日曜劇場「危険なビーナス」2話ネタバレあらすじ感想レビュー!吉高由里子のあざとさがやばい。3話あらすじも!

 

成瀬
こんにちは。成瀬です。
更新遅れました😢
「危険なビーナス」2話を見たのでネタバレと感想を書きます\(^o^)/

ネタバレだけ感想だけ読みたい人は目次から飛んでね!

「危険なビーナス」感想一覧
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話

 

スポンサードサーチ

日曜劇場「危険なビーナス」基本情報

東野圭吾による同名小説を妻夫木聡、吉高由里子主演でドラマ化。
2020年10月11日からTBS系「日曜劇場」枠で放送。
正義感が強く、美女に弱い獣医が異父弟の失踪をきっかけに妻を名乗る女性に翻弄されながらも、名家の遺産を巡る謎に挑んでいくさまを描く。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

原作 – 東野圭吾 『危険なビーナス』
脚本 – 黒岩勉
音楽 – 菅野祐悟
主題歌 – back number「エメラルド」
演出 – 佐藤祐市、河野圭太

手島伯朗 – 妻夫木聡
矢神楓 – 吉高由里子
矢神勇磨 – ディーン・フジオカ
矢神明人 – 染谷将太
蔭山元美 – 中村アン
支倉百合華 – 堀田真由
君津光 – 結木滉星
永峰杏梨 - 福田麻貴
手島一清 – R-指定
矢神佐代 – 麻生祐未
兼岩順子 – 坂井真紀
支倉祥子 – 安蘭けい
支倉隆司 – 田口浩正
矢神牧雄 – 池内万作
矢神康之介 – 栗田芳宏
矢神康治 – 栗原英雄
矢神禎子 – 斉藤由貴
矢神波恵 – 戸田恵子
兼岩憲三 - 小日向文世

 

スポンサードサーチ

日曜劇場「危険なビーナス」2話 あらすじ

伯朗(妻夫木聡)と楓(吉高由里子)が待っていた牧雄(池内万作)は、すぐ近くのエスカレーターの下で倒れていた。救急隊員が応急処置をするなか、伯朗たちは矢神家へと急ぐ。遺産に関する情報を握る牧雄が、矢神家の誰かに口封じのためにエスカレーターの上から突き落とされたと楓は考えたのだ。だとすれば、今屋敷にいない人物か、帰宅したばかりの人物が怪しい。

2人が屋敷に到着すると、当主の妹・波恵(戸田恵子)とその異母妹・祥子(安蘭けい)、祥子の夫で医師の隆司(田口浩正)、看護師の杏梨(福田麻貴)は在宅していた。外出中でアリバイがないのは養子の勇磨(ディーン・フジオカ)と佐代(麻生祐未)。さらに、車で戻ったばかりの使用人兼執事の君津(結木滉星)も怪しい…。

しかし、転落直前に連絡を取っていた楓の番号が牧雄のスマホに残っていたことから、楓にも疑いの目が向けられてしまう。

そんな楓を弁護しつつ、一方で伯朗は、牧雄の転落事故にも動揺を見せることなく冷静に犯人捜しをする楓に違和感を覚える。そんな時、伯朗は勇磨から、楓が本当に明人(染谷将太)の妻なのか確かめるために彼女のスマホを盗んで自分に渡してほしいと頼まれる。

(公式HP引用 https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/story/)

ここからネタバレあらすじ

楓(吉高由里子)が本当に明人(染谷将太)の妻なのか確かめるため、彼女のスマホを盗んで自分に渡せという勇磨(ディーン・フジオカ)の頼みを聞くことにした伯朗(妻夫木聡)

 

伯朗はとりあえず、楓を連れて勇磨の経営するレストランに向かう。
勇磨は楓のスマホを盗もうとするが失敗。
その帰り道。
楓が勇磨の車にGPSをつけると言い出した。
GPSで勇磨の行動を範囲を把握すれば明人の居場所の手がかりが掴めるかもしれない。
楓に指示されなんとか車にGPSを取り付ける伯朗。

 

GPSを取り付けてからしばらく経ち、勇磨が頻繁にボロアパートに通っていることが分かった。
あのセレブの勇磨が江戸川区の団地に通っているのは明らかにおかしい!
勇磨の跡を追うことにした楓と伯朗。

 

伯朗は、アパートの中に入っていた勇磨を追う。
しかし勇磨に気づかれてしまった!
明人がいるかと思って奥の部屋をのぞくが・・・誰もいなかった。

 

このボロアパートは勇磨の生まれた家だという。
勇磨は矢神家の前当主と愛人との間に生まれた。
矢神家に引き取られる前は貧乏で苦労していたらしい。
だから戦わずに矢神家の人間に馬鹿にされ続ける伯朗のことが嫌いだった。
勇磨は時折、ここに帰ってきて昔を思い出して自分を奮い立たせているのだという。

 

勇磨はGPSに気づいた。
楓の行動を異常だという勇磨。
伯朗も楓の行動には違和感を持っていた。
「早く楓さんのスマホを持ってこい。彼女の正体を見極めてはっきりさせようじゃないか。
お前も戦えよ。伯朗。周りの人間を見極めて勝負に勝って自分の欲しいものを手に入れろ」

 

伯朗は勇磨に楓のスマホを渡すことにした。
スマホを受け取った勇磨は楓を呼び出す。
「伯朗に指示して盗み取らせました」
伯朗が協力への者だということは伏せると言っていたのに、速攻で裏切る勇磨。

 

楓のスマホの中身を見たとうそをつく勇磨。
勇磨は楓に取引を持ちかける。
“遺産は全てビジネスパートナーである勇磨に渡す”と明人が言っているといえば、楓が明人の偽の嫁だということを矢神家のみんなに黙っておいてくれるらしい。
楓は牧雄を突き落とした犯人が勇磨なのではないか探るが、それは違うらしい。
「あなたはバカな裏切り者を捨てて、私と新たに手を組むだけでいい。考えるまでもないでしょう」

 

そこへ伯郎が登場。
勇磨が持っているスマホは楓のものではなかった。
伯郎と楓は話に乗ったフリをして、勇磨の腹の中を探るつもりだった。
伯郎は楓を裏切っていなかった。
「お前のおかげだろ。負け犬の僕に教えてくれただろう。現実から目をそらすな、周りの人間を見極めて戦えって。ありがとな、おかげで勝てたよ。お前との勝負に」

 

伯郎と楓が去り、呆然としている勇磨の横に佐代(麻生祐未)が座る。
勇磨の過去は捏造。
あのボロアパートは従業員のもので、勇磨は矢神家に入る前から豪邸に住み、使いたい放題のクレジットカードを渡されていた。
勇磨はGPSにも気づいていた。
わざとあの家に2人を誘い込んだ。
貧乏人のふりをすれば伯郎に靡くと思ったのだ。

 

伯郎を取り込むことはできなかったが、収穫はあったと言う勇磨。
伯郎は迷わず奥の部屋に誰かがいると思って踏み込んできた。
「伯郎と楓さんは探しているんだよ、明人を」
明人が行方不明なことがバレてしまった!!!!

 

勇磨を倒し、信頼度がアップした伯郎と楓。
河原でハグして喜びある。
その帰り道・・・楓は歩道橋の上から突き落とされてしまった!

 

スポンサードサーチ

日曜劇場「危険なビーナス」2話 感想・考察

まだ2話なので分かんない部分が多いけど、今のところは楽しんでみてます。
これは原作読んでても読んでなくても楽しめるドラマだと思うー
個人的にテンポや雰囲気も好きだし、さすが日曜劇場だな!という感じ。

けど、楓さんのあざとさやばくない!?\(^o^)/
嬉しいからって義理の兄と抱擁w
これは妬まれるのもしゃーないw

たぶん、楓さんを突き落としたのは百合華(堀田真由)ちゃんかなぁ?(´・ω・`)
明人が好きすぎて嫉妬してるんだろか?
急に好きな人の嫁が現れて、その女が好きな人の兄と抱き合ってたら殺意湧くよなぁ
(それでも突き落としたりはしないけどw)

わたし原作読んでるのですが、牧雄叔父さんも楓さんも突き落とされてないんですよね。
文庫本1冊を連ドラでやるのはキツいからか色んなエピソードぶっこんでくるね😳

まあそのおかげでこのドラマも楽しめてます。
明人監禁の犯人と牧雄と楓を突き落とした犯人は別なのか?とか色々想像しながら見れるしね!
ただ、「テセウスの船」みたいに原作アレンジして失敗するパターンもあるので、そこんとこはうまくやって欲しいw

今回は養子コンビ回でしたね。
原作では勇磨はここまで出しゃばって来ないんだけど、ディーンさんの勇磨はわたしのイメージ通り。
愛人の子供という劣等感とかギラギラした向上心とか人間らしさに溢れた人だよね😌
この養子コンビはドラマではどんどん出しゃばってきそう。
おディーン好きとして期待しています\(^o^)/

 

スポンサードサーチ

日曜劇場「危険なビーナス」3話 あらすじ

伯朗(妻夫木聡)は楓(吉高由里子)が救急搬送されたと看護師の元美(中村アン)から聞き、病院に駆けつける。しかし、楓はすでに帰宅した後で、伯朗はそのまま彼女が住む明人(染谷将太)のマンションへ。楓は何者かに階段から突き落とされたと言う。さらに、突き落とした犯人は「いい匂いがした」と伯朗に告げる。

翌日、矢神家を訪ねた楓は、当主・康治(栗原英雄)の病状が思わしくないと聞いて、叔母の波恵(戸田恵子)と祥子(安蘭けい)の心中を思いやるふりをしてハグをする。「匂い」を確かめるためだ。そして、康治の看護師・杏梨(福田麻貴)の髪の匂いが犯人と同じであることに気づく。さらに、祥子の娘・百合華(堀田真由)も疑う楓。そのことを動物病院に行って伯朗に伝え、伯朗は百合華と会う約束を取り付ける。

一方、勇磨(ディーン・フジオカ)は楓の帰宅を待ち伏せていて…。

(公式HP引用 https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/story/)