ハムラアキラ6話ネタバレあらすじ感想・考察!家出少女の末路。岡田(間宮祥太朗)の正体は?7話(最終回)あらすじも!

 

成瀬

『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』6話を見たので感想とレビューを書く。

 

【ハムラアキラ】感想一覧

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話(最終回)

春ドラマ情報はこちら↓

2020年4月期・春ドラマ一覧!出演者情報や期待値など!【半沢直樹/ハケンの品格/アンサングシンデレラなど】

2020.02.20

 

スポンサードサーチ

『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』基本情報

ミステリー作家・若竹七海が20年以上に渡って描いてきた「女探偵・葉村晶シリーズ」 が初のテレビドラマ化。
主演はシシド・カフカ。NHKの「ドラマ10」にて放送される。

スッタフ・キャスト

原作 – 若竹七海
脚本 – 黒沢久子、木田紀生
音楽 – 菊地成孔
演出 – 大橋守、増田靜雄、中村周祐

葉村晶 – シシド・カフカ
岡田正太郎 – 間宮祥太朗
村木義弘 – 池田成志
速見治松 – 津田寛治
柴田要 – 板橋俊谷
野々村- 松尾貴史
柿崎 – 中村靖日
アケミ – 大後寿々花
浅川 – 浦上晟周
富山泰之 – 中村梅雀

 

スポンサードサーチ

『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』6話 あらすじ

女子高生殺害事件は、思わぬ展開へ。家出少女たちの暗い闇とは・・・

滝沢(大鶴義丹)の娘・美和(田中珠里)の行方捜しは進まず、またミチルの友人・綾(小野花梨)が殺された事件との関連も確かめられず、なかなか真相にたどり着けない葉村晶(シシド・カフカ)。そんな中、富山(中村梅雀)らが新たな鍵となりそうな情報をもたらす。カナ(黒崎レイナ)という若い女性が美和や綾とつるんでいたというのだ。カナのことをミチル(井頭愛海)に尋ねるが要領を得ない。そんな時、ミチルの父・義光から「この件が落ち着くまでミチルと一緒にいてほしい」と強引に依頼され、葉村はミチルと探偵事務所での同居生活を開始することになる。そしてミチルの悲しき境遇を知ることになり…。

(公式HP引用 https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/hamuraakira/)

ここからネタバレあらすじ

葉村(シシド・カフカ)は、行方不明の少女・美和(田中珠里)は水地佳奈(黒崎レイナ)という若い女性といると考える。
しかしカナについての有力な情報はなかなか見つからない。

 

佳奈は美和が慕っていた元家政婦・明石佳代の娘であることが分かった。
明石佳代は佳奈の父親と離婚している。
佳奈は父親に引き取られたが、父親の再婚相手とうまくいかず、高校生の頃に家出。
明石佳代は娘を探すために滝沢家の家政婦をやめた。そして去年、亡くなってしまった・・・。

 

葉村は岡田(間宮祥太朗)に佳奈が元いたアパートの管理人への聞き込みに同行して欲しいと頼む。

 

「ねぇ、よろしくね。なんかとてつもなく嫌な予感がするんだよ」
「事実がその予感を超えなかったらいいですが」

 

佳奈は20歳だったが大金を稼いでいた。
おそらくヤバイ仕事だろう。
アケミ(大後寿々花)たちの調査で佳奈は援助交際で稼いでいたことが分かった。
アケミにも家出経験があり、佳奈の気持ちを理解できた。
当時のアケミは街で出会った他の家出少女に援助交際をさせ紹介料をとって生活をしていた。
アケミは富山(中村梅雀)に助けられてなんとか生き延びたが、カナも同じようなことをしているのではないかと考えている。

 

次の日。
佳奈が住んでいたアパートを訪ねた葉村と岡田。
アパートの管理人は岡田が警察だと分かるなりペラペラと話しはじめたw

 

先月の中旬、アパートに佳奈の親戚のおじさんと名乗る人物がやってきて引っ越し手続きを行った。
おじさは佳奈がストーカーに狙われていて、佳奈の友人が佳奈の情報をストーカーに流しているのでこのことは内密にと言っていたらしい。
おじさんは管理人に金を渡し、佳奈の部屋からパソコンと段ボール1箱だけ持って、後のものは処分して欲しいと頼む。

 

そんな中、浅川(浦上晟周)が佳奈の援助交際相手を探してきた。
冴えない若い男だった。
男は佳奈と交際していたと言うがとても信じられない葉村たちw
男は映画館のアルバイト店員だった。
佳奈が援助交際をやめた後も、佳奈と会っていたらしい。
佳奈はフラっと男のバイト先にやってきて、愚痴を言って帰って行っていったと言う。
最近の愚痴は全て美和のことだった。

 

美和は佳奈に毎月10万円の援助をしていた。
美和は佳奈の母親を取ってしまったことに罪悪感を感じていた。
美和の熱い訴えに10万円の援助は受け取ることにした佳奈。
しかし佳奈は母親の葬式代の200万円は返させて欲しいと美和に頼む。

 

美和は親切心のつもりだろう。
しかし佳奈は金を借りている間は美和から自由になれないと悩んでいた。

 

自称・佳奈の元カレの男が言うには、佳奈は200万円を返すためにアヤから紹介された割のいいバイトに出かけてしまったと言う。
それから佳奈には会っていないらしい。
ゲームに参加するだけで3日で200万円を稼げる高収入バイトだ。
明らかに怪しいと男は佳奈を止めたが、佳奈は信頼できる人からの紹介だから大丈夫だと男の反対を押し切ってバイトへ出かけた・・・。

 

結局、佳奈の居場所を掴めなかった葉村は事務所に帰る。
するとミチル(井頭愛海)がある写真を見せてきた。
68会のメンバーとその家族が映るその写真に・・・岡田の姿も映っていた!
68会とは滝沢(大鶴義丹)を中心とした68年生まれの金持ちたちが集まる会。
ミチルの父親もこの会のメンバーだった。

 

事務所下で岡田とすれ違ったミチルは、岡田の顔に見覚えがあると思っていたのだ。
「山辺さんのところの正太郎くんだよね?」

 

岡田が68会のメンバーの家族だったことに驚く葉村・・・・!
写真が撮られたのは美和の家の別荘だと言う。

 

そして、ラスト。
佳奈の死体が・・・・。

 

次週、最終回・・・!

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』6話 感想・レビュー

ただの明るいギャルだと思っていたアケミちゃんに深みを感じた。
たった5分ほどの短いシーンだったけど、アケミの抱えている悲しみと優しさはしっかり感じ取れた。
んで、富山とアケミの出会いのシーンではウルウルきた( ;;)

アケミの件ももちろん。家出少女について考えさせられた話だったな〜(´・ω・`)
月50万のお小遣いをもらっていても家出をする美和。
父親の再婚相手とうまくいかず家出をしてずっと1人で生きている佳奈。

家出する少女たちの闇をみた。
出会い系サイトで援助交際相手を探す女の子たちってまだいるんですね。
原作の「悪いうさぎ」が文藝春秋に掲載されていたのは2001年ごろなのでちょうど盛んな時期だったのかもしれませんね
まあ、原作は未読なので詳しくは分かりませんがw
いずれ読んでみようと思います。

ところで。
先週から思っていたんだけど美和ってなかなか鈍感な子だよね?
金持ちでしかも親があんなのだから人の気持ちが分からないのかな?
家出している割には親からもらったお金で生活するわ親の権力でチャラ男を脅すわ・・・結局は親の力でしか何もできないガキじゃねぇか(΄◉◞౪◟◉`)

彼女なりに家庭環境に悩んでいたんだろうけど、だったら親の力には頼らないほうがいいんじゃないだろうか?
他の家出少女たちは身体を売ってまで日銭を稼いでいる。
親の力で生きている美和がそんな家出少女たちと対等の友だちになれるわけがない。
それが分からないところが残酷だよね。

私は庶民なのでどちらかと言うと佳奈ちゃん側の気持ちの方が理解できた。
お小遣いどころか親の所得が月50万いかない家庭もたくさんあるのにさぁ
親に道徳を教わってないので美和ちゃんが悪いとは言えないのが難しい話だけど・・・。

岡田(間宮祥太朗)の正体は?

間宮祥太朗演じる岡田はドラマのオリジナルキャラクターだそうです。

ってことは、ドラマオリジナルラストになるのだろうか?

個人的にこのドラマで間宮祥太朗のベストを更新したので、いい感じの役のままで終わって欲しいんですけどね(´・ω・`)
あわよくば続編も期待しているw

次回のあらすじを読む限り、ゲーム=68会の狩猟と関係がありそうですね。
ラストでカナが引きずっていかれる感じとかいかにも射殺した後だし。

人間を的にするなんて・・・まじで趣味の悪いゲーム。
そんなゲームに岡田が関わっているなんて思いたくない!!!!!

しかし引っかかるのが、美和がこの件に関わっているなら、なぜ美和の親の大鶴義丹は探偵・葉村に依頼をしたのだろう?
んー。引っかかる。どちらにしても来週に全てが明らかになるので楽しみに視聴します!

 

スポンサードサーチ

ドラマ『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』 7話 最終回 あらすじ

手繰り寄せた真実は想像を絶する“悪意”だった・・・ 葉村がこん身の一撃をはなつ人物とは・・・。
シリーズ最大のクライマックス 葉村の怒りが頂点に!

葉村晶(シシド・カフカ)はミチル(井頭愛海)から手渡された昔の写真から調査中の事件の裏に岡田(間宮祥太朗)が暗躍しているのではないかと疑い始める。そんな折、美和の母・亜寿美(筒井真理子)から至急の電話があり、飛び出した葉村は、突然後ろから襲われ監禁されてしまう。なんとか逃げ延びた葉村だったが亜寿美が自殺したことを知り、ミチルにもつらくあたってしまう。岡田に詰め寄る葉村は、滝沢(大鶴義丹)や野中(羽場裕一)が良からぬ「ゲーム」をしていることを知るが、その詳細は分からないまま。その時、行方知れずになっていたミチルが「ゲーム」に参加するという情報を得て・・・。

(公式HP引用 https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/hamuraakira/)

成瀬

まさかの亜寿美(筒井真理子)が自殺!?
え・・・あらすじだけで衝撃なんだけども。

ともあれ次回、最終回。楽しみです。