ドラマ【昭和元禄落語心中】4話感想・考察。みよ吉との別れと助六波紋‥!

 

落語心中4話見ました!

見ていて苦しい4話でしたが、「二人で落語の生き残る道を作ろう」のシーンには感動。

菊比古と助六の関係性はもどかしいけど美しい‥!

 

 

 

ドラマ【昭和元禄落語心中】とは

NHK総合「ドラマ10」枠にて、2018年10月12日から放送。連続10回(予定)。
原作は雲田はるこの『昭和元禄落語心中』で、全10巻。
アニメ版の第1期は2016年、第2期は2017年に放送された。

Amazon 楽天全巻セット kindle eBookJapan

 

スッタフ・キャスト

原作 – 雲田はるこ『昭和元禄落語心中』
脚本 – 羽原大介
音楽 – 村松崇継
主題歌 – ゆず「マボロシ」
制作統括 – 藤尾隆(テレパック)、小林大児(NHKエンタープライズ)、出水有三(NHK)
演出 – タナダユキ、清弘誠、小林達夫
落語監修 – 柳家喬太郎

キャスト
八代目有楽亭八雲(菊比古) – 岡田将生
有楽亭与太郎 – 竜星涼
小夏 – 成海璃子
みよ吉 – 大政絢
有楽亭助六(初太郎) – 山崎育三郎
七代目有楽亭八雲 – 平田満
松田 – 篠井英介
お栄 – 酒井美紀
円屋萬月 – 川久保拓司
木村屋彦兵衛 – 柳家喬太郎

 

4話のあらすじ

菊比古(岡田将生)と助六(山崎育三郎)は若手落語家として並び立つ存在になった。どちらが先に昇進して「真打」になるのか。菊比古は先輩落語家・彦兵衛(柳家喬太郎)から、「死神」を伝授され、真打ち昇進に挑むが、師匠たちから「真打になる前に、みよ吉(大政絢)とは別れろ」と言われ…。(公式ホームページから抜粋)

 

4話の感想・考察

原作との違った点が目立ってきたのが印象的だった4話。

除名になった先輩落語家・彦兵衛に「死神」を伝授される場面なんて原作にはなかったので驚き。
と同時に「死神」は菊比古自身で「自分の落語」として見つけるのに意味があったと思うのですが‥。
八雲(菊比古)・助六(初太郎)・与太郎の3人が自らで自分の落語を作り上げるというのが【昭和元禄落語心中】の魅力の1つと思っていので、誰かに伝授されたことには残念。

ですがみよ吉が妾にされるとかなんとかの話は別に原作と違ってもなんとも思いませんでしたー。

「二人で落語の生き残る道を作ろう」

喧嘩別れか?!
と思えるようなシーンですがここで菊比古と助六が誓った約束が、1話で八雲が与太郎と誓った助六と果たせなかった約束の1つになります。

【今ウケる落語をしたい。落語が娯楽であり続けるために落語が変わっていかないといけない】と思う助六と
【変わってしまってはそれは落語ではない。変わらない落語でいなければならない】と思う菊比古。

助六は「変わらない落語も必要だ。それはお前さんの仕事」と、

【お互いそれぞれの落語で落語の生き残る道を作ろう】と約束します。

この関係性が美しすぎます。
対照的な二人がそれぞれ違う方法で1つのものを守ろうとする。
原作を読んだ時も感じたけど、こんな美しい関係性は他にはないと思うんですよね。

菊比古とみよ吉の別れ

みよ吉のいいところでもあるけど、相変わらず愛が重すぎる。
別れ際のセリフや「いっそ人思いに殺してね」など男に依存しすぎのメンヘラ女の典型な気がします。

菊比古はみよ吉には惚れていたわけですが、落語の方が大事と思っていたのも事実なので間違いなく温度差はありますね‥。

菊比古の言う通り『一人でも生きていくしなやかさを身につけた方がいい』と見ていて思います。

でもみよ吉のいいところでもあるのも事実だからなー。
「女として心から好きな人をずっとそばで支えたいの。女にしか出来ないことよ」などのセリフからみよ吉の一途さが伝わるし、
重いのと一途なのって紙一重なのかな‥。

助六が7代目に波紋される

このシーンは悲しすぎます。

助六は「八代目八雲」になることを一心に落語をしてきたのに
「八雲の名は菊にやる」と七代目にはっきり言われます。

口論の最中に言われた言葉なので余計にショックですし、その上波紋にまでにされるなんて助六の気持ちは想像もつかないほどにどん底だと思う。

次週で七代目が助六を八雲にしない理由や、助六の気持ちなどが語られると思いますが
原作読んだ時は両方にいたたまれない気持ちになりました。

助六とみよ吉の絶望がリンク

助六とみよ吉、双方ともどん底で絶望的な状況なわけで、その二人が道でばったり。

二人がくっつくのにも納得の展開です。

みよ吉との相性は菊比古より助六の方がいいとは思うんですけどね。
優しいし、夜道を送ってくれるしwww
でも優しいだけの男よりつれなくてクールな男を好きになるのが女心。
特にみよ吉は綺麗だから色目を使われるのが嫌で優しい男は苦手の様ですし。
運命って残酷‥。

 

まとめ

後半はとにかく苦しい4話でした。
菊比古とみよ吉の別れと、助六の波紋。
どちらも仕方のないことといえば仕方のないことですが、苦しいことこの上ない。

そんな絶望の中の二人が傷を舐め合うのは必然的ですねー。
次回は助六とみよ吉の同棲生活を見ることになると思いますが、わたし的に菊比古×みよ吉より助六×みよ吉の方が好きなので楽しみです。

4話でも岡田将生さんの落語は素晴らしくて聞き入りました。
回を追うごとに上手くなっているような気がする。