映画【バクマン。】を見た感想と考察。原作との違いは?ラストや結末など!

 

 

今更ですがU-NEXTで実写版『バクマン。』見たので感想書きます!

原作の大ファンだったのでずっと見たかったんですけど、やっと見れました。

原作とは全く違いましたが、映像も見せ方が綺麗で、普通に面白かったです。

 

映画「バクマン。」とは

2015年10月3日に公開した実写映画。
監督は『モテキ』『恋の渦』『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』などの大根仁監督
第39回日本アカデミー賞話題賞と最優秀音楽賞を受賞した。
原作は週刊少年ジャンプで連載された大場つぐみ、小畑健作『バクマン。』

Amazon 楽天 kindle eBookJapa

 

 

「バクマン。」のあらすじ

2008年、舞台は埼玉県谷草市。中学3年生の真城最高(サイコー)は高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの退屈な日々を送っていた。サイコーの叔父はかつて週刊少年ジャンプに連載し、その作品がアニメ化もされた漫画家・川口たろうで、連載打ち切り後の過労によって亡くなった過去があった。
ある日サイコーは些細な出来事を切っ掛けに、秀才のクラスメイトで作家志望の高木秋人(シュージン)に「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。初めはその誘いを断っていたが、声優を目指している片思いのクラスメイト・亜豆美保と「アニメ化したら結婚する、それまで互いに直接会わない」と約束した事から漫画家への道を志す事になる。
サイコーは祖父から叔父が使用していた仕事場を譲り受け、シュージンと共にそこに籠って処女作の執筆に専念する。そんな中で手塚賞に準入選した新妻エイジが同年代である事を知りライバル視する。やがて二人三脚で苦労しながらも完成した初作品をジャンプ編集部に持ち込んだ二人は敏腕編集者・服部哲と出会い、漫画家としての資質を認められる。(ウィキペディア引用)

 

 

スッタフ・キャスト

原作 – 大場つぐみ、小畑健
脚本・監督 – 大根仁
音楽 – サカナクション
主題歌 – サカナクション「新宝島」

真城最高 – 佐藤健
高木秋人 – 神木隆之介
新妻エイジ – 染谷将太
亜豆美保 – 小松菜奈
福田真太 – 桐谷健太
平丸一也 – 新井浩文
中井巧朗 – 皆川猿時
川口たろう – 宮藤官九郎
服部哲 – 山田孝之
佐々木 – リリー・フランキー

 

 

映画「バクマン」を見た感想

冒頭で書いた通り、もともと原作の大ファンで、漫画の『バクマン。』私の中で上位にランクインするほどの好きな漫画です!

そんな原作の大ファンの私から見ても、面白い映画でした。

 

こういう原作が素晴らしい作品って滑ることが多いですが、映像の見せ方などうまいし話のテンポも悪くなく、主演の佐藤健、神木隆之介の演技も上手でいい映画だったと思います。

 

ただ原作には負けるけど。(笑)

 

 

原作とは全くの別物として見ること

原作ファンなので、「え、このキャラこの役者かよ。最悪」というキャスティングがいくつかあったんですけど、原作と映画は別物だと思って見ることで落ち着いて映画を楽しめました。

 

まあ、言わせてもらうけど、染谷将太くんと小松菜奈さんね。まじごめんけど。

 

山田孝之もかなりイメージ違いました。

そもそも原作で服部さんこんなイケメンじゃないしww

 

亜豆がサイコーのお見舞いに来るシーンが素晴らしい

サイコーが体を壊して入院してしまい、亜豆がお見舞いに来るシーン。

あのシーンの見せ方最高だと思いました。

 

あそこだけは原作を超えたかな、と思ってる。

 

亜豆のイメージは小松菜奈とは全く違ったんですけどあのシーンを見て、小松菜奈の評価も上がった。

 

なんとなく小松さんは小悪魔系の子だな、と思っていたので、亜豆みたいなおとなしい清楚系の役は合わない気がしてたんですよ。

 

カメラのアングルや映像の見せ方だけではなく、小松菜奈の表情やしゃべり方、全てが亜豆に見えて、「イメージに合わないとか思ってごめん」と心で謝ったくらい。

 

『友情・努力・勝利』を実写で見て

少年ジャンプの三大原則と言われているこの『友情』『努力』『勝利』のワード。

 

バトル漫画やスポーツ漫画ではないのに、このワードを全て取り入れた漫画が原作『バクマン。』なんですけど、その三大ワードを実写映画で見て「わたしも頑張ろう」という気持ちになれた。

 

原作もそうだけど、この映画は見ている側の私生活に影響を与えるくらいに素晴らしい作品だと思う。

 

原作を読んだ時も感じたことだけど、映画は映画でそう思えた部分はやっぱり佐藤健、神木隆之介、桐谷健太の迫真の演技かな。

 

原作20巻を2時間にまとめた結果

バクマン。の原作はコミック20巻で、主人公が中学3年〜24歳までの10年間が描かれています。

映画では原作を原案に2時間にまとめなくてはいけません。

そこでだーいぶ、原作とは違った設定で映画は進められているんですけど、それが正解だったと思います。
変に詰め込みすぎると面白くなくなるからね。

 

主な原作との違いは

  1. 原作では中3からのスタートだが映画では高校生。
  2. シュージンの嫁の高木香耶が出てこない。
  3. 蒼樹優梨子(蒼樹紅)や岩瀬愛子が出てこない。
  4. 【この世は金と知恵】連載終了で映画は終わる。

他にもあったと思いますが、特に気になったのはこれくらい。

 

大好きな蒼樹さんが出てこなかったのはショックだけど、下手に変な女優を起用されるよりかはいいので許す。

あと、人として最低な中井さんが割といいおっさんとして終わっていたのもウケた。
映画は短いのでおっさんのエピソードまで掘り下げれないですよね!(笑)

 

 

 

まとめ

こんな感じで原作と別物として見ればめちゃくちゃ面白かったし、イメージと合わないキャストたちも許せました。
想像より上を行ってくれたのでよかったです。

最近の漫画原作の実写映画(と言っても本作は2015年に公開したものですが)って当たりが多いですね。
また実写化かよ、と思うことが多いですけどいい作品も多いのでこれからは毛嫌いせず、原作と映画は別物と意識してどんどん見て行こうと思います!

個人的意見だけど神木隆之介と佐藤健、山田孝之、藤原竜也あたりが出てる漫画原作の実写作品は当たりが多い。