ドラマ【昭和元禄落語心中】3話感想・考察。嫉妬と尊敬の愛憎入り混じる感情が切ない。

 

 

落語心中3話見ました。

今回もめちゃくちゃ面白かった。

全文ネタバレを含みますので本編未視聴の方は注意してください。

 

 

ドラマ【昭和元禄落語心中】とは

NHK総合「ドラマ10」枠にて、2018年10月12日から放送。連続10回(予定)。
原作は雲田はるこの『昭和元禄落語心中』で、全10巻。
アニメ版の第1期は2016年、第2期は2017年に放送された。

Amazon 楽天全巻セット kindle eBookJapan

 

 

スッタフ・キャスト

原作 – 雲田はるこ『昭和元禄落語心中』
脚本 – 羽原大介
音楽 – 村松崇継
主題歌 – ゆず「マボロシ」
制作統括 – 藤尾隆(テレパック)、小林大児(NHKエンタープライズ)、出水有三(NHK)
演出 – タナダユキ、清弘誠、小林達夫
落語監修 – 柳家喬太郎

キャスト
八代目有楽亭八雲(菊比古) – 岡田将生
有楽亭与太郎 – 竜星涼
小夏 – 成海璃子
みよ吉 – 大政絢
有楽亭助六(初太郎) – 山崎育三郎
七代目有楽亭八雲 – 平田満
松田 – 篠井英介
お栄 – 酒井美紀
円屋萬月 – 川久保拓司
木村屋彦兵衛 – 柳家喬太郎

 

ドラマ【昭和元禄落語心中】の3話を見た感想

3話では

  • 菊比古とみよ吉が男女の関係に。
  • 対照的な菊比古と初太郎の関係性
  • 菊比古が自分の落語を見つける

が主に描かれていました。

 

菊比古とみよ吉

二人が男女の仲に。

みよ吉のおかげで菊比古は自分の落語を見つけることができたと言っても過言ではない。

みよ吉の「自分の居場所は自分で作るしかない」と言うセリフや
二ツ目のお芝居の時に菊比古へアドバイスをしたりとみよ吉がきっかけで菊比古が自分の落語を見直すことができたのは確か。

七代目八雲が「たまにはバカになって遊べ。その方が自分の落語を見つけるのに手っ取り早い」と言って菊比古を芸者遊びに連れて行くのだけど、本当その通りだったと言うわけですね。

 

嫉妬に焦がれる菊比古

初太郎(助六)はどんどん腕を伸ばし、前座をいくつも掛け持ちするほど大人気に。
一方、菊比古は伸び悩んでいた。

そんな二人ですが
初太郎は七代目からもらった紋付を質に入れてそのお金で飲みに行ったり、いつも遊んでばかり。
菊比古はアルバイトをしながら稽古に打ち込む日々。

 

この対照的な二人がもどかしすぎる。

 

菊比古の気持ちが切ないです。

自分は真面目に稽古をして頑張っているのに、遊んでばかりの初太郎に先を越される焦りと、嫉妬。

初太郎の落語をすごいと思う気持ちと、自分の落語へのコンプレックス。

この愛憎入りまる感情というのかな?切なすぎますね。

 

初太郎(助六)の天性の明るさ

菊比古は初太郎を

「腕があって、人気がある。テケツも売れる。僻んで女々しくなっている私を受け止める度量もある」

と言っていますが、

【僻んで女々しくなっている私を受け止める度量】

これが初太郎の1番素晴らしいところですね。

初太郎の素の性格からしてそうなんでしょうね。
天性の明るさと言うんでしょうか。
嫌味を感じさせずに、「今日は苛立ってるね!八つ当たりでも何でも聞くよ」と言い切れるなんて天性としか言いようがありません。

菊比古からすればその嫌味を感じさない言い方が、さらに苛立つのでしょうが。

みよ吉を「送って行く」とサラッと言える優しいところにも天性の明るさを感じます。

 

自分の落語を見つけた菊比古

初太郎と自分を比べて伸び悩んでいた菊比古ですが、みよ吉の助言もあり、「自分の落語」を見つけることに成功。

3話最後に菊比古が披露した落語では、菊比古の色気や上品さが滲み出ていて、彼の良さを生かした落語でしたね。

お客のウケもよく、「菊比古が化けた」と同業者もたちも言っています。

こうやって菊比古は初太郎との関係にもがき苦しんだ結果、「自分の落語」を見つけることができました。

これでやっと、二人同じ舞台に立てたわけですね。

 

ここでも対比

初太郎(助六)は満州で体験したことをきっかけに「人のために落語をするって決めたんだ」と菊比古に語り「お前はどうなんだ?」と問いかけます。

この初太郎の言葉の後に、菊比古が披露した落語で菊比古は化けます。

「何のための落語。テメェの居場所をこさえるため。ここにいても大丈夫と思うため。自分が自分でいるため。作るんだ。テメェでテメェの居場所を。これが私の落語」

この言葉から、菊比古は自分の居場所を守るために落語をする、「自分のために落語をする」と答えを出したようです。

 

「人のために落語をする初太郎」「自分が自分でいるために落語をする菊比古」

 

もどかしいほどに全てが対照的な二人。

 

 

まとめ

3話も、とても面白かったです。

菊比古と助六(初太郎)の対比がもどかしく、そこが本作の見どころでもある。

 

そして本作が面白いのは物語がいいというだけではなく、言葉の表現が綺麗すぎるところも魅力の1つ。

「自然と男と女の仲になっていきました」を「水が低い方に流れるように、私たちは男と女の仲になっていきました」と表現する言葉のセンスには脱帽。

 

次週の第4回『破門』では、菊比古は7代目から「真打になる前に、みよ吉(大政絢)とは別れろ」と言われるようで、ハラハラドキドキですね。
タイトルからして原作未読の人はハラハラドキドキだと思います‥!

 

それにしても原作読んでるのに、こんなに楽しめるドラマ【昭和元禄落語心中】すごいなー。
展開はわかってても、役者の皆さんの熱演や、再現度の高さが素晴らしくて見入ってしまうのが大きいと思います。

ぶっちゃけ今期1番毎週楽しみにしてるドラマかもしれないです。