聖がなぜお互いを好きになったかの描写も希薄で勢いのみで進んでるドラマなイメージがあります。
まあその勢いがいい所でもあるけど。

黒岩を好きな理由、「今思えば最初からどこか違う生徒でした。着任早々何をやってもうまくいかなくて、自信を失っていた時に黒岩くんが私が教えたことを楽しそうに覚えてくれて。こんな私を頼ってくれて、教師として未熟だった私は自分に好意を持ってくれている黒岩くんに支えられたんです」
よりも勝太郎を好きな理由、
勝太郎さんはわたしの目標です。いつも頑張る力をくれる。前を向く気力をくれる。この人についていけばいいんだ、って。ふさわしい妻になりたいんですただ支えるだけじゃなくていつか肩を並べられるそういう二人になりたいんです。だから今は教師として一人前になることがわたしの目標です」
の方が好きな理由もきちんとしてる気がする
恋は理屈じゃないから好きになった理由なんて関係ないといえばないですが、ここが聖に感情移入できない理由でもある。

それでは5話の感想と気になった点など書いていこうと思います。

聖ちゃんがかわいそう

黒岩のやってることが空回り過ぎて「そんなことしたら聖ちゃんの立場が悪くなるってわかんないのかな」と馬鹿さ加減にイライラしました。
相変わらずそんなイライラ展開でしたが、自業自得といえ聖がかわいそうに思えてきた。

まあ、聖ちゃんは黒岩くんのことを好きになってるからそんな空回りな行動も嬉しいのかもしれませんが。
私はいくら好きな相手にでも会ったらダメと言われているのに会いに来られたり婚約者の会社に押しかけられたりしても嬉しいと思えないのでそこは価値観の違いですかね。

原口「聖ちゃんをくれとでも言うの?」
黒岩「言ったらくれますか」

これには唖然。

こんな意味不明で軽率な発言と行動ばかりで私は黒岩くんに魅力を感じられない。
聖もこの子のどこが好きなのだろうか。えっと確か教えたことを楽しそうに覚えてくれたからだったけ?

「学校は僕が辞めます。だから先生を辞めさせないでください」などもアホすぎて。
義務教育をやめれるわけないだろと思うと同時に中学生ってこんなにバカなの?!と疑問でした。

自分のせいで先生が辞めることになって心苦しいんだろうけど、なぜ今まで気づかなかった。
聖の方は『生徒』という存在を好きになることに葛藤するシーンはあったけど黒岩は「僕のことも先生に好きになってほしい」「先生に優しくしたい」とかばっかりでしたもんね。
後先考えず行動した結果で因果応報としか思えない。

「この人しかいない」と思える恋

黒岩「僕には聖ちゃんしかいないから」
原口「なんかいいね。それ。この人しかいない、そう思えるのっていいね。なんにもない様ですごく持ってる感じがする」
と言う黒岩と原口のやり取りを聞いて納得。
聖ちゃんが黒岩くんを好きになった理由ってこれなのでしょうね。

聖は自分のことを「この人しかいない」と思ってくれる黒岩が好きなんですね。
そんなに思ってもらえることなんてそうそうないし、女として嬉しいのはわかる。

まあ普通は相手が中学生だと「悪い気がしない」と優越感を感じるくらいで終わる気がするけど。
それが大人が中学生を好きになっちゃうんだから黒岩くんに更に惹かれる何かがあったんでしょう。

上から目線のおばさんのオンパレード

原口、千鶴、晶ママ、聖ママ。
なぜこの人たちはみんな自分の思うことを正論かのように話せるの。
まあ言ってることは一理分かることばかりなんだけど、上から目線で自分の意見が一番正しいと思って話してるところがイラつく。

聖ママ

「一生感謝するよ。それが大事なの。この人に借りがある。私の人生を変えてくれた恩人。そう思ったら結婚生活必ずうまくいく。勝太郎さんとなら幸せになれる」
という意見は一理あるとは思うけど、私はそんな弱味を握られた結婚は嫌だ

黒岩ママ

聖の元へ行こうとする息子を止めるために自身の離婚の原因を話し出します。
ママも先生を好きになった経験でもあるのかな、と思いきやまさかのW不倫。こんな思春期真っ盛りな時期に母親の過去の不貞を聞かされる黒岩くんかわいそう。

ですが晶ママの言っていることには納得行きました。
「もう二度と立ち直れないと思ったけど、忘れるの。今どんなに強く思っても時間が経てば忘れられる。本当に突然夢から目が冷めるの。絶対なんてないしこの人じゃなきゃダメなんてこともない」
これは分かる。

ドラマを見ていて黒岩くんは初恋だから「この人しかいない」と思い込んでるなーとは思っていたのでママの言いたいことはその通りだと思う。
しかしこのタイミングで自らの不貞の告白には「へ?」でしたね。
普通に「大好きな人がいたけど時間が経てば忘れることができた」と伝えることはできなかったんですかね。
晶ママの頭ごなしに怒るところはちょっと‥。

原口

原口さんも謎すぎる。
上司だから勝太郎に上から目線なの分かるけど言ってることに納得行きません。

「なのに河合、今のままじゃ二人を引き離そうとするただのツマラナイ男。そんなの悔しいよ。」
私には原口が勝太郎と聖を引き離そうとしているツマラナイ女にしか見えなかった

「あんたもわかってるでしょ。会っちゃったの。あんたより好きな相手に会っちゃたの聖ちゃんは」
まあそうなんだけど、原口にズカズカ入ってこられてもなー。
勝太郎が原口のことどう思ってるのか知らないですけど一歩間違えれば粘着おばさんだよ‥。

千鶴については3話のラストからムカついてます。(詳しくはこちら

この様に中学聖日記では自分が正しい前提で話すおばさまが多い様で。
この人たちのおかげで全く感情移入できない聖ちゃんが謙虚で可愛く見えるので助かります。

マキタスポーツに救われてます

結果、マキタスポーツが1番正論な気がする。
作中の名前覚えてないんですけど、黒岩くんのお母さんの会社で働いてるおじさんね。

「やっぱよかったんだよね。聖ちゃん先生辞めてよかった。こんなシワシワしたような態度な男そりゃ頼りにならないし、もし認めて欲しかったら男としてもっとしっかりしたところ見せてくれなよ」

という言葉はまるで私の意見を代弁してくれた様。

晶ママは悪いお母さんだとは思わないけど、ちょっとガミガミ言い過ぎだしヒステリックな所あるので思春期からしたらうざいかも。
マキタスポーツが間に入って、たまにどっしりとした一言を言ってくれるのが私からしたらずっしりくるものがある。

ところでマキタスポーツは黒岩家のなんなの?!
私が思ったことを代弁してくれて感謝はしているけど、会社の従業員って立場だけにしてはめっちゃ深入りしてくるなw
まあ家族じゃなくてもこういう存在はありがたいけどね。

勝太郎がかわいそすぎる件

「相手中学生ですよ」
勝太郎が原口の前で言った一言。
相手が中学生とかプライドずたずただし、辛かっただろうな。

それなのに
「大阪でやり直せばいい」
「いつでも俺は聖の味方だから」
と。これは胸キュン。

こんなセリフ言われて勝太郎を取らない聖には驚きだけど、これはもう仕方ないよね。
好きじゃなくなってしまったらそれはもう仕方がないことだと思う。
ただ、勝太郎がいい男すぎるのに相手が魅力ゼロの中学生なのが納得いかないんだよ。

聖ちゃんは大好きの様ですが
イチ視聴者の私から見ると、黒岩くんは中学生にしてはイケメンというところくらいしか魅力が見つかりません。

勝太郎ついに本性を現す

聖に別れを告げられた勝太郎は
「こんな状況って誰のせいだよ。誰のせいでこんなみっともない馬鹿げた状況に。俺がどれだけ‥」
とついに本性を表します。

そして聖は指輪を置いて勝太郎と別れます。

去り際には「この先一人になって、全部なくせばいい」
と。

ついに本音が!!!!!
でも今までがいい人すぎたんだよ。
被害者なわけだし一言くらいは嫌味を言っていい気がする。

まあ一瞬「感じわるい」とは思ったけども。

ただ勝太郎が被害者でいれるのは、原口に本気でないということ前提ね。
もし原口のことちょっとでも好きなら聖にひどいこと言う資格はないと思う。キスもされてるわけだし。
でも好きじゃないと「この先一人になって、全部なくせばいい」と言う言葉も出てこないですよね。

6話のあらすじ

3年後ーー2018年。
晶(岡田健史)の前から姿を消した聖(有村架純)は、勝太郎(町田啓太)とも別れ、千鶴(友近)と同じ小学校で教師を続けていた。

穏やかな日々を過ごしていた聖だったが、同僚と訪れた雑貨市で晶の姿を見かけてしまう。
晶は愛子(夏川結衣)の元を離れ、上布(マキタスポーツ)の実家に下宿していた。
過去の記憶がよみがえり動揺する聖。

一方、勝太郎は東京本社で過去を吹っ切るようにバリバリと働いていた。だがそこへ原口(吉田羊)が新しい部長として東京へ戻ってきて…。

そんな中、担当する生徒・彩乃(石田凛音)の遠足費の支払いが滞っていることを知った聖は、母親の元を訪ねるが…。(公式ホームページ引用)

聖は黒岩とも勝太郎とも別れ、そして3年後。
5話までなかなかの急展開だったのでどうなるのかと思いきやこういうストーリー構成だったのか!

そして3年後に成長した晶と出会うわけですね!
ここからが本番というわけか!
予告を見る限りさらにドロドロになりそうですね。
聖が隠居(みたいなもん)している先でたまたま勝太郎と出くわしたり、勝太郎と原口に進展がありそうだし、最後に黒岩が放った「末永?誰だっけ」がショッキングすぎて!!!!
まあ多分本気で忘れてるわけはないと思いますが。

三年後ということで更に急展開になっていくみたいで楽しみです!
とりあえずイライラ展開には疲れたので黒岩くんが少しは大人の行動ができる様になっていることを期待します。