日曜劇場「危険なビーナス」1話ネタバレあらすじ感想レビュー!登場人物と家系図覚えるだけで大変w2話あらすじも!

 

成瀬
こんにちは。成瀬です。
更新遅れましたが「危険なビーナス」1話を見たのでネタバレと感想を書きます\(^o^)/

ネタバレだけ感想だけ読みたい人は目次から飛んでね!

「危険なビーナス」感想一覧
1話 2話

 

スポンサードサーチ

日曜劇場「危険なビーナス」基本情報

東野圭吾による同名小説を妻夫木聡、吉高由里子主演でドラマ化。
2020年10月11日からTBS系「日曜劇場」枠で放送。
正義感が強く、美女に弱い獣医が異父弟の失踪をきっかけに妻を名乗る女性に翻弄されながらも、名家の遺産を巡る謎に挑んでいくさまを描く。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

原作 – 東野圭吾 『危険なビーナス』
脚本 – 黒岩勉
音楽 – 菅野祐悟
主題歌 – back number「エメラルド」
演出 – 佐藤祐市、河野圭太

手島伯朗 – 妻夫木聡
矢神楓 – 吉高由里子
矢神勇磨 – ディーン・フジオカ
矢神明人 – 染谷将太
蔭山元美 – 中村アン
支倉百合華 – 堀田真由
君津光 – 結木滉星
永峰杏梨 - 福田麻貴
手島一清 – R-指定
矢神佐代 – 麻生祐未
兼岩順子 – 坂井真紀
支倉祥子 – 安蘭けい
支倉隆司 – 田口浩正
矢神牧雄 – 池内万作
矢神康之介 – 栗田芳宏
矢神康治 – 栗原英雄
矢神禎子 – 斉藤由貴
矢神波恵 – 戸田恵子
兼岩憲三 - 小日向文世

「危険なビーナス」登場人物

手島伯朗(てしま はくろう) – 妻夫木聡
池田動物病院で院長代理を務める独身の獣医。

矢神楓(やがみ かえで) – 吉高由里子
異父弟である明人の妻と名乗る謎の美女。

矢神勇磨(やがみ ゆうま) – ディーン・フジオカ
矢神家の養子で都内に複数のダイニングレストランを経営している若手実業家。

矢神明人(やがみ あきと) – 染谷将太
伯朗の母と再婚相手の間にできた異父弟。

蔭山元美(かげやま もとみ) – 中村アン
池田動物病院で伯朗の助手を務める動物看護師。

支倉百合華(はせくら ゆりか) – 堀田真由
隆司と祥子の娘。

君津光(きみつ ひかる) – 結木滉星
矢神家の使用人。

永峰杏梨(ながみね あんり) – 福田麻貴(3時のヒロイン)
矢神康治の専属看護師。

手島一清(てしま かずきよ) – R-指定
伯朗の実父。

矢神佐代(やがみ さよ) – 麻生祐未
康之介の養女。

兼岩順子(かねいわ じゅんこ) – 坂井真紀
禎子の妹。

支倉祥子(はせくら しょうこ) – 安蘭けい
矢神家前当主と後妻の娘。

支倉隆司(はせくら たかし) – 田口浩正
祥子の夫で介護施設グループを営む。

矢神牧雄(やがみ まきお) – 池内万作
矢神家前当主と後妻の間に産まれた息子。

矢神康之介(やがみ こうのすけ) – 栗田芳宏
矢神家前当主。故人。

矢神康治(やがみ やすはる) – 栗原英雄
矢神家現当主。

矢神禎子(やがみ ていこ) – 斉藤由貴
伯朗と明人の母。16年前に事故死。

矢神波恵(やがみ なみえ) – 戸田恵子
現当主の実妹。

兼岩憲三(かねいわ けんぞう) – 小日向文世
伯朗の叔父。数学者。


(画像引用元 https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/)

 

 

スポンサードサーチ

日曜劇場「危険なビーナス」1話 あらすじ

ある日、いつものように動物病院で診察をしていた伯朗(妻夫木聡)。そこに「弟の妻」を名乗る謎の美女・楓(吉高由里子)が突然現れ、弟・明人(染谷将太)が失踪したことを聞かされる。さらに楓は、明人の失踪には親族の誰かが関わっているのではないかという。

親族とは、伯朗の母が夫を亡くした後に嫁いだ「矢神家」の一族だ。伯朗は矢神の家では連れ子として肩身の狭い思いをしてきており、母の死後は一族と疎遠になっていた。一方、矢神の血を引く明人には総額30億円とも言われる遺産の相続権があり、現当主が危篤状態にある今、その遺産を狙う親族が明人をさらったかもしれないと楓は訴える。

もう矢神家とは関わらないと決めていたが、困っている女性を放っておけない伯朗は楓と共に矢神の屋敷へ向かう。そこには昔から伯朗を見下している矢神家の養子・勇磨(ディーン・フジオカ)をはじめとした一族の面々が顔をそろえていた。伯朗と楓が調べを進めていくと、一族の不穏な動きが次々に浮かび上がってくる。

そんな中、伯朗は楓と行動を共にするうちに、捉えどころのない不思議な魅力に惹かれていく。その様子を察した動物病院の助手・蔭山元美(中村アン)は、伯朗に忠告するが…。

(公式HP引用 https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/story/)

ここからネタバレあらすじ

楓(吉高由里子)が、明人(染谷将太)の偽の婚約者なのではないかと疑いはじめた伯朗(妻夫木聡)だったが、とりあえず楓に付き添って矢神家を訪ねることにした。

 

意地悪な矢神家の養子・勇磨(ディーン・フジオカ)や他の矢神家に面々に再会した伯朗は嫌な気持ちになる。
しかし、彼らもまた楓を遺産目当ての女だと思っていた。

 

楓の紹介をおえて矢神家を後にする2人。
楓は明人と住むマンションへ伯朗を招待する。
マンションには楓と明人の写真がたくさん飾ってあった。
楓は本当に明人の嫁なのかもしれないと思う伯朗。

 

マンションには楓と明人の写真の他に、伯朗と明人の母で故人の矢神禎子(斉藤由貴)の実家の写真も飾ってあった。
禎子は実家の風呂場で死亡している。
解剖の結果は事故死だった。
その実家の写真が飾ってある写真たてに何かの鍵が入っていた・・・・。

 

次の日。
伯朗は楓と共に、伯朗と明人の叔母である兼岩順子(坂井真紀)とその夫・兼岩憲三(小日向文世)の家を訪ねる。
明人と結婚することになったと挨拶する楓。
楓は2人にさりげなく明人がいなくなった日に何をしていたのか確認していた。
信頼する叔母と叔父を疑われた伯朗はいい気分がしない。

 

帰り道。
伯朗は叔母と叔父を疑った楓を咎める。
2人より楓の方が遺産目当てで現れた怪しい人物だという伯朗。
楓は伯朗をビンタ。
「私は明人くんの妻です。彼を愛しています」

 

翌日。
楓は矢神家の遺産相続会議に1人で参加する。
明人は16年前に当時の矢神家当主の祖父から莫大な遺産を相続していた。

 

しかし当時、まだ幼かった明人に矢神家の莫大な資産を相続させるわけにもいかず、矢神家の子どもたちは一部の現金や株式を山分け。
残りの財産は明人の父で矢神家現当主・康治(栗原英雄)が管理することとなり、明人が成人した時に残りの財産を相続するかどうか表明することになっていた。
そしてその時がきた。

 

楓は明人の代わりに明人の意思を発表する。
「喜んで泣き祖父の意思を継ぎたい。すなわち、矢神家に残る全ての遺産を相続する」
そして16年前に支払われた金融機関の一部についても不正を確認するという。

 

矢神家の人々は明人本人を連れてこいと大激怒。
そんな中、矢神家前当主と後妻の間に産まれた矢神牧雄(池内万作)が開かずの扉に行きたいと駄々を捏ねはじめる。
開かずの扉にはものすごい価値のあるものがあると言う牧雄。

 

開かずの扉の準備が終わるまで、一旦休憩することになった矢神家。
その間に楓は伯朗に電話をする。
遺産を全部寄越せと言ったら犯人らしき人物から手紙が来たと言う楓。

 

「私に何かあったら明人くんを助けてあげてください」
「なんで僕に頼むんだ?」
「明人くんが言っていたんです。お義兄さんだけは信頼できるって。お会いしてから短いですが、私もそう思いました」
そして楓は伯朗に会えてよかったと言う。
「明人くんが戻ってきたらいつか三人で食事でもしましょう」
いてもたってもいられなくなった伯朗は、矢神家に走る!

 

矢神家に到着した伯朗は、ディーンフジオカに嫌味を言われながら、楓の居場所を探す!
楓は地下室に閉じ込められていた。
楓を救出に向かう中で母のことを思い出す伯朗。

 

伯朗の母は、遺産目当てで前当主と結婚したと矢神家の人々からいじめられていた。
そんな中、明人が産まれた。
明人が産まれて母は矢神家に認められた。
明人が母を守ってくれる存在になった。
【だから明人。今度は俺が守るよ。お前の嫁を】

 

地下室で楓を救出した伯朗は、矢神家の人々に楓を地下室に閉じ込めたのではないかと食ってかかる。
矢神家の人々は楓と伯朗がグルの可能性があるのではないかと言う。
伯朗は激怒。
「あなた達はすぐにそうやって外から入って来た人間を金目当てだと言う。だけどいるんですよ、お金とか遺産とかそう言うの関係なく、ただその人が好きで一緒になりたいって結婚する人だって」

 

青臭いことを言う伯朗を笑う矢神家の人々。
「あなた達には一生理解できないでしょうね。あなた達がなんと言おうが、僕が楓さんが明人の妻だと信じます。彼女は僕の義妹です。傷つける人間は絶対に許しません!」

 

矢神波恵(戸田恵子)の判断で、遺産の確認は日を改めることになった。
それを聞いて暴れる牧雄。
「兄貴はもっと価値のあるものを持ってたはずだ!」

 

後日。楓は伯朗を呼び出す。
楓を地下室に閉じ込めた犯人が牧雄だということがわかった。
使用人が牧雄が休憩中に席を外しているのを見たのだという。

 

楓は牧雄を「もっと価値のあるものが何か分かりました」と言って呼び出していた。
そんな楓に呆れる伯朗だったが・・・・待ち合わせ場所のすぐ近くで牧雄が血を流して倒れているのが発見された。

 

スポンサードサーチ

ドラマ「危険なビーナス」1話 感想・レビュー

初回は登場人物の紹介でほとんどが終わってしまった感がある。
でも、遺産相続系ミステリ好きならそそられる設定だよね!

原作小説は一応読んでるので、ネタバレに注意しながら感想書きますね。
原作と全て一緒ではないと思いますが🤔

1話は登場人物紹介がほとんどでしたが、雰囲気は出てたので1話の掴みはバッチリだったんじゃないでしょうか😌
ただ、矢神家のシーンとその他のシーンの落差にはちょっと戸惑ったw
まあ矢神家自体異次元な家族だし、平成通り越して昭和の一族かって雰囲気あるもんね🤔
とりあえず令和の遺産相続ミステリドラマとして期待はしている。

キャスティングについてだけど・・・・吉高由里子合ってなさすぎ。
吉高由里子は好きなんだけど、この役はどうも合ってない気がしてる。
もっとミステリアスな女優がよかったなぁ(´・ω・`)
「ユリゴコロ」とかでは吉高由里子もなかなかミステリアスだったんだけどな😩

妻夫木聡はピッタリだった。
今年40歳なのに初な少年のような演技ができるブッキー・・・すごい。

一方で同じく40歳のディーンさんは色気のあるアダルトな雰囲気。
ディーンさんって何やってもディーンさんなんだけど(褒めてる)、オーラっていうか存在感があるよね。
まあ・・・ただ単に好きです。

他にも濃いメンツが揃った「危険なビーナス」。
次週から本格ミステリー突入かな★
雰囲気には浸れそうなので楽しみです\(^o^)/

 

スポンサードサーチ

日曜劇場「危険なビーナス」2話 あらすじ

伯朗(妻夫木聡)と楓(吉高由里子)が待っていた牧雄(池内万作)は、すぐ近くのエスカレーターの下で倒れていた。救急隊員が応急処置をするなか、伯朗たちは矢神家へと急ぐ。遺産に関する情報を握る牧雄が、矢神家の誰かに口封じのためにエスカレーターの上から突き落とされたと楓は考えたのだ。だとすれば、今屋敷にいない人物か、帰宅したばかりの人物が怪しい。

2人が屋敷に到着すると、当主の妹・波恵(戸田恵子)とその異母妹・祥子(安蘭けい)、祥子の夫で医師の隆司(田口浩正)、看護師の杏梨(福田麻貴)は在宅していた。外出中でアリバイがないのは養子の勇磨(ディーン・フジオカ)と佐代(麻生祐未)。さらに、車で戻ったばかりの使用人兼執事の君津(結木滉星)も怪しい…。

しかし、転落直前に連絡を取っていた楓の番号が牧雄のスマホに残っていたことから、楓にも疑いの目が向けられてしまう。

そんな楓を弁護しつつ、一方で伯朗は、牧雄の転落事故にも動揺を見せることなく冷静に犯人捜しをする楓に違和感を覚える。そんな時、伯朗は勇磨から、楓が本当に明人(染谷将太)の妻なのか確かめるために彼女のスマホを盗んで自分に渡してほしいと頼まれる。

(公式HP引用 https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/story/)