ドラマ倫敦ノ山本五十六ネタバレあらすじ感想レビュー!ドンパチシーンがなくとも山本五十六像は崩れない。

 

成瀬
こんにちは。成瀬です!寝ててレビュー遅れました。

「倫敦ノ山本五十六」を見たのでネタバレと感想を書きます!

ネタバレだけ感想だけを読みたい人はそれぞれ目次から飛んでね!

スポンサードサーチ

「倫敦ノ山本五十六」基本情報

2021年12月30日に放送されたNHK総合の特集ドラマ。
昭和9年(1934年)に開催された第二次ロンドン海軍軍縮会議の予備会議で日本国の命運を懸けて米国との軍縮交渉に臨む山本五十六を描いた作品。
太平洋戦争開戦から80年の歳月を経て、NHKの独自取材により開拓された日本海軍内部の極秘文書に基づいて制作された。

公式HP URL
放送日 2021年12月30日

 

スタッフ・キャスト

脚本 – 古川健
音楽 – 上野耕路
語り – 林田理沙
制作統括 – 夜久恭路
企画 – 右田千代

山本五十六 – 香取慎吾
富岡定俊 – 高良健吾
堀悌吉 – 片岡愛之助
松平恒雄 – 國村隼
大角岑生 – 渡辺いっけい
伏見宮博恭王 – 嶋田久作
長谷川清 – 中村育二
岡新 – 市原隼人
山本礼子 – 平岩紙
正木美子 – 景井ひな
加藤隆義 – 伊武雅刀
高橋是清 – 山本學

 

スポンサードサーチ

「倫敦ノ山本五十六」あらすじ

香取慎吾が挑む新境地!海軍軍人・山本五十六の「知られざる真実」を描く実録ドラマ。後に真珠湾攻撃を立案し太平洋戦争を始めた山本は実はその7年前、戦争を回避すべくロンドンでアメリカ・イギリスと対峙(じ)していた。決裂すれば戦争につながりかねない軍縮交渉。山本はぎりぎりの交渉を続けるが軍上層部からは「結論ありき」の交渉を命じられ…。優先するべきは国民の命か国家の誇りか。苦悩の末に山本が下した決断とは!?

(公式HP引用 https://www.nhk.jp/p/ts/18JMJ8GR29/episode/te/6GJR8G2RG8/)

「倫敦ノ山本五十六」ネタバレあらすじ

山本五十六(香取慎吾)は、第二次ロンドン海軍軍縮会議の海軍首席代表に決まった。

ロンドン軍縮条約は、軍部が拡大した第一世界大戦を反省し経済不況を乗り越えるため、イギリスやアメリカが中心となり、軍備縮小と国際協調を目的として作られていた。世界三大海軍国の1つであった日本もこの条約を批准。

戦力比率は、主力艦【英5:米5:日3】(ワシントン条約)補助艦【英10:米10:日7】(第一次ロンドン条約)。

アメリカは日本が太平洋で暴走しないように制限したい。イギリスは植民地経営のために、日本、アメリカ、イギリスの平和を維持したい。さらにそれぞれの事情であまり軍艦に金をかけられない。

海軍ではこの不平等な条約の破棄を求める空気が流れている。
しかし堀悌吉(片岡愛之助)は、1番国力の劣る日本にとって軍縮条約はむしろありがたいことだと言う。

「軍の本来の任務は可能な限り戦争を避けることだ。軍備を整えるのは他国に戦争を仕掛けられないようにしないためであってそのためにいかに戦力を調整するかだけだ」

戦争になれば日本はアメリカに負けるという堀。
数年前にアメリカ留学をしている山本にもそれは分かっている。

「あの国力がもし戦争に注がれたとなったら」

軍縮条約があれば、その戦力が条約の枠内に収めておける。
明らかにこちらに利のあることではないか。

そんな堀に軍縮会議に向かう前の山本は「誇りも平和も両立させればいい。海軍の誇りと軍縮この2つをどちらも守るんだ。上も納得する条件で軍縮を維持すればいい。つまりアメリカとイギリスに譲歩させるんだ」と告げる。

ロンドン軍縮条約がはじまった。
山本は現地で駐英大使の松平恒雄(國村隼)と駐英武官の岡新(市原隼人)と合流。

日英交渉。
山本は軍縮条約における主力艦比率5対5対3を断固拒否。それにかわり三国の海外戦力の最大限総トン数を定めその制限の中でそれぞれが自由に戦力を整備することを提案する。イギリスはもちろん受け入れてくれるはずがなかった。

日米交渉。
平等を主張する日本。しかしアメリカは、日本がアメリカとイギリスと同じ軍備を必要とする理由が分からないと言う。「日本はアメリカを敵国と想定しているのではないか?」と。それに対して山本は「我が国は、常に世界平和に貢献するという意思を持ち続けている」と英語で返す。

さらに「日本は東洋の安全が確保できればそれでいいのでは?」というアメリカ。
「日本の領域は東洋を飛び出し南太平洋まで及んでいる。広く安全を確保する必要があります」

最初の交渉を終え、山本と松平恒雄が話していると岡がやってきた。
岡は山本に海軍の方針を確認する。海軍の意志は自由に戦力を整備すること。軍縮条約の破棄だ。
「くれぐれもお願い致します」まるでお目付役だ。

軍縮会議は最初からアメリカ、イギリス、日本のそれぞれの主張に大きな隔たりがあった。
交渉は回を重ねたが平行線を辿った。

山本は粘り強く交渉を続ける。
日本の新聞でも山本の粘り強さは報道され賑わっていた。

11月7日。日英専門家交渉。
イギリスは妥協点を見つけられず交渉を決裂させると言い出した。
決裂を避けたい山本にイギリス側は柔軟な案の提示を求めてきた。

「それぞれの国がどのくらいの海軍力を増強するのか事前に宣言してはどうでしょう?具体的には日本、アメリカ、イギリスの間での軍備平等を宣言すること。また、三国間で海軍力の毎年の整備計画についても宣言しあうこと。そして他国への比率の強要を禁止することです」

松平恒雄は、イギリスのこの提案は歩み寄りなのではないかという。
アメリカとイギリスの思惑は必ずしも一致していない。
ヨーロッパで情勢での不安を抱えているイギリスは日本と協調したいのかもしれない。
これをうまく利用するしかない。

「イギリスとの交渉をまとめてそこにアメリカを巻き込む」

建艦競争を防ぐためにお互いの建艦計画をオープンにし、建艦競争を無くすのがイギリスの狙い。
しかし計画が曖昧で現実的ではない。

それと質的制限についても提案してきている。
これは日本には受け入れがたい。戦力に劣る日本は兵器の性能と将兵の練度を向上させるしかない。
こんなことを上が認めるわけがない。

山本はイギリスが乗るような試案を考える。
山本はイギリスに歩み寄ろうとしていた・・・。

しばらくして試案を完成させた山本五十六。
松平恒雄も異存はない。
本国に電報を送ろうとするが、岡が意見する。
山本が作った思案には具体的最大限戦力の数字が盛り込まれていた。

「このような試案は提示するべきではないと考えます」

独断で具体的数字まで出すのはマズイ。
しかしこのままでは交渉が決裂する。

「もし、そこに向こうが食いついたら?」
「めでたいことじゃないか。軍縮条約に交渉を継続する」
「今、何とおっしゃいました?」
「軍縮体制を継続する。それはいいことだ」
「それは海軍の方針とは違います!」

海軍の方針は列強と肩を並べられる戦力を作ることだ。
軍縮条約を続けながらでもそれは実現できる、と山本はいう。

「そうは思いません。東洋の一等国の地位を守るためにも日本は軍縮条約のくびきを外すべきなんです」
「平和と誇り それを両立させるための最善だと 俺は信じる」

今この場合だと交渉を続け英米との関係を保つ方が賢い選択だ。
山本は上は正しい選択をしてくれるはずだと主張。

部下が本国に電報を打つ。
しかし海軍は山本の案を却下した。
予備交渉は不調に終わり日本は軍縮条約から脱退

こうして、軍縮の時代は終わり、制限のない軍備拡大の時代を再び迎えた。

帰国すると、アメリカ、イギリス相手に戦力比率の撤廃を勝ち取った山本五十六は国民の英雄となっていた。

一方、山本がロンドンで交渉をしている間に堀悌吉は予備役にされ軍から追われていた。

堀が山本家を訪ねてきた。
山本は堀に平和と誇りを両立できなかったことを謝罪。
しかし山本は軍人としては成功した。

「だがな山本。貴様の世界は海軍だけじゃない。この日本全体が貴様の世界のはずだ。俺は最近こう思うんだ。本当にこの国を思うなら軍人といえども軍という組織にとらわれずもっと広い視野で行動しなきゃいけない。そうじゃないか?今のまま狭い視野でいたらきっと近い将来この国に災いをなす。今はそう思えてならないよ」

山本は海軍をやめようかと思うと堀に相談。
そんな山本に堀は間違っていると諭す。

「この国はいずれ絶対に勝てない戦争に向かって行くだろう。そうなったとき貴様以外の誰が海軍でその流れに抗うんだ」
「流れに抗う」
「貴様はそれができる数少ない海軍軍人だ。やめることは俺が許さん」

戦後。富岡定俊(高良健吾)は、山本との思い出を回想しながら、ロンドン軍縮交渉は、海軍にとっての満州事変で分岐点だったと話す。
富岡は失敗の記録を残すため、軍縮会議の記録を日本に残すべきか、ずっと隠しておくべきか、考える。

「ただこれを放置することはできない」

 

 

スポンサードサーチ

「倫敦ノ山本五十六」感想・レビュー

ドンパチシーンが一切なくても山本五十六のイメージは崩れなかった。

このドラマは、NHKの独自取材により開拓された日本海軍内部の極秘文書に基づいて制作されたらしく、ロンドン海軍軍縮会議がメインのエピソード。

タイトルの「山本五十六」につられてドンパチドラマを期待したら、ムズカシイ話ばかりで肩透かし食らった人多いんじゃないですかね?まぁ、私だけか🙄

しかし重圧で濃厚な1時間でした。
恥ずかしながらそんなに歴史に詳しくないので、理解するのに時間はかかりましたが、勉強になった!

山本五十六といえば、太平洋戦争の真珠湾攻撃が有名で、開戦に反対だったが、開戦を指揮してしまった悲劇の軍神というイメージを持ってる人が多いかと思います。
そんな五十六さんのイメージが全く損なわれないドラマでしたね!

「誇りも平和も両立させればいい。海軍の誇りと軍縮この2つをどちらも守るんだ。上も納得する条件で軍縮を維持すればいい」

この時代にこういうことが言える軍人はどれだけいたんだろうか。
まともなことを言ってた堀悌吉は予備役に回されるし酷い国だったよな。

この堀悌吉さんは、海軍兵学校の同期で1番の成績だったらしく、成績が落ちた五十六をいつも励ましてくれていた親友らしい。

やっぱり優秀な人や渡米経験のある人は、日本が危うい方向に進んでることを分かってたんですよね。
陸軍の栗林忠道中将とかも駐在武官でアメリカにいたので対米開戦にも批判的だったらしいし。(硫黄島の戦いオススメです)

なぜ、上層部はそれが分かんないんだろうか。
戦争のドラマや映画を見てると、軍の上層部に毎回イラつく。

まぁそんな感じで、山本五十六のイメージ通りのドラマでした。
44歳の慎吾クンに山本五十六は早い気がしていたけど、真珠湾攻撃より7年前の話なら納得。
落ち着いた演技で見やすかったです😌

そんでドラマ直後のCMで驚いた。
慎吾クンがやってた大河ドラマの新撰組って17年前なの?
さすがの私もまだ子どもでしたが、そんなに前ってちょっとショック。
しかも当時の慎吾クン27歳だったのか・・・・。

あ、あと、モーリー・ロバートソンがまた出てきてビックリ。
「青天を衝け」「日本沈没-希望のひと-」2021年はドラマに出まくりですな😂

ってことで、「倫敦ノ山本五十六」おもしろかったです。

説明セリフばかりでちょっと難しかったですけど、戦争+会議室の難しいコンボが題材なので仕方ないですね🤔
アルキメデスの大戦」とか好きな人は好きそう。