映画『十二人の死にたい子どもたち』ネタバレあり感想・考察・レビュー。期待は裏切られたけど納得のラスト!

 

今年1番期待していた映画『十二人の死にたい子どもたち』見てきました〜!

普通に面白かったのですが、いろんな意味で期待を裏切られたw

ここではまだ映画を見てない人のためにもネタバレなし感想レビューと、見終えた後のネタバレあり感想を書いていこうと思います。

 

映画『十二人の死にたい子どもたち』とは

冲方丁による小説『十二人の死にたい子どもたち』を実写映画化。
2019年1月25日に公開された。
監督は『トリック劇場版シリーズ』『SPECシリーズ』『人魚の眠る家』などの堤幸彦。

スッタフ・キャスト

原作 – 冲方丁『十二人の死にたい子どもたち』
監督 – 堤幸彦
脚本 – 倉持裕
音楽 – 小林うてな
主題歌 – The Royal Concept「On Our Way」

キャスト

  • (7番)アンリ – 杉咲花
    個人的に、杉咲花ちゃんはこういった偉そうな役よりも『湯を沸かすほどの熱い愛』みたいな役の方が似合うと思う。
    でもやっぱり演技上手だわ・・・1番心動かされた。
  • (5番)シンジロウ – 新田真剣佑
    マッケンさん、ガタイよすぎてとても病弱には見えなかった。
    彼はワイルドだったりヤンキーぽい役の方が合っている気がする。
  • (9番)ノブオ – 北村匠海
    個人的、北村匠海くんは賢くて嫌味な役が似合うと思ってるのではまり役だったと思う。(嫌味さはそんなに出てなかったけど)
  • (1番)サトシ – 高杉真宙
    高杉真宙くん、『散歩する侵略者』の時にも感じていたけど、無機質だったりミステリアスだったりする役がピッタリだと思う。
  • (6番)メイコ – 黒島結菜
    今まで意識して見たことなかったけど、可愛いお顔してる・・・。
    演技も憎たらしい感じが出ててうまい!と思った。
  • (4番)リョウコ – 橋本環奈
    リョウコ役だけしばらくキャスト名が伏せられてましたが、そんなに出番もないし見せ場もなかったイメージ。
    ただ橋本環奈というネームバリューで話題作りにはなった。
    見せ場少なくても安定に可愛かったので眼福でした。
  • (11番)マイ – 吉川愛
    映画を見ていて「このギャルめっちゃ可愛いし、いい子じゃん!」と思って見てたのですが、帰ってキャスト調べてびっくり!
    映画『ひみつのアッコちゃん』の10歳バージョンのアッコちゃん役してた子じゃん!!!!
    1番の衝撃だった。

  • (8番)タカヒロ – 萩原利久
    『3年A組-今から皆さんは、人質です-』で初めて知りました。
    吃音症の子の役で、難しい役どころだと思いますが、上手だった。
    『あゝ、荒野』に出ていたみたいだけど全く記憶にないのでこれから応援します。
  • (2番)ケンイチ – 渕野右登
    初めて見る俳優さんでした。スターダストの「恵比チリDAN」の元メンバーらしいです。
    かなりいい味出してたのでこれから注目する。

  • (10番)セイゴ – 坂東龍汰
    こちらも初めて見る俳優さんでした。
    作中ではヤンキー姿でしたが、オフィシャルサイトだと普通にイケメンだった。通常の方がいいw

  • (3番)ミツエ – 古川琴音
    「最近どっかで見たことある!」と思ったらやっぱりチワワちゃんにも出てた子だった。
  • (12番)ユキ – 竹内愛紗
    初めて見る子だったけど清純そうで可愛いかったです。
  • (0番)??? – とまん
    ネットで調べてイケメン具合に驚いた。
    作中とはえらい違いだ・・・。

杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、橋本環奈、高杉真宙、黒島結菜(と昔の吉川愛)あたりが知名度のあるキャストさんたちだと思うのですが、本作で初めてじっくり見るキャストの皆さんの演技にも引き込まれました!
これは何人か来年の日本アカデミー賞の新人賞など受賞しそうですね!

成瀬
とくに渕野右登くん。いい味出してた⭐︎

 

映画『十二人の死にたい子どもたち』あらすじ

その日、12人のみ青年たちが、安楽死を求めて病院の密室に集まった。
「みんなで死ねば、怖くないから」ところが、彼らはそこで13人目のまだ生あたたかい死体に遭遇。
突然の出来事にはばまれる彼らの安楽死。あちこちに残る不自然な犯行の痕跡、次々起こる奇妙な出来事。彼らだけしか知らない計画のはず。
まさかこの12人の中に殺人鬼が・・・?
死体の謎と犯人をめぐり、疑心暗鬼の中ウソと騙し合いが交錯し、12人の死にたい理由が生々しくえぐられていく。
全員、やばい。気が抜けない。
いつ誰が殺人鬼に変身するのか?!パニックは最高潮に。彼らは安心して死ねるのか怯えながら殺されるのか。

(公式ホームページ引用 http://wwws.warnerbros.co.jp/shinitai12/)

映画『十二人の死にたい子どもたち』ネタバレなし感想

原作未読で見に行きました。
第一声で「思ってたのとは違った」とは思いましたが、面白くないということはなかった。

テンポがよくて退屈な時間が全くなかったです。
ミステリー要素はありますが、そんなに難しくないし怖い殺人シーンなどもないのでグロやホラーが苦手な人でも見れます。
何よりキャストが魅力的だし若い人にオススメ。

死について考えさせられる部分もあったけど、構えずに見たほうが楽しめそう。

 

映画『十二人の死にたい子どもたち』ネタバレあり感想・考察

以下、映画を見終えた感想になります。展開などについても書いているのでネタバレご注意ください。

原作未読で見に行ったので展開が読めず楽しめました。

普通に面白かったし、伝えたいことはわかった。
ですが設定とキャスティングで期待が大きかったので、少々期待はずれと感じました・・。

謎解きコメディーと聞いて見に行ってればまた違った感想が持てたかもです。

期待ハズレだったところ

正直に言う。
『まさかこの12人の中に殺人鬼が・・・?』『出口なしのノンストップ未体験・密室サスペンスゲームの幕が上がる』などの予告文を見てサイコスリラー的な展開になるのかと思ってた。
予告映像を見た感じももっと怖い映画なのかと・・。

勝手にそういった展開を期待していただけですが肩透かしを食らった気分です。
R指定もないので、バトロワとかまではいかなくても何人か死ぬかと思ってました。

が、蓋を開けてみれば若者たちの議論映画じゃないか。
12人の議論は見応えはありましたが、期待していたほどのハラハラ感は得られませんでした。

12人は多すぎる

短い時間で12人が個性的に描かれているのは素直にすごいと思った。

ですがバックグラウンドが掘り下げられていないので、ラストの多数決は強引な気もした。
わたしに登場人物たちの気持ちを読み取る力がないだけかもしれませんが・・。
そこら辺は気になるので原作を読んでみようかと思います。

生と死について考えさせられた

展開が意外だっただけで、それ以外はいい映画でした。
普通に感動したし心を動かされるセリフもあった。

個人的に杉咲花演じるアンリの主張に感じるものがあって考えさせられました。

アンリは『身勝手な大人たちに生を与えられた子ども達の叫び』を主張していました。
彼女には、母親のせいで幼児のまま弟が亡くなった過去があり(説明はしょってすみません)、「あの子は何のために生まれてきたの?」と訴えます。

この問題は非常に難しい。
何も考えずに子どもを作るバカ親のせいで子どもたちが苦しんでいる結果がこれです。
ネグレクトをするくらいならなぜ子どもを作ったのか?という考えが浮かびますが、そもそもバカにはそんな発想はないでしょう。
しかし生まれてきてしまったらもう命。
「なぜ生まれてきたの?」「身勝手な大人たちに生を与えられた」など世界中のすべての子どもたちにそんなことを考えて欲しくないと思っていても、当のバカ親がなにも対策をしないのだから手の打ちようがないんです。
つまりこういった悪循環はバカな親がいる限り永遠になくならないと思います。

なので余計にアンリの叫びには胸が痛んだ。
詳しくは知らないけどメイコの父親も毒親みたいだし、セイゴの母親は息子に保険金をかけて殺害しようとしているクズでした。
少なくとも3人も毒親のせいで自殺を考えている子供がいるということです・・。

 

まとめ

  • 思っていたのと違う。どちらかというと謎解きコメディー。
  • 若手俳優が多く出演していてキャスティングが豪華。
  • 生と死について考えさせられた。

まとめるとこんな感じの映画でした。

評価 ★★★☆☆(星5つ中3つ)
もう少し12人のバックグラウンド掘り下げてくれたら面白かったかも。グロくないし連ドラでやってほしい内容でした。

誰1人として死んでいないラストに肩透かし食らいましたが、ハッピーエンドでよかったと思います。
(どういった心境の変化なのかはよくわからなかったけど)
12人もいたら何人かは精神がおかしそうな人も混じっていそうなのに全員いい子だったのが救いでしたね。

ギャルのマイちゃんが面白かったり、ケンイチがいいキャラしてたり、ヤンキーのセイゴが空気読めたりそこらへんはツボでした。
ぜひ、12人には今後も友達でいてほしい。

成瀬
とくにマイちゃんが面白すぎて腹筋崩壊しそうでした・:*+.\(( °ω° ))/.:+

ただ、こんな楽しい感じで描いたら真似して自殺仲間を集う人たちが出てくるんじゃないかとちょっと心配です。