恋する母たち2話ネタバレあらすじ感想レビュー!セレブ妻・仲里依紗を応援!底なし沼の不倫にハマらないで!3話あらすじも!

 

成瀬
こんにちは。成瀬です。

『恋する母たち』2話を見たのでネタバレと感想を書きます。

ネタバレだけ感想だけを読みたい人はそれぞれ目次から飛んでね!

『恋する母たち』感想一覧
1話 2話 3話 4話 5話 6話

 

スポンサードサーチ

ドラマ『恋する母たち』基本情報

柴門ふみ原作の同名漫画をドラマ化。
私立のエリート男子校に通う息子を持つ45歳前後の母親たちの人妻としての不倫が女性目線で描かれる。
2020年10月23日からTBS系「金曜ドラマ」にて放送開始。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

原作 – 柴門ふみ 『恋する母たち』
脚本 – 大石静
音楽 – 出羽良彰、兼松衆
演出 – 福田亮介、吉田健
主題歌 – 松任谷由実「知らないどうし」

石渡杏 – 木村佳乃
林優子 – 吉田羊
蒲原まり – 仲里依紗
斉木巧 – 小泉孝太郎
赤坂剛 – 磯村勇斗
山下のり子 – 森田望智
斉木由香 – 瀧内公美
林大介 – 奥平大兼
蒲原繁秋 – 宮世琉弥
石渡研 – 藤原大祐
八木尚人 – カズマ・スパーキン
石渡慎吾 – 渋川清彦
蒲原繁樹 – 玉置玲央
林シゲオ – 矢作兼
石渡綾子 – 夏樹陽子
今昔亭丸太郎 – 阿部サダヲ

 

スポンサードサーチ

ドラマ『恋する母たち』2話 あらすじ

ある日、石渡杏(木村佳乃)は11年ぶりに斉木巧(小泉孝太郎)と再会した。巧は8年前に妻と正式に離婚し、今は週刊誌の編集部で働いていた。
杏は巧から、与論島で夫の慎吾(渋川清彦)らしき人物に会ったと聞かされ驚く。慎吾は「港洋一」と名乗って観光ガイドをしていて、駆け落ち相手である斉木の妻・由香(瀧内公美)とはすでに別れていた。さらに、驚くべき事実を聞かされ杏は茫然とする。
その頃、林優子(吉田羊)は部下の赤坂剛(磯村勇斗)と停電中のエレベーターに閉じ込められていた。夫のシゲオ(矢作兼)を心配させまいと電話をしたり、「息苦しくない?酸欠じゃない?」などと動揺する優子に、赤坂は普段の沈着冷静な上司とは違う一面を見てこれまでにない感情を抱く。
一方、今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)とのドライブから帰宅した蒲原まり(仲里依紗)は、丸太郎の突然のキスを思い出すと全身から力が抜けてしまうようだった。そんなまりの心を読んだかのように、丸太郎から連絡が入り・・・。
斉木と別れ帰宅した杏は、息子の研(藤原大祐)に「お父さんが見つかったようだ」と伝えるが、研は「最初から父親はいないと思っている。お母さんが会いたいなら邪魔はしない」と部屋にこもってしまう。
そして、義母の綾子(夏樹陽子)にも知らせると、「本当に慎吾か確かめて来てほしい」と頼まれるのだった…。
翌日、杏とまりは、優子の声掛けでファミレスに集まることになった。優子の息子・大介(奥平大兼)が、数学の試験問題の予想をしたので、研とまりの息子・繁秋(宮世琉弥)に渡して欲しいと託されたのだ。息子たちの話をしながら、やがてワインで酔いが回ってきた3人は、与論島にいるらしい杏の夫の話題になる。

(公式HP引用 http://www.tbs.co.jp/koihaha_tbs/)

ここからネタバレあらすじ

石渡杏(木村佳乃)は、11年ぶりに斉木巧(小泉孝太郎)と再会。
斉木は、与論島で杏の旦那の慎吾(渋川清彦)らしき人物と会ったという。

 

慎吾は記憶喪失だった。
斉木が島の人に訊ねたところ、慎吾は斉木の妻・由香(瀧内公美)と駆け落ちして与論島にやってきた。
しかししばらくして慎吾は崖から落ちて記憶をなくし、由香は島から出て行った。
島に残された慎吾は、人当たりの良さで仕事をして島の人からの信頼は厚い。
今は島民の女性と暮らしている。

 

斉木の妻・由香は別の男性と再婚したらしい。
8年前に再婚したいから籍を抜いてくれと妻から連絡があったという。
斉木は離婚を機に仕事を辞め、しばらく世界を旅して回った。
そのルポを書かないかと言われたことがキッカケで今は週刊誌の編集部で働いている。

 

その頃、林優子(吉田羊)は大規模の停電により、部下の赤坂剛(磯村勇斗)とエレベーターに閉じ込められていた。
救助が来て、なんとか脱出できた林と赤坂だったが、タクシーは3時間待ち・・・。
「さっき言いかけた私の欠点って何?」
「林さんの1番の欠点は結婚してるってことです。一杯、飲みますか?」
とりあえず一杯と店を探す赤坂だが、ホテルを指差して「あそこに入りましょうか?」と。
ナメられている!と感じた優子は1人で三時間待ってタクシーで帰ることにした。

 

一方、今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)とのドライブから帰宅した蒲原まり(仲里依紗)は、キスを思い出すたびにドキドキ。
恋のはじまりかもしれない!
まりはママ友の杏に電話で相談。
「それは恋じゃなくて性欲じゃないからしら?」

 

次の日。
優子は息子・大介(奥平大兼)から、数学の試験問題の予想を、杏の息子・研(藤原大祐)とまりの息子・繁秋(宮世琉弥)に渡して欲しいと頼まれる。
早速、3人で集まることにした杏と優子とまり。
試験問題の予想を渡した後は、杏の旦那の話題で盛り上がる。
なんと・・・与論島に行く杏に優子が同行すると言い出した!

 

その頃、週刊誌の編集部で働く斉木の元に、落語家の今昔亭丸太郎が不倫をしているというタレコミが入る。
タレコミしたのはまりの旦那・繁樹(玉置玲央)の不倫相手・山下のり子(森田望智)だが、もちろん匿名。
斉木は匿名のタレコミは記事にしないと断る。

 

丸太郎の不倫相手の息子が杏の息子と同じ高校に通っていることを知った斉木は、杏に連絡。
杏、斉木、まりの3人で会うことになった。
まりは杏が週刊誌に情報を売ったと思って不機嫌になる。
しかし杏は心からまりを心配していた。

 

斉木はまりに丸太郎とのキス写真を見せる。
半日張り込みしただけで簡単に撮れた。もっと警戒するべきだと報告。
そしてこれを記事にするつもりはないと写真のデータを消去した。
「どうしてそこまでしてくれるんですか?私のためじゃないですよね?大事なスクープ諦めてでも杏ちゃんの友達守りたかったてでもいうの?」
「そうです」

 

そんな2人を気に入らないまり。
「私の恋を肴にして2人で盛り上がってるだけじゃない!」
そしてまりは怒って帰ってしまった。

 

まりは急いで丸太郎に連絡。
週刊誌に写真を撮られたこと、写真は消してもらったけど、他の記者にも追われる可能性があると相談する。
記事が出ると子供たちを傷つける。
まりは丸太郎に別れを告げるが・・・丸太郎は「バレないように気をつけて会おう!」と諦めない。

 

そして杏は与論島に出かける。
与論島が地元だという優子の旦那のシゲオ(矢作兼)とその息子も一緒だ。
シゲオたちと別れた杏は、観光案内をしている慎吾と再会。
「石渡杏さんですか?」

 

スポンサードサーチ

ドラマ『恋する母たち』2話 感想・レビュー

こっち系のドラマには苦手意識があったんだけど、結構おもしろい!
演技がうまい人ばかりだから安心して見れるね!

仲里依紗さんのうまさが絶妙。
ただのビッ●ではなく、心の隙間がうまく表現されてて不倫に走っちゃうまりの気持ちが理解できる(共感はできないけど)
世間知らずのセレブ妻ってのもかわいいし・・・応援したくなっちゃうな😢

だけどまだ、サダヲがいいヤツなのかどうかが分かんないんだよなぁ😩
この落語家は離婚歴があるんだよね?
旦那に大事にされていないまりはお姫様扱いしてくれるサダヲに惹かれてるんだろうけど・・・この落語家はいろんな人にこういうアプローチしてる気がする😂
そもそも相手が既婚者だと知ってて誘ってくる男はロクなやつじゃないよ。

それは磯村勇斗もそうだな🤔
バリキャリ吉田羊とイケメン部下磯村勇斗のカップルとかドラマ的には最高だけども!
現実的に考えると底なし沼だよ・・・😭😭😭
しかも優子の旦那の矢作はフツーにいい人じゃん。
旦那に不倫されてるまりと違って同情できない!!!

だけど優子は「不倫なんてみんなする」とか言っていたんだよね。
もしかして矢作も不倫してんのかな?

木村佳乃さんの杏は普通に応援できる。
夫の記憶喪失で何かドラマがありそうだけど、記憶失ってるなりに新しい相手がいるみたいだし・・・夫のことは忘れて孝太郎と幸せになりな😌

成瀬
って感じで、思った以上に楽しんで見てれてます\(^o^)/
次週も楽しみ!★

 

スポンサードサーチ

ドラマ『恋する母たち』3話 あらすじ

与論島で11年ぶりに夫・慎吾(渋川清彦)と再会した杏(木村佳乃)。雰囲気は変わっているが懐かしい夫の声に、杏は幸せだった頃を思い出し思わず涙があふれる。杏を東京からの観光客と思い込んでいる慎吾は、名所の百合ヶ浜などを案内した後、「断崖から夕陽を見たい」という杏のリクエストで、自分が転落して記憶を失くした場所へと連れていく。
その頃、優子(吉田羊)は新商品の販売イベントで、赤坂(磯村勇斗)と京都の会場にいた。招待客も集まりイベントを開始しようとした矢先、停電のアクシデント。電機系統のトラブルらしいが、修理を待っている時間はない。常務の柳(小松和重)に嫌みを言われながら、イベントの中止を決断する優子に赤坂は…。さらにその夜、想定外の出来事が優子と赤坂を待っていた。
一方、まり(仲里依紗)のスマホに音声ファイルが添付されたメールが届く。開くと、夫・繁樹(玉置玲央)と不倫相手・のり子(森田望智)の衝撃的な会話だった。相変わらずチラつくのり子の存在に、まりは丸太郎(阿部サダヲ)へ相談を持ちかける。そして、不倫相手と直接会うことを決意。
観光を終えホテルに戻った杏は、与論島の実家にいる優子の夫・シゲオ(矢作兼)から夕飯に誘われるが、「今夜は一人で考えたい」と断る。11年前、自分と息子を捨てて女と駆け落ちした慎吾は、どんな思いでこの島で暮らしていたのか…。やるせない思いの中、杏は迷いながらも斉木巧(小泉孝太郎)に電話をかける。

(公式HP引用 http://www.tbs.co.jp/koihaha_tbs/)