ドラマ【SUITS/スーツ】5話感想・考察。大輔と遊星の別れが切なすぎる。

 

スーツ5話見ました!

5話では大輔が悪友の遊星とのエピソードが描かれていて切なかったです。
それにしても遊星役の磯村勇斗くん、『今日から俺の』の相良くんとの違いがすごい‥!

あと、回を追うごとに甲斐先生が好きになっていってます。
1話ではイライラするしムカつくとか言っててごめん。笑

それでは6話の感想と考察など気になった点を書いていきますー。
感想部分はネタバレを含みますので未視聴の方は注意してください。

 

ドラマ【SUITS/スーツ】とは?

『SUITS/スーツ』は2018年10月8日から始まったフジテレビ系列のドラマ。
毎週月曜9時〜9時54分まで。

原作はアメリカの大人気テレビドラマ『SUITS』

U-NEXT アマゾン Hulu FOD

2011年から放送され現在もシリーズ続行中。アメリカではシリーズ8まで放送されている。
ちなみに韓国でもドラマ化されている様子。

織田裕二演じる敏腕弁護士の甲斐正午とHey!Say!JUMP中島裕翔演じる驚異の記憶力を持つ元フリーター中島裕翔がタッグを組んで繰り広げる弁護士ドラマ。

 

スタッフ・キャスト

原作:『SUITS/スーツ』(NBC Universal製作)
脚本:池上純哉
音楽 : 眞鍋昭大
主題歌 – B’z「WOLF」

キャスト
甲斐正午- 織田裕二
鈴木大貴- 中島裕翔
幸村チカ- 鈴木保奈美
聖澤真琴- 新木優子
玉井伽耶子 – 中村アン
谷元砂里- 今田美桜
蟹江貢- 小手伸也
谷元遊星- 磯村勇斗
柳慎次- 國村隼
鈴木結衣- 田島令子

 

【SUITS/スーツ】5話あらすじ

『幸村・上杉法律事務所』で2018年上半期の決算報告会が行われた。甲斐(織田裕二)は、扱った案件数こそ蟹江(小手伸也)に譲ったものの、売り上げはNO.1だった。チカ(鈴木保奈美)は、甲斐と蟹江にある賞品を手渡す。

そんな折、大輔(中島裕翔)の元に悪友の遊星(磯村勇斗)が傷害事件を起こして逮捕されたとの知らせが入る。大輔は、祖母の結衣(田島令子)が転倒して怪我をしたと嘘をつき、遊星の元へと向かおうとした。すると甲斐は、自身が個人で契約している車を使うよう大輔に指示する。
大輔は、運転手の赤城達男(ブラザートム)に事情を打ち明け、警察署へ向かった。ところがその途中、赤城がトラックと追突事故を起こしてしまう。事故の相手は、運送会社の運転手・糸井公一(半海一晃)。大輔は糸井に名刺を差し出し、体調を心配した。しかし糸井はそれには答えず、「甲斐正午はまだここにいるのか?」と返す。赤城は大輔を気遣い、車を拾って警察署に向かうよう告げる。

大輔は、遊星の身柄を引き受ける。遊星は、飲食店で他の客と口論になり暴れたらしい。店側からは壊れた食器の弁償を求められていた。しかし遊星は、マンションや車を失った上、まだ借金も抱えているという。

甲斐は、赤城から、糸井が示談を拒否しているとの報告を受ける。甲斐は、事故現場を離れただけでなく、嘘までついていた大輔を非難すると、この機会に遊星との関係を決着させるよう命じるが……。(公式ホームページ引用)

 

【SUITS/スーツ】5話感想・考察

5話は、甲斐の助手の玉井こと「たま」の出番が多くて目の保養でした(これ言ったらセクハラなんだっけ)。

そして大輔と悪友・遊星がついに完全に縁を切ります。
このシーンはちょっと、切なかった‥。

それでは気になったことなど5話の感想を書いていきます。

甲斐先生の助手のたま役中村アンが可愛すぎる

1話から言ってますが、中村アンちゃん美しすぎる。
そして5話では出番多くて見入っちゃいましたー!

見た目ももちろんですが、たまみたいな助手最高だと思うんですよね。
仕事はできるし、気を使いすぎずかと言って配慮に欠くことがない関係。
空気も読めるし鈴木先生に対しての言葉が毎回ツボでしたw

蟹江先生のように助手とうまくいってない弁護士さんもいる中、こんないい助手のいる甲斐先生は恵まれてますね!
蟹江先生も「2日でいいからたまが欲しい」と思うのもわかる!

ですがたまは甲斐先生が大好きのようで、自殺未遂(のフリ)をしてまで蟹江の助手を拒んでました(笑)

甲斐の専属運転手の赤城さんがいい人な件

甲斐の専属運転手の赤城達男(ブラザートム)がいい人だし、話してると温かい気持ちになれる部類の人だよね。

大輔の友人の遊星のことまで心配して
「誰かが手を差し伸べてくれたらもう一度頑張れると思うんですよね」と。
これは名言。

赤城さんは甲斐に拾ってもらったおかげでこうしていれる、と甲斐に恩義を感じているようです。
それがこういう格言者を生むのかなーと思いましたが元々きちんとした性格の方みたい。
赤城さんは元バンドマンで、仲間が強盗暴行事件を犯した。所属事務所から弁護人を通じて被告を守るための嘘の証言を頼まれます。ですが赤城は甲斐の尋問で真相を全て話した。その結果音楽業界にいられなくなり、甲斐に拾われたということらしいです。

自分の保身がかかっているのに本当のことを話す勇気、素晴らしい。
それにしてもバンドマン時代の所属事務所ひどすぎる。被害者がいることなのに証言を捏造しようとするなんて‥。その要求を飲まなかった赤城さんはほんと偉いよ!
そういう人だからこそ、甲斐先生は赤城さんを雇ったんでしょうね。

鈴木くんの記憶力が役立った件

糸井と赤城さんの事故の件で役に立った鈴木くんの記憶力。
事故当時に糸井の車の後ろにいた車を覚えていたようです。
一瞬で見たものを覚えることのできる驚異の記憶力役に立ちましたね!

正直あんまり役に立ってるイメージなかったので、ここにきての記憶力発揮は「たまには役に立つんだ」と安心しました。

甲斐先生はやっぱり悪い人ではないみたい

今回の相手、糸井は過去に因縁がある相手で甲斐が示談交渉をしたことで会社が潰れたと逆恨みされていた模様。

相手の弱みにつけ込み示談交渉をするのが甲斐の常套手段と言われていることもあり、甲斐が汚い手を使ったのかと思いきや糸井自体にも問題がありました。
2年前出来事、糸井の会社が作ったものは明らかなコピー商品だった。
甲斐は訴訟で負けて賠償金が発生すれば糸井の会社が潰れてしまうと思い、その前に手を打ったとのこと。
つまり甲斐先生は糸井さんに忖度して示談交渉したわけですね!
ですが結局会社は潰れてしまい、糸井は会社が潰れたのは甲斐のせいだと逆恨みをしていたわけです。

一瞬、甲斐先生が汚い手を使ったとか思ってごめん。
やっぱり甲斐先生は信念はきちんとしているし、汚い手を使ったとしてもいい人を貶めたりはしないですよね。

「勝者だけが正義だ」

「正義は必ず勝つ!ですよね」と言う大輔に、甲斐は「それは違う。勝者だけが正義だ」と。

めっちゃかっこいいー!と思ったら漫画ワンピースのセリフだったらしいです。
即座に「甲斐先生ワンピース読んでるんですか?ドフラミンゴのセリフですよね」と言う大輔は流石の記憶力ですね。私もワンピース読んでますがすぐにわかんなかったですw

大輔と遊星との別れ

大輔が遊星とまだ切れていないことに気づいた甲斐は、大輔に遊星と縁を切るように再度指示します。
赤城に言われた「誰かが手を差し伸べてくれたらもう一度頑張れると思うんですよね」という言葉を思い出す大輔ですが、甲斐の「お前を騙して薬の売人をやらせようとしてたやつだぞ」「中途半端な優しさを友情とは言わない。それは甘やかしだ。彼の厚生を本気で望むなら関係を切れ」と言うセリフも頷ける。

大輔は悩んだ末、遊星本人へもう会わないし連絡もしてこないようにと伝えます。

ここは切なすぎました。
直後の大輔の落ち込み具合や自転車を放り投げて物に八つ当たりしたりは、
なんとも言えない心の叫びっていうのかな、胸が痛かった。

 

6話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、チカ(鈴木保奈美)から、日本有数の資産家で、慈善事業にも尽力している内海財団の会長・内海真須美(ジュディ・オング)を紹介される。内海は、轟フィナンシャルが手がけるインドネシアの発電所建設に20億円を投資していた。だが、建設計画が頓挫してしまったため、資金を回収したいのだという。チカは、蟹江(小手伸也)と組んで対処するよう甲斐に指示する。

蟹江は、大輔(中島裕翔)に轟フィナンシャルの資産をあぶり出すよう命じた。そこにやってきた甲斐は、別件が入ったといって大輔を連れ出す。甲斐に相談を持ち掛けてきたのは、リゾート開発会社『アテナリゾート』の藤原一輝(大澄賢也)だった。藤原の娘で大学院生の華名(佐久間由衣)が、社員証を偽造して会社に侵入していたのだという。実は華名は、会社の口座から1億円以上を別口座に移していた。

同じころ、蟹江は、轟フィナンシャルの経理部長・小堺晴彦(春海四方)と弁護士の毛利徹(小松和重)、アソシエイト弁護士の米倉和博(宮田佳典)と会っていた。小堺が香港に口座を作り3000万円の資金を移したことを掴んでいた蟹江は、彼を厳しい口調で責め立てた。すると小堺は急に体調を崩し、そのまま息を引き取ってしまう。

そんな折、大輔は華名に会いに行く。華名は、アテナリゾートが不都合な環境予測データを隠蔽して人口500人ほどの小さな島にホテルを立てたことが許せないらしく……。(公式ホームページ引用)

次週は甲斐先生と蟹江先生が組むみたいです!
甲斐先生と蟹江先生の嫌味の言い合い毎回面白すぎるので、6話楽しみすぎます。
5話で発見したんだけど蟹江役の小手伸也さん、まつ毛長いですね。笑

そして予告を見る限り、大輔の経歴詐称がバレそうなんですが‥!
ハラハラドキドキの6話楽しみ。