ドラマ【昭和元禄落語心中】2話のネタバレあり感想と考察。八雲と助六篇突入!岡田将生の色気がやばい!

 

原作から大好きな「落語心中」2話めちゃくちゃよかった!

 

ついに本編である、八代目八雲の過去の話に突入!

 

助六も出てきましたね!

 

それではネタバレあり感想と考察を書いていきます。
未視聴の方はご注意ください。

 

各話の感想リストはこちら!1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

 

 

ドラマ【昭和元禄落語心中】とは

NHK総合「ドラマ10」枠にて、2018年10月12日から放送。連続10回(予定)。
原作は雲田はるこの『昭和元禄落語心中』で、全10巻。
アニメ版の第1期は2016年、第2期は2017年に放送された。

Amazon 楽天全巻セット kindle eBookJapan

 

 

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

原作 – 雲田はるこ『昭和元禄落語心中』
脚本 – 羽原大介
音楽 – 村松崇継
主題歌 – ゆず「マボロシ」
制作統括 – 藤尾隆(テレパック)、小林大児(NHKエンタープライズ)、出水有三(NHK)
演出 – タナダユキ、清弘誠、小林達夫
落語監修 – 柳家喬太郎

キャスト
八代目有楽亭八雲(菊比古) – 岡田将生
有楽亭与太郎 – 竜星涼
小夏 – 成海璃子
みよ吉 – 大政絢
有楽亭助六(初太郎) – 山崎育三郎

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ【昭和元禄落語心中】の2話を見た感想

 

1話の最後で八代目八雲は与太郎と

  1. 八代目八雲と助六の落語を全て覚えること
  2. 助六と果たせなかった「二人で落語の生き延びる道を作ろう」と言う約束を、助六の穴を埋めること
  3. 「絶対にアタシより先に死なねぇこと」

と3つの約束を結び、与太郎と小夏に「ひとつ、お前さん方に話して聞かせてやろうか。あの人と私の約束の話をさ」過去の話しを始めます。

 

そして2話から助六が登場し、本格的に過去の話へと突入するというわけです。

 

原作ファンの私から一言。

 

助六役の山崎育三郎さん

思ったよりもかなりよかった!

 

イメージとぴったりの演技をしてくれて違和感なく物語に集中できました!

落語のイメージまでピッタリだし、感動。

1話の感想の通り、若い頃の八代目は岡田将生でぴったりだし、かつてこんなにイメージにピッタリの実際映像があっただろうか。レベル。

 

対照的な二人の関係がもどかしい

同じに日に七代目有楽亭八雲に弟子入りした菊比古(後の八代目有楽亭八雲)と初太郎(後の有楽亭助六)ですが、二人は対照的な立場、落語、性格。

 

七代目からも「何でもかんでも正反対だな。一人が晴れれば一人は曇り。お天気みたいだな」と言われています。

 

菊比古は預けられた身で七代目有楽亭八雲に大切にされ、学校にも通わせてもらい、危険な満州には連れて行ってもらえません。

 

一方、初太郎は天涯孤独の身で自ら「八雲」の名跡が欲しいと七代目に入門を志願した。入門時から落語を諳んじることが出来るほどで、入門後も学業などはせず落語漬けの毎日で才能を伸ばします。

 

明るく大雑把で天真爛漫なお調子者の初太郎と、「お前の落語は辛気臭い」と言われたり性格も二人は対照的。

 

初太郎は菊比古に「お前に向いている話がある」とアドバイスをするほど。

菊比古はそんな初太郎に、憧れと嫉妬の入り混じった感情を抱くわけです。

これがもどかしすぎる。

 

初太郎からすれば菊比古を羨む要素がたくさんあるし、お互いが同じ思いを抱いていると思います。

 

対照的な二人がお互いに憧れ、嫉妬し切磋琢磨するのはもどかしいし、美しすぎる。

 

助六の名言が多い。

助六は落語の未来のことまで見据えていて、本当に落語が好きなんだな、と見ていて思います。

 

原作やアニメでは、

「見ろ。戦争が終わって日本は何もかもが変わっちまった。なのに落語は1つも変わらねぇんだ。この人気に甘えてむしろ変化を恐れてるよ。今はいいよ。けどな長く人の娯楽であり続けるにゃそれじゃあダメなんだ」
「世の中に溢れかえってる娯楽の中で落語がちゃーんと生き残る道を作ってやりたいんだよ」

などの素晴らしい名言を残し、私を感動させてくれました。(引用元

 

入門した際も「落語をするために生まれてきた」と言っていたほどで、その時点で菊比古とは落語に対する思い入れが違いますね。

性格はお調子者で菊比古とふざけ合ったりと、子供っぽい面が多いのに落語のことを語らせると素晴らしいほどに真面目でしかも的確なことを言う。

そういう面でも菊比古は初太郎のことを尊敬と嫉妬の入り混じった感情を持っていたんじゃないかと思います。

 

岡田将生の色気がやばい

若い頃の八代目八雲の岡田将生の色気がやばい!

落語のシーンももちろんだけど、普段の出で立ちから綺麗。

この菊比古の儚さとか脆さを演じられるのは岡田将生だけ‥。

ほんとキャスティングが神。

 

ついにみよ吉登場

2話最後でみよ吉が登場しました。

大政絢さんのみよ吉も思ったよりよかった!

みよ吉が登場することで、菊比古と初太郎の関係性がどう変わるのか、小夏の両親である二人の死が明かされるわけです。

二人の死についてのサスペンス的な要素もあるってことで、奥の深い物語ですよね。

 

 

スポンサードサーチ

まとめ

原作を読んでいるので結末は知ってるんですけど、ドラマはドラマでめちゃくちゃ面白いし、再現度もとても高いです。

ドラマを見ていると、この時代を生きたことがないのに溢れる懐かしさがあるそんな気持ちにさせてくれるドラマって貴重

今期熱心に見てるドラマの1つで、間違いなく良作!とりあえず原作読みなおす。

次週も楽しみです。