ドラマ【SUITS/スーツ】9話ネタバレあり感想・考察。10話あらすじ。大輔と真琴がキス‥!

 

スーツ各話感想一覧1話 2話 3話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

 

スーツ9話見ました。

最終章なだけあって面白かったです。
あと、鈴木保奈美と石田ひかりの対話とか溢れるバブル感‥。

ドラマ【SUITS/スーツ】とは?

『SUITS/スーツ』は2018年10月8日から始まったフジテレビ系列のドラマ。
毎週月曜9時〜9時54分まで。

原作はアメリカの大人気テレビドラマ『SUITS』。

2011年から放送され現在もシリーズ続行中。アメリカではシリーズ8まで放送されている。
ちなみに韓国でもドラマ化されている様子。

織田裕二演じる敏腕弁護士の甲斐正午とHey!Say!JUMP中島裕翔演じる驚異の記憶力を持つ元フリーター中島裕翔がタッグを組んで繰り広げる弁護士ドラマ。

U-NEXT アマゾン Hulu FOD

 

 

スポンサードサーチ

スタッフ・キャスト

原作:『SUITS/スーツ』(NBC Universal製作)
脚本:池上純哉
音楽 : 眞鍋昭大
主題歌 – B’z「WOLF」

キャスト
甲斐正午- 織田裕二
鈴木大貴- 中島裕翔
幸村チカ- 鈴木保奈美
聖澤真琴- 新木優子
玉井伽耶子 – 中村アン
谷元砂里- 今田美桜
蟹江貢- 小手伸也
谷元遊星- 磯村勇斗
柳慎次- 國村隼
鈴木結衣- 田島令子

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ【SUITS/スーツ】9話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』の経営にも参画するシニアパートナーへと昇格する。そのお披露目パーティーの席上で、チカ(鈴木保奈美)は、『YURI綜合会計事務所』所長の華村百合(石田ひかり)と、同事務所のエース会計士・大河原忠(西村まさ彦)を甲斐に紹介する。

百合の事務所は、『幸村・上杉法律事務所』の顧問会計事務所であり、クライアントでもあった。しかも百合は、チカの大親友なのだという。そこで百合は、チカと甲斐に、大河原を解雇したいから助けてほしい、と頼む。
甲斐は、大輔(中島裕翔)を連れてファームに戻ると、百合の事務所の定款と雇用契約書を頭に叩き込めと指示する。実は大河原は、出身大学を偽り、無資格にも関わらず会計士として働いていたのだ。それを知った大輔は、大河原と自分の境遇を重ねてしまい、なかなか仕事に集中できない。

あくる日、甲斐は、大河原を呼び出し、解雇を告げる。百合の事務所は大河原を訴えず、十分な額の退職金も用意するという条件だった。しかし、25年も事務所に尽くしてきた大河原は突然の解雇に納得できない。そのやり取りを聴いていて我慢できなくなった大輔は、これまでの功績を考えればこんな解雇の仕方なんておかしい、一度百合と話し合うべきだ、とつい口をはさんだ。すると大河原は、大輔に同調して百合を批判し、不当解雇で訴えると言い残して席を立ってしまう。(公式ホームページ引用

 

ドラマ【SUITS/スーツ】9話感想・考察

今回は無資格の会計士が解雇されたことで大輔が同じ『無資格』の弁護士として思うことがあり、『YURI綜合会計事務所』の大きな闇に直面するという物語でした。

同じ無資格の会計士に感情移入しちゃってやらなくていいことまで突き止めていく大輔にハラハラしました。
人の立場に立って考えれるのは大輔のいいところだけど、それにしてもリスク負いすぎでしょ。

以下全文ネタバレを含みますので未視聴の方はご注意ください。

大輔が解雇された無資格会計士を救おうとする

大輔は解雇された無資格会計士大河原を救おうとします。
甲斐先生の言うように「クライアントが誰なのか考えるべき」とは思いました。

結局『YURI綜合会計事務所』自体に問題があったので結果オーライでしたが本当に無資格で解雇されただけなら大輔がやったことって問題だらけでしたね。
リゲル法律事務所に入り込んだり資料を盗み見するという犯罪行為まで行ってる‥。

結論から言うと『YURI綜合会計事務所』の所長の華村百合がペーパーカンパニーを作り水増し請求を行っていてそれに気づいた大河原が解雇されたということでした。

しかし百合が悪いことをしていたとしても大河原が無資格の会計士だったのは事実なので仕方ない気はしました。
大輔は彼を救うことで同じ無資格の弁護士である自分を正当化したかったのかなーと思います。

ずっと【SUITS/スーツ】を見てきて大輔のことは応援してましたが今回の話で大輔の無資格問題を改めて考えさせられました。

大輔はいい弁護士先生になったけどやっぱり無資格なのはネックだよね。
彼の境遇やバックグラウンドを知ってるから応援はしてるけど自分が弁護を依頼する際に『無資格』の弁護士に依頼したいかと聞かれると絶対に嫌だし。

真琴が大輔にキス

聖沢さんなかなか積極的で‥!!!!

驚きました。
このキスで大輔が真琴への思いを完全に自覚することになったと思います。

フラれる砂里

私が砂里派なのを抜きにしても大輔‥まじないわ。

砂里をフるのは仕方ないとして、砂里の気持ちを知っておきながらもダブルデートの数合わせに使ったりと最低すぎる。
散々いいように使われてフラれるなんて砂里ちゃんかわいそう。
「妹にしか見れない」と言ってるのも『これからも便利に使いたい』と言う意味に取れる‥!

そして砂里がフラれたことでお兄ちゃんの遊星が行動を起こします。
大輔が無資格弁護士で経歴詐称をしていることをチカに告げ口に‥!

お兄ちゃんの気持ちは分かるけどこれはさすがに過保護すぎるのでは?!
失恋は生きていれば経験するのは仕方ないこと。兄としてできることは見守ることだけだよ‥。

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ【SUITS/スーツ】10話のあらすじ

甲斐(織田裕二)のもとに、最高検次長検事の柳慎次(國村隼)が現れる。柳は、検事時代の甲斐の上司だが、汚職疑惑で週刊誌を賑わせている渦中の人物でもあった。柳は、食事の誘いを断る甲斐に、「もし私が有罪になったら君だって困るだろう?」と告げ……。

チカ(鈴木保奈美)は、遊星(磯村勇斗)からの密告により大輔(中島裕翔)の素性を知る。甲斐を責め、警察に突き出すべきだと主張するチカ。しかし甲斐は、すでに実務をこなしている大輔のことが表沙汰になればファームは終わりだと言い放つ。その際、甲斐は、柳の件をチカに報告した。柳は、10年前に裁判を有利に進めるために証拠隠しをしていたのだという。甲斐が検察を辞めたのもそれが原因だった。チカは、柳の件は責任を持って処理するよう命じると、大輔のことは自分が預かる、と甲斐に告げる。
チカは、蟹江(小手伸也)と大輔を呼び出し、ある案件を任せる。病に倒れ、寝たきりの状態になった与謝野ホールディングス社長から、ふたりの娘に資産を分配してほしいと頼まれたのだという。だが、姉の藤代(町田マリー)と、妹の雛子(本仮屋ユイカ)は犬猿の仲だった。チカは、蟹江に藤代の、大輔に雛子の相談役を任せる。

そんな折、甲斐のもとに、柳のことを調査している最高検監察指導部の澤田仁志(市川海老蔵)がやってくる。澤田は、何も知らないと主張する甲斐に、黙っていると同罪だと思われる、と返すが……。(公式ホームページ引用

 

海老蔵がゲストとか‥!!!!
なかなか豪華ですね。
さすが月9。