モトカレマニア最終回感想とネタバレあらすじ!高良健吾の顔面を拝むためだけのドラマ。びっくりするくら面白くない。

 

成瀬

『モトカレマニア』9話を見たのでネタバレと感想を書く。

(ネタバレだけ感想だけを読みたい人は目次から飛んでね!)

『モトカレマニア』を無料で見る方法!
FODプレミアムの無料トライアル期間なら『モトカレマニア』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません。Amazonアカウントを持っていれば簡単に無料トライアルできちゃいます!

『モトカレマニア』ネタバレ感想一覧!
原作漫画 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話(最終回)
来期ドラマ情報はこちら↓

【2020年冬ドラマ】1月期スタートドラマ一覧!期待値キャストなど。【テセウスの船/絶対零度】

2019.10.30

 

スポンサードサーチ

ドラマ『モトカレマニア』基本情報

フジテレビ系「木曜劇場」にて2019年10月17日から放送スタートした。
連ドラ初主演となる新木優子と、高良健吾のW主演ドラマ。
原作は瀧波ユカリによる少女漫画「モトカレマニア」。
元カレのことが忘れられない女性が元カレとの再会を通して新たな恋を見つけていく物語である。

created by Rinker
¥110 (2020/09/18 19:06:40時点 楽天市場調べ-詳細)

トライアル期間中は無料で見れます! 

スッタフ・キャスト

原作 – 瀧波ユカリ 「モトカレマニア」
脚本 – 坪田文
音楽 – 田渕夏美、中村巴奈重
主題歌 – 超特急「Revival Love」
オープニング曲 – 安田レイ「アシンメトリー」

難波ユリカ – 新木優子
福盛真 – 高良健吾
山下章生 – 浜野謙太
来栖むぎ – 田中みな実
周防ひろ美 – よしこ(ガンバレルーヤ)
大沢将 – 森田甘路
白井忠文 – 関口メンディー(EXILE / GENERATIONS)
増田隆志 – 加藤虎ノ介
新田浩二 – 大地
服部紡 – 大倉空人
近藤康 – 井上翔太
加賀千鶴 – 趣里
安藤一朗 – 小手伸也
丸の内さくら – 山口紗弥加

 

スポンサードサーチ

ドラマ『モトカレマニア』9話(最終回) あらすじ

マコチ(高良健吾)と桃香(矢田亜希子)の関係を疑ってしまったユリカ(新木優子)は、彼に対する気持ちがわからなくなっていた。事情を知った山下(浜野謙太)は、マコチと向き合えないことを悩むのは、向き合おうと思っているからだ、とユリカを励ます。

同じころ、さくら(山口紗弥加)は、元カレの和真(淵上泰史)から、絶対幸せにするから待っていてほしい、と言われる。それに対してさくらは、ひとりで考えたいと返す。さくらは、アパートに帰ることができずに訪ねてきたユリカに、和真のことを打ち明けた。さくらは、家族を捨てるような人は好きじゃないのに、揺れている自分が面倒くさい、とユリカに告げる。

あくる日、桃香の家を訪れたマコチは、自分で染めた草木染めをユリカにプレゼントするサプライズに失敗したことを話す。その話を聞いた桃香は、マコチの恋人がユリカだと気づき、誤解を解くためにチロリアン不動産を訪ねる。

その夜、さくらのマンションに,いきなり白井(関口メンディー)が訪ねてくる。
冷え性のさくらのためにプロテインを差し入れた白井は,さくらの人気シリーズ『がんそば』を読み始める。
それがさくらの実体験だと知った白井は…。

そんな中、ユリカは、桃香と会ったことをマコチに伝える。「全部俺が悪い」と謝り、ふたりで住む部屋の契約に行こうと誘うマコチ。しかしユリカは、一度距離を置きたいと言いだし…。

(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/index.html)

ここからネタバレあらすじ

さくらは、元彼・和馬を呼び出し「ついに終わり巻いた」と『がんそば』の最終回を伝える。
そして「大好き。14歳の時から田端さくらは駒込和馬が大好きでした。」と告白。

 

「全部ここに書いてあります。実際はここまでかっこよくないけどな。」
「だな」
「じゃあな」
ガンソバにピリオドを打ったことで、さくらも和馬にピリオドを打った。

 

過去の自分の幻と話すさくら。
「駒込くん、幸せにしてくれるって言ったのに」
「大丈夫。わたしのことはわたしが幸せにする」

 

クリスマス。さくらはサイン会を開いた。
そんなさくらを待ち伏せしていた白井。
公衆の面前で告白する。
「さくら先生!僕はあなたが大好きです!」
「大声はやめて」と言いつつニコヤカなさくら。
海外のラブコメでよく見る男が女を抱っこして振り回すアレをやる2人。
もうラブラブに見えるが、さくらはまだメンディーのことをそこまで好きではないらしいw
それでも今後いい感じになりそう。

 

山下は、マコチの後押しもあり、会社を辞めて大学の研究室に戻ることを決意。
そして北海道までむぎに会いに行く。
雪の中、むぎに告白する山下。
「会社やめてきた。やり直したことがあるから・・・将来が安泰だなんて言えない。だけど、むぎちゃん。こんな僕でもまたつき合ってくれますか?2人の人生を一緒に考えてくれますか?」
「・・まだ行っていないお店たくさんある。」
「行こう。ぜんぶ行こう。」
こいつらも公衆の面前で抱き合うw

 

そしてユリカとマコチ。
桃香の匂わせの誤解は解けたのだが、2人は未だにギクシャクしていた。
とりあえず距離を置くことになった。

 

クリスマス当日。
ユリカへ山下からむぎとのツーショット写メが送られてくる。
山下はユリカのおかげで勇気がもてたと言う。
山下の言葉で居ても立っても居られないいられなくなったユリカは、今までのマコチとの思い出を回想しながら走り出す!

 

ユリカはクリスマスにツリーを見ようとマコチと約束していた。
でも・・・マコチはいない・・・。
マコチに電話するが出ない。

 

「ワタシっていつもこう」

 

しょんぼりするユリカの前に、ツリーを持ったマコチがやってきた。
マコチはユリカが遅いのでツリーのイルミネーションが消えるかもしれないと心配して、ミニツリーを買いに行っていたのだ。
マコチのズレた行動にため息を吐くユリカ。

 

「ここにいてよ・・・ズレてるよ・・・もう・・・好き」

 

マコチのズレ具合にうんざりするけど、ユリカはマコチを好きなことをやめられない。

 

「わたしやっぱりマニアなんだ!アイドルマニアだったり鉄道マニアだったり自分の好きなもの夢中になれるものに全力で熱中して人に迷惑をかけなかったらそれは個人の自由。人生を豊かにする幸せなの。わたし、マコチマニアはやめられない!マコチ・・・好き・・・!」

 

イルミネーションをバックにキスする2人。

 

「恋はめんどくさいし、ジタバタするのはバカみたいって思ってたけど、なんか今、わたし泣きそう」
「俺も。今泣きそう。もしユリカが俺のことを嫌いになりそうな時がきたとしても俺、何度でもユリカに恋してもらうから」

 

もう1回キス2人。
めでたしめでたし。

 

スポンサードサーチ

ドラマ『モトカレマニア』9話(最終回)感想・レビュー

最終回を終えてひとこと。

おもしろさは3話がピーク。
高良健吾の顔面を拝むためだけに見ていた(΄◉◞౪◟◉`)

3話までは脳内ユリカや脳内マコチがわちゃわちゃする姿を楽しんで見ていた。
それが4話からユリカのウジウジタイムを見せられるだけのドラマへとチェンジし、クッソおもしろくなくなったw
主演の2人の顔が好きじゃなかったら視聴やめてたわ。

もうちょっと面白くなるかと思ってたんだけどな・・・色々と残念。

当て馬の翔くんも矢田亜希子も意味わかんなかったし、この際もうちょっと強いライバルキャラを出した方がよかったんじゃないのかな?
ついでに山下を好きだった女(趣里ちゃん)も中途半端だった。
このドラマの敵キャラはザコばっかだったな😂

文句ばかり言いましたが、最終回としてはいい感じだったと思います。
ユリカはマコチと素直に向き合ってヨリを戻したし、さくら先生は前に進めたし即あたらしい恋をはじめれたし、山下とむぎもヨリを戻せたし。

高良健吾がクリスマスにツリーの下でずっと待ってて、イルミネーションが消えそうだったからツリーを買ってきてくれていたら・・・そりゃあ「好き」ってなるよな😂
高良健吾レベルになると少々ズレていても全て許せる。

 

スポンサードサーチ

満足度&個人的な評価

最終回を終えた「モトカレマニア」の個人的評価と満足度を書いておく。
あくまで一個人の意見として読んでね!

満足度 100満点中 50点

4話くらいからずーっとユリカのウジウジタイムを見せられてキツかった。

主演が新木優子と高良健吾じゃなかったら5話で切ってたわ😩
ほんとに2人の顔面を拝むためだけに見てた。

さくら先生や山下とむぎたち、脇役たちの恋愛もあんまり興味が持てなかった。
申し訳ないけど全体的に安っぽいラブストーリーだな・・・という印象。

木曜日はまさかの深夜ドラマのチートの方がおもしろかったw

そんな感じで、キャスト陣のビジュアル以外に見どころのないドラマだった。