ドラマ【昭和元禄落語心中】7話ネタバレあり感想・考察と8話のあらすじ。小夏のお腹の子の父親は?

 

与太郎の真打昇進と小夏の妊娠がメインとなった7話。

6話までの回想と打って変わってメインが菊比古・助六・みよ吉から八代目八雲・与太郎・小夏に変わりました。
6話までとは打って変わっての時代風景と話のテンポに最初は慣れませんでしたけど安定に面白かったです。

 

各話の感想リストはこちら!1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

 

ドラマ【昭和元禄落語心中】とは

NHK総合「ドラマ10」枠にて、2018年10月12日から放送。連続10回(予定)。
原作は雲田はるこの『昭和元禄落語心中』で、全10巻。
アニメ版の第1期は2016年、第2期は2017年に放送された。

Amazon 楽天全巻セット kindle eBookJapan

 

スッタフ・キャスト

原作 – 雲田はるこ『昭和元禄落語心中』
脚本 – 羽原大介
音楽 – 村松崇継
主題歌 – ゆず「マボロシ」
制作統括 – 藤尾隆(テレパック)、小林大児(NHKエンタープライズ)、出水有三(NHK)
演出 – タナダユキ、清弘誠、小林達夫
落語監修 – 柳家喬太郎

キャスト
八代目有楽亭八雲(菊比古) – 岡田将生
有楽亭与太郎 – 竜星涼
小夏 – 成海璃子
みよ吉 – 大政絢
有楽亭助六(初太郎) – 山崎育三郎
七代目有楽亭八雲 – 平田満
松田 – 篠井英介
お栄 – 酒井美紀
円屋萬月 – 川久保拓司
木村屋彦兵衛 – 柳家喬太郎

 

【昭和元禄落語心中】7話あらすじ

助六(山崎育三郎)とみよ吉(大政絢)の事故死から長い歳月が経っていた。
60代に入った八雲(岡田将生)は老いてなおその芸は美しく、落語界で孤高の地位を保っていた。そして八雲の唯一の弟子・与太郎(竜星涼)は二ツ目になり独立。養女である小夏(成海璃子)も八雲の家を出てひとり暮らしをしていた。そして与太郎に真打昇進の話が持ち上がってきた頃、小夏が一同の前で衝撃的な報告をする…。(公式ホームページ引用)

 

【昭和元禄落語心中】7話感想・考察

とりあえず松田さんのカツラいちいち笑う‥!
そして岡田将生の年寄りメイク無理があると思うのはわたしだけ?どこ見ても絶賛されてるけど‥。
元々の肌が綺麗だからシワ増やしたり髪白くしても若く見えちゃうんだよね。演技は上手だと思うし原作ファンの前に岡田将生さんも好きなので批判とかではないです。

あとどうしても気になったこと。
原作通りに行くと時代背景は昭和末期から平成初期頃なのですが、与太郎と小夏の買い物風景シーンだけは現代にしか見えなかった。

以下、全文ネタバレ含みますので7話未視聴の方は注意してください。

与太郎、真打昇進

与太郎が真打に昇進(確定)します。
与太郎は小夏にだけそのことを話しますが小夏はお栄にだけ話してしまい、そこから街中に広がってしまいました。

ということで与太郎は真打昇進を広めてしまったことを八代目八雲に詫びを入れようと坊主頭にします。

与太郎の坊主頭似合う!竜星涼くんの坊主姿初めて見ましたが似合ってますね!
めちゃくちゃ落語家に見えるし見た目的にも演技的にもアンナチュラルの木林南雲と同一人物には見えない。

そして与太郎は真打に昇進したら助六の名前を継がせてほしい、と八雲にお願いします。
絶対怒られると与太郎と視聴者たちは思いましたが八雲は意外にもあっさりと「好きにしな」と。

八雲師匠、幽霊と話す

正直に言います。原作では幽霊が出てくる度に萎えてた。それはドラマでも一緒ですねー。
幽霊が出てくる度に現実味が薄れるんだよ‥。

ドラマでは幽霊さん達の出演はないのかと思ってたのでがっかりしましたー。

小夏の子供の父親

6話まではほぼ原作に忠実なドラマでしたが、7話からドラマならではの演出が多い気がしました。
大元の話は変わってないのですがこれから先ドラマオリジナル展開もありうるかも‥!


もしかしたら小夏の子供の父親問題もドロドロした展開にならないかもしれませんね。
とにかく8話で八雲とヤクザの親分が何を話すのかが気になります。
原作ではこの二人の会話の演出はなかったので楽しみな限りです。

それより
お栄の助言「かなり年上で結構身近にいてまさかとは思う相手」で小夏のお腹の子の父親が松田さんと思う与太ちゃん面白すぎた。

なぜそこで八雲でなく松田さんになるのかwwww
結果ヤクザの親分と明かされますが それって別に身近ではなくないか?!言うなら元身近。

劇中の時代を考察してみる

与太郎と小夏の買い物風景シーンを見て思ったことですが
この物語の時代の動きって難しい気がします。

原作では

「与太郎放浪篇」 昭和50年代頃
「八雲と助六篇」 太平洋戦争前から昭和30年代頃
「助六再び篇」 昭和末期から平成初期

 

このドラマでは

1話 昭和50年代頃。
2話〜6話 太平洋戦争前から昭和30年代頃
7話〜 昭和末期から平成初期

ということになると思います。

 

与太郎は入門から10年で真打昇進することになります。

七代目の墓前での八雲と松田さんの
「七代目の頃とはもう時代が違うんですかねぇ」
「24年になるよ。小夏の二親と同じ年だったからね」
という会話。

ということでなんとなく小夏の年齢がわかりました。

助六が死んだ時の小夏の年齢は4歳〜6歳のように見えます。
与太郎入門から10年で、七代目と助六とみよ吉が亡くなって24年ということは
ドラマ1話での小夏は18歳〜20歳で7話では28歳〜30歳ということになりますね。

「どうしても子供が欲しい」と言うような年齢に思えますし小夏の気持ちには納得。

そして与太郎と小夏って小夏の方が年上でいいのかな?姉さんって呼んでるし。
与太郎は刑務所に入ってたわけだから年下の場合でも1、2歳しか違わないかなと思います。

今後の展開について考察

ドラマは全10回で残り3話です。

原作は全10巻で
「与太郎放浪篇」1巻
「八雲と助六篇」2巻〜5巻半
「助六再び篇」5巻半〜10巻
という配分になってます。

ドラマ7話から原作の「助六再び篇」に渡るので4話で単行本4.5巻分の話を放送するわけですね。
ちなみにドラマ2話〜6話の5話を使って原作「八雲と助六篇」の単行本2.5巻分を放送しています。
配分的に逆な気がしますが話の内容が濃いのは「八雲と助六篇」な気がするので仕方がない。

ちなみにアニメ版だと「与太郎放浪篇」「八雲と助六篇」合わせて12話、「助六再び篇」は12話という感じで放送されています。

どう考えても足りない‥!!!

ということでドラマオリジナル展開とドラマオリジナルラストを期待してます。
7話でもドラマオリジナルの演出が目立ったし十分あり得る気がする。

 

【昭和元禄落語心中】8話のあらすじ

妊娠した小夏(成海璃子)は、父親が誰なのか、頑なに秘密を貫く。与太郎(竜星涼)は、かつて自分が所属したヤクザの組長(中原丈雄)が父親であるらしいことを突き止め、対決することに。
事態を静観していた八雲(岡田将生)は、小夏との関係に悩む与太郎に、ある落語を教える。その一席の落語がやがて、与太郎と小夏の運命を大きく動かしていく…。(公式ホームページ引用)

次週の予告あらすじで気になったのが

小夏との関係に悩む与太郎に、ある落語を教える。その一席の落語がやがて、与太郎と小夏の運命を大きく動かしていく…。

原作では八雲が小夏との関係に悩む与太郎に落語を教えるシーンはなかったですね。
多分『居残り』を教えるんだろうけどどういう経緯で教えるのかが気になるところ。

原作とドラマは別物だと思ってるので違った展開でも気にしないですけど相違点を比べて考察するのは好きです。
違った展開で原作を越す!ってこともあるので原作忠実な人間ではないです。

ということで、7話から原作と違った演出が目立ったのでオリジナルエンドもあり得るんじゃないかな、と思ってます。
次週入れて残り3話。ますます目が離せなくなってきました!