ファイトソング2話ネタバレあらすじ感想!期間限定カップル成立!慎吾(菊池風磨)はすでに勝ち目なしで可哀想。3話あらすじ

成瀬
どうもこんにちは。成瀬です!

『ファイトソング』2話を見たのでネタバレと感想を書きます!

ネタバレだけ感想だけを読みたい人はそれぞれ目次から飛んでね!

『ファイトソング』各話感想
1話感想  2話感想  3話感想  4話感想

 

スポンサードサーチ

「ファイトソング」基本情報

2022年1月11日にスタートした岡田惠和脚本のオリジナルドラマ。
夢破れたスポ根ヒロイン、一発屋ミュージシャン、万年片想いの一途な幼馴染不器用な3人のじれったくて切ない、恋と成長の物語を描く。

放送開始日 2022年1月11日
放送枠 TBS系「火曜ドラマ」
公式HP URL

 

スタッフ・キャスト

脚本 – 岡田惠和
プロデューサー – 武田梓、岩崎愛奈
演出 – 岡本伸吾、石井康晴、村尾嘉昭
音楽 – 大間々昂
主題歌 – Perfume「Flow」

木皿花枝 – 清原果耶
芦田春樹 – 間宮祥太朗
夏川慎吾 – 菊池風磨

伊達弓子 – 栗山千明
立石正嗣 – 橋本じゅん
迫智也 – 戸次重幸
磯辺直美 – 稲森いずみ
烏丸薫 – 東啓介
萩原凛 – 藤原さくら
ヒデ – 若林時英
俊哉 – 窪塚愛流
松田穂香 – 莉子

 

スポンサードサーチ

「ファイトソング」2話 あらすじ

「俺と付き合ってくれない…?」
ずっと聴いていた“勝負曲”の作者・芦田(間宮祥太朗)と、運命的な出会いをした花枝(清原果耶)。感動も束の間、花枝は芦田からのあまりに突然の申し出に大混乱!運命の出会いから一転、微妙な空気になってしまう……。

しかし、その話を聞いたあさひ学園の施設長・直美(稲森いずみ)は、「運命の人なんじゃないの?」と興味津々。その言葉を否定しながらも、どこか嬉しそうな花枝。そんな花枝を見て、慎吾(菊池風磨)はモヤモヤするばかりだった。

その頃芦田は、花枝に事情も話さず突然告白したことを猛反省していた。どうにかして花枝に会って謝ろうと考えた芦田は、思い切って再びサンシャインクリーニングに清掃を依頼!しかし、家にやってきたのは慎吾で…?

(公式HP引用 https://www.tbs.co.jp/fight_song_tbs2022/)

「ファイトソング」2話 ネタバレあらすじ

花枝(清原果耶)は、芦田(間宮祥太朗)の歌を聴いて、人生で1番泣いたと、直美(稲森いずみ)や慎吾(菊池風磨)に話す。

花枝を好きな慎吾はモヤモヤ。
またもや芦田から依頼が入って、自分が芦田の家を訪ねる。

芦田は花束を準備して花枝を待っていたが、やってきたのは慎吾。
花枝は何か言っていなかったかと訪ねる芦田に慎吾は「ありがとうございました。あいつ泣かせてくれて」とお礼をいう。

一方、花枝は医師から手術をすすめられる。

「手術までに思い出を作っておくといいんじゃないかな」

もしオペで耳が聞こえなくなってしまったら、出来なくなってしまうことがある。
だから思い出を作っておくべきだと医師はいう。

そんな中、花枝はサンシャインクリーニングに芦田からお問い合わせメールが届いていることに気がつく。
芦田はこないだの件を謝罪。

【せっかく自分たちの曲を大切に聴いてくれた人に。その一曲だけをそれだけでいいなんて、そんな人世界に1人かもしれないのに“つき合ってくれ”だなんて申し訳ありませんでした。ずっと曲が描けなくて苦しんでいました。ずっとダメで、ずっとずっとダメで事務所の人にも期限切られてしまいました。いい曲が描けなかったらこの部屋も出てってくれって。期限は2ヶ月】

花枝のオペの予定日も2ヶ月後。

芦田は、”人の気持ちが分からない、恋でもしてみろ”と事務所に言われたこと。
諦めかけていたこと。
そこに花枝が現れて救われたことを書いていた。

【これって運命なんじゃないかと思って、”つき合おう”なんて言ってしまいました。むちゃくちゃですみません。どうかあなたにとって嫌な思い出にならないようにと祈っています】

「なんなんこれ。なんで芦田さんだと泣くんだろう、私」

花枝は芦田の家に走る。
しかし芦田は作曲に夢中でインターホンに気づかない。
花枝はメモをポストに入れて帰る。

【ちょっと来てみました。お留守のようなので帰ります】

メモを見た芦田は花枝を訪ねる。
花枝は交際をオッケーする。
期限はオペの前日までを指定した。

花枝も恋愛初心者。
リードできないことも伝える。

「一緒に恋につい取り組んでいけるってことですよね?ゼロから」
「あぁ。はい!一緒に取り組みましょう」
「取り組みお願いします」

握手。
花枝は2ヶ月間、ときどきあの歌を聴かせて欲しいと頼む。

「思い出にします」

そして早速デートすることに。
デートのために着替えてくる花枝。
芦田が待っている間に慎吾がやって来た。

ちょうどオシャレした花枝が出て来た見惚れる慎吾。
だけど花枝は「芦田さんと付きあうことになったんだよね」と。
なんとか取り繕うが「なんも言えねぇじゃねぇか」と独り言つ。

デートに向かう途中、花枝は目眩で倒れかける。
が、芦田がキャッチ。

 

 

スポンサードサーチ

「ファイトソング」2話 感想・レビュー

2話でもう両思い。
急展開なのに、花枝と芦田にはもうこの相手しかいないという説得力がある。

両思いと言っても、まだまだ自覚は薄そう。
花枝にとっては大好きな曲の歌い手との思い出作り。
芦田にとっては感性を磨く手段。

期間限定偽造カップルはこの枠のテッパンですね😌

芦田のメールは誠実すぎましたね。
ピュアだし中学生みたい。さすが恋愛初心者!

モネと菅波も中学生みたいな恋愛をしていたし、清原果耶ちゃん的に壁ドンや顎クイ連発のドラマは嫌なんだろな〜。

メタ的なことは置いとてこれはもう両思いでしょう(´・_・`)
こんな運命的な出会い方したら絶対に好きになるって😩

菊池風磨や栗山千明が入る隙間が1ミリも見当たらない。
2人とも何年も側にいただろうに全然進展なかったんだから仕方ない気もするけどね。

けど、慎吾もいいやつなんよなぁ。
ライバルに「いい人そう」「ありがとうございました。あいつ泣かせてくれて」は、いい当て馬キャラ。
花枝の幸せを1番に願ってくれてる感じが伝わってくる。

慎吾にも幸せになって欲しいけど、慎吾も花枝じゃなきゃダメそうなのが切ないっすね
同じ施設で育った仲間ってのはデカい。
花枝のデートを見送るシーンの慎吾、可哀想で泣きそうになった。

雰囲気ちょっと古いですけど、わりと先の読める王道ストーリーですよね〜。
芦田の新曲弾き語りで号泣する2ヶ月後の花枝が見える😭

岡田さんが脚本なので「姉ちゃんの恋人」みたいな鬱展開をぶっ込んでくる可能性も頭に入れておく。
ま、どんな過程でもハートフルなラストにはなるでしょう。

花枝も芦田も好きな感じなので、最後まで応援できそうです〜。
やっぱドラマは設定と主人公が好きになれるかどうかが重要ですね。
今期は変なのばっかりなので再認識🙄

昔の少女漫画好きな人はハマる作風だと思います☆

 

スポンサードサーチ

「ファイトソング」3話 あらすじ

芦田(間宮祥太朗)と期間限定で”恋の取り組み”をすることにした花枝(清原果耶)。目一杯のおしゃれをして人生はじめてのデートにでかけるが行き先は、お世辞にも初デート向きとはいえない敷居の高い高級和食店……!自分たちの恋愛偏差値がかなり低いことを痛感しながらも、花枝はワクワクし心が動くのを感じていた。

鼻歌まじりに帰ってきた花枝は、直美(稲森いずみ)たちに、芦田と“恋の取り組み”を始めたことを報告!しかし慎吾(菊池風磨)は、突然の恋のライバル(?)登場に思わずイライラ……親友の凛(藤原さくら)は、花枝がそんなおかしな”取り組み”をするには何か理由があるのではと気になっていた。

その頃芦田も、マネージャーの弓子(栗山千明)と元バンド仲間の薫(東啓介)に、花枝とのことを打ち明けていた。良い曲を書くためとはいえ、芦田が本当に”恋の取り組み”を初めてしまったことに呆れる弓子。しかし、実は弓子もまた、芦田に抱く密かな想いを自覚して動揺していて…?

そんなまわりのやきもきを知る由もない花枝と芦田は、デートの仕切り直しで中華街デートを決行!いてもたってもいられない慎吾は、こっそりと2人のあとを付けるのだが…。

(公式HP引用 https://www.tbs.co.jp/fight_song_tbs2022/)