二月の勝者-絶対合格の教室-2話ネタバレあらすじ感想!親ガチャで当たり引いたら中学受験するべき!3話あらすじ

成瀬
こんにちは。成瀬です!

『二月の勝者-絶対合格の教室-』2話を見たのでネタバレとレビューを書きます😌

ネタバレだけ感想だけ読みたい人は目次から飛んでね!

『二月の勝者-絶対合格の教室-』各話感想
1話感想 2話感想 3話感想 4話感想 5話感想 6話感想 7話感想 8話感想

 

スポンサードサーチ

【二月の勝者-絶対合格の教室-】基本情報

『週刊ビッグコミックスピリッツ』にて連載中の『二月の勝者-絶対合格の教室-』を柳楽優弥主演でドラマ化。
2020年7月より放送予定だったが、新型コロナウイルスの影響で放送開始時期が変更となり、2021年10月期から放送開始された。

放送開始日 2021年10月16日
放送枠 日本テレビ系列「土曜ドラマ」
公式サイト https://www.ntv.co.jp/2gatsu/
見逃し配信 Hulu/ティーバー

トライアル期間中なら完全無料!
 

スタッフ・キャスト

原作 – 高瀬志帆 『二月の勝者-絶対合格の教室-』
脚本 – 成瀬活雄
音楽 – 小西康陽
演出 – 鈴木勇馬
主題歌 – DISH//「沈丁花」
テーマソング – NEWS「未来へ」

黒木蔵人 – 柳楽優弥
佐倉麻衣 – 井上真央
灰谷純 – 加藤シゲアキ
橘勇作 – 池田鉄洋
桂歌子 – 瀧内公美
木村大志 – 今井隆文
森あおい – 寺川里奈
朽木伸明 – 今里真
梅原拓 – 亀岡孝洋
平松創 – 内藤聖羽
桐谷尚也 – 小熊樹
栗田頼子 – 三木美加子
白柳徳道 – 岸部一徳

 

スポンサードサーチ

【二月の勝者-絶対合格の教室-】2話 あらすじ

新学期が始まったばかりの桜花ゼミナール吉祥寺校。校長・黒木蔵人(柳楽優弥)の過激な言動に圧倒されながらも、新任塾講師として働き始めた佐倉麻衣(井上真央)だったが、担任を任されたRクラスの新学期のテストは散々な結果…。中でも、授業中いつもボーっと窓外を眺めている加藤匠(山城琉飛)の答案は白紙の0点だった。

休み時間に、Ωクラス担任・橘勇作(池田鉄洋)とAクラス担任・桂歌子(瀧内公美)の元には各クラスの生徒たちが質問に殺到する中、佐倉の元には一人も来ず…。どうにかRクラスのやる気を出させようと意気込む佐倉だったが、黒木から「Rクラスはお客さんですから、一生懸命にならないでください」と言われ言葉を失う。模試の答案と成績表を「顧客の評定リスト」と呼ぶ黒木は、「Rは不良債権だらけ」と厳しい発言をする。

その後、佐倉は匠の母・加藤涼香(堀内敬子)との面談で、「匠が中学受験に向いてないのでは」と相談を受ける。そんな匠にやる気を出して欲しい一心で、佐倉は授業後にマンツーマン指導を行い、匠の苦手部分の克服を試みる。しかし、なんとその翌日に匠は塾を休んでしまい、涼香からは「匠が塾を辞めたがっている」と聞かされる…。

マンツーマン指導の時に、匠がなぜいつも窓の外を見ているのかに気付いた佐倉。その理由を聞いた黒木は、匠の両親との面談に向けて、ある中学校の資料や匠のこれまでの成績を用意させるように講師たちに命じると、佐倉の自転車を借りてどこかへ行ってしまい…。

(公式HP引用 https://www.ntv.co.jp/2gatsu/)

ここからネタバレあらすじ

加藤匠(山城琉飛)が、いつもボーッと窓の外を眺めている理由は、電車が好きだから。
窓から電車が見えるので、電車を眺めていたのだ。

 

黒木蔵人(柳楽優弥)は、佐倉麻衣(井上真央)からその理由を聞くと、万全の準備をして匠とその両親との面談に挑む。

 

面談当日。
塾を辞めたいという両親。
匠は「自分の時間が欲しい」「マイチューブで動画を見たい」と勉強よりやりたいことがあると話す。

 

そんな匠に黒木は動画を見せる。
鉄道オタクの間で有名な電車が走っている動画だ。

 

「これ作ったの中学生なんですよ」

 

それは、海堂中学という鉄道研究部がアップした動画だった。
海堂中は全国鉄道ジオラマコンテンストの優勝常連校。

 

興味を示す匠。
黒木は鉄研のある中学のパンフレットを匠に見せる。

 

「こんなにあるんだ・・・この学校東海道線で通えるじゃん。こっちは小田急線。やばすぎだろ」

 

みるみるやる気を出す匠。

 

「お母さん、お父さん。こういう鉄研がある中学校に行きたい」
「いかがですか?改めて興味がもった学校を見学してみてそれからどうするか匠さんとお考えになってみては」

 

だが、父親は偏差値を気にする。
匠の偏差値は40台。
海堂中も他の学校も偏差値60台だ。

 

「とてもじゃないけど、こんな学校は匠には無理です。匠の気持ちを考えてくださったのには感謝しますが、先生のいうことが現実的だとは思いません」

 

黒木は匠の成績表を開く。
匠の成績は地理分野に絞ると偏差値は70に達している。

 

「鉄道好きのお子さんは地理に強いんです。そもそもこれだけ記憶力があれば他の科目でも飛躍的な成績の伸びが期待できますよ」

 

算数でも鉄道に関係する旅人算や速さの問題は取れている。
それから私立中学の受験では小学校の内申点は影響しない。
学校での成績は関係なし。

 

「つまり匠さんが受験に向いていないというのは、皆さんの不安が作り出した幻想。単なる誤解にすぎません」

 

そして黒木はお母さんもフォロー。

 

「お母さんは匠さんに受験を無理強いさせていると苦しんでいらっしゃいますが、それらは全て匠さんの将来を考えてのこと。それに、苦労されているのはお母様も同じです」

 

お弁当作りにプリントの印刷。夜遅くまで匠の塾の帰りを心配。

 

「塾通いを始めてからの四年生からも二年間。本当に大変だったと思います。これまでもお母さんの大変さを思ってもここで諦めるのは勿体無いと思いませんか?」

 

匠の両親が帰った後、黒木は佐倉に言う。

 

「あなたは私に”出来ない子どもの気持ちが分からないのか”とお尋ねになりましたよね。
この際、お伝えしときますが、私は誰1人として出来ない子だと思ったことはありません。
繰り返しお伝えしますが、私は必ず桜花の全員を合格させます」

 

そして、黒木は佐倉も他の講師たちと同じだと言う。

 

「子どもを切り捨てるのは出来ないと言いながら、本心は無理だと思ってる。違いますか?
・・・しかし、あなたも数字や文字を解読する能力があったんですね」

 

こうして、匠は塾を続けることになった。

 

仕事終わりの黒木の後を灰谷純(加藤シゲアキ)が着けていた。
灰谷は黒木に「後始末くらい自分でつけてください」と告げる。

 

黒木が転職してからルトワックでは父兄の間で黒い噂が広まっているのだと言う。
「私は突き止めます。あなたが一体なにをしようとしているのか」

 

夜の街に繰り出す黒木。
キャバクラ店から大森紗良(住田萌乃)が出てきた。
黒木は紗良に紙袋を渡す。
そして店内に入っていくーーー。

 

 

スポンサードサーチ

【二月の勝者-絶対合格の教室-】2話 感想・レビュー

非常に分かりやすくていい。
けど、張り合いもないw

1話から言ってますが、親のモンペ度が低いのでノンストレスで見れる。
小学生から子どもを塾に通わせるような親だからちゃんとした人が多いんでしょう。
小学生の親にしては歳いってるし・・・😂

だけど、チョロすぎて黒木がスゴイのか周りがバカなのか分かんないや(΄◉◞౪◟◉`)

ああいう子をやる気にさせたいなら「通学で好きな電車に乗れるよ」っていうのは、誰でも思いつきそうな気がするけどね🤔
どうして親は思いつかなかったんだろ。

確かに黒木蔵人にはカリスマ性を感じるけど、親も他の塾講師もバカに見える😂

それにしても中学受験っていいことしかないね😌
高校受験の心配もせずに、鉄研に打ち込めるなんてサイコーじゃん。
匠くんみたいな子は絶対中学受験するべき!

まあ、経済力があればの話ですけど・・・🙄
家が貧乏な子や片親の子はいろいろ難しそうですね。
これも親ガチャってやつか。

そんなこんなで、【二月の勝者-絶対合格の教室-】2話もおもしろかったです。
ストーリーが分かりやすいので洗濯物畳みながらでも見れてよいw

 

スポンサードサーチ

【二月の勝者-絶対合格の教室-】3話 あらすじ

ある日、桜花ゼミナール吉祥寺校に、講師の木村(今井隆文)が慌てた様子で出勤して来る。なんと、Ωクラスの前田花恋(田中絆菜)がルトワックへ入っていく姿を目撃したという…。桜花が誇る金の卵の転塾の危機に講師たちが焦る中、校長の黒木蔵人(柳楽優弥)は「放っておきましょう」の一言だけ。以前、自分が他の生徒に行ったマンツーマン指導を妬んでいた花恋の様子を思い出した佐倉麻衣(井上真央)は、自分のせいで花恋が転塾を考えたのではないかと責任を感じる。

一方、ルトワックを見学する花恋は、講師の灰谷純(加藤シゲアキ)から成績トップのSクラスへの編入を約束され、体験授業を申し込む。その後、桜花に来なくなってしまった花恋を心配する佐倉の元に、花恋の母・前田麗子(高岡早紀)が面談に訪れる。医師の麗子は忙しい日々を送りながらも塾の面談や弁当作りまでこなし、花恋の受験を支える完璧な母親。麗子によると、花恋は勉強ができるあまり、学校では教師や同級生たちとうまくいっていないという…。

転塾に関しては花恋の判断を尊重したいという麗子、そして、花恋のような競争心がある子はルトワックの方が向いているのかもと考える桂。そんな大人たちの考えをよそに、体験授業に参加した花恋はルトワックの授業スピードやハイレベルな生徒たちに圧倒され、夜遅くまで勉強するほど自分を追い込んでしまう。

そんなある日、偶然花恋を見かけた佐倉は、花恋の脚に付けられた傷痕に気付く。佐倉から花恋の様子を聞いた黒木は「そろそろなのかもしれない」と意味深な言葉を呟く。その夕方、疲れ切った様子で一人吉祥寺の街を歩く花恋に、怪しい人影が近付いていく…。

(公式HP引用 https://www.ntv.co.jp/2gatsu/)