ドラマ【昭和元禄落語心中】9話ネタバレあり感想・考察。最終回あらすじ。助六とみよ吉の本当の死の理由は?!

 

各話の感想リストはこちら!1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

 

スポンサードサーチ

ドラマ【昭和元禄落語心中】とは

NHK総合「ドラマ10」枠にて、2018年10月12日から放送。連続10回(予定)。
原作は雲田はるこの『昭和元禄落語心中』で、全10巻。
アニメ版の第1期は2016年、第2期は2017年に放送された。

 

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

原作 – 雲田はるこ『昭和元禄落語心中』
脚本 – 羽原大介
音楽 – 村松崇継
主題歌 – ゆず「マボロシ」
制作統括 – 藤尾隆(テレパック)、小林大児(NHKエンタープライズ)、出水有三(NHK)
演出 – タナダユキ、清弘誠、小林達夫
落語監修 – 柳家喬太郎

キャスト
八代目有楽亭八雲(菊比古) – 岡田将生
有楽亭与太郎 – 竜星涼
小夏 – 成海璃子
みよ吉 – 大政絢
有楽亭助六(初太郎) – 山崎育三郎
七代目有楽亭八雲 – 平田満
松田 – 篠井英介
お栄 – 酒井美紀
円屋萬月 – 川久保拓司
木村屋彦兵衛 – 柳家喬太郎

 

スポンサードサーチ

【昭和元禄落語心中】9話のあらすじ

与太郎(竜星涼)と小夏(成海璃子)が結婚してから歳月が流れた。与太郎は堂々たる真打、一方で八雲(岡田将生)は70代に入り、至高の芸は健在ながら、人知れずある悩みを抱えることになっていた。
そして、小夏はある疑惑を抱き始める。「父・助六(山崎育三郎)と、母・みよ吉(大政絢)の事故死には、なにかまだ秘密があるのでは…」。(公式ホームページ引用)

 

スポンサードサーチ

【昭和元禄落語心中】9話感想・考察

最後の回想シーンで泣きました。
ゆずの「マボロシ」の音楽の力も伴ってしんみり来た。

あと小夏ちゃんの白無垢めちゃくちゃ可愛かったです。
成海璃子ちゃんって昔から大人びてたからのもあるんだけど10年前から全然変わってないよね‥。
若い時に老けてる子っていつまでも若いイメージだからあと10年経ってもあんまり変わらない気がする。

次週最終回ですがどのようなラストを迎えるのか楽しみです。

以下ネタバレを含みますので未視聴の方はご注意ください。

萬月さんが探偵と化す

萬月さん、落語会に復帰しただけではなく昭和の落語を記録に残すという仕事を始めたそうで八雲の過去についても調べているようです。
四国の亀屋旅館に助六・菊比古の映像があると突き止めたらしく与太郎と小夏に知らせてくれたりとなかなか仕事ができる。

どうやって調べたのか分からないけどみよ吉の名前まで知っていました。すごい調査力。

助六とみよ吉の死因

助六とみよ吉の死の真相について小夏が感づいてる様子。
松田さんに「松田さんもあの夜あの場所にいたよね?」「最近寄席で三味線を弾くようになって時々思い出すことがあるんだよ。あの人から聞いた話とは違うような」と聞いたり完璧に感づいてます。

それに対する松田さんは「大昔の話です。今は皆さん幸せに暮らしてるんだからそれでいいじゃないですか」という八雲が言っていた事実とは違うということを匂わす爪の甘さ。
ますます小夏は両親の死の真相が気になるじゃないか‥。

原作考察で助六とみよ吉が死んだ本当の理由を書いてるので気になる方はどうぞ→助六とみよ吉の本当の死の理由

八雲、倒れる

過去の七代目の言葉を思い出し、老いていく身体で落語をする恐怖を実感している八雲。
そしてついに9話終盤では寄席での落語が終わってすぐに倒れてしまう。

ここで与太郎が「落語やんなきゃ。お客が待ってる」と八雲の側にいることよりも落語を取る姿は七代目が倒れた時の菊比古と被って‥‥。

与太郎「終わったらすぐ行く。師匠のこと頼む。姉さんしかいねぇ」
小夏「わかった。ここで落語できるのもアンタしかいないよ」
このやり取りも感慨深かった。

原作読んでたのでここで八雲が死ぬことはないと分かってましたが、役者の皆さんの演技とゆずの主題歌のせいで泣きそうになった。
特に岡田将生さんやっぱすごいわ‥。
与太郎が「落語やんなきゃ。」と言った時の表情とか小夏への言葉とか細かい演技が上手すぎる。

松田さんがあまり老けていない件

八雲役の岡田将生の老けメイクは8話から信之助が成長した分、変わっているのに松田さんそんなに変わってなくない?!
役者の年齢などでメイクの必要性は変わってくるだろけど八雲ばかり老け込んでいるように見える。

松田さんも足腰弱ってる風ではあったけど見た目はそんなに変わってないよね。そこらへんちょっと気になりました。
ぶっちゃけ松田さんに関しては原作読んでる時からいつまでも元気で不思議に思ってたのでドラマ批判とかではないですよ!

あとお栄さん(酒井美紀)や寄席のイネ(宍戸美和公)も八雲と同年代やそれ以上にしてはそんなに老けてないですよね。
八雲は人より苦労してるということで老け込みが早いんですかね‥。

原作ファンからの意見

原作読んでいない人はちょっと何言ってるか分からないと思うのでここは飛ばしてもらって大丈夫です。

先週辺りから原作との相違点が目立ってますね。
大元の話は変えられていないのでいいですが、助六とみよ吉の死の真相を八雲の口から話すことはどうしてもやめて欲しい。
最後に八雲が「何にも言わずに死んじまったら怒るかい?」と言っていたのには驚いたし焦った。

あと原作での樋口の役割が全て萬月になってますね。
萬月が関西弁でないなど色々と違ったキャラになってますが、ここら辺は話の本筋に関係ないし脇役なので大丈夫。

ただ『菊比古と七代目八雲の親子会の時に弟子入りした少年が樋口』という設定は凝ってて好きだったな

 

スポンサードサーチ

【昭和元禄落語心中】10話のあらすじ

高座で倒れた八雲(岡田将生)は一命を取り止めた。一方で与太郎(竜星涼)と小夏(成海璃子)は、かつて助六(山崎育三郎)とみよ吉(大政絢)が事故死した夜に、四国で行われた落語会のフィルムを見ることに。そのフィルムを見て、小夏はついに忘れていた真実を思い出す。そしてその頃、八雲はただひとり、懐かしい場所を訪れていた…。(公式ホームページ引用)

ということで次週、最終回ですね。

そのフィルムを見て、小夏はついに忘れていた真実を思い出す。

とあるのでフィルムを見ることで小夏が記憶を取り戻すみたいですね。

ドラマ7話から原作との違いが目立つのでラストも全く違うものになる可能性もあるということですよね。
最終回どうなるのか楽しみです。