ドラマ【昭和元禄落語心中】8話ネタバレあり感想・考察。9話あらすじ。2話に渡る小夏のお腹の子どもの父親問題。

 

落語心中8話見ました。

まさか小夏のお腹の子どもが誰のか問題をこんなに丁寧に2話も使って描かれるとは。

でも安定に面白かったです。
竜星涼くんの芝浜めちゃくちゃよかった。
 

 

各話の感想リストはこちら!1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話

 

 

ドラマ【昭和元禄落語心中】とは

NHK総合「ドラマ10」枠にて、2018年10月12日から放送。連続10回(予定)。
原作は雲田はるこの『昭和元禄落語心中』で、全10巻。
アニメ版の第1期は2016年、第2期は2017年に放送された。

 

 

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

原作 – 雲田はるこ『昭和元禄落語心中』
脚本 – 羽原大介
音楽 – 村松崇継
主題歌 – ゆず「マボロシ」
制作統括 – 藤尾隆(テレパック)、小林大児(NHKエンタープライズ)、出水有三(NHK)
演出 – タナダユキ、清弘誠、小林達夫
落語監修 – 柳家喬太郎

キャスト
八代目有楽亭八雲(菊比古) – 岡田将生
有楽亭与太郎 – 竜星涼
小夏 – 成海璃子
みよ吉 – 大政絢
有楽亭助六(初太郎) – 山崎育三郎
七代目有楽亭八雲 – 平田満
松田 – 篠井英介
お栄 – 酒井美紀
円屋萬月 – 川久保拓司
木村屋彦兵衛 – 柳家喬太郎

 

 

スポンサードサーチ

【昭和元禄落語心中】8話あらすじ

妊娠した小夏(成海璃子)は、父親が誰なのか、頑なに秘密を貫く。与太郎(竜星涼)は、かつて自分が所属したヤクザの組長(中原丈雄)が父親であるらしいことを突き止め、対決することに。
事態を静観していた八雲(岡田将生)は、小夏との関係に悩む与太郎に、ある落語を教える。その一席の落語がやがて、与太郎と小夏の運命を大きく動かしていく…。(公式ホームページ引用)

 

以下、全文ネタバレを含みますので未見の方はご注意ください。

【昭和元禄落語心中】8話感想・考察

ところで松田さんが出てくる度に頭に目がいくんですけど‥!
ハゲのカツラが違和感ありすぎて。

そして8話は原作との相違点が多かったです。
原作読んでる私からしたら、本格的にドラマオリジナルになってきてワクワク感を持てて見れるので楽しいです。

それでは8話を見て気になった点など書いていこうと思います。

小夏のお腹の子ども(信之助)の父親の件

とりあえず原作での私の予想はこちらをご覧ください。

ドラマでは小夏のお腹の子どもの父親=八雲を全面に出している気がする。
原作読んでるからそう感じるだけなのかもしれないけど伏線だらけに感じてしまいます。

まあ原作での伏線が薄すぎたのかな。
漫画読んでて与太郎がヤクザの親分に啖呵切った場面では八雲が父親だなんて考えもしなかったもん。

八雲と小夏がそれぞれヤクザの親分に頼みごとをしている様に見えるのも、ももうね。確定でしょ。

八雲「親分にはまた返しきれない恩義を作っちまいました」
これは与太郎が啖呵を切ったことに対してとも、受け取れるけど養女を妊娠させた親分の方に返しきれない借りがあるはず。
ということで親分が小夏の子どもの父親でない事の裏付けになる。

「小夏の子どもの父親が親分なのではないか」と小夏の周りの人間が噂していることを利用してそういうことにして欲しいと八雲と小夏がお願いしたんじゃなかいなーと思ってます。
別に肯定しなくても否定しなかったら周りは信じちゃうわけだからね。

八雲が与太郎が教えた落語

八雲(岡田将生)は、小夏との関係に悩む与太郎に、ある落語を教える。

このある落語とは『芝浜』でした。

『居残り』を教えてくれるのかと思ってましたがまさか芝浜とはね。

原作では重要なシーンで与太郎が『助六の芝浜』をやったので
正直「ここで芝浜かよ」と思いましたが小夏の涙と演出の力で文句は全て引っ込んだ。

助六はみよ吉と小夏と過ごした日々があったから居残りができる様になったわけで、そんな簡単に伝授できてできる様になるものなのか?と思ってました。
だけど与太郎の芝浜めちゃくちゃよかった。

竜星涼くん見直しました。

演出の力もあるけど本気で助六と重なって見えたし。
「もうすぐ父親になって小夏と夫婦になる」ということで思うところがあってあの芝浜が出来たんじゃないかな、と思います。

からの小夏の出産。
しかも逆子で母子ともに危ないという大変な出産。

「私はいい。この子を。この子だけを助けて」と言っていたので
「え?小夏の身は大丈夫なの?」とハラハラしましたが母子ともに無事で安心しました。

与太郎の落語

ついに残り2話となりました。
小夏のお腹の子どもの父親の件と与太郎の元ヤクザが世間にバレた件に2話もの時間を費やしてますが、与太郎が噺家として成長したり自分の落語を見つける描写が少なすぎる。

八雲が親分に言った「自分の落語ってえのが見えてきたのかもしれません。弟子ってえのは勝手に育つもんで」というセリフで全て片付けられそうで怖いし
まさか芝浜を教えたことで終わりなのかな。

八雲は真打ちになった与太郎に稽古はつけないと言っていました。芝浜を教わったことで与太郎は『自分の落語を見つけた』ことになったんでしょうか。
だとしたらちょっと納得いかない。与太郎の芝浜よかったからなんとか納得するけどね。

次週では助六とみよ吉の本当の死についてが話のメインになるだろうしおそらく与太郎の落語のことはこれ以上描かれる気がしないので諦めます。

 

 

スポンサードサーチ

【昭和元禄落語心中】9話のあらすじ

与太郎(竜星涼)と小夏(成海璃子)が結婚してから歳月が流れた。与太郎は堂々たる真打、一方で八雲(岡田将生)は70代に入り、至高の芸は健在ながら、人知れずある悩みを抱えることになっていた。
そして、小夏はある疑惑を抱き始める。「父・助六(山崎育三郎)と、母・みよ吉(大政絢)の事故死には、なにかまだ秘密があるのでは…」。(公式ホームページ引用)

次週は助六とみよ吉の本当の死の理由が明らかになりそうですね。

ただ、2人の本当の死の理由は八雲の口から語らないで欲しいです。墓場まで持っていくところがかっこいいと思うので。
語るなら松田さんお願いします。

 

岡田将生さんと石田彰さんの対談が実現!

最後に本編と関係ないけど言わせて!

アニメ好きじゃない人はそんなに興味ないかと思うのですが
岡田将生さんとアニメ版で菊比古を演じた石田彰さんの対談が実現しました!!!!

感動でかなり震えている。
ご存知の方も多いと思いますが岡田将生さんといえば『銀魂』で桂小太郎役だったじゃないですか?
桂もアニメ版では石田彰さんが演じててちょっと運命を感じます。

Amazonプライム・ビデオでアニメ落語心中見れますのでドラマで興味持った方はぜひ!
アニメ版は原作とほとんど一緒なので漫画読むのが大変な人にもオススメですよ。