モトカレマニア5話ネタバレ感想!全くおもしろくなくて唖然。田中みな実が役に乗り移る!6話あらすじも!

 

成瀬
『モトカレマニア』5話を見たので感想を書く。

ネタバレだけ感想だけを読みたい人は目次から飛んでね☆

『モトカレマニア』を無料で見る方法!
FODプレミアムの無料トライアル期間なら『モトカレマニア』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません。Amazonアカウントを持っていれば簡単に無料トライアルできちゃいます!

『モトカレマニア』ネタバレ感想一覧!
原作漫画 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話

 

スポンサードサーチ

ドラマ『モトカレマニア』基本情報

フジテレビ系「木曜劇場」にて2019年10月17日から放送スタートした。
連ドラ初主演となる新木優子と、高良健吾のW主演ドラマ。
原作は瀧波ユカリによる少女漫画「モトカレマニア」。
元カレのことが忘れられない女性が元カレとの再会を通して新たな恋を見つけていく物語である。

created by Rinker
¥110 (2019/12/06 08:46:39時点 楽天市場調べ-詳細)

トライアル期間中は無料で見れます! 

スッタフ・キャスト

原作 – 瀧波ユカリ 「モトカレマニア」
脚本 – 坪田文
音楽 – 田渕夏美、中村巴奈重
主題歌 – 超特急「Revival Love」
オープニング曲 – 安田レイ「アシンメトリー」

難波ユリカ – 新木優子
福盛真 – 高良健吾
山下章生 – 浜野謙太
来栖むぎ – 田中みな実
周防ひろ美 – よしこ(ガンバレルーヤ)
大沢将 – 森田甘路
白井忠文 – 関口メンディー(EXILE / GENERATIONS)
増田隆志 – 加藤虎ノ介
新田浩二 – 大地
服部紡 – 大倉空人
近藤康 – 井上翔太
加賀千鶴 – 趣里
安藤一朗 – 小手伸也
丸の内さくら – 山口紗弥加

スポンサードサーチ

ドラマ『モトカレマニア』5話あらすじ

マコチ(高良健吾)は、ユリカ(新木優子)のもとへ謝りに行ったものの、追い返されてしまう。失意のマコチ(高良健吾)を救ったのは山下(浜野謙太)だった。さくら(山口紗弥加)との同居を解消したばかりだったマコチは、山下のマンションに身を寄せた。

一方、ユリカは、失恋の傷を癒すために温泉旅行に出かける。スケジュールの都合がつかなかったひろ美(よしこ)の代わりにユリカが誘ったのは、さくらだった。

ユリカたちが訪れたのは、草木染めや陶芸などレクリエーションが豊富で、傷ついた女性が現世を忘れるのにぴったりの“自分探しの宿”だ。そこでユリカは、むぎ(田中みな実)と偶然再会する。だが、ユリカが山下の知り合いだと知ったむぎは、話すことすら拒否する。

大浴場で再びむぎと一緒になったユリカは、山下とは脱MKM同盟の同志だと自己紹介し、彼がいまでもむぎに思いを寄せていることを伝えようとした。するとむぎは、自身がパーソナリティーを務めるラジオの公開収録の現場にやってきた山下が、見せつけるように千鶴(趣里)とキスしていたことを話す。「せっかく忘れようとしていたのに……」。その言葉を聞いたユリカは、むぎもモトカレマニアだと指摘する。

同じころ、自分を責めて落ち込むマコチを見かねた山下は、いまからユリカのいる温泉に行こうと言い出すが……。
(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/index.html)

ここからネタバレあらすじ

ユリカから送られてきた写メに、元カノのむぎちゃんが写っているのを見つけた山下は、マコチを連れて温泉に行くことをやめる。
マコチもその写真にユリカとさくらが写っているのを見て、「怖い!いつの間に繋がって!なんで?」と驚く。

 

ユリカはむぎに山下と向き合うように詰め寄る。
むぎは迷惑そう。

 

そんな中、ユリカたちは人気草木染め作家の蓮沼桃香(矢田亜希子)と出会う。
なぜか草木染めを体験するユリカたち。
桃香はユリカに「その時した行動がきっとその時の正解」とアドバイスしてくれる。

 

一方、山下はマコチの後押しで千鶴(趣里)と決着をつけることに。
気持ちは嬉しかったが、千鶴に恋はしていないとハッキリ告げた山下。
その後、山下はむぎに連絡する。
しかし既読無視される。

 

むぎに山下から連絡があったことを知ったユリカは返信するように勧める。
しかし返信したくない。
なぜか卓球で勝負して決めることになった。

 

ユリカが勝ったら返信する。
むぎが勝ったら返信しない。
いざ、勝負!
白熱のデットヒートを繰り広げる2人。
むぎは負けを認める。

 

そしてマコチは「ユリカが何を思っているのか知りたい。俺の気持ちも知ってほしい」と宣言。
「自分勝手かもしれないけど話せる時に話せないときっと後悔する」

 

旅行終了。
むぎちゃんは山下と会う。
さくらには元カレから連絡が。元カレは離婚するらしい。

 

決意をしたマコチはユリカを訪ねる。
しかしユリカは男連れ。
かけるくんというチャラ男と一緒にいたw

 

スポンサードサーチ

『モトカレマニア』5話 感想・レビュー

先週から全くおもしろくなくて唖然。

脳内ユリカも脳内マコチももう出てこないのかなぁ・・・。

なぜわたしは失恋温泉旅行を見せられているのか?
矢田亜希子は17年ぶりに木曜劇場ラブストーリー出演がこんな意味のない役でよかったのか?
謎だらけの5話だったw

謎だらけの卓球シーンだが田中みな実が役に乗り移る!

「どれだけ仕事で誤解されてても誰も私のこと分かってくれなくてても彼だけは彼だけは私の気持ちを分かってくれてると思ってたのに!」

“仕事で誤解されても誰も私のこと分かってくれなくても”
いや・・・これ、田中みな実本人が役に乗り移っている・・・。
これはみな実ちゃんが言うからこそ感情移入できる。

このグタグダの5話の中で唯一心動かされた。

田中みな実さんはルパンの娘でもいきなり女の恋心を語り出した女泥棒役を演じてましたね。
確かルパンの娘も5話だったはず🤔

でもまあ「ダイアの指輪を渡せばなんとかなるって思われた」ってところは被害妄想だとは思いましたけどね。
むぎちゃんは自分の気持ちを分かってくれて自分の思った通りに動いてくれる山下のことが好きだったのかな?

最後は無事に再会したようなのでよかったけど・・・ってことは趣里ちゃんの出番はこれで終わり?
えっ、小物(΄◉◞౪◟◉`)
もっとかき回して欲しかったw

成瀬
話が面白くなさすぎて、高良健吾の顔面を拝む以外にこのドラマの楽しみがない。

来週から脳内ユリカとマコチの復活を望む!!!

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ『モトカレマニア』6話 あらすじ

マコチ(高良健吾)は、ユリカ(新木優子)と向き合って話し合おうと決意し、彼女のアパートを訪れる。だが、そこに戻ってきたユリカは、源翔(柿澤勇人)という男性と一緒だった。翔は、ユリカがマコチと別れた後に付き合った元カレのひとり。ユリカが大切な人だと気づいた、といって突然連絡をしてきた翔は、自分がマコチを忘れさせてやる、とユリカに宣言する。

マコチは、山下(浜野謙太)に翔のことを報告した。どうしてもユリカのことが気になり、SNSを何度もチェックしていたマコチは、このままではモトカノマニアになってしまう、とこぼす。すると山下は、『好き』を全力で追いかけられる人しかマニアにはなれない、とマコチに告げる。

一方、さくら(山口紗弥加)は、元カレの和真(淵上泰史)から、多分離婚することになる、という連絡をもらう。さくらは、どう返信すべきか考えた後、『大丈夫?』とメッセージを送るが……。

チロリアン不動産の大沢(森田甘路)と白井(関口メンディー)は、ユリカとマコチの会話から、ふたりの間に何かあったことを察する。するとそこに、突然、翔がやってくる。マンションを探していた翔は、マコチを担当に指名し……。

(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/index.html)