原作未読で映画【累 -かさね-】を見てきた感想と考察レビュー。ネタバレあらすじ有り。土屋太鳳、芳根京子の演技に圧巻。

 

フジテレビの宣伝効果にやられて映画累-かさね-見てきました。

土屋太鳳ちゃん芳根京子ちゃんどちらも好きなので震えた。
こんな土屋太鳳初めて見た。太鳳ちゃんってこんな演技上手だったんですね。

この記事はネタバレを含みますのでご注意ください。

 

 

スポンサードサーチ

映画 累 -かさね-とは

2018年9月7日に公開された人気漫画累 -かさねが原作の実写版映画。
W主演の土屋太鳳、芳根京子がそれぞれ主人公の累とニナの二役を演じることで話題に。

 

 

 

スポンサードサーチ

スタッフ・キャスト

監督 – 佐藤祐市
脚本 – 黒岩勉
音楽 – 菅野祐悟
主題歌 – Aimer「Black Bird」
製作 – 石原隆、市川南、吉羽治

淵累 – 芳根京子
丹沢ニナ – 土屋太鳳
烏合零太 – 横山裕(関ジャニ∞)
淵峰世 – 筒井真理子
丹沢紡美 – 生田智子
富士原佳雄 – 村井國夫
淵透世 – 檀れい
羽生田釿互 – 浅野忠信

 

スポンサードサーチ

主題歌

また9月5日にリリースされたAimerのニューシングル『Black Bird』が主題歌として起用されたことも話題に。

スポンサードサーチ

多少ネタバレ有りあらすじ

容姿にコンプレックスがあるが天才的な演技力を持つ累と、演技は下手だが誰もが羨む美貌を持つ丹沢ニナ。

淵累は今は亡き伝説的の女優である母、淵透世の形見である口紅の力で、キスをした相手と12時間顔を交換する力を持つ。
ある日累は、母の13回忌で出会った羽生田釿互のすすめで誰もが羨むような美貌を持つ女優、丹沢ニナ主演の舞台を観に行く。
しかし丹沢ニナの演技はとてもうまいとは言えない出来栄えだった。
そこで羽生田は「ニナは演技のスランプに陥っていて、代役を探している」と伝説的な女優の娘である累にニナの代役をやってみないかと持ちかける。

累の容姿を見たニナは「この子が私の代役?」と累の容姿を罵る。
怒った累は母の形見の口紅を使って「教えてあげる、劣等感てやつを」とニナとキスをし、ニナの顔を奪った。
そしてその場で見たばかりの舞台の演技を披露する。

そこから累とニナの契約は始まった。
ニナは若き天才演出家の烏合零太の舞台オーディションへ出るために累を代役に頼みます。
口紅の力で顔を入れ替え、ニナの顔になった累は【丹沢ニナ】としてオーディションへ向かう。
累の演技力で無事にオーディションに合格した【丹沢ニナ】。
オーディションに受かる為、稽古の為にと、二人は切磋琢磨し「契約」は上手くいっているように見えたが、ニナ、累共に烏合零太を好意を持ったことをキッカケに関係は一変していく。

 

 

スポンサードサーチ

※以下全文ネタバレを含みますご注意ください

 

映画累-かさね-を見た感想

主演二人の演技に圧巻。

キスをすれば顔が入れ替わる、ということで土屋太鳳と芳根京子、共に1人2役を演じている訳だけど二人共役になりきれていて素晴らしかった。
醜い容姿のせいか皮肉で暗い累と、美しい容姿で高飛車なニナ。この2役を演じ分けるのはなかなか難しいと思います。

特にニナは感情の起伏が激しくこの役を演じること自体難しい気がしますが、土屋太鳳が登場したシーンやばかったね。
「めっちゃ性格悪そうな女出てきたやん」ってなったもん。
初めて土屋太鳳を知った作品が映画『orange-オレンジ-』だったので、違いに驚き。
正統派ヒロイン系の演技しかできないと思いきやきちんと性悪女を演じきれていて初めて太鳳ちゃんを演技派女優だと思いました。
ただ中身が累のシーンではただの土屋太鳳感があったけどね。笑
それでもこの映画で土屋太鳳の評価はかなり上がりました。

からの芳根京子ちゃん素晴らしすぎ。
累の根暗演技からの中身がニナになった瞬間に感動を覚えた。
土屋太鳳が演じていた【ニナ】が芳根京子の中に入った感覚。
累の時の体当たりの芝居も女優魂を感じるし若手ナンバー1の演技力なんじゃないかと思う。
『心が叫びたがってるんだ』や今期ドラマで出演中の『高嶺の花』とも全然違った芳根京子で見るたび違う女優さんだなー、と思いました。

 

 

ここまで演技評価ばかりですが、映画の内容について。

物語の設定は面白かったですが、登場人物の感情の移り変わりについてはイマイチ分かりませんでした。
特にニナには感情移入が全く出来ませんでした。

特に終盤でのニナの「私は中身まで醜くない」発言には驚き。
ニナの中身は充分醜いと思いますが。
登場シーンで累の顔を笑い、暴言を吐いたり、横山裕演じる演出家烏合零太の取り合いシーンでも累を馬鹿にする発言を散々していましたよね。
「私は中身まで醜くない」発言は自分の人生を累に取られることが嫌で発した言葉なのでしょうが、そもそもはニナが累に代役を頼んだはずですしつくづく甘い考えが女だと思いました。

 

終わり方について

曖昧な終わり方でしたが私は満足。
ああいう曖昧な終わり方の映画嫌いじゃないです。

 

さいごに

まあこの映画は主演二人の演技力が一番の見どころだと思います。
あと土屋太鳳のダンスね。めっちゃうまくてビックリした。
チアダンの番宣で土屋太鳳のダンスがうまいと知ったけど、本当にかなりうまかった。
調べたらシーアさんのMVに出演した際にも太鳳ちゃんのダンスの上手さが話題になったとか。

 

映画累-かさね-土屋太鳳、芳根京子が好きなら絶対に見るべき映画です!