映画『カツベン!』ネタバレあり感想・レビュー!ドタバタな喜劇。老若男女楽しめます!

 

成瀬

映画『カツベン!』を見てきたので感想とレビューを書く。

 

スポンサードサーチ

映画『カツベン!』基本情報

周防正行監督の『舞妓はレディ』以来のオリジナル映画作品。
まだ映画が「活動写真」という名で呼ばれ、声もなくモノクロだった時代に活躍した”活動弁士”を主人公とした物語。
主演の成田凌は本作が映画初主演となる。
2019年12月13日に公開された。

スッタフ・キャスト

監督 – 周防正行
脚本・監督補 – 片島章三
音楽 – 周防義和
エンディング曲 – 奥田民生「カツベン節」

染谷俊太郎 – 成田凌
栗原梅子 – 黒島結菜
山岡秋声 – 永瀬正敏
茂木貴之 – 高良健吾
安田虎夫 – 音尾琢真
浜本 – 成河
梅子の母親 – 酒井美紀
無声映画「南方のロマンス」ヒロイン – シャーロット・ケイト・フォックス
お宮 – 上白石萌音
アルマン – 城田優
マルギュリット – 草刈民代
牧野省三 – 山本耕史
二川文太郎 – 池松壮亮
青木富夫 – 竹中直人
青木豊子 – 渡辺えり
橘琴江 – 井上真央
橘重蔵 – 小日向文世
木村忠義 – 竹野内豊

登場人物紹介

染谷俊太郎 – 成田凌

活動弁士を夢見る青年。
老舗の映画館・青木館に流れ着く。

栗原梅子 – 黒島結菜

俊太郎の初恋相手。
女優を夢見ている。

山岡秋声 – 永瀬正敏

青木館の活動弁士。
大酒呑みの酔っ払い。

茂木貴之 – 高良健吾

青木館の活動弁士。
スター気取り。

橘琴江 – 井上真央

青木館のライバル・タチバナ館の社長令嬢。

橘重蔵 – 小日向文世

タチバナ館の社長。

木村忠義 – 竹野内豊

ニセ活動弁士を追う熱血刑事。

 

 

スポンサードサーチ

映画『カツベン!』あらすじ

子どもの頃、活動写真小屋で観た活動弁士に憧れていた渋谷俊太郎。
“心を揺さぶる活弁で観客を魅了したい”という夢を抱いていたが、今では、エセ弁士として泥棒一味の片棒を担いでいた。
そんなイン基地に嫌気がさした俊太郎は、一味から逃走し、とある小さな町の映画館<青木館>に流れつく。
青木館で働くことになった俊太郎は、”ついにホンモノの活動弁士になることができる!”と期待が膨らむ。
しかし、そこには想像を絶する個性的な曲者たちとトラブルが待ち受けていた!
俊太郎の夢、恋の運命やいかに・・!?
(公式ホームページ引用 https://www.katsuben.jp/)

 

 

映画鑑賞後のレビューになります。
まだ映画を見てない人はネタバレご注意ください。

 

スポンサードサーチ

映画『カツベン!』感想・レビュー

活動弁士という存在を知らなかったわたし。

活動弁士とは、活動写真すなわち無声映画を上映中に、傍らでその内容を解説者のこと。
まだ映画が無声でモノクロだった、100年くらい前の日本で活躍していたそう。
他にはない日本独自の文化が花開き、映画を観に行くよりも活動弁士のしゃべりを聞きに行くほど人気だったみたいです。

『カツベン!』は、そんな活動弁士にスポットを当てた映画。

周防正行監督作品で、成田凌くん主演で黒島結菜ちゃんがヒロイン役ってことなので楽しみにしていたんですが、ひじょーに分かりやすく見やすかった。
これは老若男女にオススメできる!

分かりやすいドタバタな喜劇

主人公・俊太郎(成田凌)は活動弁士を目指す若者。
幼なじみの初恋相手、大金を狙う泥棒、泥棒とニセ活動弁士を追う警察などが現れて、俊太郎はさまざまな騒動に巻き込まれていく・・・・。

これだけで説明がつくような分かりやすくて親しみやすい映画だった。

予告映像を見ただけでドタバタ感は伝わると思うのだが、俊太郎が巻き込まれていく騒動はどれもテンポがよく爽快。
とくに終盤にかけて泥棒の安田(音尾琢真)、警察の木村(竹野内豊)とやり合う姿はドタバタコメディの骨頂と言ってもいい掛け合いで、思わず笑いが溢れます。

ちなみにこのラストにかけての展開は、時代劇を連想させられた。
テンポや展開が時代劇特有のアレに似ている。
ってことで、時代劇が好きな層にウケる娯楽映画だったと思います。
実際、見に行ってる人はアラフォー、アラフィフが多かった(΄◉◞౪◟◉`)

時代の移り変わりで廃れていく活動弁士の切なさ

新しいものが生まれ、古いものは廃っていく。
それはいつの時代でも避けられないことなのかもしれない。

「活動弁士」と同じく消えた職業といえば、「電話交換手」「時報係」「ワードプロセッサ操作員」「場立人」「才取人」など。
さらにコンピューター、AI(人工知能)の導入により、将来的に消滅する職業はさらに増えるのではないかと言われていて、大した仕事をしていない私は、将来食っていけないんじゃないかとビクビクしながら生きていますw

そんな私が映画『カツベン!』を見て、激しく感情移入したのが永瀬正敏演じる酔っ払いの活動弁士・山岡秋声である。
かつては人気活動弁士だった山岡だが、今ではただの酔っ払いで人気はガタ落ち。ライバルの『タチバナ館』へ客が流れている。

ここからが悲しいところで、山岡が危惧していたのは自らの人気や『青木館』の未来だけではなく、「活動弁士」自体の未来だった、ということ。

当時、日本では大人気の職業だった活動弁士だが、海外では初めからセリフや音の入った映画が上映されはじめていた。
それが日本に入ってきたら自分たちの居場所はなくなる・・・。
未来を悟った山岡は、酒で不安をごまかすしかなかったのです。

長年やってきた仕事が誰にも必要とされなくなった時の苦しみは想像しただけで切ない。
仕事に人生をかけてきたならなおさら残酷である。

ドタバタ喜劇の片隅に描かれた活動弁士の切なさを私は見逃せなかった。

 

スポンサードサーチ

まとめ

満足度 100点満点中70点

ってことで、とっても分かりやすい喜劇だった。
ちょっと気を抜いていてもついていける分かりやすさw

最近、気を抜いていたら置いていかれる映画ばかり見ていたので、この分かりすさは気軽に見れて助かった。
たまにはこういうコメディー映画もいいかもしれない。

活動弁士を初めて知ったので上手いかどうかは分かりませんが、成田凌くんの活動弁士姿はそれっぽかったし、夢を追う青年役も似合っていた!
わたしの中で成田凌くんは「スマホを落としただけなのに」や「チワワちゃん」など癖のあるイメージだったので、今回の俊太郎役でイメージがアップした!

そして安田役の音尾琢真さんは安心して見れた。
おもしろいし何やってもうまい。

黒島結菜ちゃんは可愛いし高良健吾はイケメンだし見栄えも最高の映画でした\(^o^)/

 

(ページ内画像引用元 https://www.katsuben.jp/

映画『屍人荘の殺人』ネタバレ感想・レビュー!中村倫也のファンは怒っていい!盛大な予告詐欺。原作小説との違いも解説!

2019.12.14