日曜劇場『グッドワイフ』3話ネタバレあり感想・考察。4話あらすじ。壮一郎の思惑とは・・!?ついに多田が杏子を抱きしめる!

 

3話も面白かったです。
今期1番好きかもしれない。

杏子が担当した弁護も二転三転あり面白かった上に、ラストには鳥肌立ちました・・・!
壮一郎の件も誰が悪者なのか分からないしハラハラする。

わたしは壮一郎が悪い奴だと予想してるけど、全員思惑ありそうなのでよく分からないですね。
どんな展開でも驚くと思うので次週からも目が話せません。
 

各話感想はこちら1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

 

スポンサードサーチ

日曜劇場『グッドワイフ』とは?

夫がスキャンダルで逮捕され、16年ぶりに弁護士に復帰する妻【蓮見杏子】が、覚悟を決めて数々の困難に諦めずに立ち向かう爽快な姿を描くリーガルヒューマンエンターテイメント。
社会現象を巻き起こした大ヒットドラマ 『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』(2000年) 以来、19年ぶりに常盤貴子が日曜劇場で主演を演じる。

見逃し分はParavi
トライアル期間中は無料で見れます!
 
 

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

原作 – 『The Good Wife』
脚本 – 篠﨑絵里子
主題歌 – 『 Aurora 』 BUMP OF CHICKEN
演出 – 塚原あゆ子、山本剛義、松木 彩

蓮見杏子 – 常盤貴子
多田征大 – 小泉孝太郎
円香みちる - 水原希子
朝飛光太郎 – 北村匠海
小宮竹生 – 野間口 徹
戸梶涼太 - 中林大樹
佐竹凛子 - 末永みゆ
蓮見隼人 - 小林喜日
蓮見綾香 - 安藤美優
佐々木達也 - 滝藤賢一
蓮見幸枝 - 高林由紀子
林幹夫 - 博多華丸
遠山亜紀 - 相武紗季
神山佳恵 – 賀来千香子
脇坂博道 – 吉田鋼太郎
蓮見壮一郎 – 唐沢寿明

 

スポンサードサーチ

『グッドワイフ』3話あらすじ

回送列車の脱線事故が発生。死亡した運転士の遺族代理人として、杏子(常盤貴子)、多田(小泉孝太郎)、朝飛(北村匠海)が担当することになった。相手の東神鉄道の代理人を勤めるのは河合映美(江口のりこ)。杏子たちは過重労働による事故で1億円の賠償金を提案するが、映美たちは運転士の居眠りだとして50万円の見舞金を提案。真っ向から主張が対立する。しかも、妊婦である映美は形勢が悪くなると打ち合わせ中でも体調不良を理由に交渉を中断する始末。そんな映美に翻弄され、杏子たちは窮地に追い込まれていく。

一方、杏子は拘置所にいる壮一郎(唐沢寿明)と面会し、過去の幸せだったころの話をする。壮一郎の逮捕後、初めて笑顔になった杏子は、もう一度前向きな気持ちになっていく。そんな杏子を見て多田ははがゆい思いだが、気持ちを抑えながら過重労働を証明すべく、勤務実態を調べていく。その過程で、杏子はある違和感に気づき…。

(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/the_good_wife2019/)

 

スポンサードサーチ

日曜劇場『グッドワイフ』感想・考察

3話の弁護内容自体も面白かったし、ラストでは壮一郎の思惑が垣間見えておののいた・・・。
脚本が巧みで毎週楽しませてもらってます・:*+.\(( °ω° ))/.:+
さすが海外ドラマのリメイク・・・。

※以下、視聴後の感想になります。ネタバレご注意ください。

3話の弁護内容

  • 回送列車の脱線事故で死亡した運転士の遺族代理人として、杏子、多田、朝飛が担当することになった。
  • 杏子たちは過重労働による事故で、東神鉄道に1億円の賠償金を提案します。一方、東神鉄道側は運転士の居眠りだとして50万円の見舞金を提案。
  • 東神鉄道の代理人を勤める河合映美(江口のりこ)のあらゆる手に翻弄される中、東神鉄道の社員から過重労働についての内部告発の証言を得ることに成裁判を嫌がる東神鉄道から、1億円の賠償金と遺族への謝罪、労務管理の改善を図ることを約束させ示談成功したかのように見えた。
  • しかし、杏子は拘置所にいる壮一郎との「隼人が初めて自転車に乗った時、いくら練習してもダメで何度も転んで泣いてたろ。でも調べたら隼人が悪いんじゃなくて自転車が壊れてた。根本が違ってたんだ」という会話から東神鉄道は過重労働ではなくブレーキの整備不良を隠していることに気づく。
  • 杏子達は今回の事故は車両の定期整備を怠ったことが事故の原因とみて、東神鉄道との和解を取りやめ、訴えを起こすことに。

というものでした。

今回はかなり爽快な内容で、わたしはまんまと騙されましたー!
とくに会社内部からの告発証言を得ることに成功した時には「やったー!これで勝ちじゃん!」と普通に喜んでたので、そこからさらに転がる展開にはびっくり。
まさに肉を切らせて骨を断つ!内部告発をした女性社員の態度にも驚きましたw

成瀬
1話、2話を上回る面白さだった・・・!原作である海外ドラマも見て見ようかと思ってる😌

壮一郎に利用されていた杏子

東神鉄道の脱線事故が、車両の定期整備を怠ったことが原因だと公になり、そこで事故の起こる半年前に横浜地検が整備不良を把握していたことが判明しました。
当時の横浜地検の責任者は脇坂博道。つまり壮一郎の敵です。

今回の弁護は、脱線事故で死亡した運転士の遺族が紹介を受け杏子を指名したものだった。
杏子は自分を紹介した弁護士の名前を聞いて驚きます。

杏子を遺族に紹介したのは林幹夫。壮一郎の弁護士です。
壮一郎が杏子にアドバイスしたのは全て計算だったのです。

これは鳥肌立った・:*+.\(( °ω° ))/.:+
壮一郎さん、自分の妻を使って敵の脇坂を陥れるなんて真っ黒にしか見えない・・・。
しかし佐々木も脇坂も裏がありそう。一体誰が悪者なのか・・。

個人的には壮一郎を黒だと思っていますが、他にも黒い人間がたくさんいそう。

成瀬
弁護の件だけでも満足な3話だったので更にこんな展開だなんて満足度120パーセントでした。

多田先生、ついに行動する

夫に利用されていることに気づいて落ち込んでいる杏子を前に
ついに多田先生が動きました。

「もうやめろよ。もう、別の未来を行けばいい」

と杏子を抱きしめます・・・。

やっぱり周りの言うようにずっと杏子さんのこと好きだったんですね。
もし本当に杏子が好きでずっと独身決め込んでたなら、どこの少女漫画って感じですね。

成瀬
まじで杏子さん壮一郎やめて多田さんと別の未来を行った方が・・・。

スポンサードサーチ

『グッドワイフ』4話あらすじ

杏子(常盤貴子)が以前住んでいた家の近所の男子高校生・荻原翔平(佐藤緋美)が傷害致死容疑で逮捕された。翔平の母・奈津子(須藤理彩)は、かつて杏子の親友だったが、壮一郎(唐沢寿明)の逮捕後、真っ先に杏子との連絡を絶った人だった。杏子は、奈津子のことを考えて、この事件を朝飛(北村匠海)にメインでやってもらうようにお願いする。翔平は容疑を否認するが、指紋や目撃証言があり、無実を証明する手がかりが見つからない。朝飛は早々と情状酌量にすべきだと主張。本人が否認している限り、裁判で争うべきだという杏子と対立する。そんな中、朝飛が隠していたある事実が発覚する…

一方勾留中の壮一郎の起訴が決まる。脇坂(吉田鋼太郎)は、壮一郎を何としても有罪にすべく、さらに追い込みをかける。そんな時、壮一郎のもとにある男が会いにやってくる。それは杏子を想う多田(小泉孝太郎)だった…。

(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/the_good_wife2019/)

次週ついに、壮一郎と多田が対面するみたいです・・・・・!
修羅場展開、ますます楽しみです・:*+.\(( °ω° ))/.:+