映画『マスカレード・ホテル』ネタバレあり感想・考察。二転三転する面白さ!予想外の犯人に騙された!

 

予告を見て面白そうだったので見てきました・:*+.\(( °ω° ))/.:+

スポンサードサーチ

映画『マスカレード・ホテル』とは?

東野圭吾原作の『マスカレード・ホテル』を木村拓哉・長澤まさみで実写映画化。
監督は『本能寺ホテル』『プリンセス トヨトミ』『HERO』などの鈴木雅之。
2019年1月18日に公開された。上映時間は133分。

 

スポンサードサーチ

映画『マスカレード・ホテル』あらすじ

都内で起こった3件の殺人事件。
すべての事件現場に残された不可解な数字の羅列から、事件は予告連続殺人として捜査が開始された。警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介(木村拓哉)はその数字が次の犯行場所を示していることを解読し、ホテルコルテシア東京が4番目の犯行場所であることを突きとめる。しかし犯行への手がかりは一切不明。
そこで警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断し、新田がホテルのフロントクラークとして犯人を追うことになる。そして彼の教育係に任命されたのは、コルテシア東京の優秀なフロントクラーク・山岸尚美(長澤まさみ)。
次々と現れる素性の知れない宿泊客を前に、刑事として「犯人逮捕を第一優先」に掲げ、利用客の仮面を剥がそうとする新田と、ホテルマンとして「お客様の安全が第一優先」のポリシーから利用客の仮面を守ろうとする尚美はまさに水と油。お互いの立場の違いから幾度となく衝突する新田と尚美だったが、潜入捜査を進める中で、共にプロとしての価値観を理解し合うようになっていき、2人の間には次第に信頼関係が芽生えていく。
そんな中、事件は急展開を迎える。追い込まれていく警察とホテル。
果たして、仮面(マスカレード)を被った犯人の正体とは・・・。
(公式ホームページ引用 http://masquerade-hotel.jp/introduction.html)

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

原作 – 東野圭吾『マスカレード・ホテル』(集英社文庫刊)
監督 – 鈴木雅之
脚本 – 岡田道尚

新田浩介 – 木村拓哉
山岸尚美 – 長澤まさみ
能勢 – 小日向文世
本宮 – 梶原善
関根 – 泉澤祐希
久我 – 東根作寿英
川本 – 石川恋
濱田岳
前田敦子
笹野高史
髙嶋政宏
菜々緒
生瀬勝久
宇梶剛士
橋本マナミ
田口浩正
勝地涼
松たか子
田倉 – 鶴見辰吾
尾崎 – 篠井英介
藤木 – 石橋凌
稲垣 – 渡部篤郎

 

スポンサードサーチ

ネタバレなし感想

映画を見に行くか迷っている人のためにもネタバレなし感想を書いておきます。

『全員を疑え。犯人は、この中にいる。』のキャッチコピー通り怪しそうな人がたくさん出てきます。
「この人が犯人じゃない?」と思える人物が実は犯人ではないということが何回もあって、二転三転して楽しめる映画でした。

ただ、よくも悪くも『HERO』と同じ感じ。
月に何本も映画を見る人には物足りないかもしれないです。

 

スポンサードサーチ

映画『マスカレードホテル』感想・考察

まず、1番に言いたいのが「さんま、どこに出てたん?!」ということ。
全く見つけられなかった。

東野圭吾さんの原作なだけあってストーリーは面白かったです。
原作はだいぶ前に買ったまま、1ページしか読んでなかったのでこの機会に読みます・・。

以下、視聴後の感想になります。未視聴の方はネタバレには注意してください。
犯人を知りたくない人は絶対にスクロールしないでください。

警察とホテルマンが相棒

ホテルマンに扮した潜入捜査官・新田(木村拓哉)と、その指導係に任命されたホテルマン・山岸(長澤まさみ)。
正反対の2人が連続殺人犯に挑む!

という前情報を元に映画館へ行きました。

この斬新な組み合わせ。
いいコンビだった!

職業も性格も正反対で、初めは衝突ばかり。
特に新田さんが何かやらかしかねないかハラハラドキドキでしたが、次第に信頼関係が生まれてきて『いい相棒』になっていきます。

この2人の信頼関係が生まれていいコンビになっていく様子を見るのがこの映画の醍醐味だと思ってる。
わたし的には犯人逮捕やトリックとかはそんなに重要ではなく、2人がいいコンビになっていく様子を見れたのが楽しかった。


はじめはホテルマンの仕事を甘くみていた新田が、山岸に感化されていき「ホテルの協力なしでは犯人逮捕できない」と【ホテル側の意見】を言った場面には感動しました。

成瀬
キムタクも長澤まさみもいい味出してた・:*+.\(( °ω° ))/.:+

容疑者たちのエピソードが面白かった

正直に言う。
事件解決や犯人よりも、容疑者であるホテルのお客様たちのエピソードが面白かった

ホテルにやってくる全てのお客様が容疑者です。

映画のキャッチにもあった【全員を疑え。犯人は、この中にいる。】という斬新な設定で、新田は全てのお客様を疑ってかかります。

そのお客様たちにもそれぞれ疑われる要素が十分あって、その誤解が解き明かされていくのが爽快でした。

とくに菜々緒には騙された・・・!
「裏がありそう〜」とは思ってましたが、そういうことね。
浮気している旦那の現場証拠をおさえたいけど、ホテルは絶対に部屋番号を教えてくれないので『この男にストーカーされているから近づけないで』と嘘をついて部屋番号を聞き出した、ということでした。
鋭い人なら分かるでしょうが、わたしはまんまと騙されました。

成瀬
最後には笑顔で帰ってもらえてよかった〜。

生瀬勝久さんは流石に連続殺人事件と関係があるのかと思いましたが、こちらもただの逆恨み。
過去に新田へ恨みを持っていて、たまたま新田がホテルマンとして働いているところを発見。数々なクレームをつけて新田を怒らせ暴力沙汰にでもしてクビにしてやろうという魂胆でした。

あまりにひどいクレームで流石にイラっときたし、クレームや嫌がらせをする側の人間の精神状態ってやっぱり異常だと思う。
しかし、最後には自分の非を認めて謝罪したのには「偉い」と思いました。

成瀬
どんな難癖をつけても殴ってこない新田を見て「君には勝てない」と認めれる心があるなら、更生の余地はある!

犯人とトリックについて

犯人については、感情的な犯行理由の割に用意周到で感心した。

盲目の老婦人としてホテルに泊まる→盲目ではないと新田に疑われる→盲目でないと認める→「実は旦那が盲目でテストにきました」→それも嘘だった!

という展開には驚きました。
疑いを一度晴らされていたので、まさかそうくるとは。

二重の騙しと、用意周到な計画。
作中で言われていた通り「頭いい人だな」と思います。

盲目の老婦人が松たか子と気づいた時「松たか子である必要性あった?」と思っていたので、まんまと騙されました。
でも後々考えると手袋をはめてる理由などは謎のままだったしな・・・。

犯行理由は同情の余地はありましたが、山岸さんを狙うのは単なる逆恨みでお門違いです。
逆恨みされて殺されるかけるってホテルマンって大変なお仕事・・・。

成瀬
実は中盤まで小日向文世を疑ってたのでまんまと騙された。

前田敦子と勝地涼の共演

こんなに出演者がいるので絡みないと思ってましたが、ガッツリ対面しててテンション上がりました。別にファンでもなんでもないけど。

成瀬
結果的に勝地涼は女装を披露するだけの役だった・・

疑問点

最後に山岸は犯人に殺されかけます。
新田が犯人と山岸のいる部屋を探し回るんだけど、なぜ監視カメラで確認しないの?
監視カメラのないエリアだったのかな・・?

伏線はりまくってた文鎮の向きで犯人が潜んでいる部屋を当てたのは「そういうことか」とは思いました。

成瀬
ともあれ新田が山岸の絶体絶命のピンチを救ったのはかっこよすぎた・・・!

 

まとめ

映画『マスカレード・ホテル』を見ての感想を簡単にまとめると

  • 正反対の新田と山岸がいいコンビになるまでが面白い
  • キムタクと長澤まさみがいい味出してた
  • ホテルのお客様たちが個性豊かで怪しい
  • トリックにはまんまと騙された
  • 前田敦子と勝地涼の共演も見どころ!

こんな感じでした。

娯楽映画らしくテンポがよくて、楽しい133分間でした。

だがしかし『すごく記憶に残る映画』ではなかったです。
評価 ★★★☆☆(星5つ中3つ)

成瀬
同じキムタクが出てる映画でもわたしは『検察側の罪人』の方が好きだった!