映画【三度目の殺人】の感想と考察。犯人は役所広司演じる三隅だったのか?余韻の残るラスト

 

三度目の殺人は近年で1番と言っていいほど好きな映画でした。

終わり方など全てにおいて私好み。
とても考えさせられる内容だったので真犯人についてや終わり方についてなど個人的考察をしています。
完全個人の意見なので参考程度に読んでください(笑)

とりえずこの映画をまだ見てない人には是非見て欲しい。

 

映画【三度目の殺人】とは?

2017年9月9日公開の日本映画。是枝裕和監督のオリジナル脚本による法廷サスペンス。
2017年8月30日より開催の第74回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門への正式出品作品。
作品、監督、役者共に数々の賞を受賞したことで話題に。

Amazon 楽天 アマゾンで見る U-NEXT

 

スタッフ・キャスト

原案・脚本・編集・監督:是枝裕和
製作:小川晋一、原田知明、依田巽
プロデューサー:松崎薫、田口聖

重盛朋章- 福山雅治
三隅高司- 役所広司
山中咲江- 広瀬すず
山中美津江- 斉藤由貴
摂津大輔- 吉田鋼太郎
川島輝- 満島真之介
服部亜紀子- 松岡依都美
篠原一葵- 市川実日子
重盛彰久- 橋爪功

監督は『そして父になる』『海街diary』の是枝裕和監督。

 

三度目の殺人の簡単なあらすじ

弁護士の重盛朋章は同僚弁護士の摂津から新たな難事件を持ち込まれた。
それは川崎の河川敷で起きた強盗殺人事件だった。殺害されたのは地元の食品加工会社「山中食品」の社長山中光男。犯人は元従業員の三隅高司。会社をクビになり金に困って殺害したと犯行を認めている。
そして三隅は30年前にも殺人を犯し無期懲役となった前科があった。国際弁護士として事件を引き受けることにした重盛は一貫しない三隅の供述に手を焼くことになる。三隅は週刊誌の取材に勝手に応じ「被害者の妻に殺害を依頼されて殺害した」と語っていた。重盛はその内容に乗っかり、被害者の妻山中美津江を主犯として公判準備をすすめていく。三隅の身辺調査をしていた重盛は、三隅と被害者の娘山中咲江が頻繁に会っていたことに気がつく。
咲江は殺害された実の父親に性的被害にあっていたことを告白する。そして「三隅は自分のために父を殺した」と言い出し、証言台に立つと言い出した。

 
 

三度目の殺人の感想と考察

観る側が考えさせるラストだった。
重盛が三隅に「咲江に辛い証言をさせないために、犯行の否認をしたのではないか」と問います。
そこへ三隅が「いい話ですね」「こんな私でも誰かの役に立てた」と感動します。
三隅は咲江を庇って最後まで知らないふりをしているようにも感じるし、本当にただの『いい話』だと思っているようにも感じる。
見る側に考えさせるいい終わり方だと思いました。

 

山中光男を殺した犯人は?

もしかしたら犯人は広瀬すず演じる被害者の娘、咲江なんじゃないかなと思いました。
だから三隅の無実を証明しようとしてたんじゃないかな、と思ったんですけど、おそらく本当に三隅が犯人で、咲江のために山中光男を殺したんじゃないかなと思います。

まずは咲江が人を殺した後の精神状態には見えないかったことと、三隅が急に犯行供述を一変させて否認を始めたことが理由です。
高校生が殺人を犯して普通に生活するほどメンタルが強いとは思えないので、父を恨んでいても流石に殺してはないんじゃないかなと思いました。

そして三隅は重盛に咲江が証言台に立つと言われた途端に否認を始めました。
しかも自分が助かるかもしれない証言をしてくれると言うのに「あの子よく嘘をつくんですよ」と相手にしようとしません。
このシーンを見たら【咲江を証言台に立たせないようにしてるのではないかな?】と重盛も私たちも思いますよね‥。そう信じたい。

ですが、役所広司さんの演技がすごすぎて本当にただの狂言者にもサイコパスにも見えるので考えすぎて頭がこんがらがりそう。

 

三度目の殺人の『三度目』とは?

三隅は30年前に北海道で殺人事件を犯していますが、今回は2回目の犯行。
三度目の殺人とはなんなんでしょう?

おそらく三隅の死刑判決のことなのだと思います。

本作では吉田鋼太郎演じる摂津が度々「立場違うのは当たり前だから」「裁判官だって数こなさないと評価に響く」「立場違うけどみんな司法っていう船に乗ってるわけだから」などの裁判を行う上での利害制について語っています。

三隅に死刑判決を下してしまった『司法』という船に乗っている全員が殺人者ということではないでしょうか?

 

本作は父娘の話でもある

ここまで三隅が本当に犯人かどうかや三隅が咲江を庇っっているのではないかなど三隅のことばかり考察していますが、重盛の心境の変化もこの映画の見どころです。

重盛はもともと結果が全ての弁護士でした。
物語序盤では「理解とか共感とか弁護するのにそういうのいらないよ、友達になるわけじゃないんだから」などの発言や「なんで庇うんですか、ってそういう仕事だっつーの」と後輩弁護士へ愚痴を漏らしたりと三隅のことはどうでもいい様子でした。
でもまあ弁護士がそういう考えであるのは仕方ないとは思うんですけどね。「絶対やってるでしょ」という人のことも弁護しないといけないわけだし。

そんな重盛はプライベートで離婚協議中。中学生の娘がいる。娘は万引きで補導されかけたりと家庭円満という風ではない。
その最中に、咲江から『父親から性的虐待を受けていた』と告白され自分の娘と重ねる部分があったのではないかと思う。
重盛は殺された山中のことを「あんなやつ殺されて当然」とまで言うようになっていた。

そして三隅にも娘がいた。三隅の娘も咲江と同じく足が不自由だったらしい。

三隅は娘と咲江を重ねて考えていて咲江を救おうとしたが、重盛も咲江を救いたいと思ったんじゃないかな、と思った。
同じ父親として、一人の少女を救いたいと思った。

結局は三隅が咲江を救おうと思ったかは分からないが、会う度供述の変わる三隅に重盛は期待したんじゃないかな。わたしも期待してるし今でも信じてる。

 

ウルっと来たシーン

「生まれてこない方がよかった人間ていうのが世の中にはいるんです」
「だからと言って殺して解決するのはどうかと思う」
「重盛さんたちだってそうやって解決してるじゃないですか」
「死刑のことを言ってるのかな?」
このやりとりの後、重盛の後輩検事の川島が「そんな人いないですよ、生まれてこない方がいい人なんて」と言っていたのにも感動したんですけど、

ラストで三隅が「僕は生まれてこない方がいい人間だと思っていた。いるだけでだれかを不幸にする、そんな自分が誰かの役に立てたなら、それはいい話だ」という内容のことを言っていたシーン、ちょっとウルっときた。

前半のシーンで山中光男のことを『生まれてこない方がよかった人間』と言っていたが、自分自身のこともそう思っていたなんて。
三隅がどういう真意で山中を殺したのか、果たして本当に殺したのかもわからないけど、自分のことをそんな風に思っていて、誰かの役の立てたことに感動しているシーンはこちらも感動した。

わたし自身も「生まれてこなければよかった」と思ったことがある。三隅が何を思ってどういう人生を歩んだのか詳しくは知らないけど、そういう気持ちで死刑判決を聞いていたのかと思うとなんとも言えない気持ちになった。

 

 

さいごに

法廷サスペンスと聞いて、「誰が犯人なんだろう。ワクワク」と思いながら見てましたが、そういう楽しみは全くなく、見終わった後はしんみり。
むしろモヤモヤした気分になりましたが、煮え切らないという感じではなく余韻が残る感じ。そんな気持ちにさせてくれる映画です。

役所広司さんの存在感が本当にすごく、善人にも悪人にも見えるし、殺しているようにも殺していないようにも見える、どちらとも見れる演技にわけがわからなくなりました。
見終わった後ここまで考えさせれる役所広司さんの演技には圧巻です。
きっと重盛も私たち視聴者と同じ気持ちになったんじゃないでしょうか。重盛の最後の「あなたは器?」というセリフが物語っていると思います。

是枝監督の『そして父になる』『海街diary』はどちらも見てとても面白かったですが、本作は全くの畑違いと言っていいほどの別ジャンル。そして是枝監督の最高傑作なのではないかと思ってます。