日曜劇場『グッドワイフ』1話ネタバレあり感想・考察。2話あらすじ。泣けて爽快!リーガルヒューマンエンターテイメント!

 

各話感想はこちら1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

 

『日曜劇場グッドワイフ』とは?

夫がスキャンダルで逮捕され、16年ぶりに弁護士に復帰する妻【蓮見杏子】が、覚悟を決めて数々の困難に諦めずに立ち向かう爽快な姿を描くリーガルヒューマンエンターテイメント。
社会現象を巻き起こした大ヒットドラマ 『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』(2000年) 以来、19年ぶりに常盤貴子が日曜劇場で主演を演じる。

見逃し分はParavi
トライアル期間中は無料で見れます!

『グッドワイフ』1話あらすじ

蓮見杏子 (常盤貴子) は、かつて優秀な若手弁護士として活躍していたが、出産を機に引退。
専業主婦として、2人の子供と夫である東京地方検察庁・特捜部長の壮一郎 (唐沢寿明) と共に、幸せな日々を送っていた。

だが、その幸せな生活は一瞬にして崩れたのだった。壮一郎の汚職疑惑、さらに女性スキャンダルまで発覚。
法曹界を揺るがす大スキャンダルにマスコミ報道は過熱していく。記者会見で壮一郎は、汚職は否定したが、女性との関係については認めて謝罪する。しかし、壮一郎は逮捕されてしまうのだった。杏子は夫の裏切りに深いショックを受けるが、家族のために16年振りの弁護士復帰を決意する。
そんな杏子に手を差し延べたのが神山多田法律事務所の代表・多田征大 (小泉孝太郎) だった。二人は司法修習生時代の同期で、かつて多田は杏子に好意を持っていたが、その気持ちとは別に杏子の弁護士としての能力を高く評価し、杏子の採用を反対する事務所の共同経営者・神山佳恵 (賀来千香子) を何とか説き伏せた。ただ、それはあくまでも仮採用。杏子は、半年後までにたった一席の本採用を賭けて、若手弁護士の朝飛光太郎 (北村匠海) と競うことになる。

そんな中、最初の相手となるのは人気キャスター 日下部 (武田鉄矢)。インターネットで配信している日下部の番組で、スーパーでの幼女行方不明事件を取り上げた際、犯人は母親の可能性が高いと放送。世論の風評に追い詰められた母親は自殺してしまい、日下部を名誉毀損で訴えるべく父親が依頼にきたのだ。多田と共にこの事件を担当することになった杏子は、“表現の自由” を巡り、争うことになる。パラリーガルの円香みちる (水原希子) とともに、日下部が裏取りをせずに発言したという証拠を調べ始めるのだが…。

一方、新たに特捜部長に就任した脇坂 (吉田鋼太郎) は、壮一郎と腹心の関係だった検事の佐々木 (滝藤賢一) を担当に指名し、壮一郎を落とそうとする。そんな検察側に対して壮一郎もある策を講じていた。
(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/the_good_wife2019/)

 

スッタフ・キャスト

原作 – 『The Good Wife』
脚本 – 篠﨑絵里子
主題歌 – 『 Aurora 』 BUMP OF CHICKEN
演出 – 塚原あゆ子、山本剛義、松木 彩

蓮見杏子 – 常盤貴子
多田征大 – 小泉孝太郎
円香みちる - 水原希子
朝飛光太郎 – 北村匠海
小宮竹生 – 野間口 徹
戸梶涼太 - 中林大樹
佐竹凛子 - 末永みゆ
蓮見隼人 - 小林喜日
蓮見綾香 - 安藤美優
佐々木達也 - 滝藤賢一
蓮見幸枝 - 高林由紀子
林幹夫 - 博多華丸
遠山亜紀 - 相武紗季
神山佳恵 – 賀来千香子
脇坂博道 – 吉田鋼太郎
蓮見壮一郎 – 唐沢寿明

 

『グッドワイフ』1話感想・考察

面白かったし常盤貴子さん変わらず綺麗だった!
46歳とは思えない美貌・・。

海外ドラマのリメイクということですが
『グッド・ドクター』『SUITS/スーツ』など最近はやってるんですかね😒

※以下、視聴後の感想になります。未視聴の方はネタバレご注意ください。

分かりやすいストーリーと演出

展開が分かりやすくて難しい話が苦手なわたしでも楽しめました。

弁護士ドラマでは専門用語などが多くて分かりにくい展開がありますが
このドラマではそういった場面は全くなかった。
(実はこのブログで感想書いているドラマにもよくわかんない弁護士ドラマはある)

とくに北村匠海くんが裁判についての説明をしてくれる演出は分かりやすくてよかったです。
勝つためにどうすればいいのかなども教えてくれてバカなわたしにも理解できた。

そして1話のゲスト・人気キャスター日下部 (武田鉄矢)が絵に描いたような悪者キャスターだったのも分かりやすくてよかった。
日下部にも事情はあるにせよ、裁判で悪事を暴いていく演出は爽快でした。

対して日下部を名誉毀損で訴えた浜口直樹(泉澤祐希)側の悲壮感も描かれていて感情移入するには十分だった。
最後に子どもが見つかったシーンではウルっときました
さすが塚原あゆ子さんの演出力・・・!!!

神山の言うように「子どもが見つかったからよかったものの裁判には負けた」という訳だけど、これは試合に負けて勝負に勝ったも同然。
このタイミングで子どもが見つかったのは奇跡だし、素敵な展開でした・・・!!!

北村匠海くんの嫌なヤツぶり

夫のスキャンダル後、杏子は16年ぶりに弁護士として職場復帰しますが、16年もブランクのある弁護士を雇う事務所はなかなかありません。
そんな中、杏子に手を差し伸べたのは司法修習生時代の同期で神山多田法律事務所の代表・多田征大。
杏子の採用を反対する事務所の共同経営者・神山佳恵 (賀来千香子) を何とか説き伏せて杏子を仮採用にします。
杏子は半年後までにたった一席の本採用を賭けて、若手弁護士の北村匠海くん演じる朝飛光太郎と競うことになります。

この杏子のライバルである朝飛光太郎。
なかなか生意気!

初対面でいきなり嫌味を言うシーンでは驚きました。

そして新発見。
北村匠海くん、こういう生意気な役も似合うね!
『隣の家族は青く見える』みたいな無邪気な役がぴったりだと思ってたので新たな発見をした。

恋愛至上主義で水原希子ちゃんのパラリーガル・円香みちるに好意を抱いているところもいい!

杏子の夫の壮一郎(唐沢寿明)はワイロを受け取ったのか?

杏子が弁護士として職場復帰することになったキッカケでもある夫の蓮見壮一郎の賄賂問題。

ラストで、かつての部下だった佐々木達也(滝藤賢一)とのやり取りを見る限り、めちゃくちゃ怪しい

みちるも過去に壮一郎と何かあったようですし、とにかく怪しい男なのは間違いないです

朝の情報番組「ビビット」に出演していた唐沢寿明が役柄を「しょうもない男」と表現していたことからも賄賂問題は事実と予想!
(これは浮気のことを言ってるだけかもしれないけど・・・)

 

『グッドワイフ』2話あらすじ

事務所の名誉顧問であり神山佳恵(賀来千香子)の父、神山大輔(橋爪功)が事務所を尋ねてくる。大輔は、酒酔い運転を起こし、さらに警官に抵抗し公務執行妨害を起こした罪で起訴されたのだ。
大輔は無罪を主張するが、状況証拠からは、どうみてもクロ(有罪)。
その弁護を杏子(常盤貴子)は大輔から依頼される。多田(小泉孝太郎)は、新人には無理だと反対するが、杏子は自ら担当することを決意する。しかし、大輔から、新人で自分の言うとおりになるから指名されたと聞かされて愕然とする杏子。自由奔放な大輔に翻弄される。しかも、神山から大輔が妻を殺したという衝撃の告白を聞かされる。

そんな中、特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)が杏子に接触してくる。脇坂から聞かされる話から、壮一郎の疑惑がますます深まっていく。杏子は疑いを持ちながら壮一郎と接見して、壮一郎に核心の部分を問う。そこで衝撃の告白をされる。杏子は壮一郎とのことも、そして担当する大輔の弁護でも窮地に立たされる。絶体絶命な状況の中、杏子は大輔の事件での些細な異変に気づき…
(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/the_good_wife2019/)

次回は神山佳恵の父親が酒酔い運転と公務執行妨害を起こした罪で起訴されるようです。
しかも杏子が依頼されるみたい・・!!!
ちなみに指名された理由は【新人で自分の言うとおりになるから】らしいです(笑)

予想以上に面白かったので次週も楽しみにしてます・:*+.\(( °ω° ))/.:+

成瀬
あと2話ではフィギュアスケートの村上佳菜子さんがゲスト出演するみたいなので更に楽しみです!