ドラマ【SUITS/スーツ】7話感想・考察と8話あらすじ。次回は大輔と砂里がキス?!

 

スーツ各話感想一覧1話 2話 3話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話

 
スーツ7話見ました!

回が進むに連れて甲斐先生のこと好きになっていくなー。
織田裕二さんとか特に好きでも嫌いでもなかったけど、甲斐先生はかっこいい!

初めは違和感しかなかったアメリカ風のセリフ回しも最近はツボだし、かっこよく見える。

大輔の記憶力が役に立たないことなど疑問点も多いですが、そこら辺には目を瞑って見てます。

1番ってわけではないけど、今期ドラマの中では【SUITS/スーツ】ハマってます!

スポンサードサーチ

ドラマ【SUITS/スーツ】とは?

『SUITS/スーツ』は2018年10月8日から始まったフジテレビ系列のドラマ。
毎週月曜9時〜9時54分まで。

原作はアメリカの大人気テレビドラマ『SUITS』

2011年から放送され現在もシリーズ続行中。アメリカではシリーズ8まで放送されている。
ちなみに韓国でもドラマ化されている様子。

織田裕二演じる敏腕弁護士の甲斐正午とHey!Say!JUMP中島裕翔演じる驚異の記憶力を持つ元フリーター中島裕翔がタッグを組んで繰り広げる弁護士ドラマ。

U-NEXT アマゾン Hulu FOD

 

スポンサードサーチ

【SUITS/スーツ】7話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、クライアントの『桜庭リゾート&ホテル』社長・桜庭庸司(髙橋洋)に会いに行く。桜庭は、ここ10年の間に13ものホテルを造り上げており、そのうちの4ヵ所は五つ星の評価を得ることがすでに決まっていた。そんな桜庭のもとに、大手ホテルグループ『KJO』社長のジーン・クライン(クリス・バテン)から合併の提案があったという。『KJO』の代理人弁護士は、大手ファーム『弁護士法人セイント』に移籍した木次谷公一(橋本さとし)だった。

大輔(中島裕翔)は、司法試験を目指しているものの受験恐怖症に悩んでいた真琴(新木優子)に協力を申し出る。大輔と真琴は、さっそく試験対策に取り組み始める。

同じころ『幸村・上杉法律事務所』では新人弁護士の採用面接が行われていた。そこで大輔は、真琴と談笑していた女性・町田日向子(石橋静河)の姿を見つけ驚く。実は大輔は、司法試験で日向子の替え玉受験をしていたのだ。事情を知った甲斐は、本人が替え玉のことを話すわけがないから心配ない、と大輔に告げるが……。
甲斐に命じられて『KJO』グループを調べていた大輔は、グループがタイに所有するホテルで従業員のストライキがあったことを掴む。甲斐は、合併交渉を優位に進めるため、木次谷の息子の替え玉受験をしたことがある大輔をともない、『セイント』を訪れる。そこで大輔は、『セイント』の代表が真琴の父・聖澤敬一郎(竹中直人)であることを知り……。(公式ホームページ引用)

 

スポンサードサーチ

スタッフ・キャスト

原作:『SUITS/スーツ』(NBC Universal製作)
脚本:池上純哉
音楽 : 眞鍋昭大
主題歌 – B’z「WOLF」

キャスト
甲斐正午- 織田裕二
鈴木大貴- 中島裕翔
幸村チカ- 鈴木保奈美
聖澤真琴- 新木優子
玉井伽耶子 – 中村アン
谷元砂里- 今田美桜
蟹江貢- 小手伸也
谷元遊星- 磯村勇斗
柳慎次- 國村隼
鈴木結衣- 田島令子

 

以下、全文ネタバレを含みますので未見の方はご注意ください。

スポンサードサーチ

【SUITS/スーツ】7話の感想・考察

『桜庭リゾート&ホテル』やら『弁護士法人セイント』やらの大人の難しい話より、真琴の親友の町田日向子(石橋静河)がかつて大輔が替え玉受験をした相手だったという修羅場の方が面白かった7話。

『幸村・上杉法律事務所』と『セイント』との因縁。

ずっと『幸村・上杉法律事務所』の『上杉』ってだれ?と思ってましたがやっと作中で明らかにされました。

上杉とは、幸村代表が追放した人物で『セイント』の代表で真琴の父親の聖澤敬一郎(竹中直人)と親友だったらしいです。
連盟で法律事務所を立ち上げるほどなので元々は志が同じだったのでしょうけど、何か揉め事があったみたいですね。

ということで今回のお相手の『セイント』さんとは因縁があるというわけです。

上杉さんを追放した理由などまだ明らかにされていませんが幸村代表は道理の通ってない人ではないですし、何か事情があってのことだとは思います。

大輔と真琴と砂里の三角関係

真琴の司法試験のことで悩んで心配している大輔を見てヤキモチを焼く砂里。

大輔は天然のようなので真琴に対しても砂里に対しても恋愛感情をまだ意識していないように見えます。
しかし砂里は完璧に大輔を好きだし、真琴もツンツンしつつも大輔のこと気になっていそう。

大輔がどちらとくっつくのか気になりますが、作中で明らかにはされそうにはないですね。
大輔の恋愛とかメインテーマではないし。

ただ砂里に自分のおばあちゃんの世話などあれだけ頼んで置いて、あっさり真琴とくっついたら許さないからな。

大輔がかつて替え玉した相手が真琴の親友だった件

真琴の親友の町田日向子(石橋静河)がかつて大輔が替え玉受験をした相手で、しかも日向子は『幸村・上杉法律事務所』の面接を受けにきます。

結果、面接には落ちましたが、あろうことか日向子は真琴に替え玉受験で司法試験の合格したことを話し、真琴に替え玉受験をさせようと大輔に連絡してきます。
なんというピンチ!

大輔はなんとか乗り切ったものの、真琴に日向子の替え玉受験をしたことがバレてしまいます。

ところでなぜ

真琴が怒ってるの?!

 

自分も替え玉受験頼もうとしてたよね?
大輔が黙っていたことについてなら、それは人にベラベラ話せることではないし。

ちょっと理解不能。
自分自身に腹が立った、とか大輔に替え玉を頼もうとしていた自分が情けなかったならまあわかるけど。

ともあれ、このことがバレてしまったことで大輔と真琴の関係に亀裂が生まれそう。

 

スポンサードサーチ

【SUITS/スーツ】8話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、大輔(中島裕翔)、真琴(新木優子)らとともに、大手建設会社『烏丸建設』を相手取った集団訴訟に取り組む。この案件は、烏丸建設が一時期使用していた有害性塗料による健康被害を訴えた、原告団総勢462人の大きな訴訟だ。だが、一審で東京地裁は原告団の請求を棄却していた。

甲斐たちは、さっそく原告団代表の水原美咲(矢田亜希子)、佐藤鈴子(宍戸美和公)たちから話を聞く。そこで、一審を担当した原告団の弁護士が、裁判の直前になって過去のスキャンダルで叩かれ、ついには廃業にまで追い込まれていたことを知る甲斐たち。それには、烏丸建設の顧問弁護士――甲斐の後輩でもあるスタンリー法律事務所の畠中美智瑠(山本未來)が関わっているという噂もあるらしい。甲斐は、美智瑠が代理人となった過去の裁判を徹底的に調べるよう大輔たちに指示した。

一方、大輔とともに甲斐のサポートをしていた健斗(岩井拳士朗)は、膨大な情報を読み込んでいく大輔の姿に圧倒されつつも、真琴に向かってある疑念を口にする。健斗は、以前、大輔が「ダイキ」と呼ばれているのを聞いたことがあるというのだ。
そんな折、甲斐のもとに、突然、美智瑠が現れる。美智瑠は、甲斐たちが作成した原告団情報を含む社外秘の資料を持っていた。何者かから送られてきたのだという。それを受け、チカ(鈴木保奈美)は、蟹江(小手伸也)に情報漏えい者の調査を命じるが……。(公式ホームページ引用)

来週は矢田亜希子さんがゲスト出演するようで!!!!
楽しみです。

健斗(岩井拳士朗)とかいう人も大輔の秘密に感づいてるみたいで、後半に連れて徐々に経歴詐称がバレそうなスリルな展開になってきましたね。

そして予告映像を見る限り大輔と砂里がキス!?!?しかもそれを真琴が目撃!?!?
という修羅場展開が。次週も楽しみです!