恋する母たち1話ネタバレあらすじ感想レビュー!仲里依紗の旦那がカスすぎてイライラ😡2話あらすじも!

 

成瀬
こんにちは。成瀬です。

『恋する母たち』1話を見たのでネタバレと感想を書きます。

ネタバレだけ感想だけを読みたい人はそれぞれ目次から飛んでね!

『恋する母たち』感想一覧
1話 2話 3話 4話 5話 6話

 

スポンサードサーチ

ドラマ『恋する母たち』基本情報

柴門ふみ原作の同名漫画をドラマ化。
私立のエリート男子校に通う息子を持つ45歳前後の母親たちの人妻としての不倫が女性目線で描かれる。
2020年10月23日からTBS系「金曜ドラマ」にて放送開始。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

原作 – 柴門ふみ 『恋する母たち』
脚本 – 大石静
音楽 – 出羽良彰、兼松衆
演出 – 福田亮介、吉田健
主題歌 – 松任谷由実「知らないどうし」

石渡杏 – 木村佳乃
林優子 – 吉田羊
蒲原まり – 仲里依紗
斉木巧 – 小泉孝太郎
赤坂剛 – 磯村勇斗
山下のり子 – 森田望智
斉木由香 – 瀧内公美
林大介 – 奥平大兼
蒲原繁秋 – 宮世琉弥
石渡研 – 藤原大祐
八木尚人 – カズマ・スパーキン
石渡慎吾 – 渋川清彦
蒲原繁樹 – 玉置玲央
林シゲオ – 矢作兼
石渡綾子 – 夏樹陽子
今昔亭丸太郎 – 阿部サダヲ

 

スポンサードサーチ

ドラマ『恋する母たち』1話あらすじ

石渡杏(木村佳乃)は、女手一つで育てた息子が中高一貫の名門校・麻蔵学園高校に合格し、保護者説明会に出席。同じ教室には、子どもを中学から麻蔵学園に通わせている林優子(吉田羊)と蒲原まり(仲里依紗)の姿もある。杏は親しくなったまりから「母親たちは、意外とみんな不倫しているのよ」と聞いて、驚く。
杏たち3人の母親には、人に言えない悩みや心の傷があった。杏の夫・慎吾(渋川清彦)は11年前に人妻と失踪。杏はそのことを相手の女の夫・斉木巧(小泉孝太郎)から聞かされた。キャリアウーマンの優子は、売れない小説家の夫・シゲオ(矢作兼)と引きこもりの息子・大介(奥平大兼)を養っていて、家庭よりも職場を自分の居場所と感じている母親だ。セレブ主婦のまりの悩みは、弁護士の夫・繁樹(玉置玲央)の不倫。そのまりが、チャリティー・パーティーで出会った落語家の今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)から猛アプローチを受ける。
ある日、再び斉木が杏を訪ねてきた。そして思いもよらない事実を告げられる…。

(公式HP引用 http://www.tbs.co.jp/koihaha_tbs/)

ここからネタバレあらすじ

石渡杏(木村佳乃)の夫・慎吾(渋川清彦)は、11年前に会社の金を横領し不倫していた人妻と失踪。
杏はそのことを不倫相手の旦那・斉木巧(小泉孝太郎)から聞かされる。
共通の傷を持つ杏と斉木はその日、ラブホで一夜限りの関係を持つ。
そして現在。
杏は斉木から「旦那さんが見つかりました」と連絡を受ける。
斉木の元妻は他の男性と再婚ていて、夫・慎吾は別の女性と与論島で女暮らしているという・・・。

 

林優子(吉田羊)は女性初の役員を目指すキャリアウーマン。
息子(奥平大兼)の世話は旦那のシゲオ(矢作兼)に任せっきりで、息子は不登校。
会社の部下・赤坂剛(磯村勇斗)の修羅場を目撃。
その直後、赤坂剛と乗り合わせたエレベーターが故障!閉じ込められてしまった。

 

蒲原まり(仲里依紗)の旦那・樹(玉置玲央)は、エリート弁護士だが不倫をしている。
タワマンに住んで贅沢三昧するまりだが、旦那はモラハラ気味で、不倫相手の女に会いにこられたり満たされない日々を送っていた。
息子(宮世琉弥)は反抗期で将来はラッパーになると言い出したw
ある日、友達に誘われたパーティーで日本を代表する落語家・今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)と出会い、猛アプローチを受ける。
初めは相手にしていなかったまりだが、1度だけならとドライブに行くことにした。
別れ際、まりは丸太郎とキスしてしまう。

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ『恋する母たち』1話 感想・レビュー

バディ物が続いたこの枠でまさかの不倫ドラマ(΄◉◞౪◟◉`)
漂う昭和感!!!

ぶっちゃけ柴門ふみ原作ドラマはあんまり好きじゃないんだけど・・・吉田羊さん出てるから見ないわけにはいかない😌(←ただの吉田羊さんファン)
でも今回の羊さんはバリキャリかぁ🙄
私は「ビリギャル」とか「凪のお暇」みたいな羊さんが好きなんだよなぁ。
磯村勇斗くん相手に可愛くなることを期待しときます😳

ところで、仲里依紗さんは何歳の設定なの!?
とても高校生の子どもがいるようには見えないのだけど!?
でも20歳で産んだとしたら36歳か・・・あり得なくはないね🤔(実際の仲里依紗は31歳だけど)
あと、旦那役の玉置玲央さんにも高校生の子どもがいるようには見えない🙄

無理のある年齢設定は置いといて、このドラマの仲里依紗さんには幸せになってほしいと思ってる。
あの旦那がカスすぎる。
小さな子どもに「自分より下の98パーセント人間を見下ろして過ごすんだ、ハイクラスの人間として」
子どもの成績が悪いと「お前のDNAのせい」
録音してモラハラで訴えてほしいwww
通ってる高校でも道徳的なことは学べそうにないし・・・子どもがグレるのも無理ないわ。

でもエリート弁護士だから訴えて勝つのも難しいんだろうな。
これはもう日本を代表する落語家阿部サダヲに頑張ってもらうしかない😂
まりには不倫せずに正当な方法で幸せになって欲しかったけどね・・・🙄

木村佳乃さん演じる杏も可哀想だった。
旦那が不倫してただけではなく会社の金を横領して失踪って・・・ひどすぎる😢
てか、この状況で恋愛したとしても誰も責めないよ!もはや不倫じゃないし!
とっとと離婚して小泉孝太郎と結婚しろ!永遠に幸せに暮らせ!!!!

そんな感じで『恋する母たち』1話。
あんまり好きじゃないとか言いつつ、けっこう楽しく見れました\(^o^)/

成瀬
メインの3人は全員好きだし、4話あたりまではちゃんと見ます😌

 

スポンサードサーチ

ドラマ『恋する母たち』2話 あらすじ

ある日、石渡杏(木村佳乃)は11年ぶりに斉木巧(小泉孝太郎)と再会した。巧は8年前に妻と正式に離婚し、今は週刊誌の編集部で働いていた。
杏は巧から、与論島で夫の慎吾(渋川清彦)らしき人物に会ったと聞かされ驚く。慎吾は「港洋一」と名乗って観光ガイドをしていて、駆け落ち相手である斉木の妻・由香(瀧内公美)とはすでに別れていた。さらに、驚くべき事実を聞かされ杏は茫然とする。
その頃、林優子(吉田羊)は部下の赤坂剛(磯村勇斗)と停電中のエレベーターに閉じ込められていた。夫のシゲオ(矢作兼)を心配させまいと電話をしたり、「息苦しくない?酸欠じゃない?」などと動揺する優子に、赤坂は普段の沈着冷静な上司とは違う一面を見てこれまでにない感情を抱く。
一方、今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)とのドライブから帰宅した蒲原まり(仲里依紗)は、丸太郎の突然のキスを思い出すと全身から力が抜けてしまうようだった。そんなまりの心を読んだかのように、丸太郎から連絡が入り・・・。
斉木と別れ帰宅した杏は、息子の研(藤原大祐)に「お父さんが見つかったようだ」と伝えるが、研は「最初から父親はいないと思っている。お母さんが会いたいなら邪魔はしない」と部屋にこもってしまう。
そして、義母の綾子(夏樹陽子)にも知らせると、「本当に慎吾か確かめて来てほしい」と頼まれるのだった…。
翌日、杏とまりは、優子の声掛けでファミレスに集まることになった。優子の息子・大介(奥平大兼)が、数学の試験問題の予想をしたので、研とまりの息子・繁秋(宮世琉弥)に渡して欲しいと託されたのだ。息子たちの話をしながら、やがてワインで酔いが回ってきた3人は、与論島にいるらしい杏の夫の話題になる。

(公式HP引用 http://www.tbs.co.jp/koihaha_tbs/)