日曜劇場『グランメゾン東京』1話ネタバレ感想!キムタクに借金を押し付けられた沢村一樹がチョロいw2話あらすじも!

 

『グランメゾン東京』1話 見ました!

キムタク主演の日曜劇場ってことで楽しみにしてました。
やっと1話!!!!

料理ドラマでありながらキムタクを人気シェフから引きずり下ろすための殺人未遂事件をめぐるミステリー要素が含まれている新感覚ドラマだった🤔

それではそんな感じで『グランメゾン東京』1話のネタバレあらすじと感想を書いていきます〜!
(ネタバレあらすじだけ感想だけ読みたい人はそれぞれ目次から飛んでください!)

『グランメゾン東京』を無料で全話見る方法!
Paraviの30日間無料体験期間なら『グランメゾン東京』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中(30日以内)に退会すれば料金は一切かかりません!

『グランメゾン東京』感想一覧

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 最終回

スポンサードサーチ

日曜劇場『グランメゾン東京』基本情報

2019年10月20日にスタートしたTBS系列日曜劇場ドラマ。
木村拓哉がフランス料理の天才シェフを演じる。


トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

脚本 – 黒岩 勉
プロデュース – 伊與田英徳、東仲恵吾
演出 – 塚原あゆ子
主題歌 – 山下達郎「RECIPE(レシピ)」

出演者
尾花夏樹 – 木村拓哉
早見倫子- 鈴木京香
平古祥平 – 玉森裕太(Kis-My-Ft2)
丹後学 – 尾上菊之助
相沢瓶人 – 及川光博
芹田公一 – 寛一郎
蛯名美優 – 朝倉あき
松井萌絵 – 吉谷彩子
リンダ・真知子・リシャール – 富永愛
久住栞奈 – 中村アン
江藤不三男 – 手塚とおる
京野陸太郎 – 沢村一樹

 

スポンサードサーチ

『グランメゾン東京』1話 あらすじ

舞台はパリ。フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた早見倫子(鈴木京香)。彼女は、料理人としての人生をかけてフランスにきていた。そんな中、ある一人の男と出会う。

その男は、倫子が“実技テスト”で前菜を作ろうとしているところに、突然駆け込んできて、一方的にメニューのアイディアを出して、代わりに作ろうとする。聞けば、昔ランブロワジーで働いていたから好みが分かるというのだ。その矢先に、男は、借金取りに追いかけられて、去っていく。
その男こそが、パリで二つ星を獲得し、三つ星に最も近いとされたフレンチ料理人。しかし、3年前のある事件がきっかけで表舞台から消え去った日本人シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)だった。

その後、面接に落ちた倫子は、落ち込んでいる中、再び尾花と出会う。
そこで、尾花が作った料理のあまりの美味しさと、自分の実力のなさに、倫子は思わず涙をこぼした。
その時、尾花は倫子に突然、一緒に店をつくらないかと提案する。

(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/)

ここからネタバレあらすじ

とりあえず尾花の提案に乗ることにした倫子。

 

帰国後、尾花と倫子は敵情視察のためにも、東京で三つ星をとりそうなレストラン「gaku」に食事に行く。
尾花はそこでかつて一緒に働いていた仲間・京野(沢村一樹)と再会する。
シェフはパリ修行時代の仲間でありライバル・丹後(尾上菊之助)だった。

 

尾花は京野を店に誘うが断られてしまう。
京野は尾花がやらかして行方をくらました後の後始末を全てやらされていた。
いきなり現れて誘う割れても来てくれるはずがない。

 

人気WEB料理研究家になった相沢(及川光博)のことも誘った。
だが断られる。
誰も尾花と組む人間はいない。
そんな尾花を見た倫子は絶望する。

 

金のない尾花はとりあえず倫子の家の車で寝泊まりすることになった。
倫子は京野に「尾花が家に居着いて出て言ってくれない」と助けを求める。
優しい京野はのこのこやってくる。
そんで尾花は京野に謝罪の手料理を振る舞う。

 

ご飯を食べながらも京野を誘う尾花。
尾花はパリ時代には「エスコフィユ」というレストランで、シェフとして絶大な人気を博していた。
その人気はギャルソンである京野の力があったからと言っても過言ではない。
かつて料理人だった京野は、尾花と出会い、経営側に回ることで尾花と共に世界一を目指すことを夢見ていた。
しかし、尾花は政府関係者の会談でアレルギー混入事故を起こしてしまい、全てがパア。

 

アレルギー混入だけならまだしも、尾花はその後官僚を殴って行方をくらます。
残された京野は借金を抱えることに。
その後、京野は丹後とオーナーの江藤に救ってもらった。
2人には借金だけでなく恩義もある。
だから今更尾花とは組めない。
「俺の料理をバカにされたから殴った」なんてシェフとならなおさらである。

 

デリカシーのない尾花にキレた京野は倫子宅を出て行く。

 

京野が尾花に誘われていることに勘付いた丹後は倫子を引き抜ことにした。
待遇もよく迎えてやると都合のいいことを言って誘い出すが、使えなかったら即クビにするつもりだ。
そんな丹後の言うことを真面目に受け取る倫子。

 

丹後の誘いに乗ることにした倫子は尾花を追い出す。
しかし尾花は倫子のために料理を作ってくれていた。
食べてみるとめちゃくちゃ美味しい。しかも倫子のアイデアを取り入れてくれている。
感動した倫子は考え直す。

 

「gaku」ではミシュランから二つ星の連絡が入り大喜びしていた。
そこへ倫子が現れる。
倫子は1000万円を差し出しす。
京野の借金の分だといい、京野を引き抜くと言い出した。
そして倫子は、京野が料理人をやめた気持ちが分かると説得する。

 

なんとか京野の引き抜きに成功!!!!

 

お店の名前も「グランメゾン東京」に決まった。
アルバイトの店員・芹田公一(寛一郎)も採用してなんとか形になりそう。

 

そんでラスト。
市場で買い出しをしていた尾花は、丹後とばったり会ってバチバチ。
フードライターのリンダ・真知子・リシャール(富永愛)と久住栞奈 (中村アン)が電話で尾花の話をする。
「あれは殺人未遂事件。あの時、誰かがわざとアレルギー食材を混入させたのよ。きっとまた尾花を潰しにくる」

成瀬
まさかの!ナッツ混入はキムタクを失脚させるために仕組まれたことだった!

 

スポンサードサーチ

ドラマ『グランメゾン東京』感想・レビュー

演出が塚原あゆ子さんなので絶対おもしろいと思ってた。
テンポがいいし分かりやすくておもしろかった(╹◡╹)

特別期待してたわけでもないんけど
「キムタクのドラマなんだからもちろんおもしろいんでしょう」というスタンスで楽しみにしてた私。
その期待は余裕で上回ってました!

キムタクはなぜ沢村一樹に借金を押しつけてトンズラしたのか

おもしろい1話ではあったんだけど、主人公の尾花のカリスマ感がビミョー。

キムタク=カリスマという視聴者のイメージを覆すキャラならまだいいんですよ。
でもこれカリスマ性溢れる主人公を描こうとしてますよね?

3年前、キムタクはパリで働いていた「エスコフィユ」で、政府関係者の会談に出す料理にアレルギーのあるナッツを混入させてしまいます。
キムタクはその後官僚を殴って行方をくらましてしまい、残された沢村一樹はキムタクのせいで残った借金を抱えて大変な思いをすることに・・・。

だが、キムタクが官僚を殴ったのは自分のためではなく「従業員の中には難民が多い。テロの可能性もある」と仲間を疑われたからだった!

と、仲間を思って官僚を殴った「キムタクかっけぇ」って感じの流れなんですが、フツーに最低な男だよね?
仲間を疑われたからって官僚殴ったらどうなるかは分かるでしょう😩
アレルギー食品が入っていたのは事実なんだから調べるのは当然だと思うし。
普通に言うこと聞いて仲間の身の潔白を証明した方がよかったのでは?

で、その後、その大切な仲間をほったらかしにして行方をくらますし最低すぎる🙄
京野もよく借金押し付けられてトンズラされて相手を許せるなwチョロすぎるw
倫子がタイプだったとしか思えないんだが😂😂😂

まあでもキムタクのことだから事情があったのかもしれないですねー。
たぶん仲間のためだな!キムタクが感じの悪いことをするときはだいたい仲間のためなんだよ!嫌な奴に見えて実はいいやつ!それがキムタクのカリスマ性!

そのキムタクのカリスマ感が壊れない主人公であることを祈ります。

 

スポンサードサーチ

ドラマ『グランメゾン東京』2話 あらすじ

オープンに向けて準備を進める「グランメゾン東京」。だが早速大きな壁にぶちあたっていた。開店に必要な資金5000万を用意しなくてはいけなかったのだ。倫子(鈴木京香)と京野(沢村一樹)は銀行にかけあうが、断られ続ける。

一方で、尾花(木村拓哉)はそんなことお構いなしにメニュー開発に没頭していた。
そんな彼らの動向を掴んだ「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)は冷笑するが、過去の尾花を知る丹後(尾上菊之助)だけは警戒を強めていた。
尾花たちは、次の作戦として、名声のある相沢(及川光博)に手を借りにいくが、シングルファザーで娘を育てていることもあり、オファーを断られてしまう。窮地の中、京野はある秘策を思いつく。それは、「gaku」の時に懇意にしていた城西信用金庫の融資担当・汐瀬(春風亭昇太)に相談すること。そこで、無担保で5000万円の融資を5年で完済することを条件に事業計画を説明する倫子だが、汐瀬から原価率の高さを理由に計画書の改善を求められてしまう―。
それを聞いた尾花は汐瀬に最高の一品を作るから食べてくれと直談判する。
はたして汐瀬が納得する一皿はできるのか?

(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/)